林 檎 2    100句

オリオンと店の林檎が帰路のはえ   中村草田男   長子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
月光が部屋に一杯林檎噛る 新田祐久 200402  
野には野のしきたり袖で拭く林檎 佐藤真次 200402  
林檎描く童女ふり向きざまに笑む 大串章 百鳥 200404  
健康はとり返すもの林檎剥く 嶋田摩耶子 ホトトギス 200405  
林檎出す袖に籾殻ついてきし 秋千晴 200405  
団欒の林檎の皮の長々と 秋千晴 200405  
倦怠や萎えし林檎の皮リボン 坂井法 200411  
赤門の残る城下に林檎熟れ 松崎鉄之介 200411  
衰へや林檎にかぶりつきしより 中元英雄 河鹿 200412  
許されぬ一事を胸に林檎割る 松本圭司 200412  
電飾のやうに実を付け林檎の木 金子孝子 200412  
白紙から始めてみよう林檎もぐ 土岐明子 遠嶺 200412  
早熟の少年なりし林檎噛む 森竹昭夫 遠嶺 200412  
林檎来る津軽の風の詩のごとく 山田六甲 六花 200412  
母のゐて印度林檎は風邪の終 佐藤喜孝 あを 200412  
われとゆるす若気や林檎手に包み 岡本眸 200412  
問ひ詰めしあとの奈落に林檎剥く 柴田佐知子 200501  
皮長く剥きし林檎を齧る鬱 瀬下るか 200501  
一木に千顆育み居る林檎 史あかり ぐろっけ 200501  
朝食やアメリカ人は林檎好き 今井千鶴子 ホトトギス 200501  
アイガーに向かひて林檎かじりけり 小泉三枝 春燈 200501  
本降りの林檎の郷に降り立ちぬ 高橋芳子 火星 200501  
姨捨に雨降り込める林檎かな 辻恵美子 栴檀 200501  
姨石へ誰しものぼる熟林檎 辻恵美子 栴檀 200501  
林檎園に初めてはひる車椅子 菊島はな 帆船 200502  
青空の林檎もぐ手に蜜匂ふ 菊島はな 帆船 200502  
少年に言葉すくなし林檎かむ 松井洋子 ぐろっけ 200502  
お見舞へ柿と林檎を剥いて行く 松崎鉄之介 200502  
書を閉ぢてどしりと歳暮の林檎くる 土肥屯蕪里 雲の峰 200502  
憧れはピエロ林檎を抛りあぐ 藤本鷹山 百鳥 200502  
林檎捥ぐ霧の雫を目に受けて 江崎成則 栴檀 200502  
一行の雨女誰林檎狩 江崎成則 栴檀 200502  
一つ残す木守林檎と云ふべかり 江崎成則 栴檀 200502  
何処より来たのと嬰に林檎剥く 田中聡子 遠嶺 200502  
中心のずれて林檎の割られけり 藤井美智子 対岸 200503  
母癒えて林檎の蜜の透きとほる 深澤厚子 馬醉木 200503  
謝りのメモあり林檎置いてあり 藤森万里子 百鳥 200503  
会話なく絵に描く筈の林檎剥く 泉田秋硯 黄色い風 200505  
夜咄や林檎むく手を休めては 上林孝子 200505  
霧過ぎし後の林檎の紅さかな 今瀬剛一 対岸 200510  
歯並びの自慢林檎の丸噛り 林田江美 馬酔木 200511  
けがされぬ乙女想うて剥く林檎 小澤克己 遠嶺 200511  
矢の飛んできさうな林檎買ひにけり 望月周 百鳥 200511  
バスガイド林檎農家に嫁ぐてふ 田下宮子 200512  
蒼天に授かりしごと林檎もぐ 能村研三 能村研三句集 200512  
計り器の声立て区分く林檎園 大塚初江 200512  
雨が降る林檎の実る木の下も 杉浦典子 火星 200512  
きくきくと拭く店頭の林檎の緋 佐藤彰 築港 200512  
男の子等の目視手秤り林檎選る 泉田秋硯 200601  
穂高晴れ林檎芯までかじらるる 国永靖子 ぐろっけ 200601  
厚く剥かれし林檎に毒があるやうな 秋千晴 200601  
林檎食むイブの末裔自称して 刈米育子 200602  
信濃路の駅に林檎のバケツ売り 今中道子 200602  
青春の音立て林檎丸かじり 涌羅由美 ホトトギス 200602  
籾殼に手を入れ林檎つかみだす 岡和絵 火星 200602  
林檎剥く皮は切れずに螺旋にて 宮原利代 ぐろっけ 200602  
葉隠れの林檎輝く出羽の国 堤京子 馬醉木 200603  
籾殻にくすぐられ着く林檎箱 岡敏恵 ぐろっけ 200603  
掌に林檎いま死ねば吾も光るらむ 八田木枯 晩紅 200606  
樹の林檎憎しみの眼を知らざらむ 瀧春一 瓦礫 200606  
林檎噛む青春の音たてて噛む 柳生千枝子 火星 200608  
目立つごと林檎の紅を磨き売る 安陪青人 雨月 200611  
林檎園残り少なき実にも客 浜田南風 200612  
気象図に海の匂ひや林檎むく 祐森彌香 遠嶺 200612  
しみじみと夜を静かに林檎むく 永田二三子 酸漿 200612  
宅急便早生林檎箱届きけり 山崎澄子 酸漿 200612  
山国は疾風ぐもりや林檎濃く 安達実生子 馬醉木 200701  
子に林檎りぼん解くごと剥きにけり 横田初美 春燈 200701  
朝の地震林檎の皮の縺れたる 田原陽子 200701  
坐禅解き林檎を捥ぎに出掛けたり 山内なつみ 万象 200701  
幸せの国に来しごと林檎園 櫻井康敞 200701  
後継ぎの林檎捥ぐ手のありにけり 鈴木栄子 酸漿 200701  
見ざる聞かざる云はざる人ら傷林檎 田中藤穂 あを 200701  
白銀の北ア遥かや林檎捥ぐ 今中道子 200702  
谷川岳遠澄む林檎枝垂れたり 岡田貞峰 馬醉木 200702  
修羅の世と思ひつ林檎剥きゐたり 勝見玲子 200702  
かじる林檎アップルパイになる林檎 安居正浩 200702  
林檎剥くみな八十路なる戦友会 松崎鉄之介 200702  
青森より届きし林檎赤と青 松崎鉄之介 200702  
林檎生りつつ枝先の返り花 石垣幸子 雨月 200702  
碁敵の持参の林檎怒り肩 尼嵜太一郎 ぐろっけ 200702  
たかる辻饒舌の林檎売り 今井忍 ぐろっけ 200702  
ひび林檎これが自然と胸を張る 平野きぬ子 八千草 200703  
勉学地津軽は遠し林檎に蜜 野沢しの武 風土 200704  
津軽野の冷えののこりし林檎剥く 大西八洲雄 万象 200705  
団欒のまあるくまるく林檎剥く 秋千晴 200705  
林檎買ふ青空市場彩満ちて 小林成子 200708  
林檎日に透かせば黄泉の見えてきし 小澤克己 遠嶺 200711  
鈴生りの林檎は青しクレムリン 大西まりゑ 酸漿 200711  
とつぷりとひとりの世界林檎むく 内野俊子 春燈 200712  
林檎赤し嫌ひなものは捨ててゆく 高倉和子 200712  
腹立ちても夫の好物林檎買ふ 井上紀子 200801  
同じ世に生まれて林檎剥いてをり 宮澤さくら 遠嶺 200801  
林檎うまし母より享けし歯の勁く 井田幸子 雨月 200801  
歯の若さ誇りて林檎丸かじり 井田幸子 雨月 200801  
果樹園の奥より林檎背負ひ出す 田村すゝむ 風土 200801  
林檎山を余りし水の迸る 根岸善行 風土 200801  
林檎割り童話の扉の開くごと 小林雪雄 200801  
林檎もぐ梯子の空や二荒山 斉藤敬子 万象 200801  
ふるさとのかがやく林檎捥ぎにけり 栗原恵美 万象 200801 林檎 →3

2014年10月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。