松蝉(春蝉)

バス果てぬ春蝉ここだ鳴く中に   篠原梵  皿

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
名園の松蝉として声揃ふ
稲畑汀子
ホトトギス
199805
松蝉や聞きしとも聞かざりしとも
稲畑汀子
ホトトギス
199905
春蝉や城に名うてのいろは松
窪田佳津子
雨月
199906
松蝉や荒神山へ磴上る
城戸愛子
酸漿
199908
松蝉や駅遠からず近からず
福井鳳水
円虹
199908
春蝉の声のあふるる湯殿山
皆川盤水
春耕
199908
山毛欅林蝦夷春蝉の鳴きとよむ
金升富美子
199908
傾きし赤松蝉に愛さるる
白倉智子
ヒッポ千番地
199908
松蝉や禪院までの杉木立
今井松子
遠嶺
199910
松蝉や地震を耐へ来し音色とも
稲畑廣太郎
ホトトギス
199911
魁けて春蝉命惜しむかに
稲畑廣太郎
ホトトギス
199911
松蝉は明治の人と明治村
能勢京子
船団
199912
松蝉や地震を耐へきし音色とも
稲畑廣太郎
ホトトギス
200005
魁けて春蝉命惜しむかに
稲畑廣太郎
ホトトギス
200005
春蝉や林の中も湖の風
鈴木まゆ
馬醉木
200008
松蝉や湯けむりの来る中学校
山田弘子
円虹
200008
松蝉や道折れて山深くなる
岩瀬操舟
円虹
200008
松蝉を誘ふ松籟なりしかな
岩瀬操舟
円虹
200008
松籟もまた松蝉も突然に
岩瀬操舟
円虹
200008
松蝉の声を遥かにしたる風
岩瀬操舟
円虹
200008
いとけなき春蝉手より飛びたてり
谷寿枝
酸漿
200008
諏訪の森蝦夷春蝉の声埋む
村越化石
200008
松蝉や藩士の石燈籠並び
大堀鶴侶
雨月
200008
松蝉の輪唱樹海わたりゆく
島田万紀子
馬醉木
200009
松蝉の高きに鳴きて木々高し
鷹羽狩行
200009
山刀伐峠
松蝉の声の生まるゝ日和来し
松本松魚
円虹
200105
松蝉の声を加勢の校正に
松本松魚
円虹
200105
森の風消え春蝉の止んでをり
稲畑汀子
ホトトギス
200105
松蝉に日輪淡くなつてをり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200105
松蝉の突然にして豪快に
山田弘子
円虹
200108
松蝉の声の奥にも鳴き出しぬ
山田弘子
円虹
200108
松蝉や北向観音をろがむ日
渕江千代
酸漿
200109
春蝉や磨崖を彫りし世の如何に
谷村祐治
雨月
200109
みちのくの春蝉聴きしと旅便り
金子里美
船団
200110
松蝉の奈落の御堂国宝たり
鵜飼紫生
雨月
200110
松蝉の鳴きて神話の松林
稲畑廣太郎
ホトトギス
200205
松蝉の蜂のごとくに枝移り
稲畑廣太郎
ホトトギス
200205
松蝉を抜け松蝉に迷ひこむ
稲畑廣太郎
ホトトギス
200206
春蝉や阿伏兎岬の階をゆき
喜多初枝
雨月
200206
春蝉の脱皮を見するマイビデオ
松崎鉄之介
200207
蝦夷春蝉とぎれては鳴く朝ぐもり
阿部文子
酸漿
200207
口減らしのジヤガラモガラに蝦夷春蝉
松崎鉄之介
200208
松蝉や師の居に寒山拾得図
落合由季女
雨月
200208
春蝉やしるべ小さき札所道
永田二三子
酸漿
200208
松蝉や草に消えたる遊歩道
鳴海清美
六花
200209
松蝉の鳴き継ぐ時の静寂かな
稲畑廣太郎
ホトトギス
200305
松蝉の声太陽を引き寄せて
稲畑廣太郎
ホトトギス
200305
松蝉や海風抜ける沼津垣
高田幸枝
200306
春蝉や矢倉の奥の小暗がり
三代川次郎
雲の峯
200306
春蝉の深々と昼淀みけり
三代川次郎
雲の峯
200306
森はいま蝦夷春蝉の楽流す
村越化石
200307
落葉松に春蝉鳴けり岳の前
阿部ひろし
酸漿
200307
春蝉や朝市に買ふ蕗わらび
伊藤一枝
酸漿
200307
春蝉や二泊三日の土佐日記
岡正実
200307
松蝉や昼餉つましき窯火守
塙三千男
馬醉木
200308
旅すでに松蝉領となつてをり
伊藤白潮
200308
春蝉や医師にしたしむこのところ
鎌倉喜久恵
あを
200308
松蝉や懐紙に拭ける指の先
中島霞
ぐろっけ
200308
松蝉のつと鳴き出しぬ城日和
坂井光代
ホトトギス
200309
松蝉の鳴くを音符に描きたし
大野雑草子
ホトトギス
200309
補聴器をつけ松蝉の音となる
大野雑草子
ホトトギス
200309
ワグナーの別墅松蝉鳴きゐたる
大野雑草子
ホトトギス
200309
松蝉が季節教へてくれてをり
木村淳一郎
ホトトギス
200309
松蝉といふ裏方の声を聞く
木村淳一郎
ホトトギス
200309
誠実に鳴き松蝉の声となる
木村淳一郎
ホトトギス
200309
松蝉の森千年を息はしむ
須藤常央
ホトトギス
200309
松蝉の森の呼吸を広げたる
須藤常央
ホトトギス
200309
松蝉の森の時間を濃くしたる
須藤常央
ホトトギス
200309
松蝉の里の鎮守に今頃は
鈴木とみ子
ホトトギス
200309
松蝉を聴きたく三度ペンションヘ
深町丘蜂
ホトトギス
200309
松蝉にリフトの高さありにけり
深町丘蜂
ホトトギス
200309
松蝉を掴まへて来し茶屋主
深町丘蜂
ホトトギス
200309
大寺の松蝉遠く風に鳴く
石川多歌司
ホトトギス
200309
堂裏の松の春蝉鳴き澄める
石川多歌司
ホトトギス
200309
青春の蝦夷春蝉のわかれかな
しもだたかし
ホトトギス
200309
バスで来しわれを松蝉あやしめり
しもだたかし
ホトトギス
200309
松蝉や森の匂ひを掻き立てて
児島倫子
ホトトギス
200309
鳴き続く松蝉に沖晴れてきし
児島倫子
ホトトギス
200309
松蝉と森林浴をわかち合ひ
児島倫子
ホトトギス
200309
お六櫛の句碑へ松蝉時雨かな
山上カヨ子
200309
天主堂近み松蝉か耳鳴りか
伊藤白潮
200309
春蝉の修験の森の響動むまで
夏目満子
酸漿
200309
春蝉の声ふと止みし神の杜
夏目満子
酸漿
200309
松蝉や日暮に似たる山の霧
高橋さえ子
200309
蝦夷春蝉鳴きて風樹もさざ波す
岡田貞峰
馬醉木
200310
春蝉の声風にのる峠茶屋
井出やすはる
酸漿
200310
松蝉や乙女のあぐら薄弱に
丸山海道
京鹿子
200310
松蝉や天橋立股覗き
稲畑廣太郎
ホトトギス
200404
松蝉や声も姿も日に溶けて
稲畑廣太郎
ホトトギス
200404
バス降りてより松蝉の坩堝かな
稲畑廣太郎
ホトトギス
200406
松蝉に木々よろめいてをりにけり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200406
松蝉に発ち松蝉に着くリフト
稲畑廣太郎
ホトトギス
200406
橅林を統べて松蝉らしくなり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200406
日表といふ松蝉の音色かな
稲畑廣太郎
ホトトギス
200406
松蝉に二十三人包まれし
稲畑廣太郎
ホトトギス
200406
浴びるとは松蝉鳥語風その他
稲畑廣太郎
ホトトギス
200406
論語賀すごとく松蝉また湧けり
朝妻力
雲の峰
200406
松蝉や土中もじやもじやしてゐたる
加藤みき
200407
松蝉やまたも撫でをる句碑の文字
谷村幸子
200407
松蝉のいつせいに鳴く雨上り
桑添礼子
栴檀
200407
松蝉に青く膨む四囲の山
酒井多加子
雲の峰
200407
神々の境内に松蝉がもう
伊藤白潮
200408
木の国の春蝉に風止まずなり
大山文子
火星
200408
岩の上の枯木一本松蝉鳴く
湊海火
200408
松蝉や今日たまさかの独り居に
大塚洋子
酸漿
200408
松蝉の絶唱とぎれざる山路
橘澄男
山景
200408
岩の上の枯木一本松蝉鳴く
湊海火
200408
松蝉の声満身の峠みち
大坪景章
万象
200409
松蝉の声ふくれくる山上湖
渡辺方子
万象
200409
松蝉の空に顕はる主峰かな
三関浩舟
栴檀
200409
大菩薩峠春蝉の大合唱
遠藤止観
200409
松蝉の鳴いて山荘らしくなり
宮崎正
ホトトギス
200410
春蝉や熊野三山雲乗せて
清水和子
酸漿
200411
松蝉と聞き風音に包まるる
稲畑汀子
ホトトギス
200505
槻の木に松蝉の来て鳴けるなり
竹内悦子
200507
松蝉に耳塞がれてをりにけり
菊地恵子
酸漿
200508
松蝉や城を射程の砲台跡
佐藤俊子
200508
松蝉や庖瘡塚は石三つ
高橋千美
京鹿子
200509
松蝉の鳴き止み風のとまりけり
山尾和子
京鹿子
200509
松蝉や寝墓に刻むルカの章
長谷川子
馬醉木
200510
松蝉の遠音もありし白鷺城
浅井青陽子
ホトトギス
200510
松蝉の中に別なる息遣ひ
吉村ひさ志
ホトトギス
200511
松蝉を抱へ込んだる林かな
稲畑廣太郎
ホトトギス
200605
鬨の声とも松蝉の森揺るる
稲畑廣太郎
ホトトギス
200605
松蝉を聞けば山路と思ひけり
稲畑汀子
ホトトギス
200605
松蝉や裏山の水太く引き
伊藤白潮
200607
松蝉や領巾振山にのぼりたる
加藤みき
200608
御霊屋に松蝉とゐる真昼かな
谷村幸子
200608
松蝉や年下にあやされてをり
折橋綾子
200609
松蝉のしじ鳴き天竜禅寺かな
山田夏子
雨月
200609
耳鳴につづく松蝉なりしかな
上崎暮潮
ホトトギス
200612
春蝉や身を繋がれし外科の部屋
藤田宣子
ぐろっけ
200702
春蝉の声の癒しや白湯を汲む
林紀夫
春燈
200703
春蝉や頂を指す道のあり
深川正一郎
NHK俳句
200705
 
松蝉や起床喇叭は鳴らねども
竹貫示虹
京鹿子
200705
松蝉や穴ひらかんとオゾン層
近藤喜子
200708
松蝉や礎石割れつつ沈みつつ
櫨木優子
200709
松蝉や槐の老木神さびぬ
大畠政子
雨月
200710
松蝉の包む山毛樫林歩の弾み
伊藤稔代
200710
歩かばや松蝉繁き摩耶古道
友田直文
200710
松蝉と聞けば松風渡りけり
稲畑汀子
ホトトギス
200805
山風が松蝉の声運びくる
稲畑汀子
ホトトギス
200805
森抜けてゆく松蝉の遠ざかる
稲畑汀子
ホトトギス
200805
春蝉や思惟の指立て百済仏
中村房子
馬醉木
200805
春蝉や男どうしのロゼワイン
中田禎子
200805
松蝉と気づきし誰も無口なる
山尾玉藻
火星
200806
住み古りし背山松蝉いくたびも
綿谷美那
雨月
200807
春蝉のこゑ降る羽黒山詣
根岸善雄
馬醉木
200808
雲中の岳へ春蝉鳴き連るる
手島靖一
馬醉木
200808
松蝉や池の周りの砂あらき
谷村幸子
200808
松蝉やクレパスの黄の見あたらぬ
奥田順子
火星
200808
松蝉や帰化植物もそこに生く
村越化石
200808
松蝉の鳴き揃ひふと止み揃ふ
嶋田摩耶子
ホトトギス
200810
松蝉の声明を聴く湖畔かな
池内結
ろんど
200908
春蝉や一升飯を平らげし
添田勝夫
炎環
200909
松蝉のこゑ消す流れ相鬼仏
中田みなみ
200909
白馬青鬼集落
一匹の松蝉に呼び込まれたる
岩垣子鹿
ホトトギス
200910
詩を詠めと松蝉の声天下る
竹下陶子
ホトトギス
200910
松蝉を聞き追悼の思ひ又
稲畑汀子
ホトトギス
201006
春蝉や一字づつ読む回向文
小形さとる
201006
春蝉を遠く近くに山路越
増田一代
201007
松蝉や目の前にある潜水艦
加藤みき
201008
松蝉のすすり泣くこゑ鏡石
鷹羽狩行
201008
福島・文知摺観音
松蝉のさそひ鳴きする山城址
豊田都峰
京鹿子
201008
松蝉に旅の昼餉の箸とめて
舩越美喜
京鹿子
201008
松蝉や窓に暮れゆく山一つ
藤岡紫水
京鹿子
201009
春蝉の一小節に耳洗ふ
柳生千枝子
火星
201108
春蝉や海への道の空き別荘
柳生千枝子
火星
201108
松蝉や孝子の滝をまなかひに
田中清子
雨月
201108
松蝉や昼なほ冥き一古刹
上原恒子
雨月
201108
しやんしやんと松蝉いのち囃しけり
稲岡長
ホトトギス
201109
松蝉の声を津浪と聞くことも
今村征一
ホトトギス
201110
だれかれに話してみたく春の蝉
陽山道子
船団
201110
松蝉の声に瓦礫の村遠し
赤川誓城
ホトトギス
201111
水楢の森の明るし春の蝉
和田慈子
末黒野合同句集
201203
松蝉の日表といふ昂りに
稲畑廣太郎
ホトトギス
201205
松風と聞き松蝉の声と聞く
稲畑汀子
ホトトギス
201205
水音のつづき松蝉つづかざる
稲畑汀子
ホトトギス
201205
松蝉や西から天気下り坂
稲畑汀子
ホトトギス
201205
別れぎは春蝉しかと聞こえけり 徳田千鶴子 馬醉木 201206  
松蝉やエースの背中激励し 岡野安雅 かさね 201207  
松蝉の音域森をふくらませ 橋本くに彦 ホトトギス 201209  
松蝉や砂立ち上がる風の道 山田佳乃 ホトトギス 201210  
朝光に松蝉黙を解き初む 稲畑廣太郎 ホトトギス 201305  
松蝉に山気濃くなる夕間暮れ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201305  
松蝉の少し遠きに鳴きにけり 柳田晧一 かさね 201306  
春蝉に豆腐震へる南禅寺 中島玉五郎 201306  
松蝉の声途切れたり山の畑 江見悦子 朴の青空 201307  
降るやうに湧くやうに蝦夷春蝉よ 中田のぶ子 ろんど 201309  
松蝉の声ほとばしる登山道 沼崎千枝 末黒野 201310  
松蝉や熊笹原に風生るる 江見悦子 万象 201310  
松蝉や熊笹原に風生るる 江見悦子 万象 201310  
松蝉の声ほとばしる登山道 沼崎千枝 末黒野 201310  
空海の塔や春蝉低う飛ぶ 竹中一花 201407  
松蝉や命マックスなる波動 近藤喜子 201408  
松蝉や開山墓所へ日の差し来 宮平静子 雨月 201408  
松蝉のもう鳴く頃ぞ登四郎忌 河口仁志 201408  
松蝉が爆発的に鳴き始め 須賀敏子 あを 201408  
松蝉や礎石の残る国分尼寺 三輪温子 雨月 201408  
松蝉や聞かざる如く聞いてをり 稲畑汀子 ホトトギス 201505  
松蝉と気づきたるより旅心 稲畑汀子 ホトトギス 201507  
松蝉や森の行問綴りゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 201507  
松蝉の波打つこゑや佃島 大坪あきら 万象 201508  
水音に春蝉低く低く鳴く 神山節子 201509  
放ちやる掌に春蝉の日の匂ひ 堀田清江 雨月 201510  
松蝉や初宮の稚眼の清し 東野鈴子 雨月 201511  
松蝉の遠くにそれと知られざる 稲畑汀子 ホトトギス 201605  
山路行く松蝉近く又遠く 稲畑汀子 ホトトギス 201605  
松蝉や虹の松原風止みて 加藤みき 201608  
松蝉や雨後の激流遠ひびき 渡辺富士子 末黒野 201609  
松蝉や音叉となりて停ちつくす 田中とし江 201609  
松蝉のきらきら雨に鎮もれる 田中とし江 201609  
松蝉や造化に帰らねばならぬ 竹下陶子 ホトトギス 201610  
春蝉のあちこちに鳴く八ヶ岳 松村光典 やぶれ傘 201610  
松蝉やならぶ漁船に水かげろふ 赤堀洋子 万象 201701  
股覗きして松蝉を眼下にす 稲畑廣太郎 ホトトギス 201705  
松蝉に天橋立伸び縮み 稲畑廣太郎 ホトトギス 201705  
日差得て松蝉の声新しく 稲畑廣太郎 ホトトギス 201705  
松蝉に鳴き包まれてゐし旅路 稲畑汀子 ホトトギス 201705  
松蝉鳴く山門高き妙心寺 熊岡俊子 雨月 201709  
春蝉と鶯が鳴く八ヶ岳 郭公 やぶれ傘 201709  
ログハウス蝦夷春蝉の声の中 赤堀洋子 万象 201710  
旅人へ蝦夷春蝉の昂れり 山本とく江 万象 201710  
鳴きつのるなき松蝉の遠ざかる 稲畑汀子 ホトトギス 201805  
鳥語止み松蝉の音と入れ替る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201805  
松籟と松蝉二重フーガかな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201805  
田水入り夜を鳴き継ぐや春蝉の 大日向幸江 あを 201805  
松蝉に引つ張り出されたる日差 稲畑廣太郎 ホトトギス 201806  
松蝉の森と気づきしよりの歩に 稲畑汀子 ホトトギス 201806  
この島を出ぬ松蝉の鳴き出せり 中田みなみ 201807  
松蝉や抹茶の菓子に殿の紋 中田みなみ 201807  

 

2018年5月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。