清 水 3     101句

さざれ蟹足はひのぼる清水かな   芭蕉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
源流や山の岩より湧く清水 滝沢伊代次 万象 200606  
二人して手を差し入れし苔清水 与川やよい 遠嶺 200606  
岩清水眼下に開く島棚田 平山勝子 河鹿 200608  
清水湧く最古の神社詣でたり 小澤克己 遠嶺 200608 宇治上神社
指先のたちまちの萎え山清水 渡辺ひろし 200608  
水銀禍五十年経ての清水かな 達山丁字 200609  
一掬の清水にいのち貰ひけり 久本久美子 春燈 200609  
信心なき身に霊山の岩清水 松村多美 四葩 200609 大雄山
山清水汲みこぼしゐて晴夜かな 中山純子 万象 200609  
新しき柄杓置きあり山清水 大信田梢月 万象 200609  
石仏にどっぷり清水分け申し 綿谷美那 雨月 200609  
崖清水命の水と名付けられ 須賀敏子 あを 200609  
少年僧汲みて立ち去る山清水 中山純子 万象 200610  
笹の葉に掬ふ清水のおいしさよ 林翔 200610 大清水
一息に乾すや両手の石清水 筒井八重子 六花 200610  
苔の花三筋に分かる石清水 森理和 あを 200610  
清水汲むぽこぽこまろき水頭 堀田恵美子 雨月 200611  
西行のこゑを吉野に苔清水 橋添やよひ 風土 200701  
もう三時目ざす真清水一気飲み 中島英子 八千草 200701  
岩清水時空も共に掬いけり 上間和子 八千草 200701  
人散つて音取り戻す苔清水 松本俊介 春燈 200706  
蠍座の写る真清水汲んでをり 竹中一花 200708  
岩清水耳透きとほる快気かな 四條進 200708  
もてなしは言葉少なに寺清水 原沢圭子 遠嶺 200708  
御手洗へつぎ足す竹樋岩清水 亀田やす子 万象 200709  
真清水の重さを背ナに蔵の町 竹中一花 200709  
岩清水耳鳴ひどくなりにけり 荒井和昭 200709  
清水一杓長老の舌たしか 風間史子 200709  
水神を御前みまえに汲むや岩清水 松元末則 酸漿 200709  
水飲場足跡多き岩清水 久保田嘉郎 酸漿 200709  
複数の獣の足あと山清水 伊藤稔代 200710  
神輿洗ふ龍宮の井の清水にて 田中芳夫 200710  
ふるさとの庭にあふるる清水かな 東芳子 酸漿 200710  
奏で落つ宮の真清水掬びては 岸本久栄 雨月 200710  
真清水を飲んで白磁の壺となる 小山徳夫 遠嶺 200711  
新たなる意を持ち清水掬びけり 佐山苑子 遠嶺 200711  
岩清水絵師の置きたる葉つぱあり 横山百江 遠嶺 200711  
真清水の滲みて歯朶の深みどり 高橋さえ子 200711  
錫杖の鳴りをる足音五智清水 冨松寛子 200712  
清水涌く岩の濡れいろ美しく 柳生千枝子 火星 200712  
清水湧くいのちの重さ軽さなど 小澤克己 遠嶺 200808  
清水汲む小さきアルミのカップなり 柳生千枝子 火星 200808  
清水湧くここより峠山けはし 沖倉好秋 酸漿 200808  
清水涌く朱塗りの柵に夕日さす 奥田妙子 ぐろっけ 200808  
岩清水掬ひ山頂目指しをり 府川房江 母の空 200808  
でこぼこの薬缶を溢る石清水 山本ミツ子 六花 200808  
でこぼこのアルミの柄杓岩清水 小林寿美子 200809  
研ぎ出しの塗箸すすぐ清水かな 宇野慂子 万象 200809  
近づくや龍の口より噴く清水 山形悦子 万象 200810  
水神に賽銭上げて汲む清水 松元末則 酸漿 200810  
山裾を細く流るる岩清水 内田妙子 酸漿 200810  
掬ひては御嶽真神の岩清水 関まさを 酸漿 200811  
奥の院のしるべ板朽ち苔清水 奥村鷹尾 京鹿子 200812  
八方に清水放ちて富士の黙 稲畑廣太郎 ホトトギス 200901  
苔清水老柳荘はあの辺り 稲畑廣太郎 ホトトギス 200907  
父が家の裏の音なり岩清水 雨村敏子 200908  
筑紫野の清水に生るビールかな 金澤明子 200908  
このあたり化石出づてふ岩清水 辻美奈子 200908  
朝の陽に匂ふ真清水嶺仰ぐ 林友次郎 遠嶺 200909  
岩清水道に溢るる修験谷 田山彰子 遠嶺 200909  
畏みて雲洞庵の清水飲む 森山暁湖 万象 200909  
水槽のハリヨに注ぐ清水かな 岩上利一 200909  
身の芯にさみしさの壺清水飲む 掛井広通 200909  
先着の蛇に声かく草清水 南うみを 風土 200909  
京の空見遣る宿場に門清水 木村美猫 ぐろっけ 200909  
手に掬ふ四万十川の草清水 佐田昭子 ぐろっけ 200909  
節榑の指をこぼるる山清水 大西順子 ろんど 200909  
青竹の斜の切口清水汲む 小川玉泉 末黒野 200910  
四合目弘法さまの清水掬む 片岡啓子 遠嶺 200910  
先頭の湧き上る声岩清水 明石文子 ぐろっけ 200910  
奥山に杓の添へられ清水かな 関根喜美 200910  
霊山の清水棲み処に針魚影 塩路隆子 200911  
百選の清水に育つ花藻かな 塩路隆子 200911  
頒ち呑む尊ゆかりの清水かな 田中芳夫 200911  
脈々と気比氏の忠義清水湧き 塩見治郎 雨月 200911  
岩清水骨まで徹る冷気かな 原口頌子 ろんど 200911  
岩清水汲む生国を尋ねられ 藤沢秀永 200912  
北岳や含みて甘き岩清水 塚越弥栄子 末黒野 200912  
清水焼につまめば温き亥の子餅 五十嵐勉 201001  
岩祠紙垂ほどの冬清水 田中貞雄 ろんど 201002  
養老の清水を汲みて日々ゆたか 大橋敦子 雨月 201005  
笹舟を浮かす羽黒の岩清水 山田春生 万象 201006  
こんこんと山にふき出る清水かな 滝沢伊代次 万象 201007  
湧く力かたちに声に草清水 鷹羽狩行 201008  
たぎり落つ大山祇神の岩清水 内藤静 風土 201008  
洞窟に光一筋苔清水 岡崎春菜 万象 201008  
岩清水含みて山のこゑを聞く 石田きよし 201008  
呑み干して声となりけり岩清水 久保東海司 201009  
いのち短かし手の切れさうな清水汲み 千田百里 201009  
栃の葉をたたみて飲めり山清水 大橋弘子 末黒野 201009  
両の手を包み零るる清水かな ことり 六花 201009  
渠清水幅一尺の國ざかひ 有本倍美 ろんど 201009  
山清水提げて鎌倉夫人かな 神田恵琳 春燈 201010  
手のひらに受け子に飲ます山清水 大西八洲雄 万象 201010  
泳ぐもの見えず砂噴く山清水 加藤静江 末黒野 201011  
清水出てたちまち露の薬缶かな 南うみを 風土 201011  
夕べより朝がよかり苔清水 柿沼盟子 風土 201011  
幻住庵ゐもり二匹の住む清水 丹生をだまき 京鹿子 201011  
岩清水袖をぬらして掬ひけり 都丸美陽子 春燈 201012  
石清水含みて帰心ふつふつと 熊切修 末黒野 201104  
山笑ふ真清水を背に不動尊 木戸宏子 201107 清水→ 4

 

2019年7月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。