雲の峰 1            100句

藪越しに動く白帆や雲の峯    永井荷風

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
更々に螺の類の雲の峰 岡井省二 199807  
雲の峰すこしずらして写真貼る 小澤克己 遠嶺 199809  
字宙行き始発駅聳つ雲の峰 山路紀子 風土 199810 NASA
トラックより下ろす新船雲の峰 荒井千佐代 199810  
明石の門十分に駆け雲の峰 大橋敦子 雨月 199810  
濱木綿や曉よりたてる雲の峰 鈴鹿野風呂 京鹿子 199810  
超国家主義体制下雲の峰 能城檀 船団 199811  
全身で笑ひしころよ雲の峰 樋口英子 朝桜 199904  
力まずに歩むと決めて雲の峰 遠藤和彦 遠嶺 199905  
腰高に山螺の歩く雲の峰 神蔵器 199905  
旅の雨帰路は上りて雲の峰 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
雲の峰まなざし清き僧に遇ふ 小澤克己 遠嶺 199908  
旅支度これでよかろか雲の峰 松沢久子 いろり 199908  
雲の峰残してみたい名台詞 松沢久子 いろり 199908  
仏壇の中に父ゐる雲の峯 山野みどり 銀化 199908  
海あれば突堤のあり雲の峰 盛良孝 199908  
渓風によく鳴る小笹雲の峰 北吉裕子 俳句通信 199908  
片恋は吾がロスタイム雲の峰 吉村春風子 遠嶺 199909  
引く波に残る砂山雲の峰 小阪喜美子 遠嶺 199909  
座布団も世もはみだしぬ雲の峰 加藤真起子 火星 199909 悼 枝雀
トタン屋根打つ音乾く雲の峰 高橋邦夫 風土 199909  
雲の峰腓に付きし砂子かな 加藤みき 199909  
雲の峰常に一歩は鮮しき 山田弘子 円虹 199909  
牧羊犬急旋回す雲の峰 上原若子 199909  
杖を手に仰げばあらむ雲の峰 村越化石 199909  
県境照り降り分ち雲の峰 桑垣信子 いろり 199909  
あぐらとは座礁のかたち雲の峰 坪内稔典 船団 199909  
深息をして買ふ陶器雲の峰 豊岡清子 遠嶺 199910  
菊割れの出でし茶炭や雲の峰 山路紀子 風土 199910  
準優勝は常に悲しも雲の峰 大橋晄 雨月 199910  
柏手の乾いてをりぬ雲の峯 彌榮浩樹 銀化 199910  
駅弁の小梅ねむたし雲の峰 彌榮浩樹 銀化 199910  
杖突を越えアルプスの雲の峰 三澤福泉 俳句通信 199910  
長老とつぶやく父や雲の峰 松沢久子 いろり 199910  
七七忌過ぎて現る雲の峰 三枝邦光 ぐろっけ 199910  
雲の峰単位落せど次がある 長谷川鮎 ぐろっけ 199910  
影向の石孔雀石雲の峰 小菅佳子 199911  
四囲に山置きてさらなる雲の峰 堀本祐手 遠嶺 199911  
園児等の瞳清しや雲の峰 田島秀代 遠嶺 199911  
地球から足をブラブラ雲の峰 小枝恵美子 ポケット 199911  
あやとりの友と再会雲の峰 平田恵美子 ぐろっけ 199911  
舟よりも投網大きく雲の峰 中田ゑみこ 馬醉木 199912  
雲の峰青空を食みゆきにけり 塙告冬 ホトトギス 199912  
雲の峰その影雲にありにけり 塙告冬 ホトトギス 199912  
兵たりし肩凝り未だ雲の峰 吉田透思朗 海程 199912  
父ちゃんのデカパンくぐり雲の峰 黒田さつき 船団 199912  
作っては壊す裸婦像雲の峰 小枝恵美子 船団 199912  
「兄ちゃんは一年生さ」雲の峰 しおやきみこ 船団 199912  
ワタナベのジュースの素です雲の峰 三宅やよい 船団 199912  
隠したき傷などなくて雲の峰 津田このみ 月ひとしずく 199912  
魚を糶る指の先なる雲の峰 田中佐知子 風土 200001  
雲の峰に向きて歩みて若かりき 田中藤穂 水瓶座 200002  
雲の峰くづれて翳る草千里 田中藤穂 水瓶座 200002  
雲の峰それぞれにある終戦記 田中藤穂 水瓶座 200002  
漱石と子規も明治の雲の峰 深澤鱶 ヒッポ千番地 200004  
リリーフは放言ルーキー雲の峰 三宅やよい 玩具帳 200004  
洗濯バサミ大口あける雲の峰 三宅やよい 玩具帳 200004  
干し終えて露台は岬雲の峰 塩見恵介 虹の種 200005  
拝観路逆さにゆけば雲の峰 松山律子 六花 200006  
雲の峰触れてぐらりと空の旅 稲畑汀子 ホトトギス 200007  
雲の峰裾野てふ丸の内かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200007  
雲の峰崩れて肘のかがやけり 岡本高明 200007  
雲の峰脇息をして居られけり 青山茂根 銀化 200007  
球体のどの端にゐる雲の峰 辻前冨美枝 200008  
手心でふ技まだ知らず雲の峰 安井明子 200008  
組み立てて螺子の余れる雲の峰 小川真理子 銀化 200008  
豆腐屋の揺り起したる雲の峰 新井竜才 銀化 200008  
老いてなほ男に大志雲の峰 塩路隆子 精鋭選集 200008  
雲の峰身を休ませて石の階 内藤紀子 遠嶺 200009  
海綿の穴から泡雲の峰 加藤みき 200009  
雲の峰俵藤太の力得て 大橋晄 雨月 200009  
内張の歪に乾く雲の峰 森谷彰 銀化 200009  
カウベルのぐわらんと鳴りて雲の峰 山崎赤秋 春耕 200009  
矢立など一茶きどりの雲の峰 保坂加津夫 いろり 200009  
霊山をへそのあたりに雲の峯 星加克己 ぐろっけ 200009  
雲の峰立体感を盛り上げし 進菁亀 円虹 200010  
船渡御の触れの太鼓や雲の峰 植松幸子 俳句通信 200010  
遠泳の太鼓響けり雲の峰 陣野今日子 風土 200010  
雲の峰白きポットに湯を満たす 長尾康子 風土 200010  
ふるさとの湖にかぶさる雲の峰 大堀鶴侶 雨月 200010  
よう冷えた釣銭出たり雲の峰 中原幸子 遠くの山 200010  
雲の峰昇ることなく消えにけり 保坂加津夫 いろり 200010  
雲の峰育てる風と過ぐ風と 桑垣信子 いろり 200010  
雲の峯くづれる如く人死せり 山本潤子 いろり 200010  
大木に登りたくなる雲の峰 北原武巳 船団 200010  
雲の峰うれしきことも泪でて 青木直子 200010  
櫂担ぎ覇者もどりくる雲の峰 常盤しづ子 馬醉木 200010  
山門は風湧く処雲の峰 林友次郎 遠嶺 200011  
一書成しさらなる望み雲の峰 吉野のぶ子 遠嶺 200011  
人文字の笑つてをりぬ雲の峰 環順子 遠嶺 200011  
雲の峰テイクファイブに皿洗ふ 信崎和葉 六花 200011  
ツーフィンガーのロックに透かす雲の峰 信崎和葉 六花 200011  
少年に白帆まばゆし雲の峰 石本百合子 馬醉木 200012  
文学館出て真向ひに雲の峰 本木下清美 ぐろっけ 200012  
落葉松に鳥入れかはる雲の峰 盛良孝 200101  
思ひ切り叫びたくなる雲の峰 武藤嘉子 木椅子 200102  
抱きし嬰のそり身によろけ雲の峰 武藤嘉子 木椅子 200102  
ニューヨークの友達のこと雲の峰 甲田夏湖 船団 200102  
肩ひものくひ込んでゐる雲の峰 松永典子 船団 200102  
震洋隊の出発はなく雲の峰 水上博子 船団 200102 雲の峰 2→

 

2020年7月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。