鹿 3   100句

鹿の目にやさしくわれも映りをり   高島茂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
快晴の古都近づけて鹿と人 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
背山より鹿の鳴き声茸買ふ 田中藤穂 あを 200411  
鹿鳴けば月の傾ぶく山の鼻 林彌生 草の花 200412  
蝦夷鹿の澄める眼を畏れをり 戸栗末廣 火星 200412  
門前に釣瓶落しの鹿の群 竪ヤエ子 春耕 200412  
鹿鳴くやうかと見過す千度石 辻井桂子 春耕 200412  
金泥の平家納経鹿の声 さわいりまりこ 遠嶺 200501  
尾根の道親に添ひたる鹿の糞 森理和 あを 200501  
さ牡鹿の眼に寂光のありにけり 延広禎一 200501  
片瀬波鹿鳴く声となりにけり 栗栖恵通子 200501  
鹿鳴くや落石の音ひびくなか 岸田爾子 200501  
鹿鳴いて降臨の地の日暮れかな 淵脇護 河鹿 200502  
脚線美ぞんぶんに見せ鹿鳴けり 伊藤希眸 京鹿子 200502  
蝦夷鹿の峠に現れてみぞれけり 小儀洋子 百鳥 200502  
雄鹿のぬた浴みしたる身の細り 中條睦子 栴檀 200502  
夫と子に声使ひ分く夜の鹿 卯木堯子 春燈 200502  
鹿鳴くや夜具掛け足して山泊り 若槻妙子 200503  
鹿鳴けり世界遺産の寺の闇 中山勢都子 200503  
鄭成功の平戸に泊つる夜の鹿 三輪洋子 200506  
鹿なりといふふたこゑを皆聞きぬ 瀧春一 菜園 200509  
飛火野をよぎりて鹿の寄辺あり 稲畑汀子 ホトトギス 200510  
月まろし出でこよ山の鹿狐 水原春郎 馬酔木 200511  
草を喰む鞍馬の野鹿修験道 河合佳代子 栴檀 200511  
鹿煎餅買へば直ちに鹿寄り来 川浪広子 築港 200511  
神域に鹿のハーレムありにけり 近藤喜子 200512  
神鹿の尻の白毛夕の園 佐藤彰 築港 200512  
おもむろに鳥居を潜る神の鹿 上野恵津子 築港 200512  
角のなき角突きあはす神の鹿 上野恵津子 築港 200512  
引潮の真砂に鹿の集まり来 杉浦典子 火星 200601  
くれがての鹿たちの耳硬さうな 城孝子 火星 200601  
水呑んでまた歩きだす牡鹿かな 城孝子 火星 200601  
末枯やさ牡鹿の尾のしづくせる 城孝子 火星 200601  
空堀の中より天へ鹿鳴けり 岩月優美子 200601  
鹿逃げて蝦夷の没日に跳び込めり 中田みなみ 200601  
暮れぎはの土の色して鹿眠る 鈴木厚子 栴檀 200601  
老鹿の岩の如くにうづくまり 若江千萱 雨月 200601  
廃鉱の山より鹿のなく声が 山本漾子 雨月 200601  
鹿の声しかと聴きとむ峠かな 山本漾子 雨月 200601  
鹿の鳴く声を間近に山下る 田中喜久子 酸漿 200601  
横たはる高さ鹿の目光りけり 大和あい子 百鳥 200602  
潜居せし義経館鹿の声 嶋木勝次郎 遠嶺 200602  
夕鹿の塔の九輪を仰ぎをり 岩淵彰 遠嶺 200602  
鹿撫ぜて正倉院展へ急ぎけり 松村越子 馬醉木 200602  
鳴き交す鹿の走れば黄昏るる 松村越子 馬醉木 200602  
たもとほる角を伐られし鹿の貌 大石よし子 雨月 200602  
猟犬に追はるる鹿を見し夜なり 谷榮子 雨月 200602  
正倉院展出でてのひらに鹿の息 河崎尚子 火星 200602  
風の出ておどろき易き鹿の耳 師岡洋子 ぐろっけ 200602  
きりきりと綱引き合へり勢子と鹿 藤田佑美子 栴檀 200602  
疾駆する鹿尻の毛を逆立てて 角南英二 栴檀 200602  
奈良に来てハツピーイブの鹿に煎餅 丸山佳子 京鹿子 200603  
縄かけし勢子をひきずる雄鹿かな 森樹夫 栴檀 200603  
泡ふけり勢子に追はるる鹿の口 鈴木和香 栴檀 200604  
逃げまはる鹿の口角白き泡 清水雅子 栴檀 200605  
一本の綱を引き合ふ勢子と鹿 大平勝子 栴檀 200605  
鹿啼いて回峰行の山深し 南一雄 200609  
目を逸らす鹿撃ち殺す銃の先 谷榮子 雨月 200610  
夜鹿啼く天平の世を手繰るかに 近藤敏子 200611  
夕鹿の妻恋ふ顔となりゐたり 鷹羽狩行 200612 奈良・春日大社
牝の鹿の細身寄りくる月夜かな 鷹羽狩行 200612 奈良・春日大社
起ち上がり牡の鹿となる月下かな 鷹羽狩行 200612 奈良・春日大社
奈良の夜と思ふ妻恋ふ鹿の声 鷹羽狩行 200612 奈良・春日大社
筒抜けに月光界の鹿の声 近藤喜子 200612  
鹿の出て警察沙汰となりしかな 守屋井蛙 酸漿 200701  
潤みたる目や貧相な神の鹿 山中宏子 200702  
かたはらに深き息づき鹿の妻 吉田明子 200702  
校倉の陰に佇むしぐれ鹿 小山徳夫 遠嶺 200702  
その奥の灯ともり初めて鹿の声 今橋眞理子 ホトトギス 200703  
人波にじつと佇む鹿老いて 恒成久美子 ぐろっけ 200703  
万燈の闇に鹿の目ひかりけり 長谷川史郊 馬醉木 200704  
夜は鹿を寄する山湖の月明り 山田弘子 ホトトギス 200704  
白樺の皮食みこぼす牡鹿かな 田中久仁子 万象 200704  
鹿啼いてはつたと軽き旅衣 小澤克己 遠嶺 200709  
鹿よぎる古都の静寂の中にあり 稲畑汀子 ホトトギス 200711  
鹿が口つけたる水の暮早し 山尾玉藻 火星 200711  
裏庭に鹿集ひ来し夕餉時 柳川晋 200711 移民二世の家
風に透き通り来る夜の鹿の声 大橋敦子 雨月 200711  
星青く寧楽山あはし鹿の声 水原秋櫻子 馬醉木 200711 『蓬壺』
東大寺はなればなれに鹿鳴けり 岬雪夫 200712  
山雨はや上がりて鹿のこゑの鋭し 伊藤たか子 遠嶺 200712  
鹿はつと立ち上がる木洩れ日の揺れ 近藤喜子 200801  
公園の鹿と渡りぬ信号機 植竹惇江 春燈 200801  
雀色時平仄合はぬ鹿のこゑ 後藤眞由美 春燈 200801  
百八の磴も通ひ路鹿の秋 八染藍子 200801  
鹿ほどにとほき目をしてみどりごよ 辻美奈子 200801  
蝦夷鹿と白骨の木と熊危険 吉岡一三 200801  
さを鹿の次はわたくし山の水 佐藤喜孝 あを 200801  
鹿暗くや雨のダム湖の向かう岸 安原ときこ 遠嶺 200802  
夕鹿の鼻よせてくる二月堂 垣岡暎子 火星 200802  
夕さりの鹿や旅人に甘え寄り 落合由季女 雨月 200802  
菓子袋持つ子へ鹿は一目散 大井邦子 ぐろっけ 200802  
鹿鳴いて丹波の山に粗き星 内海良太 万象 200803  
飛火野の鹿とわたくし十三夜 陽山道子 船団 200803  
若草に鹿を放ちて南都かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200804  
どの鹿も法の目をしてせんべい欲し 丸山佳子 京鹿子 200804  
天平の仏に添うて鹿の妻 林友次郎 天帝 200806  
笛吹けば鹿の集まる朱雀門 鷹羽狩行 200808 「朱雀」二〇〇号を祝して
日溜りや相寄る鹿の尻白き 小泉貴弘 筑波の道 200811  
文机に考へ深く夜の鹿 近藤喜子 200811  
高空へ声の極みを夜の鹿 近藤喜子 200811 鹿→ 4

 

2014年10月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。