5       53句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
薬味葱刻む庖丁始かな 野畑さゆり 201704  
川ひとつ渡り矢切の葱畑 新谷フクヱ 末黒野 201705  
裏戸より女小走る囲ひ葱 中田みなみ 201705  
葱買うて道々太さ誉めらるる 鎌田光恵 201705  
帰耕庵と掲げて葱の種を干す 中川句寿夫 ここのもん 201705  
下仁田の葱のあまさや鍋奉行 菅野日出子 末黒野 201705  
朝粥の一椀のみや分葱饅 田中臥石 末黒野 201706  
友情が時に漂流葱買うか 鶴濱節子 船団 201707  
葱を抜き皮剥き食めり猿の群れ 奥山テル子 万象 201802  
手掴みの葱やきのこや芋煮会 岸洋子 201803  
葱刻むうしろ姿に声かけて 山内四郎 春燈 201803  
素うどんや千住の葱に京七味 太田良一 末黒野 201803  
泥つきの葱の重さを諾へり 加藤静江 末黒野 201803  
馴れるとはあきらめること葱きざむ 橋添やよひ 風土 201803  
葱頬に当てて恋する夕暮れよ 森有子 201803  
春の星数へながらに葱を抜く 秋川泉 あを 201804  
囲ひ葱抜くやかはたれ刻の月 菅野日出子 末黒野 201804  
素うどんに葱たつぷりと寒戻る 田中珠生 馬醉木 201804  
葱豆腐買うてひとりの寒ひと日 橋本榮治 馬醉木 201804  
葱畑畝盛り上ぐる老農夫 長尾タイ 末黒野 201804  
海鳴やよろけ縞なす葱畑 斉藤マキ子 末黒野 201805  
葱提げてスクランブルの交差点 吉田万喜子 雨月 201806  
分葱ぬた盛りて形見の白磁鉢 大塚かずよ 末黒野 201808  
葱刻み泣きの涙をごまかせり 住田千代子 野に遊ぶ 201811  
味噌これぞ葱鉄砲をくらひても 石川桂郎 風土 201811  
自転車に青葱積んで流れ橋 浅田光代 風土 201902  
泥葱の剥けば光れる寒さかな 森なほ子 あを 201903  
道ばたの無人売場に葱二本 有賀昌子 やぶれ傘 201903  
老人が葱をつかんで通りけり 白石正躬 やぶれ傘 201903  
脈拍の正しき音や葱刻む 中貞子 201903  
葱きざむ俎己が歳月よ 安田優歌 京鹿子 201904  
繊悔室神父に葱の匂ひせり 荒井千佐代 201904  
けふ妻の検診日なり分葱饅 田中臥石 末黒野 201905  
帰りしな娘手渡す分葱束 田中臥石 末黒野 201905  
日本を旅立つ日とて葱刻む 山田佳乃 ホトトギス 201905  
葱の花落第坊がいとほしむ 定梶じょう あを 201906  
葱百円大根百円梅三分 竹内悦子 201906  
庭畑の葱ふんだんに根深汁 森脇貞子 雨月 202002  
老いたれば薬味の葱の欠かされず 川田好子 風土 202002  
久々の友の来訪葱鮪鍋 佐俣まさを 京鹿子 202002  
限界に来てゐる手足葱の泥 高木品子 京鹿子 202003  
無印の葱や大根いただきます たかはしすなお 202003  
青い目の少女のリュックに葱一本 野村昌代 202003  
葱括る縄の弾力恃むかな 能村研三 202003  
バス停に袋飛び出る葱の先 谷島弘康 末黒野 202003  
葱汁や元気印をよびこまん 柴田靖子 202003  
鉢植えの青葱きざむ匂ひかな 大塚たきよ 202003  
雲走る防風林と葱畑 庄司久美子 202004  
葱刻む音整うてきたりけり 山田佳乃 ホトトギス 202005  
納豆に添へる朝餉のきざみ葱 広瀬済 やぶれ傘 202006  
分葱饅播鉢のまま卓に出す 小林輝子 風土 202006  
一畝は葱の擬宝珠の列となる 新沢伸夫 202006  
葱提げて日暮れの道を怒り肩 大西乃子 202007 葱 →1

 

2020年12月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。