正 月 1   100句

大雪となりて今日よりお正月    前田普羅

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
正月を残してありし二階かな 山田弘子 春節 199503 汀子邸
家中を灯す正月子沢山 宇都宮滴水 京鹿子 199901  
柝の音の過ぎてゆきけり寝正月 小澤克己 遠嶺 199902  
正月の足掻の馬を射的せよ 菊川貞夫 海程 199905  
廊下をばヨタレソツネとお正月 稲木款冬子 ヒッポ千番地 199906  
こんこんと眠る病夫と寝正月 杉山瑞恵 雨月 199906  
橙の尻のはみでるお正月 三宅やよい 船団 199906  
おしめり正月の布令駆けめぐる喜雨のあと 鈴木ふくじ 風土 199911  
彼女まだ出来ぬ正月とはなりぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
携帯に起こされてをり寝正月 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
寝正月出来ざる性と思ひけり 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
宇宙遊泳もかくやと寝正月 鷹羽狩行 200002  
骰ひとつ畳の上に寝正月 鷹羽狩行 200002  
文机に照りかげる日や喪正月 朝妻力 俳句通信 200002  
ゴンちゃんの恋人探すお正月 尾上有紀子 わがまま 200002  
正月の雪の団子ぞ召し上れ 林翔 200003  
老斑もほくろも愛し寝正月 吉田汀史 200003  
新聞の裏が透けたり寝正月 山田六甲 六花 200003  
正月の恥かしい水飲みにけり 山田六甲 六花 200003  
怪我せしをかこつけすごす寝正月 杉本寛 200003  
座右のもの一切払ひ寝正月 本城布沙女 雨月 200003  
寝正月心弱りの許されじ 本城布沙女 雨月 200003  
節に箸染むるひとりのお正月 中澤文次郎 200003  
正月の雑煮の餅を父五切れ 渡辺美知子 200003  
掛軸は祖父の筆なり喪正月 岡田万壽美 雲の峰 200003  
肺炎とおどされ妻と寝正月 二村蘭秋 雨月 200004  
金箔を散らし正月料理かな 志方桜子 六花 200004  
水甕の蓋ずれてをり寝正月 仲村菜花 200005  
力瘤あるにはあれど寝正月 伊丹三樹彦 200005  
正月早々ノスタル爺ィ蹴っとばす ゆにえす 船団 200006  
死の領分で未だ生きているお正月 岩田ひろあき 船団 200006  
ごうまんな自分みつめてお正月 岩田ひろあき 船団 200006  
病む妻が首回したよお正月 岩田ひろあき 船団 200006  
赤ちゃんとバスで知り合うお正月 中原幸子 遠くの山 200010  
正月や峡の連中白髪白髪 吉田さかえ 海程 200012  
寝正月誰かが起きてをりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200101  
寝正月ミサの時間の迫りくる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200101  
結局は何も起らず寝正月 稲畑廣太郎 ホトトギス 200101  
昼過ぎの青竹踏んで寝正月 山田六甲 六花 200101  
アルプスの写真に日射すお正月 山田六甲 六花 200101  
正月の上がり框に花雑巾 後藤房枝 200101  
たしかに死して確かに生きてお正月 堀内一郎 あを 200101  
寝正月玩具ちらばる中にをり 田所節子 200103  
釣人は魚を正月として遊ぶ 河内童楽 六花 200103  
今日よりか寝正月と決めこんで 保坂加津夫 いろり 200104  
正月の終りに燃えて紙と藁 官沢房良 200105  
一つ空く腰かけされどお正月 久森知子 船団 200105  
正月のミトコンドリア発憤す 鈴木ひさし 船団 200105  
正月の名残り仄かに夕暮れる 内野聖子 船団 200105  
正月の宝籤買ふ母鳩寿 浅海好美 船団 200105  
正月や妻の寝顔の可愛らし 小澤克己 遠嶺 200105  
山襞の毛物見ている寝正月 金子兜太 海程 200105  
七種に正月腹を養はむ 有山紫於 雨月 200105  
骰ひとつ畳の上に寝正月 鷹羽狩行 十三星 200105  
寝た切りにならず迎へしお正月 浮田胤子 ぐろっけ 200105  
ぬくぬくと実家の匂ひお正月 能城檀 船団 200106  
正月のビスケットをまず犬に 寺田良治 船団 200107  
今日をその日にしよう正月の事始め 松山律子 六花 200112  
正月にだけは家族の揃ひけり 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
皆ちがふ正月すませ来たる句座 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
わが机辺正月気分抜けてをり 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
生命なり年替はるごと寝正月 保坂加津夫 いろり 200202  
正月や黙し見下す富士の峰 河合笑子 あを 200202  
うかうかと眉根離るるお正月 栗栖恵通子 200203  
正月も雀の鳴くを聞かず明け 佐藤千都 いろり 200203  
情緒とも疎ましくともお正月 中野辰子 いろり 200203  
野球場より正月の凧揚がる 栗林松枝 春耕 200203  
かもめ達寝ようよ明日はお正月 利根川妙子 200204  
寝正月金の生る木を枕辺に 垣尾美智子 200204  
正月の猫が重たく膝に来る 柳生千枝子 火星 200204  
幽閉のじとマンションの寝正月 藤井圀彦 200204  
但馬より骨正月の父娘かな 山田弘子 円虹 200204  
はればれと同胞集ふお正月 三井公子 酸漿 200204  
正月の鉄柵が噛むテニスボール 松野幸子 六花合同句集 200205  
百千の鴎を浮かせ旧正月 市場基巳 200206  
正月の表情集ひ来たりけり 稲畑汀子 ホトトギス 200301  
寝正月には縁のなき女かな 稲畑汀子 ホトトギス 200301  
寝正月妻悦惚の声を出す 森田春秋子 百鳥 200301  
茶柱が立つたと笑ひ寝正月 信崎和葉 六花 200301  
きれぎれに賑はひ聞こゆ寝正月 赤座典子 あを 200302  
正月の通夜に言ふべき言葉無し 揚原れい子 築港 200303  
存分に寝正月して得し力 山田弘子 円虹 200303  
めりはりもなくて終れり喪正月 松崎鉄之介 200303  
正月の大きな息を吸ひにけり 谷口佳世子 200303  
骨正月むかし女は無位無冠 大塚まや 京鹿子 200303  
暗き世の正月金粉入りの酒 苑田ひろまさ 200304  
蛤御門鳩が歩いてお正月 浜口高子 火星 200304  
正月の空いきいきと胎動す 岩崎真理子 遠嶺 200304  
正月の梲に鴉止まりけり 川端実 遠嶺 200304  
白銀の富正月の山河かな 川端実 遠嶺 200304  
ウエツトスーツ軒に吊して寝正月 柴田久子 風土 200304  
珍客に笑ひ絶えないお正月 河野友子 六花 200304  
寝正月だいたいどこかが痛くなる 香釈好以 八千草 200307  
開明や日本盛やお正月 山田六甲 六花 200401  
君も僕も私も還暦お正月 山田六甲 六花 200401  
正月や芭蕉三百六十歳 山田六甲 六花 200401  
正月や沼に無人の舟と風 小澤克己 遠嶺 200401  
寝正月いま人間になる途中 山田六甲 六花 200402  
おだやかな正月のあり翁嫗 朝倉富次 酸漿 200403  
宮古島正月飾り見ざるなり 松崎鉄之介 200403 正月 →2

 

2015年1月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。