百日紅 5       80句

百日紅この叔父死せば来ぬ家か   大野林火   青水輪

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
咲満ちて妖しきまでの百日紅 府川昭子 春燈 201611  
鰐口の音聞こえくる百日紅 廣瀬雅男 やぶれ傘 201611  
咲き散らす百日紅の力瘤 成宮紀代子 201612  
百日紅静かに池を統ぶるかな 大橋晄 雨月 201612  
唐橋も百日紅も雨の中 廣畑育子 六花 201612  
十人の僧の衣擦れ百日紅 山崎靖子 201612  
百日紅散る頃までの出漁かな 阿久津勝利 万象 201612  
百日紅紫がかるこそ佳けれ 大橋晄 ホトトギス 201701  
咲き残る百日紅や神籤棚 田中藤穂 201701  
木の芽吹く移し植ゑたる百日紅 稲畑汀子 ホトトギス 201704  
すぐそこと言ふ角曲る百日紅 中川句寿夫 ここのもん 201705  
百日紅えびせんべいが止まらない 足立良雄 201710  
来し方の夢覚めゆくや百日紅 萩庭一幹 馬醉木 201710  
神の手に委ぬる我が身百日紅 持田信子 春燈 201710  
百日紅ふはり郷愁活かす雲 松本鷹根 京鹿子 201710  
百日紅房の大きに傾ぎたる 大橋晄 雨月 201710  
百日紅句碑歳月の色醸し 西村操 雨月 201710  
手招きをしてゐる夜の百日紅 岩下芳子 201711  
色さらに恩寵のごと百日紅 荒木甫 201711  
根くらべとはリハビリよ百日紅 佐々木秀子 201711  
百日紅擬宝珠眩しき地蔵堂 原和三 末黒野 201711  
百日紅咲くや朝夕掃く日課 外山生子 末黒野 201711  
蹲踞の日の斑掬ひぬ百日紅 前原マチ 末黒野 201711  
悪相の阿修羅も仏百日紅 高村令子 風土 201711  
咲き満ちて雨に重たき百日紅 村瀬恵美子 風土 201711  
このところ微熱がつづく百日紅 直江裕子 京鹿子 201711  
百日紅咲ききはまりし秀のゆるむ 溝内健乃 雨月 201711  
幹撫でて見上げてをりぬ百日紅 中原敏雄 雨月 201711  
袖垣の竹のあめ色百日紅 岡野里子 末黒野 201712  
百日紅まだ明るくて雨のあと 土井三乙 風土 201712  
陽疲れをためこんでゐる百日紅 直江裕子 京鹿子 201712  
百日紅ひと毬ごとの揺れ返し 永田万年青 六花 201712  
咲きみちて散るばかりなり百日紅 黒澤次郎 やぶれ傘 201712  
花を噴く百日紅を畏れけり 三井所美智子 201802  
雨しとど百日紅の紅しづく 山口郁子 末黒野 201804  
俥屋の行き来の古都や百日紅 井上石動 あを 201808  
百日紅映ゆる門前そば処 鈴木としお 春燈 201809  
片付けの苦手な親子百日紅 鈴木みのり 201809  
掃きてより一日始まる百日紅 平城静代 201810  
母の忌の空あをあをと百日紅 平城静代 201810  
百日紅武田菱挙ぐ甲斐の寺 密門令子 雨月 201810  
四脚門の武田菩提寺百日紅 密門令子 雨月 201810  
百日紅山の学校いまはなき 片山喜久子 雨月 201810  
日の差せば日の色赤き百日紅 山田天 雨月 201810  
紅白としづかに山の百日紅 滝澤圭子 雨月 201810  
空に燃ゆいま日の辻の百日紅 片桐紀美子 風土 201810  
川なりに曲がる家並百日紅 宮崎紗伎 春燈 201810  
骨折の妻の摺り足百日紅 森清堯 末黒野 201810  
みどりごの落ちてきそうな百日紅 本多俊子 201811  
百日紅二十人のチンパンジー 瀬川公馨 201811  
公園の入口飾る百日紅 大橋晄 雨月 201811  
花弁の紅散りじりに百日紅 安部和子 雨月 201811  
球審の声よくとほる百日紅 西村操 雨月 201811  
検査終へ窓に夕日の百日紅 福岡かがり 雨月 201811  
桂郎の盃に散る百日紅 岩木茂 風土 201811  
百日紅母の忌忘じゐたりけり 中上馥子 春燈 201811  
ロンドンにいた日のままに百日紅 坪内稔典 船団 201812  
ロンドンもひともしごろの百日紅 坪内稔典 船団 201812  
鴨山の歌碑を抱ける百日紅 延川五十昭 六花 201812  
永遠を契るはかなさ百日紅 川内谷育代 馬醉木 201812  
百日紅傷も治りて散りにけり 重原爽美 201902  
泉州の不動明王百日紅 庄司久美子 201909  
寺町の昏れて静かな百日紅 今井弘雄 春燈 201909  
百日紅裸木となり艶かし 江島照美 発火点 201909  
水を買ひ山の手へゆく百日紅 善野行 六花 201909  
百日紅咲く不揃ひに重さうに 加倉井たけ子 201910  
百日紅花は実となり光増し 安部和子 雨月 201910  
誰も居ぬベンチ真昼の百日紅 向井芳子 春燈 201911  
古びたる団地にぎはし百日紅 西本花音 春燈 201911  
百日紅に夜のかほあり明り窓 雨村敏子 201911  
百日の一日の紅や百日紅 及川照子 末黒野 201911  
スポンジに吸水力減り百日紅 奥田筆子 京鹿子 201911  
にはたづみ百日紅の落花あり 田尻勝子 六花 201911  
百日紅昔も今も筆不精 山田邦彦 201912  
百日紅しとどの雨に濡れにぬれ 安部和子 雨月 201912  
咲き継ぎて廃寺の一樹百日紅 西村操 雨月 201912  
仙人の杖より捻れ百日紅 廣畑育子 六花 201912  
百日紅腰をくの字に動かして 平きみえ 船団 201912  
百日紅相談事は三つまで 高田留美 船団 201912  
朝風にけふのはじまる百日紅 礒貝尚孝 黄落 202003 百日紅→ 1

 

2020年7月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。