野 分 6       100句

野分してしづかにも熱いでにけり   芝不器男   定本芝不器男句集

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
一輛が硝酸積んで野分の貨車 定梶じょう あを 200901  
延暦寺野分の上に野分来る 鳥居おさむ ろんど 200909  
マスターキー次々開けし夕野分 能村研三 200909  
木屋瀬こやのせは川筋気質野分立つ 能村研三 200909  
野分中よろけては鶏走りけり 山田六甲 六花 200910  
仰向けの石仏微笑野分晴 坂上香菜 200911  
空翔べる烏賊のはなしや夕野分 石寒太 炎環 200911  
古里は町まで過疎に野分かな 小俣剛哉 春燈 200911  
野分波背がへしの潮けむり 能村研三 200911  
野分中炮烙焼の鯛つつく 山本耀子 火星 200911  
風圧に抗ひ渡る野分橋 坂上香菜 200912  
真夜灯し独り住みなる野分かな 小澤菜美 200912  
野分して人間笑ふ葦である 寺半畳子 炎環 200912  
海獣の打たれて潜く野分かな 寺半畳子 炎環 200912  
夕野分プールにゆるるビルの影 波田野雪女 炎環 200912  
九十九里われより高き野分波 菅谷たけし 200912  
挑戦に耐へて野分の風力計 秋葉雅治 200912  
筒切りの鯉の甘煮や野分晴 宮内とし子 200912  
野分雲約束果たすためのバス 矢田部なほ子 200912  
河底のトンネルを出で野分かな 廣瀬義一 雨月 200912  
川も雲もひとすぢとして野分晴 豊田都峰 京鹿子 200912  
人形座縛られ野分来たりけり 杉浦典子 火星 200912  
まんばうの水暗みたる野分中 杉浦典子 火星 200912  
野分来るたくあん噛んでゐてひとり 浜口高子 火星 200912  
野分晴トーテムポールの先に鳶 松井倫子 火星 200912  
草原を白く撫で行く野分かな 大西まりゑ 酸漿 200912  
校庭に木々を拾ひし野分あと 黒部祐子 200912  
乱れたる野を整ふる野分晴 宮木忠夫 200912  
野分あと陽は光芒を草に引き 久津見風牛 201001  
真田紐の湿りてをりぬ野分あと 近藤紀子 201001  
真向ひに嶺画然と野分晴 木村美智穂 遠嶺 201001  
地靄濃くのぼる大樹や野分あと 佐藤いね子 馬醉木 201001  
入相の鐘のせかせる野分空 小宮淳子 春燈 201001  
早鐘打つ胸を残して野分過ぐ 長谷川友子 春燈 201001  
老い猫の遠目してをり野分あと 竹内慶子 春燈 201001  
野分立つモノクロの海烈しかり 山口裕子 万象 201001  
野分中力尽きたる御神木 山口裕子 万象 201001  
窓の外の人に野分の来てゐたり 浜口高子 火星 201001  
印南野や野分うねりし澳のあり 深澤鱶 火星 201001  
全身を預け眠る子野分晴 西村節子 火星 201001  
進路など決めぬ性分野分過ぐ 近藤倫子 ぐろっけ 201001  
野分まつ心得しかと事はこぶ 島純子 ぐろっけ 201001  
野分晴絵島沖行く高速艇 大西和子 ぐろっけ 201001  
靹の津の雁木を洗ふ野分波 半田順子 馬醉木 201002  
眉山より臨む大河の野分後 山口ひろよ 201002  
昏れ残る西空野分過ぎにけり 齋藤朋子 やぶれ傘 201002  
山河みな神に祷れる野分かな 池田華甲 201002  
山際の庇のうなる野分かな 滝沢伊代次 万象 201009  
野分来る予報ばかりに終りけり 稲畑汀子 ホトトギス 201009  
青空を残してゆきし野分かな 稲畑汀子 ホトトギス 201009  
田地蔵の頭巾飛ばせる野分かな 山内節子 201011  
野分あと両手広げて深呼吸 和田森早苗 201011  
縞枯の由来の山に野分来る 坂根宏子 201011  
玄猿の虚空を掴む野分かな 延広禎一 201011  
空洗ふやうに雲行く夕野分 安居正浩 201011  
黒松が崖に突つ立つ野分浪 遠藤真砂明 201011  
岬打つ力盛りの野分浪 遠藤真砂明 201011  
砂肝に串打つてゐる野分あと 蘭定かず子 火星 201011  
野分中夫に爪切る仕度あり 城孝子 火星 201011  
麻紐がもつれてならぬ野分雲 南うみを 風土 201011  
野分後も去りかねてゐる怒濤かな 濱上こういち 201011  
庵の戸を叩き通して野分過ぐ 大橋晄 雨月 201011  
大阪湾一気呵成に野分くる 古田考鵬 雨月 201011  
さかな偏づくしの湯呑夕野分 定梶じょう あを 201011  
ポケットに詰め込む小銭野分中 鶴見遊太 201012  
豆腐屋の声よく透る野分あと 鶴見遊太 201012  
漱石の顔の向かうの野分晴 雨村敏子 201012  
野分して加藤楸邨過ぎりゆく 西村純太 201012  
ジョギングの帽子目深に野分かな 佐渡谷秀一 春燈 201012  
押し返す草木のうねり野分かな 秋場貞枝 春燈 201012  
野分だつ醤の匂ふ木の駅舎 加藤峰子 201012  
野分あと水の音するの芯 山本耀子 火星 201012  
野分立つ豚のしつぽの巻きぐあひ 城孝子 火星 201012  
野分跡地球の秘密隠しけり 入江節子 ろんど 201012  
玻璃を打つ野分の雨の序破急に 池内結 ろんど 201012  
野分来る皇帝ダリヤ折れないで 三川美代子 201101  
韋駄天の一つ走りや野分晴 山根征子 201101  
野分過ぐ大きな星の一つ出て 宮川みね子 風土 201101  
野分晴小楢鬼の子零さざる 三谷道子 万象 201101  
蜘蛛の囲の真なか細しき野分晴 城孝子 火星 201101  
聖鐘のひびく港や野分晴 能美昌二郎 201101  
橋の上に白き鳥ゐる野分晴 丸山照子 火星 201102  
犬吠の野分の怒濤沖暗し 森清信子 末黒野 201102  
雄叫びの犬吠埼や野分立つ 外山節子 末黒野 201102  
野分立つ父は寝床へ早々と 石川裕美 ぐろっけ 201102  
弟を偲ぶ逆髪の野分雲 山口天木 雨月 201105  
流れ去る雲の迅さや野分晴 柳澤宗正 万象 201108  
UFOの出たてふ空の野分雲 田下宮子 201110  
ととととと鴉の歩く野分晴 涼野海音 火星 201110  
野分去りうなづきあへる草と土 大坪景章 万象 201110  
野分晴サーファー波を横走り コ田千鶴子 花の翼 201111  
天平の螺髪仰げり野分過ぎ 塩路隆子 201111  
江の島をひと日噛みつく野分波 村上倫子 201111  
島唄は何にこだはり遠野分 鳳蛮華 201112  
盆栽を棚より下ろす野分雲 久世孝雄 やぶれ傘 201112  
持ち色を促しそめて過ぐ野分 豊田都峰 京鹿子 201112  
野分雲シートベルトを喪の服に 坂場章子 201112  
つやつやの糞飛火野の野分晴 山本耀子 火星 201112  
野分だつ巷にひとの生き死にし 深澤鱶 火星 201112  
濃き淡き鶏冠の紅や野分晴 松井倫子 火星 201112 野分→7

 

2020年9月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。