夾竹桃 1     200句

夾竹桃雨が時々強く降り   金子蛙次郎   雷魚

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
赤白となく疎となりぬ夾竹桃 山田弘子 春節 199503  
ピザ食べて夾竹桃の熱くなる 別府優 199901  
小雨降り夾竹桃の朱が燃ゆ 倉本美代子 ヒッポ千番地 199905  
家を出てすぐに夾竹桃の道 山尾玉藻 火星 199907  
夾竹桃町中の過疎進みをり 松崎鉄之介 199908  
煙突のけむりまつすぐ夾竹桃 佐藤麻緒 火星 199909  
夾竹桃スモッグ警報出し町に 神戸林和子 俳句通信 199909  
錆び水の澱む運河や夾竹桃 岸恒雄 春耕 199910  
咲き殖ゆる夾竹桃を怖れけり 小川昭江 199911  
夾竹桃二礼二拍にならひけり 小倉行子 風土 199911  
繰りかえし疎開の話夾竹桃 後藤とみ子 ぐろっけ 199911  
恋人に夾竹桃の白さかな 津田このみ 月ひとしずく 199912  
会いに行く夾竹桃の白さまで 津田このみ 月ひとしずく 199912  
歩いても歩いても夾竹桃の白 津田このみ 月ひとしずく 199912  
夾竹桃星をだましてしまいけり 星野早苗 空のさえずる 200002  
夾竹桃花芯のほかは汚れをり 岡本高明 200007  
夾竹桃空は呪文となりにけり あざ蓉子 船団 200008  
夾竹桃の高さを鳥の過ぎるかな 橋本良子 遠嶺 200009  
夾竹桃舟出払ひし一漁村 松宮幹彦 俳句通信 200009  
敗戦の思ひ出苦し夾竹桃 山本潤子 いろり 200009  
夾竹桃笑ひて咽喉明るうす 松木重子 200009  
夾竹桃道路補修のにほひたる 波田美智子 火星 200010  
折鶴の万の祈りを夾竹桃 石田邦子 遠嶺 200010  
跳ねたがる仔牛出てきし夾竹桃 小倉行子 風土 200010  
病窓に近し濡れてる夾竹桃 保坂加津夫 いろり 200010  
夾竹桃裏門いつも閉ざされて 熊谷みどり いろり 200010  
夾竹桃人をとどむる特攻碑 閑田梅月 馬醉木 200010  
夾竹桃残し母屋の建て替へらる 山西みち子 火星 200011  
夾竹桃風とどこほる所なり 城尾たか子 火星 200011  
明治の世の校則今に夾竹桃 谷榮子 雨月 200011  
夾竹桃製紙工場囲み咲く 永野秀峰 ぐろっけ 200012  
生水のごとき生家や夾竹桃 芹沢愛子 海程 200101  
我は呆然たり夾竹桃の花冠 金子皆子 海程 200102  
夾竹桃の深紅闘うものは何 金子皆子 海程 200102  
夾竹桃けぢめのつかぬ憎らしさ 柴田いさを 船団 200102  
夾竹桃燃えそむ太田川河畔 松崎鉄之介 200108 広島にて
鍛治町の一と揺れもせぬ夾竹桃 朝妻力 俳句通信 200109  
要検査舞い込むはがき夾竹桃 松沢久子 いろり 200109  
塩の道夾竹桃の薄ぼこり 芝尚子 あを 200110  
夾竹桃白し漁継ぐ子のなくて 木船史舟 200111  
夾竹桃渇きを色にして堪ゆる 松本鷹根 京鹿子 200111  
何か炒める音して夾竹桃咲けり 岡本眸 200111  
夾竹桃白し法被のひのきしん 中山杲 船団 200112  
城壁の崩れを隠し夾竹桃 龍神悠紀子 200201  
青空も雨の日も好き夾竹桃 桜井ともや 六花 200202  
立冬や二つ三つ咲く夾竹桃 城孝子 火星 200202  
夾竹桃らしくなく活けられてあり 稲畑汀子 ホトトギス 200207  
引き寄せし記憶夾竹桃咲きぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200207  
女教師の飛ばす叱咤や夾竹桃 山口マサエ 雲の峰 200208  
板塀の燃えさう夾竹桃真赤 宮原みさを 花月亭 200208  
夾竹桃カラオケ通りの両脇に 飯塚ゑ子 火星 200209  
夾竹桃の白のもつとも静かなり 嵯峨根鈴子 火星 200209  
夾竹桃雲の流れしあとの空 吉弘恭子 あを 200209  
夾竹桃大河は海の匂ひ持ち 松原ふみ子 200209  
夾竹桃碌山舘のデイスペア 中沢三省 風土 200210  
夾竹桃咲いて播磨の漁港かな 大堀鶴侶 雨月 200210  
夾竹桃卍の形にこぼれけり 醍醐季世女 200210  
夾竹桃みなちがふこと考へて 谷口佳世子 200210  
水門の開かれてあり夾竹桃 谷上佳那 百鳥 200211  
休日の夢もゆつくり夾竹桃 秋千晴 200306  
夾竹桃散る三叉路に雀の子 松崎鉄之介 200308  
磯着干す夾竹桃の昼下り 関口ゆき あを 200308  
夾竹桃咲きさかりたる今日を生く 中川壽子 百鳥 200309  
境界に無言の区切り夾竹桃 小澤友江 築港 200309  
焼けあとに夾竹桃が立つてゐし 竹内弘子 あを 200309  
夾竹桃燃えて人なき園の昼 島本よし絵 雨月 200310  
森閑たる小学校に夾竹桃 波多野葉子 200310  
平凡に生きて夾竹桃は嫌ひ 十河波津 200310  
病院へ夾竹桃のバス通り 福島とみ 帆船 200310  
波畳むやうに雲引く夾竹桃 前田永子 200310  
夾竹桃天井低き閻魔堂 武司琴子 ぐろっけ 200310  
咲きそめや大いに揺れて夾竹桃 島谷征良 風土 200311  
広島や夾竹桃は白が佳し 秋岡朝子 200311  
御明かしの練炭の燠夾竹桃 藤田悦子 対岸 200311  
夾竹桃子の声のせぬ団地かな 原田喜久子 八千草 200401  
夾竹桃咲き始むなり戦はてず 早崎泰江 あを 200408  
夾竹桃の色遠ざけし臥せし今 柴田靖子 200409  
夾竹桃まつかに里の暮れゆけり 辻井桂子 京鹿子 200409  
夾竹桃僻怠の刻の流れたり 若山実 京鹿子 200409  
夾竹桃何処の家でも咲き放題 松崎鉄之介 200409  
義士の碑に花影揺る夾竹桃 有島扇水 河鹿 200410  
淡々と生くべき術を夾竹桃 小澤克己 遠嶺 200410  
遠き思ひ出ばかり鮮やか夾竹桃 佐藤よしい 風土 200410  
夾竹桃富士のしたしき旅にあり 飯高あい 対岸 200410  
下町の風の棲みつく夾竹桃 十文字慶子 200411  
病棟へ夾竹桃揺るる坂 前迫寛子 河鹿 200412  
紅白の夾竹桃よ一ノ谷 市川伊團次 六花 200412  
夕映えや怒濤の中の夾竹桃 平山風鳥 河鹿 200501  
鐘鳴らす若き神父や夾竹桃 水田清子 200506  
この歴史夾竹桃は語らざる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200507  
それぞれの想ひをもちて夾竹桃 山嵜加代子 河鹿 200509  
裏鬼門表鬼門や夾竹桃 塩川雄三 築港 200509  
散り敷きし夾竹桃の地の真紅 山本静江 築港 200509  
夾竹桃咲きB29彷彿と 永井孔雀 200510  
アスワンのダムの辺や夾竹桃 小峯雅子 酸漿 200510  
見果て得ぬ運河に沿うて夾竹桃 石垣幸子 雨月 200510  
夾竹桃白き巨船の停泊す 鈴木とおる 風土 200510  
刑務所の塀に沿ひ咲く夾竹桃 矢葺貞子 築港 200510  
誰が鐘の余韻や白き夾竹桃 大曽根育代 遠嶺 200511  
夾竹桃道の途中にある我家 佐藤喜孝 あを 200608  
殉教の丘なだらかに夾竹桃 富岡三枝子 200609  
夾竹桃窓開いてゐて書庫と知る 野路斉子 200610  
戦ひのあの日の空や夾竹桃 高尾幸子 遠嶺 200611  
語りつぎ継ぎてゆかばや夾竹桃 永田哲心 遠嶺 200611  
夾竹桃大雨警報解除せり 植木戴子 200611  
夾竹桃風に煽られ手踊りめく 梅里全子 200611  
夾竹桃赤し殉死の墓の数 青山悠 200611  
検査病棟廊下ながなが夾竹桃 秋千晴 200611  
若者のくねくねとゐる夾竹桃 百瀬七生子 海光 200705  
安房の海夾竹桃の燃ゆる上に 瀧春一 200706  
衰態のルート66に夾竹桃 佐野つたえ 風土 200710  
夾竹桃咲いて車の汚れをり 藤田素子 火星 200710  
四十度夾竹桃は今日も咲く 伊吹之博 京鹿子 200710  
胸内にぽんと終止符夾竹桃 大西洵子 遠嶺 200711  
佳人ひと恋ふる証にけふの夾竹桃 上田敬 遠嶺 200711  
我が心描く友居て夾竹桃 伊吹之博 京鹿子 200808  
夾竹桃篠突く雨となりにけり 飛鳥由紀 200809  
夾竹桃血管浮きし阿形像 稲見寛子 炎環 200809  
持ち前の強さ明るさ夾竹桃 小澤克己 遠嶺 200810  
夾竹桃は昭和の色ぞ敦の忌 安立公彦 春燈 200810  
夾竹桃触れてひんやり大理石 奥田筆子 京鹿子 200810  
夾竹桃心の糸を紡ぐ旅 武田漣 炎環 200810  
夾竹桃お化け煙突ありし町 岩藤礼子 やぶれ傘 200810  
夾竹桃の咲き継ぐ中を退院す 和田絢子 春燈 200811  
敗戦のあの日のごとく夾竹桃 小池唯夫 200811  
鬱々と夾竹桃の紅咲けり 稲岡長 ホトトギス 200811  
夾竹桃赤く淋しい原爆忌 池田光子 200811  
夾竹桃咲く思ひ出の中に居り 稲畑汀子 ホトトギス 200907  
抜歯して夾竹桃の白眩し 高橋泰子 200908  
夾竹桃爆風めける風受けて 片山由美子 200909  
使はれぬ屋根つきの井戸夾竹桃 丑久保勲 やぶれ傘 200909  
夾竹桃鉛筆書きの遺書展示 山本無蓋 200909  
夾竹桃白きにひかれ仰ぎ見る 藏本博美 ぐろっけ 200909  
夾竹桃少しの毒は誰も持つ 柿本麗子 200909  
白昼夢夾竹桃の黙しかな 雨村敏子 200910  
教職にありし青春夾竹桃 水谷芳子 雨月 200910  
かはたれも夾竹桃の揺らぎかな 宮本佳世乃 炎環 200910  
投票場夾竹桃の紅淡し 早崎泰江 あを 200910  
夾竹桃波郷の詩魂うす紅し 吉田政江 200911  
行きゆけど夾竹桃の壁の中 村田冨美子 京鹿子 200911  
行進の人みな寡黙夾竹桃 鴨下昭 201008  
夾竹桃病むところをば撫で来たる 鈴木多枝子 あを 201008  
白昼の夾竹桃はさびしかる 雨村敏子 201009  
夾竹桃三度三度をいただいて 篠田純子 あを 201009  
長崎は初任の街よ夾竹桃 鈴木阿久 201010  
米軍のフェンス延々夾竹桃 大湾宗弘 万象 201010  
早見表にたしかむ齢夾竹桃 丸山照子 火星 201010  
さりげなく夾竹桃の分離帯 清水侑久子 201011  
夾竹桃道は女子大正門へ 瀬島洒望 やぶれ傘 201011  
過ぎやすき旅の時間や夾竹桃 安立公彦 春燈 201109  
夾竹桃機関区今日も油光り 豊田都峰 京鹿子 201109  
山並の裏にわく雲夾竹桃 渡邉孝彦 やぶれ傘 201109  
海に日の照りて夾竹桃の花 藤井美晴 やぶれ傘 201109  
幼日の思ひ出の花夾竹桃 木村茂登子 あを 201109  
忌日かな夾竹桃の紅きこと 高田令子 201110  
潦夾竹桃の揺れ映す 井上静子 201110  
夾竹桃暮るる気配のなきフェンス 藤田素子 火星 201110  
斎場にこだはる白や夾竹桃 山口キミコ 201111  
スケートに追い越されけり夾竹桃 丑久保勲 やぶれ傘 201112  
病室の窓より見ゆる夾竹桃 佐々木薫 かさね 201207  
梅雨空を討ち払ふかに夾竹桃 池内とほる かさね 201207  
軍神となりて還りぬ夾竹桃 あさなが捷 201207  
梅雨晴れて夾竹桃の乱れ咲く 池内とほる かさね 201208  
夾竹桃幾度過ち許しても 湯村栞 201210  
爆心地安かれと白夾竹桃 荒井千佐代 201210  
夾竹桃町に貼りつく化石の空 佐藤喜孝 あを 201210  
夾竹桃つひに疲れを見せはじむ 川上久美 ろんど 201211  
原子炉へ道しらじらと夾竹桃 柴田志津子 201211  
夾竹桃の白を撫で発つ路線バス 磯田せい子 ぐろっけ 201311  
夾竹桃町屋作りの壁の板 渡邉孝彦 やぶれ傘 201312  
高速道下りてしばしの夾竹桃 久世孝雄 やぶれ傘 201312  
青銅のみほとけ熱し夾竹桃 瀧春一 花石榴 201312 谷中長久院
高圧線真下に盛る夾竹桃 兵泉美 京鹿子 201401  
なんのかのとまた夾竹桃のころ 山尾玉藻 火星 201408  
夾竹桃どうといふことなき小道 丑久保勲 やぶれ傘 201408  
海風に色の潤ふ夾竹桃 福山和枝 201409  
夾竹桃甲斐路を赤く白く染め 品川古市 末黒野 201410  
夾竹桃ラジコンヘリの旋回す 有賀昌子 やぶれ傘 201410  
夾竹桃の白より雨の上りたる 垣岡暎子 火星 201411  
鬱蒼の夾竹桃も花咲けば 稲岡長 ホトトギス 201412  
夾竹桃潮入川をポンポン船 田岡千章 201412  
遠き日の鋏の匂ひや夾竹桃 高田好子 京鹿子 201501  
遠き日の記憶夾竹桃咲けば 稲畑汀子 ホトトギス 201507  
夾竹桃煤煙の空はるかなり 和田政子 201509  
夾竹桃あの日もけふもヒロシマに 清水佑実子 201510  
夾竹桃一夜ねむりて血を濃くす 水野恒彦 201510  
夾竹桃海とろとろと真昼どき 黒滝志麻子 末黒野 201510  
渾身の力に咲いて夾竹桃 杉山瑞恵 雨月 201510  
髪刈つて夾竹桃の白仰ぐ 大坪景章 万象 201511  
渋滞の車中和みぬ夾竹桃 今野明子 末黒野 201511  
夾竹桃いつまでも咲く「あの日」また 岸洋子 201511  
夾竹桃鬼のかんざしかも知れぬ 渡部節郎 201511  
夾竹桃目を動かさず人を見る 伊藤通明 201603  
夾竹桃渾身咲きを怖れけり 能村研三 201609  
テロテロテロ夾竹桃は血色なる 荒井千佐代 201609  
敗戦のいろなり夾竹桃の赤 岸洋子 201609  
駆落のあとの日常夾竹桃 吉田葎 201609  
広島の悲しみ今も夾竹桃 川崎良平 雨月 201609  
潮の香は夾竹桃のみち抜けて 根橋宏次 やぶれ傘 201609  
晴れにけり夾竹桃の花咲いて 藤井美晴 やぶれ傘 201609 夾竹桃 →2

 

2019年8月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。