草の絮           201句

たましひのすうと走れり草の絮    長谷部朝子  暖流

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
草の絮丹生橋渡り損ねたる 飯塚ゑ子 火星 199810  
黒服の横向いて吹く草の絮 山尾玉藻 火星 199811  
草の絮艀の厚き歩み板 皆川盤水 高幡 199905  
そんな日はマグロが歩く草の絮 長沼都 船団 199909  
草の絮朝市通り抜けて海 水原春郎 馬醉木 199911  
インターネットに草の絮とびきたる 高橋将夫 199912  
板一枚渡す小流れ草の絮 志水千代子 俳句通信 199912  
東京を近しと思ふ草の絮 吉田島江 火星 200001  
信じたき人の一語や草の絮 中路間時子 火星 200001  
吾が胸に突きあたり飛ぶ草の絮 中村祭生 ぐろっけ 200001  
飛び立ちて日を照り返す草の絮 中村祭生 ぐろっけ 200001  
飛びたくて飛びたくて揺れ草の絮 上水流照子 200008  
斜に飛ぶ薬草園の草の絮 山尾玉藻 火星 200011  
草の絮とばねど小虫よく飛ぶ日 阿部ひろし 酸漿 200012  
その先は黄泉平坂草の絮 下村志津子 銀化 200012  
歩きつつかすかなる飢ゑ草の絮 真保喜代子 200101  
草の絮つないでくれる糸電話 村田冨美子 京鹿子 200107  
ヴイーナスの神殿跡の草の絮 田口千恵子 200108  
草の絮丸木橋よりもどりくる 木山杳理 京鹿子 200109  
近江より草津へ飛びし草の絮 大山文子 火星 200110  
対岸の石の荒積草の絮 大曽根育代 遠嶺 200111  
鹿苑に近くて草の絮とびぬ 山尾玉藻 火星 200111  
草の絮荒磯に丹後焼の窯 岩木茂 風土 200112  
馬医者のバイク停めあり草の絮 夏秋明子 火星 200112  
おん鶏のひと鳴きしたる草の絮 廣畑忠明 火星 200112  
紫野大徳寺より草の絮 藤原絹子 百鳥 200112  
桶の水たちまち草の絮とらふ 佐藤喜孝 あを 200112  
子規庵の庭をとび出す草の絮 加藤富美子 200201  
草の絮とんでみちのく民話かな 石脇みはる 200201  
草の絮わが旅のまだ終らざる 堀川千代子 百鳥 200201  
身のうちの少女が吹けり草の絮 小澤克己 遠嶺 200201 妻へ
地の果とは知らず飛び立ち草の絮 龍神悠紀子 200201  
網戸拭く無数に草の絮が付き 山口和子 ぐろっけ 200201  
楠の木の村の民話へ草の絮 梶浦玲良子 六花 200202  
渓流に押しもどされし草の絮 太田寛郎 200209  
草の絮吹いて滞空時間生る 中原道夫 銀化 200210  
飛んで来し夫かも膝の草の絮 徳田千鶴子 馬醉木 200212  
あやとりの塔へ吹きくる草の絮 久保秀貴 雲の峰 200212  
この身より魂引き抜けば草の絮 小澤克己 遠嶺 200212  
連れ立ちて輪中出でゆく草の絮 吉岡洋子 200301  
草の絮訣別のうたそれぞれに 大林淳男 銀化 200302  
草の絮日の射す方に傾けり 河野千恵子 酸漿 200302  
蒼穹や砂防林より草の絮 真保喜代子 200302  
ペリー来し砲台跡や草の絮 大川冨美子 ぐろっけ 200302  
草の絮月のひかりにただよへり 前田青紀 馬醉木 200303  
草の絮飛ぶ雪渓の水を呑む 星川淑子 200307  
大釜の湯気にのりたる草の絮 山尾玉藻 火星 200310  
草の絮とび去り水泡ながれ去る 大串章 百鳥 200311  
草の絮川には石を投げるもの 森理和 あを 200311  
草の絮とぶ鶴橋のガード下 山尾玉藻 火星 200311  
石庭の砂に紛れし草の絮 小林優子 酸漿 200312  
草の絮浮かぶ心礎のにはたづみ 辰巳陽子 雲の峰 200312  
草の絮ふはふは森に消えゆけり 松岡路石 対岸 200312  
草の絮水に着きたる光かな 藤井淑子 百鳥 200312  
草の絮河原への道探しけり 平田倫子 百鳥 200312  
草の絮水の上に出て透きとほり 秋岡朝子 200401  
草の絮英兵墓碑に位階なし 岡田貞峰 馬醉木 200401  
大小の酒樽転び草の絮 平山ちはる 百鳥 200401  
草の絮ふはりとゆき処なかりけり 福井隆子 対岸 200401  
風に乗り月山めざす草の絮 鷹羽狩行 200401  
草の絮佳人の甘き息にとび 山口速 200401  
南中の刻を渡りし草の絮 大東由美子 火星 200401  
草の絮吹かれゆくなりユーモレスク 中野京子 200403  
草の絮飛んで未来を創るかな 林翔 200408  
老愁は旅愁に似たり草の絮 橘澄男 山景 200408  
マッキンリーの風に吹き飛ぶ草の絮 菅谷弘子 雨月 200411  
草の絮飛んで思はく募りけり 吉田明子 200412  
子は永遠の星の過客や草の絮 小澤克己 遠嶺 200412  
時折に上がる歓声草の絮 木村冨美子 遠嶺 200412  
ふるさとに父母見失ふ草の絮 小林和子 風土 200412  
草の絮ひかりの中を流れけり 杉江美枝 百鳥 200412  
草の絮風の吐息に乗りにけり 高橋瑛子 河鹿 200501  
草の絮とぶに手筈のととのひぬ 前迫寛子 河鹿 200501  
清水の舞台に着地草の絮 隅田享子 200501  
筆塚の彫の深みへ草の絮 鳴海清美 六花 200503  
子離れや抽斗に飼ふ草の絮 河西志帆 京鹿子 200511  
草の絮母がりへゆく切符もち 杉浦典子 火星 200512  
飛び立ちて大和の空を草の絮 岩木茂 風土 200512  
風よりは少し重たき草の絮 大石たか 遠嶺 200601  
草の絮吹いて肺活量ためす 泉田秋硯 200601  
川の面を広くゆく風草の絮 五十嵐暢子 対岸 200601  
草の絮言の葉掴みそこねけり 中野京子 200601  
草の絮高く飛びゆく子らの声 延川五十昭 六花 200601  
墓碑銘の享年若し草の絮 高木曽精 春燈 200611  
草の絮群れ立ち風を待ちにけり 鈴木幾子 酸漿 200701  
亀ヶ谷より吹き上がる草の絮 百瀬七生子 海光 200705  
草の絮飛ばすほかなき抜け道を 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
アンテナの拾へぬ電波草の絮 甲州千草 200711  
山裾に草の絮とぶ氷室跡 高橋将夫 200712  
草の絮ふはりと試歩の杖さそふ 内山花葉 200712  
草の絮しばしは雲とつれだちて 豊田都峰 京鹿子 200712  
発つ時がきて青空へ草の絮 榊原見牛 200801  
草の絮とぶ寸前に五指ひらく 長田等 200801  
風聞にうかとのりたる草の絮 大西優九里 京鹿子 200801  
わが息を力や草の絮の旅 宮津昭彦 200801  
七度の転勤も経て草の絮 岩崎可代子 ぐろっけ 200801  
早朝の太極拳や草の絮 田中敬 200802  
国後へ岬飛びたて草の絮 三嶋隆英 馬醉木 200802  
ひと言にほぐるるこころ草の絮 伊東恵美子 馬醉木 200802  
草の絮運動会を通過せり 真保喜代子 200802  
草の絮飛んでそこいらぢゆう晴れて 湯川雅 ホトトギス 200804  
なほ遠く風にかへして草の絮 平子公一 馬醉木 200810  
宰相の軽重いかに草の絮 斉木永久 馬醉木 200811  
草の絮ひとを助けに来て眠る 田島健一 炎環 200811  
消しきれぬ一語の悔や草の絮 丹羽啓子 馬醉木 200812  
草の絮とびゐる果を追ひをりぬ 大橋敦子 雨月 200812  
鯖道の日ざしに流れ草の絮 田中佐知子 風土 200812  
草の絮迷ひ込んだり虎の檻 塩路隆子 200901  
後鳥羽院の望郷の丘草の絮 中西光 炎環 200901  
草の絮風になじんで飛び行くを 松尾緑富 ホトトギス 200903  
特急の通過を待てり草の絮 山路紀子 風土 200907  
そのなかに貴種なしとせず草の絮 小林呼渓 200910  
草の絮玩具箱には蓋なくて 甲州千草 200912  
草の絮とぶとき海の光りけり 清海信子 末黒野 201001  
三重の塔まで届け草の絮 吉沢陽子 201001  
いづかたへ神の手遊び草の絮 瀬戸峰子 春燈 201001  
草の絮靡きては風去なしけり 瀬戸峰子 春燈 201001  
風に乗り或いは逸れ草の絮 瀬戸峰子 春燈 201001  
筑波嶺に雲の天蓋草の絮 清海信子 末黒野 201002  
余生てふ身軽さにをり草の絮 田所節子 201002  
たはむれに吹き八方へ草の絮 風間史子 201002  
草の絮早発ちしたる山頭火 中島悠美子 京鹿子 201002  
草の絮平城宮址の空覆ふ 平居澪子 六花 201002  
草の絮地に触れてまた蒼穹へ 板稿昭子 201003  
きのふけふよく飛ぶ翁草の絮 大畑善昭 201008  
草の絮捨てし故郷を戀しがる 竹貫示虹 京鹿子 201010  
よるべなき身のはればれと草の絮 宮崎紗伎 春燈 201101  
廃線の一筋草の絮放つ 長憲一 201104  
黒潮の入り込む湾や草の絮 吉村摂護 201104  
暮れ方の迷子のやうな草の絮 コ田千鶴子 花の翼 201111  
雲追へば遊子となりぬ草の絮 小野恵美子 馬醉木 201112  
日差し斜めに一面の草の絮 藤井美晴 やぶれ傘 201112  
大海へ向うてゆきし草の絮 中田禎子 201112  
街に満つ佐原囃子や草の絮 原田達夫 201201  
弟はいつも元気で草の絮 柴田佐知子 201201  
草の絮畳みて敷布角立てり 生田恵美子 風土 201201  
草の絮ちらせば石の業平塚 豊田都峰 京鹿子 201201  
草の絮旅だつ楽土うたがはず 熊川暁子 201202  
雉の眸のしがみつきたる草の絮 鴨下昭 201208  
鯉の背に草の穂絮の止りけり 田尻勝子 六花 201209  
鯉の背に草の穂絮の止りけり 田尻勝子 六花 201209  
津波跡一面覆ふ草の絮 山崎里美 201211  
草の絮砂に埋れし画工の居 須賀允子 万象 201211  
雲を追ふ遊子となりて草の絮 北村梢 京鹿子 201212  
本を読む横顔草の絮ながる 藤田素子 火星 201212  
草の絮いちばんおそいあるき方 佐藤喜孝 あを 201212  
草の絮まきこむ歩速いまはなし 佐藤喜孝 あを 201212  
人死んだので歩いてゐる草の絮 佐藤喜孝 あを 201212  
警笛に草の絮翔つ虚子旧居 田中貞雄 ろんど 201212  
夕されば草の絮とぶ瞽女の径 田下宮子 201301  
月輪は雲出でにけり草の絮 大竹淑子 風土 201301  
草の絮隣家さらりと消ゆるなり 甲州千草 201301  
草の絮未来ゆつくりあるがまま 望月晴美 201301  
藍より出青はいづこと草の絮 豊田都峰 京鹿子 201301  
海鳴や吹き戻さるる草の絮 玉田瑞穂 万象 201301  
みなやさし草の絮飛ぶふるさとは 川村文英 ろんど 201301  
浮き雲や草の絮飛ぶ草の原 瀬島洒望 やぶれ傘 201301  
何処までの旅路と定む草の絮 田中一美 ろんど 201302  
煽動に乗り遅れたる草の絮 柳本渓光 ろんど 201302  
ふんだんに水あれば飛ぶ草の絮 山尾玉藻 火星 201310  
夢ひとつ叶へて給ふ草の絮 日下部亜こ ろんど 201311  
人声をまぶしみて飛ぶ草の絮 山尾玉藻 火星 201311  
妙見山(みょうけん)へ草の絮飛ぶ日なりけり 井上淳子 火星 201312  
小流れに走る魚影や草の絮 塩路五郎 201312  
をさなごのことば光りて草の絮 中村恭子 201401  
昼月をさして舞ひ発つ草の絮 熊川暁子 201401  
八十路とは如何なる坂ぞ草の絮 笹倉さえみ 雨月 201402  
海峡の紺を渡れる草の絮 井浦美佐子 201402  
草の絮飛べどとべども空遠し 木下慈子 馬醉木 201402  
灘の風ぱつと光に草の絮 河野美奇 ホトトギス 201403  
午後の日のお座布に乗れり草の絮 井上石動 あを 201409  
強面の羅漢たのしや草の絮 西郷慶子 201411  
高く低く煉瓦倉庫へ草の絮 寺沢千都子 万象 201412  
曇り日の野道を逸れて草の絮 浜福恵 風土 201412  
ままならぬ足には優し草の絮 四條進 201412  
草の絮とぶきつかけのありにけり 戸栗末廣 201501  
草の絮濯ぎに付いて入りにけり 大内幸子 六花 201501  
こだま追ふアルプホルンや草の絮 能勢俊子 馬醉木 201501  
草の絮吹いて鉄道線路沿ひ 大島英昭 やぶれ傘 201501  
集まつてあそぶ老人草の絮 天谷翔子 201502  
草の絮風の訪れ待つばかり 今井洋子 雨月 201502  
てっぺんに蟻の空足草の絮 佐藤喜孝 あを 201502  
鬼いつも着たきり雀草の絮 柴田佐知子 201503  
鹿の背をすべる日差と草の絮 ふけとしこ 船団 201505  
集まつて遊ぶ老人草の絮 天谷翔子 201505  
母許や手櫛にかかる草の絮 白神知恵子 女坂 201508  
その訳を聞かされるとは草の絮 鈴鹿呂仁 京鹿子 201511  
草の絮窓から入りて出でゆきぬ 相良牧人 201512  
鎧戸の守る絵硝子草の絮 柿沼盟子 風土 201512  
草の絮平らな径をつまづけり 土江比露 春燈 201602  
これしきの風には飛べぬ草の絮 湯川雅 ホトトギス 201602  
岩ふたつ並べばめをと草の絮 箕輪カオル 201712  
軽井沢へ軟着陸の草の絮 鷺山珀眉 京鹿子 201712  
草の絮少女に羽のごときもの 兵藤惠 201801  
遺伝子の旅のはじまり草の絮 稗田寿明 201801  
草の絮小さき旅の始まりに 安藤久美子 やぶれ傘 201711  
草の絮ほどの付き合ひ返書まだ 木戸渥子 京鹿子 201801  
単線の踏切越ゆる草の絮 山下良江 万象 201802  
草の絮考へながら宙を行く 原友子 201802  
草の絮降りゆくどこも新天地 戸栗末廣 201803  
今更と言はず今から草の絮 平城静代 201810  

2018年10月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。