夏 休 3    220句

家に居る表札のわれ夏休   三橋敏雄   しだらでん

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
校庭の海原めきて夏休み 片山由美子 200909  
夏休ロボット研究目きらきら 藤野寿子 あを 200909  
夏休自由研究親子理科 藤野寿子 あを 200909  
口答へ巧みになりし夏休 東亜未 あを 200909  
夏休み宿題遊びに超多忙 高野綸 200910  
餅鳩きの山に谺の夏休み 仁平則子 200910  
少年の野球一途に夏休み 米山喜久子 200910  
夏休みの子供くらげを釣つてゐし 大坪景章 万象 200910  
改札で子を受け取りぬ夏休み 甲州千草 200909  
夏休皿の数だけしあわせが 篠田純子 あを 200909  
お守を少年腰に夏休 芝宮須磨子 あを 200909  
夏休み百葉箱へ夜々の星 石井浩美 炎環 200910  
「のぞみ」見て放心の児や夏休み 宮田香 200911  
児の手品のミスに拍手や夏休み 和田郁子 200911  
三尺は昔がたりよ夏休み 伊藤敬子 200910  
古代人のたづきを習ひ夏休み 関根喜美 200910  
子等の声一気に弾け夏休み 下野啓子 200910  
古稀夫と青春切符の夏休 宮川秀穂 200911  
山河いま笑顔の揃ふ夏休み 林友次郎 遠嶺 200911  
山毛欅の木に耳当ててゐる夏休 大山文子 火星 200911  
夏休幼のたより鏡文字 坂本幸子 酸漿 200911  
夏休腕白どもの道となる 吉弘恭子 あを 200910  
玄関に大き靴あり夏休 早崎泰江 あを 200910  
鶏の鳴く学校は夏休み 廣瀬雅男 やぶれ傘 200912  
計画はあつてなきもの夏休 涌羅由美 ホトトギス 201001  
黒板の長き受け皿夏休 佐藤喜孝 あを 200912  
噂良き宿を予約や夏休み 泉秀行 201008  
分度器の水平線や夏休 辻美奈子 201009  
夏休鈴を鳴らして国境 堀内一郎 あを 201008  
国道の真中に巡査夏休 吉弘恭子 あを 201008  
寮の庭ユッカが咲けば夏休 沼本静江 酸漿 201009  
象つれて廻るピエロや夏休み 岸千手 201010  
女子高生夏休みにす初マニキュア 鈴木てるみ ぐろっけ 201010  
計画は完壁までに夏休み 横内かよこ ぐろっけ 201010  
月影に犬拭く少女夏休 城孝子 火星 201010  
山の子が海を見てゐる夏休 福島茂 201010  
祖父とする自由研究夏休 山田孝枝 酸漿 201010  
大人にも宿題があり夏休 城戸愛子 酸漿 201010  
ふたり居に孫の多弁や夏休み 山口キミコ 201011  
泥団子磨いてみがいて夏休 木村茂登子 あを 201010  
部屋中に図鑑ひろげて夏休 田中珠生 馬醉木 201011  
科博館に竜涎香聞く夏休み 荻野嘉代子 春燈 201011  
「はやぶさ」にロマン抱く子夏休 河本利一 201011  
恐竜の骨を宝に夏休 平野みち代 201011  
ちびつ手のパジヤマ揃へて夏休 神田惣介 京鹿子 201011  
昼近く起き来る若さ夏休み 西山春文 201012  
夏休み果てたる海に揚繰船 田中臥石 末黒野 201012  
ふりかへる歳月ありて夏休 稲畑汀子 ホトトギス 201107  
みちのくへ青春切符夏休み 笠井清佑 201108  
出港の銅鑼鳴りひびく夏休み 吉村摂護 201108  
夏休み校舎に響くペットの音 笠井清佑 201110  
少年にサドルを上げる夏休 甲州千草 201110  
夏休みしやつくりのまま塾に入る 角谷美恵子 ぐろっけ 201110  
時差ぼけもなく遠来の子の夏休 茂木なつ 春燈 201110  
九才の「剃刀の儀」や夏休み 西垣順子 201111  
夏休くつろいでゐる椅子・机 宮崎裕子 春燈 201111  
卓袱台に鉛筆の跡夏休み 佐々木良玄 春燈 201111  
夏休み課題に恐竜貯金箱 伊吹之博 京鹿子 201111  
夏休み大仏と空おなじうす 蘭定かず子 火星 201111  
夏休み折りしも山下清展 蓮尾みどり ぐろっけ 201111  
初めての親子連弾夏休み 福島松子 ぐろっけ 201111  
石の牛裂け目に賓銭夏休み 福田かよ子 ぐろっけ 201111  
柔道着塩のふきたる夏休 和田一 雨月 201111  
夏休み終え静けさや淋しさや 佐々木なつ ろんど 201112  
ペコちゃんとプラスティックな夏休み 火箱ひろ 船団 201201  
丸めても伸ばしてもよし夏休み 中谷仁美 船団 201201  
バリカンに並ぶ兄弟夏休 岩永はるみ 白雨 201203  
じいちやんもばあちやんもゐて夏休 福島茂 201205  
もう今は考へられぬ夏休 稲畑廣太郎 ホトトギス 201207  
山荘は朽ち果てしまま夏休 稲畑廣太郎 ホトトギス 201207  
夏休満載したるひかり号 稲畑廣太郎 ホトトギス 201207  
遊覧船異国語とびかふ夏休 川井素山 かさね 201208  
ふたり居に孫の多弁や夏休 山口キミコ 九十九島 201209  
亡弟と峠を越ゆる夏休 だいじみどり 201209  
夏休み周遊券のひとり旅 秋千晴 201209  
夏休み少年野球に少女あり 神田惣介 京鹿子 201209  
熟知せるこの樹が友や夏休 酒本八重 201210  
病む足をそつとしておく夏休み 林美智 ぐろっけ 201210  
明けやらぬポストの音の夏休 水野弘 ぐろっけ 201210  
濡縁に木の影届く夏休み 生田作 風土 201210  
夏休み色鉛筆の十二色 中山純子 万象 201210  
工具買ひパパと宿題夏休 増田一代 201211  
薪焼べる初体験の夏休 長濱順子 201211  
夏休ボクとママとの畑日記 西垣順子 201211  
夏休み船から見えたスカイツリー 土井ほのか 201211  
夏休みだしまきたまご作ったよ 塩路彩奈 201211  
動物図鑑枕辺に子の夏休み 柴田久子 風土 201211  
夏休み上書き保存して終はる 杉本光祥 201211  
いちじくの観察ノート夏休み 山崎郁子 万象 201211  
夏休み車椅子押すボランテイア 伊吹之博 京鹿子 201211  
遊びの輪婆も仲間の夏休み 黒澤登美枝 201211  
夏休みなやみの多き親も居て 林美智 ぐろっけ 201211  
夏休み隣りのピアノ上手くなる 向江醇子 ぐろっけ 201211  
倒木を適当に切る夏休み だいじみどり 201210  
親も子も本を借りたる夏休み 秋千晴 201210  
手分けして祖母を手伝ふ夏休 唐澤春城 ホトトギス 201212  
仲良しも喧嘩いくたび夏休み 細川知子 ぐろっけ 201212  
夏休みどの子の爪もマニキュアを 細川知子 ぐろっけ 201212  
夏休み向日葵の皆道に向く 三浦澄江 ぐろっけ 201212  
少年の目に見えて伸ぶ夏休 大内幸子 六花 201212  
離陸して夏休へと一直線 涌羅由美 ホトトギス 201301  
幼稚園の方が楽しい夏休 志方章子 六花 201301  
子を預り鉢を預り夏休 田嶋洋子 七線譜 201306  
神様の贈り物かも夏休 稲畑廣太郎 ホトトギス 201307  
夏休今年もとれず仕舞かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201307  
異国より児のひとり旅夏休み 山口キミコ 201310  
壁に貼る「約束事」や夏休み 鈴木照子 201310  
児の指におもちやのダイヤ夏休 長谷川友子 春燈 201310  
悪態のおぼつかなきや夏休 藤丸誠旨 春燈 201310  
コンコースの天井たかき夏休 小林成子 火星 201310  
夏休みスケボー曲乗りはしやぐ声 水谷直子 京鹿子 201310  
夏休み子の予定聞き旅支度 伊吹之博 京鹿子 201310  
湖のほとりの椅子や夏休 黒坂紫陽子 馬醉木 201311  
トランクをひとつ買ひ足す夏休み 秋元久子 やぶれ傘 201310  
伸びしろを残して過ぎぬ夏休 辻美奈子 201311  
太陽に赤い髭かく夏休み 中山皓雪 201311  
夏休み古里の友雛が増え 水野弘 ぐろっけ 201311  
海渡る心弾める夏休み 市橋香 ぐろっけ 201311  
村あげて貸切りバスや夏休み 市橋香 ぐろっけ 201311  
夏休み在宅介護手助けも 四葉允子 ぐろっけ 201311  
プーさーんの顔出すリュック夏休 平野みち代 201312  
副住職として寺の子の夏休 山本漾子 雨月 201312  
鳥籠の掃除ざぶざぶ夏休み 坪内稔典 船団 201401  
夏休み赤子のやうな中国語 吉弘恭子 あを 201408  
夏休あしたは孫の来るといふ 篠田純子 あを 201409  
縁側でらっぱ飲みして夏休み 岡崎禎子 201409  
孫迎へ阿修羅の風や夏休 今野明子 末黒野 201410  
孫迎へ阿修羅の風や夏休 今野明子 末黒野 201410  
近未来夏休みの児と体験す 土井久美子 201410  
巨樹巨木写真集見る夏休 森理和 あを 201410  
象小屋の餌あをあをと夏休 小林成子 火星 201410  
子の脚のすらり伸びたる夏休み 橋本順子 201410  
広辞苑割りたる匂ひ夏休み 辻美奈子 201410  
夏休み個性出でくる和紙づくり 宮田香 201411  
校庭に切れ目を入れる夏休み 鴨下昭 201411  
夏休み膝百相のローカル線 加藤峰子 201411  
予定は未定引つ越し途中の夏休み 児玉有希 京鹿子 201411  
夏休五つ泊ると言ふ笑顔 遠藤清子 末黒野 201412  
白球を繕ふベンチ夏休み 福島せいぎ 万象 201412  
水音の所へ行こう夏休み 長沼佐智 船団 201502  
故郷の堰ぬるぬると夏休み ふじの茜 201508  
用水の疾き流れ追ふ夏休 細川洋子 201509  
声変はりして初めての夏休 安居正浩 201509  
バスを待つとき夏休み待つ心地 辻美奈子 201509  
学生の名刺の余白夏休 甲州千草 201509  
スケートを車のよける夏休み 水谷直子 京鹿子 201510  
鶏小屋に風入れに行く夏休 富川明子 201510  
夏休五十音図を置去りに 高橋道子 201510  
夏休みの友はファーブル昆虫記 栗山恵子 雨月 201510  
地球儀に未来の息や夏休み 和田政子 201510  
このところ電車のなかも夏休 近藤牧男 春燈 201511  
焼餃子大皿に盛る夏休 吉澤恵美子 春燈 201511  
駄菓子屋の店先盛る夏休み 小野弘正 末黒野 201511  
前髪を気にして終はる夏休 辻美奈子 201511  
恐竜の好きな子にくる夏休 黒川悦子 ホトトギス 201512  
名水を喇叭飲みして夏休み 松田明子 201512  
杉山に杉の雨降る夏休み 伊藤通明 201603  
夏休みの登園嫌がる甘えっ子 吉宇田麻衣 201603  
鉄棒は高さ違へて夏休み 小林朱夏 201607  
歓声の混みあふ浅瀬夏休み 松田明子 201609  
相好は崩さる羽目に夏休み 鈴鹿呂仁 京鹿子 201609  
ポケモンを出しに追い出す夏休み 岡田桃子 201610  
夏休二十の扉の子供部屋 奥田筆子 京鹿子 201610  
知らぬ子が庭に来てゐる夏休 阪上多恵子 雨月 201610  
リビングに碁盤居座る夏休み 滝澤圭子 雨月 201610  
伏して児はファーブルとなる夏休み 下村辰枝 201611  
夏休み恐竜展の列につく 中村洋子 風土 201611  
鉄棒に陽はぎらぎらと夏休み 柴田志津子 201611  
背を打つて入院せしが夏休 大坪景章 万象 201611  
青淵へ山の子ら跳ぶ夏休み 内海良太 万象 201611  
夏休み少女つきたる小さき嘘 森清信子 末黒野 201611  
子ら三人分教場の夏休み 吉田きみえ 末黒野 201611  
夏休み早瀬の子等のはかりごと 牧原嘉子 京鹿子 201612  
大人びし子の眩しかり夏休 志方章子 六花 201612  
夏休ボーイソプラノ騒騒し 志方章子 六花 201612  
朝と晩取り違へたる夏休 唐澤春城 ホトトギス 201612  
大仏ヘハーローニーハオ夏休 古賀しぐれ ホトトギス 201612  
抽出しに大人忍ばす夏休み 平井奇散人 船団 201612  
校塔の時計にはなし夏休み 石黒興平 末黒野 201612  
靴緩く履きて男の子子夏休 赤座典子 あを 201610  
ポケツトに忍ばせてゐる夏休み 厚芝唯菜 京鹿子 201701  
膝の傷また増やしたる夏休み 苑実耶 201612  
老人が忙しくなる夏休み 横田敬子 201612  
手作りの魅力に目覚め夏休 千原叡子 ホトトギス 201702  
図書館に自転車並ぶ夏休み 苑実耶 201704  
煙突に腰かけている夏休み 川嶋健佑 船団 201707  
夏休みすでに大樹の秘密基地 甲州千草 201709  
ペンギンの起立・礼する夏休 頓所友枝 201709  
無声映画のちよこまか歩き夏休 諸岡和子 201709  
いつまでも明日あるごとく夏休 辻美奈手 201710  
夏休み顎に伸びたる帽子紐 大川ゆかり 201710  
理科室にあがる歓声夏休み 高木嘉久 201710  
地球儀の海の碧さよ夏休み 前川京子 201710  
絵日記にパンダを描く夏休み 大日向幸江 あを 201709  
牛乳を飲んで眠って夏休み 大日向幸江 あを 201709  
木道の展望に座す夏休み 高橋まき子 風土 201710  
たくさんの箇条書ある夏休み 中島昌子 201710  
夏休みのもう顔をして下校の子 久保村淑子 万象 201710  
起き抜けの仏頂面や夏休 辻美奈子 201711  
今はもう遊んでくれぬ夏休み 相良牧人 201711  
旅の夢鞄に詰めて夏休み 太田利明 末黒野 201711  
夏休み足蹴しあへる子の寝相 尾崎千代一 末黒野 201711  
切れ切れの吹奏楽や夏休み 村瀬恵美子 風土 201711  
おのおのの鉢持ち帰り夏休み 岩井京子 201712  
信念のひとになるなる夏休み 長沼佐智 船団 201802  
夏休み列島赤き世界地図 松尾龍之介 201801  
算盤の教室は寺夏休み 横田敬子 201802  
夏休み大人楽しい水族館 いろは 201809  
十二支にパンダ座つて夏休み おーたえつこ 201809  
夏休み海みる為の特急券 村田あを衣 京鹿子 201810  
チェロケース横に抱く児の夏休み 伊吹之博 京鹿子 201810  
シーソーも松の根っこも夏休み 定梶じょう あを 201809  
夏休み児は虫めがね持ち歩く 能美昌二郎 201810  
夏休祖母は自慢の泳ぎ見せ 片山喜久子 雨月 201810  
集ひ来て四人の孫の夏休 大橋晄 雨月 201811  
校庭の放射線量夏休み 山田健太 風土 201811  
夏休み果ててピカピカ登校す 近藤紀子 201812  
風見鶏じりじり灼けて夏休み おーたえつこ 201812  
夏休み口開けて見るイルカショー 篠田純子 201904  
水族館に子等の喚声夏休み 大山夏子 201904  
子を乗せて問屋の来る夏休み 曽根富久恵 201907 夏休 →1

 

2019年8月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。