季語のリクエストお待ちしています。

 

雲の峰 4             100句

雲の峰石の都となりしかな    栗田庄

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
煙すぐ風の形なり雲の峰 北嶋美都里 西の峰 200401  
みづうみの水草ゆたか雲の峰 中村雅樹 百鳥 200402  
廃校の蛍のひかり雲の峰 松本硯友 帆船 200405  
笑ひゐる遺影童顔雲の峰 福井隆子 つぎつぎと 200405  
調律の音の尖りや雲の峰 小川洋子 帆船 200406  
家郷かな棚田の上に雲の峰 大串章 百鳥 200407  
友達は男にしかず雲の峰 中村房江 六花 200407  
雲の峰甲斐の山から歩き出す 小川初恵 帆船 200407  
無音都市遙かに置きて雲の峰 森理和 あを 200407  
原爆の想ひ出白き雲の峰 栢森定男 風よ 200407  
トンボ鉛筆トンボクレヨン雲の峰 小林絹子 帆船 200408  
雲の峰わたしのドレス捨てないで 富沢敏子 200408  
雲の峰積雪計の棒高し 沖増修治 百鳥 200408  
膝折れば祈る形や雲の峰 神蔵器 風土 200408  
病人の物食む音や雲の峯 岡本眸 200408  
捧げ運ぶ一艇の栄雲の峰 坂ようこ 200408  
雲の峰リフト到達点見えず 今瀬剛一 対岸 200408  
機関車の車輪は無傷雲の峰 岡崎桂子 対岸 200408  
雲の峰老ゆるに力要ることよ 橘澄男 山景 200408  
雲の峯眩し機窓と丈競ひ 泉田秋硯 200409 帰郷出雲へ
伎楽面の謎解く旅や雲の峰 荻野嘉代子 春燈 200409 悼・万之丞
遣る気とは何処より湧く雲の峰 細川洋子 200409  
こころにも湧きあがるもの雲の峰 岡崎伸 200409  
つぎつぎと蛇腹伸ばしに雲の峰 齊藤實 200409  
舫ひ綱一直線に雲の峰 菊地光子 200409  
コンビナートの屋根の幾何学雲の峰 山元志津香 八千草 200409  
大東京のビル沈黙す雲の峰 神蔵器 風土 200409  
登り切る駅の階段雲の峰 佐野つたえ 風土 200409  
雲の峰明日の己を信じけり 甲斐ゆき子 百鳥 200409  
雲の峰育ちつつあり胡桃の樹 佐藤干城 対岸 200409  
すぐ乾く舟のペンキや雲の峰 川野喜代子 京鹿子 200409  
雲の峰熔岩ねばねばと積まれたる 豊田都峰 京鹿子 200409  
吾子は皆山の名前や雲の峰 須佐薫子 帆船 200409  
雲の峰聖火戦火の国隔て 和田一 雨月 200409  
土性骨一本通し雲の峰 塩川雄三 築港 200409  
雲の峰消えてあつけらかんの峰 塩川雄三 築港 200409  
振向けば雲の峰立つクルス山 村岡紀美江 築港 200409  
父は能登母は加賀人雲の峰 角田悦子 草の花 200409  
生き抜きし昭和の乱世雲の峰 林和子 200410  
デッサンに拳汚して雲の峰 安里道子 200410  
点滴や窓たちのぼる雲の峰 淵脇護 河鹿 200410  
雲の峰連山見ゆる滑走路 中元英雄 河鹿 200410  
労働者運ぶトラック雲の峰 小林登喜枝 万象 200410  
雲の峰風紋に足跡あまた 加藤みき 200410  
少年の網の鱗粉雲の峰 中野京子 200410  
雲の峰蓬莱橋の木の匂ふ 本多俊子 200410  
芭蕉像視線彼方の雲の峰 米須あや子 遠嶺 200410  
果実酒の瓶の透きたり雲の峰 穴澤光江 遠嶺 200410  
車椅子捨て歩き出す雲の峰 飛山ますみ 遠嶺 200410  
夢追ふは若き者かな雲の峰 赤池英津子 遠嶺 200410  
雲の峰灯台二十九メートル 中嶋陽子 風土 200410  
空中で漕ぎし自転車雲の峰 中嶋陽子 風土 200410  
合宿にふくらむ村や雲の峰 鈴木庸子 風土 200410  
リフト勾配三十一度雲の峰 布施まさ子 風土 200410  
開墾の井戸掘り当てぬ雲の峰 井口光石 風土 200410  
ノルマンデイーの巨きな牛や雲の峰 奥田弦鬼 風土 200410  
ふる里に帰る船より雲の峰 平田紀美子 風土 200410  
灯台を出てより仰ぐ雲の峰 布施まさ子 風土 200410  
日本丸の展帆終了雲の峰 平野恵美子 風土 200410  
ヒンズーの声湧く大地雲の峰 落合絹代 風土 200410  
百日の赤子抱き上ぐ雲の峰 鈴木庸子 風土 200410  
フィヨルドへ稜線なだれ雲の峰 内山照久 200410  
離陸機が光に変はる雲の峰 小嶋洋子 200410  
仏頭の御目のなかの雲の峰 豊田都峰 京鹿子 200410  
また会へるなどてふ嘘を雲の峰 今瀬剛一 対岸 200410  
生と死の境あいまい雲の峰 今瀬剛一 対岸 200410  
客船の錨を下ろす雲の峰 浅田光蛙 対岸 200410  
雲の峰大往生の骨納む 飯高あい 対岸 200410  
雲の峰風の陸橋渡りけり 野澤泰子 対岸 200410  
雲の峰水平線の真青なる 吉田眞弓 雨月 200410  
越前富士踏まへて聳てり雲の峰 橋本典男 築港 200410  
雲の峰力放出して崩る 服部高明 築港 200410  
ひと波瀾あるやも知れず雲の峰 鎌田つた枝 築港 200410  
黙黙と何やら無気味雲の峰 鎌田つた枝 築港 200410  
雲の峰遠野名馬のいななけり 加藤二三子 帆船 200410  
どこまでも誠実な奴雲の峰 射場智也 六花 200410  
飛行機の貫いてゆく雲の峰 苑実耶 200410  
想ひ出は生きてゐるなり雲の峰 石川經子 百鳥 200410  
雲の峰ホルスタインの立ち上がる 田中敬子 百鳥 200410  
八十翁目を細め見る雲の峰 東亜未 あを 200410  
長崎の平和の鐘や雲の峰 芝尚子 あを 200410  
球児らのいくさ開幕雲の峰 沼口蓬風 河鹿 200411  
噴煙と触るる一端雲の峰 高原純徳 河鹿 200411  
錫杖の音の目指せる雲の峰 中山勢都子 200411  
雲の峯風見鶏より発しけり 藤見佳楠子 200411  
海山を校歌で讃へ雲の峰 石田静江 200411  
僧の子の背筋まつすぐ雲の峰 星井千恵子 遠嶺 200411  
命名は大の一字や雲の峰 川越昭子 万象 200411  
雲の峰沸騰点の白さかな 内山照久 200411  
観覧車雲の峰より降りてきし 青山悠 200411  
ルネッサンス風の校舎に雲の峰 須賀遊子 200411  
雲の峰巨船に国旗翻り 杉江美枝 百鳥 200411  
雲の峰命綱つけ海女潜る 渡辺政子 雲の峰 200411  
雲の峰一人の昼餉皿一つ 江崎成則 栴檀 200411  
ひねもすのサッカー少年雲の峰 松林順子 雨月 200411  
鉄塔を腹へ呑込み雲の峰 伊勢ただし ぐろっけ 200411  
よしきりの声を攫ひし雲の峰 内藤ゑつ ゑつ 200411  
鉄橋の電車点れり雲の峯 内藤ゑつ ゑつ 200411  
天皇の声聞き取れず雲の峯 内藤ゑつ ゑつ 200411  
少年の夢は帰らじ雲の峰 徳田正樹 河鹿 200412 雲の峰 5→

2019年7月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

掲載年月順です。

ご希望の季語又は語彙がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。