しゃぼん玉 1  100句

わが息の木の間に遊ぶ石鹸玉    宇都宮敦子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
石鹸玉ショーウインドウをよぎりけり 中根美保 風土 199806  
浮くほどの乳房持たずしゃぼん玉 今城知子 船団 199811  
胸の澱にてふくらめるしやぼん玉 林菊枝 199901  
生るるは消ゆるさだめやしやぼん玉 稲畑汀子 ホトトギス 199904  
しやぼん玉どの子も瞳大きかり 小澤克己 遠嶺 199905  
膝頭そろへて二人しやぼん玉 山尾玉藻 火星 199905  
沒後より風向變はる石鹸玉 中原道夫 銀化 199905  
近所の子あげて二階のしやぼん玉 小林一行 円虹 199906  
しゃぼん玉生まれてぽつぽつ消えてゆく 保坂加津夫 いろり 199906  
石鹸玉自在といふは頼りなし 勝田公子 199907  
しやぼん玉空へと御魂追ひゆけり 頓所友枝 199907  
石鹸玉ぷうと撃ち込む桜島 塩見恵介 船団 199907  
危ふさを膨らませをり石鹸玉 金森教子 雨月 199907  
新しき眼鏡に届くしやぼん玉 金國久子 青葉潮 199907  
一点を見つめてしやぼん玉を吹く 三瀬教世 円虹 199908  
しやぼん玉追へばまぶしき空のあり 三瀬教世 円虹 199908  
しやぼん玉走らす風でありにけり 三瀬教世 円虹 199908  
しやぼん玉路地を迷つてをりにけり 三瀬教世 円虹 199908  
その昔男と女石鹸玉 近藤千雅 船団 199909  
石鹸玉屋根を越すまで見定めし 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
石鹸玉壁に半球残りたる 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
なないろのはかなき色の石鹸玉 山仲英子 200004  
嬰児の息継ぎ直すしやぼん玉 大塚民枝 酸漿 200005  
しゃぼん玉児の夢のせて大空へ 林田加杜子 いろり 200005  
しゃぼんだまこどもはこわすことがすき 塩見恵介 虹の種 200005  
マンションの窓を溢るる石鹸玉 林敬子 酸漿 200006  
はつ恋のたかさに消ゆるしやぼんだま 肥后潤子 遠嶺 200006  
石鹸玉みるみる所帯じみて来し 松本康司 銀化 200006  
あと追ひの児をもて余し石鹸玉 赤木真理 ぐろっけ 200006  
石鹸玉嬰との対話っづきをり 加古みちよ 火星 200007  
しゃぼん玉吹けぬ児の居て海遠し 保坂加津夫 いろり 200007  
しゃぼん玉地球をコピーするつもり 富沢秀雄 船団 200007  
谷風に押し戻さるるしゃぼん玉 大和田鏡子 俳句通信 200007  
しゃぼん玉置き忘れゐし刻にあふ 大村美知子 京鹿子 200008  
騎馬戦の鉢巻に触るしやぼん玉 下島千代子 春耕 200008  
しやぼん玉吹きて遠嶺を透かし見る 安原ときこ 遠嶺 200009  
しゃぼん玉破れてぱっとビタミンC 寺田良治 船団 200010  
石鹸玉飛んでもみたる眉の上 加古みちよ 火星 200011  
石鹸玉にも闘志ある女かな 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
吹き了りたるさびしさよしやぼん玉 山口速 200105  
しやぼん玉花鳩豆と学びしよ 村越化石 200105  
わが息にふくれていびつしやぼん玉 筧隆代 200106  
しゃぼん玉吹きては子らの大合唱 原茂美 俳句通信 200106  
しゃぼん玉吹きて幼き日の見えし 池尻足穂 俳句通信 200106  
声立てて笑ふ赤子よしやぼん玉 青木政江 酸漿 200106  
しゃぼん玉城を逆さに映し飛ぶ 山田天 雨月 200106  
しやぼん玉子等が飛ばすに人だかり 村井久美子 200106  
しやぼん玉とぶ七彩に光りつつ 中川濱子 ぐろっけ 200106  
しゃぼん玉お多福風邪の児が映る 市橋章子 ぐろっけ 200106  
歓声のきらきら空へしやぼん玉 金子孝子 200107  
降り切つて空軽くなる石鹸玉 木村公子 200107  
大聖堂までは届かずしやぼん玉 田口千恵子 200108  
溜息の重さに飛ばす石鹸玉 木下仁司 200109  
しやぼん玉天地といふは廻るもの 岡部玄治 200110  
しゃぼん玉少女の裾の透けすぎる 田渕昌子 京鹿子 200200  
しやぼん玉学費の足しにせむと吹く 山野みどり 銀化 200204  
類型をしきりに飛ばししやぼん玉 有山八洲彦 200205  
しやぼん玉吹く子に指を噛んでる子 佐藤真次 200205  
石鹸玉孕んでゐしは不實のみ 中原道夫 銀化 200205  
ポートアイランドの落し子しやぼん玉 鷹羽狩行 200206  
異人坂人をすりぬけしやぼん玉 西宮舞 200206  
人垣の沸きてピエロのしやぼん玉 高梨美佐子 遠嶺 200206  
碑をかすかに濡らし石鹸玉 望月周 百鳥 200206  
しやぼん玉はじけることをいのちとし 船山博之 百鳥 200206  
職退いて明日のいろのしやぼん玉 湯田坂一花 200206  
海へ吹くつめたき色のしやぼん玉 小林あつ子 火星 200206  
嬰児の目のくるくるとしやぼん玉 大塚民枝 酸漿 200206  
しやぼん玉吹いて戻らぬ夢を追ふ 大塚民枝 酸漿 200206  
瞬間をきらめくしゃぼん玉吹けり 高橋照子 雨月 200206  
しやぼん玉吹く顔大にいま達す 亀丸公俊 銀化 200206  
吹けば飛ぶ人生でありしやぼん玉 志麻茜 銀化 200206  
しやぼん玉籠のこまどり高らかに 森理和 あを 200206  
口下手にしてよどみなきしやぼん玉 藤原かかし 200207  
しやぼん玉割れて青空残りけり 平野静 京鹿子 200207  
何捨てて大人になりししやぼん玉 森茉明 京鹿子 200207  
しやぼん玉大きく作り子に渡す 高村洋子 遠嶺 200207  
しやぼん玉ゆがみ正してより飛べり 田村文江 春耕 200207  
石鹸玉吹く兄弟の序列かな 浅井千代子 200208  
墓碑除幕いづくよりきし石鹸玉 中村碧泉 ぐろっけ 200208  
石鹸玉南京町の色で吹く 後藤立夫 ホトトギス 200209  
石鹸玉はじけ阿フの息切るる 高木智 京鹿子 200209  
しやぼん玉姉妹に黒子ありにけり 高畑信子 遠嶺 200210  
しやぼん玉このストローの多産系 二瓶洋子 六花句集 200302  
ままごともせし従妹逝き石鹸玉 品川鈴子 ぐろっけ 200303  
石鹸玉食べたき児口あんぐりと 品川鈴子 ぐろっけ 200303  
拗ねつ児を芯に七彩しやぼん玉 品川鈴子 ぐろっけ 200303  
鍵ツ子が夕撒き散らすしやぼん玉 品川鈴子 ぐろっけ 200303  
来世説くその嘘ほんと石鹸玉 伊藤白潮 200304  
しゃぼん玉みんな激突してをりぬ 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
しやぼん玉吹いて初心に戻りけり 加古隆男 遠嶺 200305  
しやぼん玉ころんで泣きし帰り道 滝本香世 百鳥 200305  
しやぼん玉園児の誰かが飛上る 宮崎千恵子 帆船 200305  
しやぼん玉の七いろあぶく人魚姫 中田禎子 200305  
石鹸玉流れてゐたる鬼子母神 浦川聡子 水の宅急便 200305 眞鍋呉夫先生
しやぼん玉その連れ舞ひを風囃し 林翔 200306  
行き違ひそのままにせりしやぼん玉 高田令子 200306  
おそらくはワインの匂ふしゃぼん玉 岡田万壽美 雲の峯 200306  
しやぼん玉きままにとびて消えにけり 船山毬 百鳥 200306  
あやふさを風に預けてしやぼん玉 佐藤みほ 200307  
つかのまの未来を乗せてしやぼん玉 長岡新一 200307

しゃぼん玉

2

 

 

2020年4月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。