桜紅葉 1   198句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
木歩碑へ桜紅葉の散る中を 小山徳夫 遠嶺 199903  
こんな日は桜紅葉の人を待つ 朝倉晴美 船団 199903  
桜紅葉残り僅かに井戸屋形 大場燈児 風土 199911  
御室御所桜紅葉は列を組む 高木伸宜 船団 199912  
注連張りし井筒に桜紅葉散る 朝妻力 俳句通信 199912  
千本の桜紅葉に住むといふ ふけとしこ 船団 199912  
志士の碑に且つ散る桜紅葉かな 岡本明美 俳句通信 200001  
寺に銀杏神社に桜紅葉かな 松崎鉄之介 200002  
桜紅葉冬のひかりを集めけり 三村禮子 酸漿 200003  
君は来る桜紅葉の散る頃に わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
大手門くぐりて桜紅葉かな 松宮幹彦 俳句通信 200012  
櫻紅葉天の渚へ一枝かな 水野あき子 遠嶺 200101  
散らすまじ桜紅葉の駒つなぎ 神蔵器 風土 200101  
桜紅葉散り際もまたいさぎよし 二村節子 200102  
これよりは桜紅葉の下乗札 星加克已 ぐろっけ 200102  
戦争と櫻紅葉のむかしかな 稲見光 船団 200107  
さきがけし桜もみぢに天深し 沖倉好秋 酸漿 200111  
祭めく桜紅葉の峡の村 笠井操 200112  
桜紅葉待ちたくて待つ一時間 清わかば 雲の峰 200112  
ええ五体の桜もみぢでありにけり 竹中二花 200201
黒谷の桜もみぢの散華かな 竹中二花 200201  
ひとひらのさくらもみぢの浄土かな 豊田都峰 京鹿子 200201  
桜紅葉また満開のこころざし 春川暖慕 銀化 200201  
縁側に桜紅葉の影のきて 市川伊團次 六花 200201  
雨に色加へて桜紅葉かな 栗林眞知子 円虹 200201  
桜もみぢ職場にて靴履き替ふる 中村房枝 六花 200211  
大道芸桜紅葉に囲まれて 芝尚子 あを 200212  
消防団桜紅葉に目が二つ 森理和 あを 200212  
すつぽりとさくらもみぢの土手を行く 森理和 あを 200212  
校庭をぐるりと桜紅葉かな 野田光江 雨月 200301  
虫喰ひの桜紅葉の栞なり 荒井和昭 200302  
禰宜の沓桜紅葉をすすみけり 中村恭子 200302  
掃きつ仰ぐ桜紅葉の散りじまひ 廣島泰三 200302  
岡城址桜紅葉に逍遥す 松尾緑富 ホトトギス 200303  
桜紅葉の降り注ぎおり親友の墓 針谷律子 八千草 200306  
桜もみぢ北面捨てし西行に 山田六甲 六花 200311  
山車来る桜紅葉を散らしつつ 岡田万壽美 雲の峰 200312  
いつの間に桜紅葉のはじまりし 石川英利 百鳥 200401  
苗箱の桜紅葉を溜めてをり 中根美保 風土 200401  
青空や櫻紅葉のつづく土手 長崎桂子 あを 200401  
桜もみぢ一葉残して冬芽かな 金川眞里子 百鳥 200402  
桜紅葉散りしく道の掃かずあれ 山村修 築港 200402  
夕雀桜紅葉に集ひけり 国分七穂 酸漿 200402  
やさしい嘘櫻紅葉の散る小径 若泉真樹 瑠璃 200407  
恩師健在桜紅葉の夏目坂 川島和 帆船 200412  
たましひの桜紅葉の日の斑かな 中村恭子 200412  
魂よばむさくらもみぢの照るからに 豊田都峰 京鹿子 200412  
ひたすら空へ伸びゆく櫻紅葉せり 中島ため 200501  
郡役所残るに桜紅葉散る 松崎鉄之介 200501  
川べりの櫻紅葉やむすびの地 宮澤さくら 遠嶺 200501  
鶴ヶ城桜紅葉に人黙す 松崎鉄之介 200501  
遠見にも桜紅葉の山日和 今里満子 火星 200501  
桜紅葉箒担ぎて押し出せり 神蔵器 風土 200501  
蔦紅葉桜紅葉の木をのぼる 辻恵美子 栴檀 200502  
会津墓地桜紅葉の降りしける 橋添やよひ 風土 200502  
陵に散りしく櫻紅葉かな 山田禮子 遠嶺 200502  
桜紅葉始まる雨の童心居 秋田庫 200502  
桜紅葉し初めて水上勉の忌 味村志津子 雨月 200512  
桜紅葉散るへだたりの川辺かな 大島翠木 200601  
目つむりて凭れて桜もみぢかな 阿部いく子 百鳥 200601  
水踏んで桜紅葉を拾ひける 中野京子 200602  
櫻紅葉思ひの丈を綴りをり 佐山苑子 遠嶺 200602  
就中奈良八重桜紅葉かな 山田夏子 雨月 200602  
道に敷く桜紅葉に雨あがる 山村修 酸漿 200602  
石段や桜紅葉の吹き溜まり 物江昌子 六花 200603  
石段の桜紅葉をよけ上る 物江昌子 六花 200603  
壮行や桜紅葉を電車ゆく 堀内一郎 あを 200701  
さくらもみぢ下照る道を大河沿ひ 木村茂登子 あを 200701  
虚子の句碑桜紅葉の散るなへに 松尾緑富 ホトトギス 200701  
真野陵へ桜紅葉の道続く 上原光代 酸漿 200701  
青空や桜紅葉のきはやかに 岸野美知子 酸漿 200702  
曇天を支へて桜紅葉散る 田中峰雪 雨月 200702  
稲荷堂桜紅葉の散り残る 片野美代子 酸漿 200702  
地に落ちて桜紅葉の大きかり 市場基巳 200703  
桜紅葉吉野の里の雨の色 西山美枝子 酸漿 200703  
冬桜紅葉の中に咲きはじむ 渡辺暁 酸漿 200703  
古城守る桜紅葉の散る月日 小野寺節子 風土 200705  
隅田川桜紅葉を流しけり 遠藤実 あを 200801  
終り佳しさくらもみぢのきれいさび 木村茂登子 あを 200801  
父母の樹と名付けて桜紅葉かな 竹内悦子 200801  
桜もみぢふはりと句碑へ供へ物 林翔 200801  
語らひつ桜紅葉の下を行く 小林れい 酸漿 200802  
散り残る桜紅葉の雨の艶 山村修 酸漿 200802  
妹子墳桜紅葉に埋もるる 大石喜美子 雨月 200802  
墳丘を彩る桜紅葉かな 大石よし子 雨月 200803  
酷暑経し桜紅葉に日和あり 永田二三子 酸漿 200803  
さくらもみぢ小さき餅を口に入れ 松本桂子 200803  
朝の湖さくらもみぢの吹きこめり 松本桂子 200803  
先生へ桜紅葉を二、三枚 坪内稔典 稔典句集U 200804  
狭霧なか桜紅葉のはじまれり 阿部ひろし 酸漿 200810  
桜紅葉ちらほら仰ぐ登山口 上原重一 200811  
霧ふかく影する桜紅葉かな 石原光徳 酸漿 200901  
様々な桜紅葉の手に溢れ 森山のりこ あを 200901  
受診あと桜紅葉に染まりけり 上原重一 200901  
市もみぢ桜もみぢと疏水かな 浅田光代 風土 200901  
桜紅葉ふみて三津子の登校す 緒方輝 炎環 200901  
風なきに桜紅葉のはらはらと 前川千恵子 雨月 200902  
掌の桜紅葉をいとほしむ 前川千恵子 雨月 200902  
東京の桜紅葉の濁りなし 椿和枝 200902  
解体のはかどり桜紅葉かな 中島陽華 200903  
香のほのか桜もみぢの栞かな 松村光典 やぶれ傘 200903  
いつの間に桜紅葉の落葉して 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
峰寺の桜紅葉を思ふさへ 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
一枝より桜紅葉の始まりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
一山に紛れて桜紅葉かな 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
桜紅葉駐車メーター点滅し 水谷洋子 十進法 200911  
明日は伐るさくらもみぢとなりにけり 辻美奈子 200912  
父の忌の桜紅葉の美しき 大橋敦子 雨月 200912  
崎鼻の桜もみぢや風啾々 松本三千夫 末黒野 200912  
観音の桜紅葉の中に立つ 長谷川幸恵 酸漿 201001  
宗祇句碑桜紅葉のなかにあり 石原節子 春燈 201001  
角館桜紅葉を遠く見て 須賀敏子 あを 201001  
桜紅葉のくれなゐ濃きに父想ふ 大橋敦子 雨月 201001  
一日で緋を見る桜紅葉かな 高木智 京鹿子 201001  
茶畑へ散り込む桜紅葉かな 小川玉泉 末黒野 201002  
句碑護りて枝垂るる櫻紅葉かな 小山徳夫 遠嶺 201002  
いつせいに公園の桜紅葉かな 石川元子 酸漿 201002  
桜紅葉老の目笛かすれがち 廣瀬義一 雨月 201002  
朝日射す桜紅葉の裏表 五ケ瀬川流一 六花 201003  
淡墨の桜もみぢを此岸より 林かよ 201003  
川岸の桜紅葉も終りけり 家塚洋子 酸漿 201003  
状態を桜紅葉としてをりぬ 蔦三郎 ホトトギス 201003  
山宿へ桜紅葉の散る中を 廣瀬雅男 やぶれ傘 201003  
半分は散り敷く桜紅葉かな 稲畑汀子 ホトトギス 201010  
若者は桜紅葉をストップウオッチ 長崎桂子 あをかき 201012  
晩学や桜紅葉のひとひらも 豊田都峰 京鹿子 201012  
虫食ひの桜もみぢを捨てられず 大坪景章 万象 201101  
関趾に且つ散る桜紅葉かな 大竹淑子 風土 201101  
老幹の桜紅葉や三の丸 井口初江 酸漿 201101  
花追ふか桜紅葉の散るさまよ 山根征子 201101  
桜紅葉登城のやうに坂を来て 坂場章子 201101  
円墳のいただき桜紅葉かな 大島英昭 やぶれ傘 201102  
風立ちて桜紅葉の散り初めし 島崎@久美子 酸漿 201102  
斑鳩の桜紅葉や通り雨 都丸スミ代 やぶれ傘 201102  
桜紅葉知らない街のバスに乗る 田中藤穂 あを 201102  
重厚な桜もみぢの散り敷くは 数長藤代 201103  
すぐに来る締切さくらもみぢかな 荒尾茂子 京鹿子 201103  
関越ゆる桜紅葉を手にのせて 小林洋子 万象 201104  
これよりの桜紅葉を描く園 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
朝夕の櫻紅葉となりにけり 井上信子 201111  
先んじて吉野のさくらもみぢかな 神蔵器 風土 201111 悼 
百景の一つの桜紅葉これ 稲畑汀子 ホトトギス 201111  
納骨の降る降る桜紅葉かな コ田千鶴子 花の翼 201111  
よく降ると桜紅葉に父つぶやく 山田六甲 六花 201111  
飛舸のやうさくらもみぢのながれかな 吉弘恭子 あを 201112  
桜紅葉思はず一葉拾ひけり 早崎泰江 あを 201112  
縁先を過ぎりて桜紅葉落つ 藤井美晴 やぶれ傘 201112  
神田川桜紅葉に夕日照り 芝宮須磨子 あを 201201  
散り急ぐ桜紅葉の続く土手 松木清川 ぐろっけ 201201  
桜紅葉散り急ぐ性ひきずりて 北尾章郎 201201  
桜紅葉今日のいろもて落ちにけり 齋藤厚子 201201  
湖北なる桜紅葉の崎歩く 大橋伊佐子 末黒野 201202  
坂下る桜紅葉の先は海 中村紘 ぐろっけ 201203  
駅までをかつ散る桜紅葉かな 大島英昭 やぶれ傘 201203  
牢記せる桜紅葉の虫食まる 熊谷ふみを ろんど 201204  
祖国とす櫻紅葉の香の下を 熊谷ふみを ろんど 201204  
通ひ路の桜紅葉と気づくまで 稲畑汀子 ホトトギス 201210  
散ることを惜しまぬ桜紅葉とて 稲畑汀子 ホトトギス 201210  
一雨に桜紅葉のはじまりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 201210  
桜もみぢ急ぐ貫之邸趾かな 南奉栄蓮 風土 201211  
桜紅葉勿来関址へ一丁場 酒井秀郎 返り花 201211  
桜紅葉せり大崎観音寺 酒井秀郎 返り花 201211  
風鐸の寂れて桜紅葉かな 宮地静雄 末黒野 201301  
洩るる陽の桜紅葉の下に濃し 小川滋 やぶれ傘 201301  
川濁り桜紅葉を映し得ず 佐藤喜仙 かさね 201302  
秋風や桜もみぢの散りはじめ 菊谷潔 六花 201302  
幼木のわづかな桜紅葉かな 上月智子 末黒野 201302  
槙の山桜紅葉に日は入りぬ 菊谷潔 六花 201302  
桜紅葉素屋根の天守囲みたる 大西和子 ぐろっけ 201302  
高尾残照桜紅葉の散りにけり 都丸美陽子 春燈 201303  
五十歩と百歩のまなかさくらもみぢ 吉弘恭子 あを 201312  
懸け造りの長谷寺桜もみぢして 松本三千夫 末黒野 201312  
野嶋崎桜紅葉を透かし見る 山田六甲 六花 201312  
さくらもみぢセーターの胸に留め 竹内弘子 あを 201312  
空ひろびろ桜紅葉の館林 塩田博久 風土 201401  
鳶舞ひて桜紅葉の始まれり 加藤静江 末黒野 201401  
城濠に降り積む桜紅葉かな 池内結 ろんど 201401  
手にとりて桜紅葉を日にかざす 平居澪子 六花 201402  
寺の鴟尾さくらもみぢが梵鐘に 吉弘恭子 あを 201402  
東京タワー桜紅葉をぬってみる 吉弘恭子 あを 201402  
逢ひにゆく桜紅葉の向かう側 高野春子 京鹿子 201402  
晴れて散る桜紅葉や竜馬像 津野洋子 京鹿子 201403  
桜紅葉打たれ強くて泣き虫で 北川孝子 京鹿子 201403  
桜紅葉うち返りては流れけり 山田六甲 六花 201411  
流人にも触れしや桜紅葉して 山田六甲 六花 201411  
湖展く桜もみぢの並木果て 松本三千夫 末黒野 201501  
蒼穹より桜紅葉の散り初むる 大橋晄 雨月 201501  
木枯しや桜紅葉をひのふのみい 菊谷潔 六花 201501  
まつさきの桜紅葉の二条城 永岡享子 京鹿子 201501  
桜紅葉尻目に人生下り坂 鳳蛮華 201502  
しばらくは桜もみぢの木洩れ日に 安藤久美子 やぶれ傘 201502  
水に散る桜紅葉のさらにまた 久世孝雄 やぶれ傘 201502  
奔流の桜紅葉を巻き込みぬ 平居澪子 六花 201503  
般若面桜紅葉の祝園に 中島陽華 201503  
桜紅葉終の一葉の華やげる 加藤静江 末黒野 201503  
江戸博へ桜紅葉を踏んで入る 田中藤穂 201504  
誰がために急かせる桜紅葉かな 雨宮桂子 風土 201512  
柿紅葉桜紅葉とつづく坂 田中藤穂 あを 201602 桜紅葉 →2

 

2020年9月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。