8    97句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
鉾行事了へし安堵や夏越祭 和田照子 200602  
藁屑を残して祭果てにけり 苑実耶 200602  
神田川祭の中をながれけり 久保田万太郎 春燈 200603 島崎先生の「生ひ立ちの記」を読みて
おもふさまふりてあがりし祭かな 久保田万太郎 春燈 200603  
真夜中に茣蓙敷き博多祭待つ 井山幸子 万象 200604  
山笠の祭太鼓に目覚めけり 井山幸子 万象 200604  
祭の子褌の鈴を高鳴らし 井山幸子 万象 200604  
金掘りて栄えし町の浦祭 駒井でる太 200605  
祭髪結ひ徳川の裔であり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200605  
祭好き下町好きで銀座ママ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200605  
祭好き江戸つ子の血の騒ぐとや 稲畑汀子 ホトトギス 200605  
祭髪足先までも弾みをり 稲畑汀子 ホトトギス 200605  
祭笛通りて空へ届きけり 稲畑汀子 ホトトギス 200605  
ふと時間忘れてをりぬ祭町 稲畑汀子 ホトトギス 200605  
祭には行きたく留守居頼まれて 稲畑汀子 ホトトギス 200605  
下萌ゆる湯掛け地蔵の祭かな 林いづみ 風土 200605  
笛吹くは誰とわかりて祭酒 鷹羽狩行 200606  
祭囃子無心の歓喜刎ね返り 瀧春一 瓦礫 200606  
宮入や破調で終る祭笛 能村研三 200607  
長老の心悸たかぶる祭触れ 秋葉雅治 200607  
ロッカーに祭着つるし出勤す 秋葉雅治 200607  
指笛のさくら祭に紛れをり 深澤鱶 火星 200607  
生者にはあまた器に祭くる 丸山佳子 京鹿子 200607  
祭馬門出の二三歩速がけに 豊田都峰 京鹿子 200607  
人馴れぬ牛に難渋賀茂祭 久保田雪枝 雨月 200607  
手古舞のきれいどころや三社祭 平野貴美 四葩 200607  
ひとりゐて神田祭の夜なりけり 藤井昌治 200607  
眦に紅のひとさし祭髪 秋葉雅治 200608  
をさなさの祭の中をひた眠る 辻美奈子 200608  
伐り口の香る青竹祭来る 坂本京子 200608  
錫杖の音もくらやみ祭かな 吉原田鶴子 万象 200608  
新緑の社の祭静かなり 岸野美知子 酸漿 200608  
子宝を希ふ絵馬かけ夏越祭 金丸まさ子 四葩 200609  
満潮の篝火海の祭かな 中島陽華 200609  
関鯖の肉厚かりし祭寿司 金澤明子 200609  
坂の上に祭支度の水流る 杉浦典子 火星 200609  
うどん玉踏んで寝かせて祭来る 小林和子 風土 200609  
本陣跡祭はつぴの子が溢れ 大坪景章 万象 200609  
銭湯の隅に祭の捨て草鞋 内海良太 万象 200609  
祭みて投込み寺に憩ひたる 大坪貞子 万象 200609  
祭武者口で手甲の紐結ぶ 大信田梢月 万象 200609  
朝漁を終へしばかりの祭酒 遠藤真砂明 200609  
奥衿に挿す一管の祭笛 中尾杏子 200609  
雨弾(はじ)くサンバパレード神戸祭 秋田直己 ぐろっけ 200609  
御田祭泥の匂ひの酒を酌み 小山香月 酸漿 200609  
土地つ子の肩で風切る祭かな 福澤乙 酸漿 200609  
夕靄の川面を渡る祭笛 鵜飼紫生 雨月 200609  
祭なり鼻筋通る馬も出て 柴田佐知子 200609  
夫の名がまだ生きてをり祭寄付 安武晨子 200609  
夏本番北の南の祭かな 木村茂登子 あを 200609  
川風に佃煮の香や祭笛 白澤よし子 馬醉木 200610  
下町に銭湯床屋祭来る 白澤よし子 馬醉木 200610  
祭髪乗せて発ちたる山のバス 山田弘子 ホトトギス 200610  
陰祭潮騒ばかりさんざめく 青柳雅子 春燈 200610  
祭提燈犬はさみしき貌をして 城孝子 火星 200610  
身ほとりに白い花増え祭くる 城孝子 火星 200610  
母の掌の金平糖や祭舟 福西礼子 火星 200610  
祭笛郷里に調べ似たるかな 木下もと子 200610  
海女祭り行く筈の刻病院へ 出来由子 200610  
祭礼の来れば忙しき提灯屋 大西八洲雄 万象 200610  
足弱の祭囃子を遠く聞く 上野みつ子 200610  
茣蓙敷きて祭芝居の夜となりぬ 蓮尾あきら 風土 200610  
祭鉾稚児のまなこの真つ直ぐに 浅田光代 風土 200610  
祭へと子の帯締めて送りけり 籾山和子 酸漿 200610  
睡魔おさへ持て成す亭主宵祭 梁瀬照恵 ぐろっけ 200610  
園児背に「祭」法被の揃ひなる 秋田直己 ぐろっけ 200610  
夏祭園児並びて始まりぬ 久保田真理 200610  
朝の間に一と雨ありて祭町 佐藤郭子 200610  
素つ気なきあの子のそぶり夏祭 田中藤穂 あを 200610  
妻の忌や仏間に遠く祭り笛 牧野麦芽 京鹿子 200611  
阪神の帽子で神田祭の子 大久保白村 ホトトギス 200611  
髪直す二の腕あらは夏祭 田中春生 200611  
舟霊に金比羅権現浦祭 塩由造 万象 200611  
北浜や祭のあとの船舫ふ 大山文子 火星 200611  
祭御酒所一夜に構へ人詰めをり 鈴木榮子 春燈 200611  
みちのくの道ひたすらに踊り来る 金子輝 春燈 200611 花笠祭
亡き人の声もまじりて祭鮨 伊東恵美子 馬醉木 200611  
法被着て古老も若き祭かな 大泉美千代 雨月 200611  
紅顔の武者振り相馬野馬祭 丸尾和子 雨月 200611  
争奪の神旗高々野馬祭 丸尾和子 雨月 200611  
甲冑武者のをみなに祭沸きにわく 丸尾和子 雨月 200611  
子はむしろ綿あめ大事夏祭 島崎勇作 酸漿 200611  
去年は夫踊りゐたりし夏祭 島崎勇作 酸漿 200611  
舞台くらし視野の届かぬ三社祭 中島英子 八千草 200611  
三社祭此処でもケーキセットかな 中島英子 八千草 200611  
島の端に島人集ふ宵祭 柴田佐知子 200611  
夏祭過ぎて素顔の街となる 青山悠 200611  
祭太鼓叩く少女の仁王立 伊藤奈津 200611  
街騒の全てが神田祭かな 小川龍雄 ホトトギス 200612  
住吉の名越川岸祭かな 松尾緑富 ホトトギス 200612  
一笛は鋼の音色浦祭 能村研三 200612  
子の年の祭意気込む深川つ子 津田礼乃 遠嶺 200612  
神の水しみる祭の二日酔 海上俊臣 酸漿 200612  
夜の句座へ村の祭の遠太鼓 坪井洋子 200612  
三神を迎へ湧き立つ浦祭 野畑小百合 200612  
枡酒を零し飲みして祭獅子 藤谷紫映 馬醉木 200701  
笛の音の闇わたりくる祭前 岡田真利子 200701 祭 →9

 

2014年5月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。