野分 1       100句

見所のあれや野分の後の菊   芭蕉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
野分あと乙訓に人たづねをり 田畑保英 火星 199810  
野分けしてこの世に父の墓一つ 小澤克己 遠嶺 199811  
青し青しと空撫づる葉よ野分後 林翔 199811  
蹼がみづかきを踏む野分あと 中原道夫 銀化 199811  
筋道をたて野分など來るものか 中原道夫 銀化 199811  
低く飛ぶ野分の雲を浪が追ひ 宮津昭彦 199811  
野分だつ逆白波や秀をとぶ鵜 千代田葛彦 馬醉木 199812  
野分後の縫合の痕密男に 中原道夫 銀化 199812  
人も野も影を濃くする野分あと 久崎富美子 199901  
倒木のまざと赫しや野分あと 岡本眸 199902  
野分後の遠漁火のひとつふたつ 高橋さえ子 199902  
老人の押しよせて来る野分かな 今城知子 船団 199903  
吾のいつも坐る石あり野分晴 小林鱒一 天牛 199904  
野分まだどこかに残る草の音 藤崎久を ホトトギス 199906  
さき立てて来るもの野分なりしかな 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
あうあうと我も鴉も野分中 田中空音 海程 199909  
野分後深きねむりに入りにけり 能村登四郎 199910  
一灯を消して三国の野分かな 山田弘子 円虹 199910 悼 
大野分蝦夷隼人のまつろはず 小林喜一郎 199911  
いくたびか野分の通る馬の撓 中原道夫 銀化 199911  
音立てて馬柵噛む馬や野分晴 皆川盤水 春耕 199911  
眼中に野分の雲や秀樹逝く 皆川盤水 春耕 199911 悼 
病室に月あかるしや野分あと 朝倉和江 馬醉木 199912  
隠沼の澄まず濁らず野分あと 栃内和江 199912  
野分めく島に一ト日の旅終る 高濱朋子 円虹 199912  
会津路の輪積みの桐や野分晴 遠藤アサ子 春耕 199912  
縦横に舞台をうねる野分かな 本村照香 ホトトギス 200001  
野分中コーデリア呼ぶ声すな 本村照香 ホトトギス 200001  
暴れてもどこか寂しき野分かな 立村霜衣 ホトトギス 200001  
終楽章コーダに入れる野分かな 立村霜衣 ホトトギス 200001  
川中州四国三郎野分晴 浅井青陽子 ホトトギス 200001  
川原に滑り下りたる野分かな 柴原保佳 ホトトギス 200001  
乗り継ぎを待つ空港の野分晴 大久保白村 ホトトギス 200001  
潮の香の礫となつて来る野分 眞木礼子 ホトトギス 200001  
大胆な言葉野分に紛れ言 眞木礼子 ホトトギス 200001  
ひと言を聞きのがしたる野分 眞木礼子 ホトトギス 200001  
情熱も怖れも野分さらひゆく 河野万里子 ホトトギス 200001  
鳴き声を野分と競ふビーグル 河野万里子 ホトトギス 200001  
あらぬ物あらぬ方へと野分かな 稲岡達子 ホトトギス 200001  
風道の草に刻まれ野分後 湖東紀子 ホトトギス 200001  
野分後取りもどしたる空のあり 湖東紀子 ホトトギス 200001  
筆入れに刃物のひかる野分かな 櫨木優子 200001  
水平線野分のあとの脹ら脛 伊藤希眸 京鹿子 200001  
音だけの闇夜の重き野分かな 野昭人 遠嶺 200001  
人妻もその敵もゐて野分かな 河西志帆 京鹿子 200001  
姪の婚待つに髪染む野分晴 平かつえ 200002  
野分後の空に風船放たるる 藤井勢津子 200002  
育毛剤たっぷり使ふ野分あと 田中藤穂 水瓶座 200002  
風鈴の悲しく笑う野分かな 尾上有紀子 わがまま 200002  
野分なか大夕焼の放屁音 貝森光大 六花 200002  
青空を消してはひろげ野分雲 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
野分過ぎ去りたる庭のそのままに 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
野分避け来たる如くに旅路あり 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
船員も船酔遠州灘野分 稲畑廣太郎 ホトトギス 200009  
草野球野分に味方されてをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200009  
掴みゐる砂に磁力や野分立つ 能村研三 200010  
隠り沼に野分はしりの一雫 村上光子 馬醉木 200011  
波に浮く欠航のびら野分だつ 穐好樹莵男 馬醉木 200011  
野分して裏のがたろの思はるる 深澤鱶 火星 200011  
野分なか頬紅の濃き婆がゆく 高松由利子 火星 200011  
野分雲翔び去りわが身何失ふ 林翔 200011  
野分晴烏の艶羽ひろひけり 阿部ひろし 酸漿 200011  
蛸杉のいよいよそびゆ野分晴 阿部ひろし 酸漿 200011  
野分中竹生の巫女に両手振る 水野邦夫 俳句通信 200011  
鷄冠にてもの考へよ野分晴 中原道夫 銀化 200011  
飯櫃の饐えたる匂ひ野分あと 石鍋みさ代 春耕 200011  
穴があつたらもつと掘れ野分して 山田六甲 六花 200011  
武者木偶に触れて野分を鬨ときく 島田万紀子 馬醉木 200012  
何となく海を見に行く野分あと 中川朋子 円虹 200012  
野分来る妙にはしやいでをりし子ら 中川朋子 円虹 200012  
立ち直る草木の力野分あと 長山あや 円虹 200012  
ゐるだけの鷺の輪になる野分中 大東由美子 火星 200012  
西海の貝の夢見し野分晴 池端英子 200012  
兎小屋戸板で囲ふ野分中 乾佐知子 春耕 200012  
波の色変る余呉湖の野分かな 高野清風 春耕 200012  
アルプスを浮かべ信濃の野分晴 清水谷法明 200101  
野分波寄せて子不知親不知 清水谷法明 200101  
野分あと書棚に探す第一集 小林あつ子 火星 200101  
野分後の波に乗りたるかいつぶり 高村梢子 火星 200101  
野分雲より快足の青年僧 林唯夫 海程 200101  
野分かなヘブライ文字が飛んでいる 村山和子 海程 200101  
これはこれは神の陰毛飛ぶ野分 吉田さかえ 海程 200107  
長靴に腰埋め野分の老教師 能村登四郎 200108  
雨傘が俄か日傘に野分晴 林翔 馬醉木 200110  
村一つひつくり返し野分去る 松田都青 京鹿子 200110  
マンションの灯の濃くなりし野分あと 木下節子 俳句通信 200110  
野分去りぬ遠く眩ゆき熱海の灯 林翔 200110  
野分後深きねむりに入りけり 能村登四郎 羽化 200110  
危ふさの浮巣瀬に乗る野分晴 岩崎きゑ子 馬醉木 200111  
野分過ぐ進学塾の灯の中に 宮川みね子 風土 200111  
隧道に鍵のかけある野分かな 浜口高子 火星 200111  
豆腐屋が豆腐のはなし野分あと 浜口高子 火星 200111  
野分過ぐ夫のきれいな富士額 大山文子 火星 200111  
塩昆布の塩吹いてゐる野分中 加藤真起子 火星 200111  
野分立つ東寺の濠の水満てり 木村真魚奈 京鹿子 200111  
野分あと犬に草笛聴かせゐる 澤本三乗 200111  
継がでもの直情つぎし子や野分 渕上千津 200112  
幼女一人現われ野分去りゆけり 立岩利夫 海程 200112 野分→ 2

 

2020年9月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。