蟋蟀 1(ちちろ)     100句

まうからぬ夜なべ細工やちちろ虫    森川暁水

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
寝入るまでつき合ひくるるちちろかな
田中まさ子
雨月
199811
こおろぎの坊さんがへをこいた
川島ひとみ
船団
199812
右耳にちちろ左にぼやく妻
灘八朗
199901
樗牛碑に「hope」の銘やちちろ鳴く
中沢三省
風土
199901
触角を遠嶺に向けてちちろ鳴く
北村照子
遠嶺
199901
句碑ほとりちちろも伽を申すべし
河野美奇
ホトトギス
199902
瞑れば死を憶へよ(モメント・モリ)とちちろ虫
斉藤由美子
ぐろっけ
199902
一筆という蟋蟀の黒いぶつかり
若森京子
船団
199903
工房に寂と鞭軸やちちろ蟲
水原春郎
馬醉木
199910
哀しみのこころにかなふちちろかな
山田弘子
円虹
199910
ちちろ鳴く首の塚きて頸細る
鈴鹿仁
京鹿子
199910
一人居の明かり落とせばちちろ虫
武岡東西
俳句通信
199910
堂縁に並びし琴やちちろ鳴く
竪ヤエ子
俳句通信
199910
元興寺地蔵盆
ハーブの香残れる厨ちちろ鳴く
中川濱子
ぐろっけ
199910
ちちろ虫穴の手前の穴に入る
高橋将夫
199911
まず猫が耳をそば立つ初ちちろ
藤田千代江
199911
三界の句集開くやちちろ鳴く
川端実
遠嶺
199911
板前の紺の前掛けちちろ鳴く
山田禮手
遠嶺
199911
賑やかに隠れてをりしちちろむし
市川伊團次
六花
199912
昼ちちろ供華一対に一対に
伊藤奈津
199912
旅疲れ癒す手枕昼ちちろ
村上和子
ぐろっけ
199912
草を引くうしろの正面ちちろ鳴く
神藤伝
酸漿
200001
病む足をさすりてちちろ跳ばしけり
平田安生
風土
200001
饒舌の電話終りぬちちろ虫
野口香葉
遠嶺
200001
長身を屈めちちろを聴いてをり
三橋泥太
遠嶺
200001
雲仰ぎ蟋蟀の穴ものぞきこむ
田中藤穂
水瓶座
200002
畳屋の裏の捨て藁昼ちちろ
金子きくえ
春耕
200002
まぎれ来しちちろ箪笥の裏で鳴く
水野範子
ぐろっけ
200003
紫の誘眠剤やちちろ鳴く
山田六甲
六花
200009
通りゃんせ昼のこおろぎ四拍子
中原幸子
遠くの山
200010
もう五十いやまだ五十ちちろ鳴く
能村研三
200010
臼刳りしロビーの椅子やちちろ虫
黒坂紫陽子
馬醉木
200011
初ちちろ標高千の泉の辺
村越化石
200011
枕上ミのちちろに眠りさそはるる
荒井正隆
200011
昼ちちろ踊り屋台を曳きて来し
石鍋みさ代
春耕
200011
脱ぎすてし野良着の袖に早ちちろ
中川節子
春耕
200011
すぐ他人なりし人なりちちろ鳴く
保坂加津夫
いろり
200011
蟋蟀や人恋しきか夕厨
茂木とみ
いろり
200011
岩屋神深きちちろの闇を負ふ
高橋好温
馬醉木
200012
一夜吊る壁の喪服やちちろ虫
鈴木まゆ
馬醉木
200012
草深き駅へ近道ちちろ鳴く
小倉恵都子
風土
200012
外灯の切れさうな灯にちちろ虫
田中英子
火星
200012
客去りていつもの一人ちちろ鳴く
笠原フミ
酸漿
200012
蟋蟀の凛々たるは若からむ
和田敏子
雨月
200012
蟋蟀の鳴きやみしより闇ふかし
和田敏子
雨月
200012
ちちろ鳴く島に廃屋多くして
小西瑞穂
ぐろっけ
200012
手をすべる青磁の皿やちちろ鳴く
島田和子
風土
200101
ちちろ虫そろそろ翅の傷まぬか
二瓶洋子
六花
200101
母にまだ医通ひつづく昼ちちろ
盛良孝
200101
自在鉤真ん中にありちちろ虫
町野昭人
遠嶺
200102
蟋蟀の鳴き止む止まぬ頁繰る
葉月ひさ子
船団
200102
高麗のこおろぎ漆黒に生きて候
若森京子
船団
200102
辻堂のおもかる地蔵ちちろ鳴く
鵜飼紫生
雨月
200103
寝違えの首こおろぎが棲んでいる
藤田守啓
船団
200103
跡取りはこおろぎだった山の村
吉田さかえ
海程
200108
熊の胆噛んで焦げつくちちろの夜
滝沢環
京鹿子
200109
有り切れを編みこむ藁座昼ちちろ
朝妻力
俳句通信
200110
終着駅に背負ひ籠二つちちろ鳴く
春田淳子
俳句通信
200110
ちちろ鳴く厩あとある長屋門
富田房子
春耕
200110
夜明けともなればちちろの身に沁みて
保坂加津夫
いろり
200110
ちちろ虫鳴く夜のこころ騒がしき
大田かづみ
いろり
200110
映画に見る日本海戦ちちろ鳴く
斉藤静枝
あを
200110
ちちろ鳴く土間に水甕塩の甕
新家豊子
馬醉木
200111
子をあやす子の顔母にちちろ虫
森理和
あを
200111
ひねもすの工事終りぬちちろ虫
赤座典子
あを
200111
蟋蟀の鳴き尽くしたる日数かな
伊藤重美
俳句通信
200111
外務省にも夜が来てちちろ鳴く
泉田秋硯
200112
蟋蟀の右手にばかり鳴く夜哉
浜崎良彦
円虹
200112
天平の瓦窯跡ちちろ鳴く
佐野美智
200112
蟋蟀の燕尾服着て楽士めく
託正夫
200112
ちちろ鳴くやたらに広き百姓家
鈴木ふくじ
風土
200112
門灯の雨筋細きちちろかな
廣畑忠明
火星
200112
余命まだありてちちろの夜を深む
湯橋喜美
200112
親鸞の腰掛けの松昼ちちろ
森重夫
春耕
200112
坊裏に忘れ熊手や昼ちちろ
岸恒雄
春耕
200112
遅くまで点る工房ちちろ虫
高村洋子
遠嶺
200112
ちちろ虫ふるさとなべて三代目
関口ゆき
あを
200112
戸締りの刻早まりてちちろ鳴く
山口庸子
ぐろっけ
200112
ちちろ鳴く三和土を円く掃きをれば
飯塚ゑ子
火星
200201
アルバムに父母の声聞くちちろの夜
朝芝喜代子
雨月
200201
チャップリン映画めでたしめでたしちちろ鳴く
後藤雅夫
百鳥
200201
ちちろ鳴く今は使はぬ登り窯
金田美恵子
ぐろっけ
200201
ちちろ鳴くあなたに聞かれないやうに
木戸渥子
京鹿子
200202
転がりし箱の中より鳴くちちろ
田彰子
船団
200202
ちちろ鳴く海に夜な夜な漂へり
宮原みさを
花月亭
200208
ちちろ虫お口直しの紅しやうが
山田六甲
六花
200210
昼ちちろ門を閉ざせし一御坊
朝妻力
雲の峰
200210
蟋蟀の声に張りあり力あり
中島一管
築港
200211
子の墓やころころころとちちろ虫
堀田清江
雨月
200211
実家今も三和土にちちろ鳴くくらし
阪口美枝子
雨月
200211
空のなき町住みなれしちちろ鳴く
関口ゆき
あを
200211
目立て屋のひと間の灯ちちろ鳴く
神宮きよい
馬醉木
200212
ちちろ鳴く障子明りの文机に
瀬戸悠
風土
200212
敵味方なき首塚やちちろ踏む
水島夜雨
京鹿子
200212
倒木に日のこぼれをり昼ちちろ
木山杏理
京鹿子
200212
飼ひ猫の戻らぬ闇やちちろ虫
滝本香世
百鳥
200212
閻魔蟋蟀天界をひたに恋ひ
大畑善昭
200212
ふと逃げし言葉を探す昼ちちろ
村田みちな
200212
早鳴きも遅鳴きもゐる夜のちちろ
熊口三兄子
ぐろっけ
200212
杣小屋は人とちちろに一間きり
竹内方乃
ぐろっけ
200212

 

2019年9月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。