5   100句

栗しぐれなどと申すも溪住ひ    高島茂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
母と子にはなしは尽きず栗を剥く 窪田粧子 馬醉木 200912  
栗落つる音に目覚むる坊泊 城台洋子 馬醉木 200912  
丹波栗焼くときいつも童唄 塩路隆子 200912  
栗食むや縄文人を偲びつつ 塩路五郎 200912  
山栗を両手に盛りて児の笑顔 笠井清佑 200912  
笑み栗の艶の格別丹波産 宮田香 200912  
艶やかな栗五六粒拾ひけり 駒井のぶ 200912  
艶やかに落ちゐし朝の丹波栗 中川すみ子 200912  
遠き日の母の栗飯偲び炊く 松村富子 200912  
栗煮るや四十代のああ眠し 田中まや 炎環 200912  
あつさりと口を割りたる栗の毬 高橋将夫 200912  
菓子にまづ見て栗の在りどころ 安居正浩 200912  
栗を剥く母の包丁先丸し 前川明子 200912  
向き合ひてゐて寡黙なり栗を剥く 中原吟子 雨月 200912  
栗拾ふ与一やな場を視野に置き 松本三千夫 末黒野 200912  
下草を刈りたる後に栗落す 坂口三保子 ぐろっけ 200912  
道筋の栗一本や毬と子等 井上玉枝 酸漿 200912  
軍手はめ幼子と栗拾ひけり 小浦榮子 酸漿 200912  
笑栗に一撃与ふ日暮かな 林かよ 200912  
落ち栗を木舟に乗せて渡し跡 黒部祐子 200912  
父の忌に合せ栗剥く娘のをりぬ 鈴木多枝子 あを 200912  
いが栗を叩き落して且つ踏んで 鎌倉喜久恵 あを 200912  
コンコルド広場焼栗頬張りて 泉田秋硯 201001  
猿人と繋がる糸や栗拾ふ 小嶋恵美 春燈 201001  
京めぐり焼栗口にはふり込み 竹内慶子 春燈 201001  
栗茹る家族そろひし日曜日 大西八洲雄 万象 201001  
盆笊に山栗ひろげ縁におく 斉藤小夜 風土 201001  
ビニールの袋くもらす栗の息 根橋宏次 やぶれ傘 201001  
傘寿経て栗の渋剥く妻の指 宮地静雄 末黒野 201002  
毬栗の殻の火だるま山に雪 大畑善昭 201002  
てのひらの窪に焼栗おちつきぬ 荒井和昭 201002  
共犯者得てもそわそわ栗拾い 入江節子 ろんど 201002  
大英博物館門前の焼栗屋 さのれいこ 春燈 201002  
地の栗もゴルフの記念品となる 鈴木浩子 ぐろっけ 201002  
落されて毬はじきあふ栗林 鷹羽狩行 201010  
俳諧のこころ即ち虚栗 鷹羽狩行 201010  
毬栗のはじけむばかり井水汲む 小川玉泉 末黒野 201011  
山栗の坂をまろべる月明り 杉浦典子 火星 201011  
生栗を噛みつつ紅葉峠越ゆ 山田六甲 六花 201011  
てのひらに計りては栗拾ひをり ことり 六花 201011  
栗の実の弾けし山路豊かなり 久永つう 六花 201011  
いが栗を器用に踏みて剥きにけり 中江月鈴子 201011  
見つめゐる目にちかちかす栗の毬 大橋敦子 雨月 201011  
郷愁の「ゲゲゲの女房」栗の飯 新実貞子 201012  
栗ごはん販ぐビジネス街の昼 竹内悦子 201012 大阪
古きよき頃を思へり栗拾ひ 松田和子 201012  
かあさんの栗をむく指美しき 太田昌子 馬醉木 201012  
拾ひたる栗の実ひとつ捨てられず 松本桂子 201012  
栗飯の栗はるかなる母の故郷くに 十川たかし 201012  
夢に来てまた茹栗をむき呉るる 井上信子 201012  
毬栗の大きな笑みを棒で打つ 伊藤紫水 風土 201012  
継竿に鉤つけ栗を揺り落とす 筒井圭子朗 ぐろっけ 201012  
狛犬にいが栗ひとつ供へある 鎌倉喜久恵 あを 201012  
栗踏んで一つ拾へば一つ落つ 鎌倉喜久恵 あを 201012  
知るだけの歌唄ひつつ栗を剥ぐ 松岡和子 201101  
鼻唄の厨に香り栗の飯 小西和子 201101  
風落ちてほのぼの甘き栗の菓子 斎藤道子 馬醉木 201101  
たらちねの母は坐りて栗を剥く 荒木甫 201101  
箸置は魚のかたち栗ごはん 箕輪カオル 201101  
戦中の男丸刈り栗ごはん 足立良雄 201101  
留守の間の仏壇にある栗ごはん 小野口正江 末黒野 201101  
髪乾くまでを栗むく誰が来るか 小野口正江 末黒野 201101  
大いなる落栗二つもらひけり 大坪景章 万象 201101  
毬栗を点景にして小原流 千田百里 201101  
適温の人と並びて栗の飯 荒川美邦 京鹿子 201101  
栗の皮むく包丁の刃かな 藤波松山 京鹿子 201101  
栗飯の湯気の向うに笑顔かな 永田勇 六花 201101  
高枝に毬栗数多残りあり 永田勇 六花 201101  
毬栗の中身をつると取り出しぬ 永田勇 六花 201101  
栗拾ふ縄文人の腹をもて 年森恭子 ぐろっけ 201101  
山栗を南無と言ひつつ捥ぎにけり 野口喜久子 ぐろっけ 201101  
和紙貼りし笊に山栗売られけり 根橋宏次 やぶれ傘 201101  
勝栗で卒寿と古稀の親子祝ぐ 関元子 ろんど 201101  
栗拾ひ妙齢にして頰被り 園部早智子 ろんど 201101  
焼栗をむきつつ遠き日なりけり 井上信子 201102  
小指より小さき栗茸摘みにけり 荒木甫 201102  
楽しみは通院帰りの栗拾ひ 宇田喜美栄 201102  
石畳焼栗売りの影のびる 小林愛子 万象 201102  
拾ひ来し白峰の栗炊き込めり 石川裕子 万象 201102  
栗飯や句縁といふは有難し 中島知恵子 雨月 201102  
縁結び叶ふや旅の栗丸し 瀬口ゆみ子 ぐろっけ 201102  
妣の里たまたま拾ふ虚栗 林美智 ぐろっけ 201102  
ポケットのニトロに替へて丹波栗 高谷栄一 嵯峨野 201107  
火刑さながら熾に栗投げ落とす 布川直幸 201110  
恭仁京の大粒の栗拾ひけり 山田春生 万象 201110  
笑栗や親にも子にも叱られて コ田千鶴子 花の翼 201111  
栗剥いて指先乾くひとりの夜 コ田千鶴子 花の翼 201111  
とりとめのない話など栗を剥く 森下康子 201111  
金婚も疾うに過ぎけり栗の飯 塩路五郎 201111  
草むらの落栗にある旨さかな 仁平則子 201111  
毬栗の目にちかちかと迫り来る 大橋敦子 雨月 201111  
毬栗の辣荒々し恐ろしし 大橋敦子 雨月 201111  
栗ご飯去年はいっしょに食べたのに 鎌倉喜久恵 あを 201111  
武家屋敷濠端筋の栗拾ふ 川崎利子 201112  
焼栗を剥きつつ歩く城下町 川崎利子 201112  
石狩や石の重さの栗南瓜 小林千草 馬醉木 201112  
茹で栗をむく外のこと皆忘れ 上原重一 201112  
父母の年齢はるかに越えて栗を食む 丹生をだまき 京鹿子 201112  
碧空や里の峠の栗笑まふ 堺昌子 末黒野 201112  
栗を剥く夜の静寂や妣のこと 立野千鶴子 末黒野 201112 栗 →6

2019年10月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。