水 鳥 1     100句

水鳥やてふちんひとつ城を出る   蕪村

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
水鳥の一斉といふ空のあり 稲畑汀子 ホトトギス 199812  
水鳥の脚が着地をしてをりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 199812  
水鳥の所作に会話のある如く 稲畑汀子 ホトトギス 199812  
よく潜ぐ水鳥のゐて沼ぬるむ 能村登四郎 199902  
水鳥は水にもぐつて日暮れけり 鈴木郁 風土 199902  
水鳥の耳のかたちに塊れる 林朋子 船団 199903  
水鳥の陣に幇間らしきもの 水内慶太 銀化 199904  
水鳥の棲めぬ池かよ彼岸前 保坂加津夫 いろり 199904  
水鳥の浮き出て嘴のひと雫 栗城静子 199905  
水鳥の留守に萍ふえゐたり 浜口高子 火星 199906  
水鳥や息もうもうと別れ来し 星野早苗 船団 199909  
水鳥のふっくらといる午後一時 小枝恵美子 ポケット 199911  
水鳥やさ走る一羽波に消え 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
一陣の降りて孤高の水鳥も 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
浮く落葉押すともなしに水鳥ゆく 能村登四郎 199912  
水鳥の水面まぶしく明けにけり 水野邦夫 俳句通信 200001  
水鳥の内輪歩きのなかにをり 柿沼盟子 風土 200001  
水鳥のつぶらなる眼にとりまかれ 坊城としあつ 円虹 200002  
水鳥にまじりて川鵜荒々し 坊城としあつ 円虹 200002  
水鳥の水尾暮れ残る浮御堂 辻のぶ子 俳句通信 200002  
水鳥の硬き所を数えけり 星野早苗 空のさえずる 200002  
水鳥の最終便で吾子立たす 星野早苗 空のさえずる 200002  
水鳥に水位ゆたけき淵ケ池 長谷川満子 雲の峰 200003  
水鳥の水に折れゐるもの多し 宇都宮滴水 京鹿子 200004  
水鳥のアルプス揺らし来たりけり 吉村玲子 円虹 200006  
群離れては水鳥の流さるる 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
水鳥に風のささめきありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
朝まだき水鳥水尾をふくらませ 細井隆子 200101  
水鳥に顔を知られし男かな 石橋翠 いろり 200101  
水鳥に似てあらたまの肌着替 能村研三 200102  
水鳥の群れを率ゐて池めぐる 岡田万壽美 俳句通信 200102  
水鳥の熟寝を誰もうたがはず 鷹羽狩行 200103  
水鳥やを芦に入れ眠る舟 鷹羽狩行 200103  
水鳥の日を浴びときに水を浴ぶ 鷹羽狩行 200103  
水鳥のこゑ渡り合ふ沼日和 代田青鳥 風土 200103  
水鳥の声鋭き朝や遠嶺晴 岩田育左右 遠嶺 200103  
水鳥の雪に吹き寄せられゐたる 梅田津 銀化 200104  
水鳥のおしりの電気つけてみる 三宅やよい 船団 200107  
薫風や水鳥一つ湖を立つ 林千枝子 酸漿 200108  
水鳥や憑かれて旅の羽根蒲団 西條李稞 京鹿子 200110  
声高に水鳥過ぐる熱帯夜 内藤順子 酸漿 200110  
よくかつぐ水鳥のゐて沼ぬるむ 能村登四郎 羽化 200110  
嘘つきとおすには水鳥が多すぎる 森あみ子 船団 200112  
水鳥の光にまぎれやすきかな 片山由美子 200202  
水鳥の中州も岸も翳りけり 宇利丞示 雲の峰 200202  
水鳥の潜りたきとき皆もぐる 根岸善行 風土 200202  
水鳥の喃々せるは番ならむ 古田考鵬 雨月 200202  
水鳥の群れの見てゐる湖の風 徳永真弓 百鳥 200202  
薄氷を揺らし水鳥渡りゆく 栢森敏子 あを 200202  
水鳥や月夜にもある照り曇り 鷹羽狩行 200202  
水鳥の進みて水面やはらかし 笠井円 円虹 200202  
浮御堂水鳥の日々始まりし 赤井よしを 円虹 200203  
大阪に来て水鳥の貌ならぶ 彌榮浩樹 銀化 200203  
水鳥のいくつも浮かびカプチーノ 彌榮浩樹 銀化 200203  
水鳥の水の光を引きて翔つ 荒川優子 春耕 200203  
水鳥の石にまぎれて眠りたる 入野田千寿子 200203  
水鳥に一日昏き湖北かな 西村しげ子 雨月 200204  
をかしきは水鳥の陸歩くさま 田所洋子 雨月 200204  
水鳥や夕日に金のしぶきあげ 荏原やえ子 200205  
水鳥を統べ白鳥の日にまぶし 松田欽吾 雨月 200205  
水鳥の群のどこかがもめてゐる 大石よし子 雨月 200206  
水鳥の群れて湖北でありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200212  
水鳥を浮べて水の都かな 稲畑汀子 ホトトギス 200212  
本日の水鳥すべて書き出され 伊藤白潮 200301  
水鳥の餌に寄り来しはヌートリア 大橋敦子 雨月 200301  
水鳥の着水の足あきらかに 吉岡久江 火星 200302  
水鳥にこの地王道楽土たり 大橋敦子 雨月 200302  
水鳥のいつしか消えて橋灯る 徳永真弓 百鳥 200302  
水鳥の飛び出でし後銃の音 山遊亭金太郎 百鳥 200302  
水鳥の羽搏ちか河童浮く音か 長谷川史郊 馬醉木 200303  
水鳥のねむり日輪遠くせり 花川敏彦 200303  
水鳥のやがて流るる恵方かな 山尾玉藻 火星 200303  
水鳥の声交りあふ夜明け前 澤田緑生 馬醉木 200303  
水鳥のつばさの中の星座かな 小澤克己 遠嶺 200304  
水鳥の日がな倒立競ふかな 安達風越 雨月 200304  
水鳥へふところ深くしてをりぬ 井上菜摘子 京鹿子 200304  
水鳥の航跡黒く日暮れたり 中島たまな 200305  
一日の終はり水鳥はなやかに 浦川聡子 水の宅急便 200305  
水鳥の名を確かめに戻りけり 谷上佳那 百鳥 200306  
水鳥の遊べる沖を貨物船 南港 築港 200401  
水鳥の群れゐるままに流れをり 田中英子 火星 200402  
水鳥のはなればなれにゲーテの恋 伊藤白潮 200402  
泳ぎ・飛び・鳴き水鳥の数しれず 大串章 百鳥 200402  
下敷の絵は水鳥のミニ図鑑 川野喜代子 雲の峰 200402  
水鳥のちかきにありぬ記帳台 小林成子 火星 200403  
水鳥の眠り深めて山の影 遠藤若狭男 200403  
水鳥の眠ると見ゆる水輪かな 金子つとむ 雲の峰 200403  
水鳥の静かに群るるちぬの海 辰巳陽子 雲の峰 200403  
水鳥やしづかに伸びる午後の影 冨田正吉 200403  
水鳥の白と云う色青みけり 大山里 200404  
水鳥の同じ長さに水尾を引き 鎌倉ひろし 百鳥 200404  
水鳥の向き替へ家に帰らねば 福井隆子 つぎつぎと 200405  
水鳥の尻より浮いて来りけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200406  
水鳥を残し落ちつぐ堰の水 村上恵生 200406  
水鳥の水を揺らさず動きけり 内藤ゑつ ゑつ 200411  
水鳥に大川といふ楽土かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200412  
水鳥に後楽園の暮れてゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 200412  
送葬の列水鳥に見送られ 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
水鳥や月遊ばする水鏡 代田幸子 200501  
水鳥に個々の自由のありにけり 大橋敦子 雨月 200501 水鳥 2へ

 

2014年12月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。