金亀子(黄金虫 かなぶん ぶんぶん)       192句

高輪は古き町なり金亀虫   景山筍吉   萩叢

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
金亀虫増えて減らざる廐かな 皆川盤水 春耕 199908  
八丈富士散弾めける金亀虫 磯崎兼久 199909  
かなぶんのおかど違ひの体当り 浜口高子 火星 199910  
灯を打てる音も鉄気や金亀子 亀丸公俊 銀化 199910  
黄金虫俳誌に載せて逃しやる 中村祭生 ぐろっけ 199910  
天井を打ってぶんぶん電池切れ 小枝恵美子 船団 199912  
かなぶんやでんぐり返って天仰ぐ 川副民子 船団 199912  
灯を消してより乱心の金亀子 築城百々平 馬醉木 200008  
ぶんぶんの礫つぶてや御厨洞 男波弘志 200009  
恥多き齢黄金虫掌に這わせ 遠藤煌 海程 200010  
黄金蟲投ぐれば宙で翅ひらく 阿部寒林 200010  
指先の力のごとしぶんぶんは 市野記余子 海程 200011  
深更の遺影かなぶん八つ当り 品川鈴子 ぐろっけ 200011  
金亀虫蟷螂と今日は楽しいな 稲葉千尋 海程 200012  
ぶんぶんを隠しているなカーリーヘアー 寺田良治 船団 200102  
前足を仕舞ひ過ぎたる金亀虫 飯塚ゑ子 火星 200107  
仏壇へをどりこんだる黄金虫 玉川悠 遠嶺 200107  
闖入のぶんぶんの子を持て余し 藤井圀彦 200108  
噴煙の匂ふ闇より黄金虫 工藤義夫 馬酔木 200109  
金亀子くぐり戸低き母の家 皆川盤水 春耕 200109  
ぶんぶんの一つ覚えの死んだふり 利根川妙子 200110  
金亀虫引つ掻いてゆく夜の耳 山田六甲 六花 200110  
黄金虫ギター弾く子の方へ行く 市川伊團次 六花 200110  
黄金虫ゆうべの月の匂いする 貝森光大 六花 200111  
金亀虫闇は激流かもしれず 掛井広通 200201  
糸瓜単線の駅で交差す金亀子 辻村拓夫 船団 200201  
中庭の松より飛んで黄金虫 市川伊團次 六花 200207  
金亀子話の腰を折られけり 関章子 百鳥 200208  
四畳半一間の頃の金亀子 槻木珠美 銀化 200208  
八卦見の卓に落ちたる金亀虫 根本孝子 春耕 200210  
玻璃叩き亡命志願金亀子 峰尾秀之 200211  
仏壇に畏まりけり金亀虫 木曽岳風子 六花 200211  
黄金虫わが門に来て息絶えし 大山妙子 酸漿 200212  
実弾とおもふ衝撃金亀虫 泉田秋硯 鳥への進化 200303  
かなぶんとかなかな脚で闘へり 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
やみくもといふ飛びやうの金亀子 大橋敦子 雨月 200308  
大過なく生きてかなぶんあふのけに 丸山分水 200309  
かなぶんぶん話の腰を折られけり 秦恒男 帆船 200309  
スメタナの夜はかなぶんを見ぬふりす 中村恭子 200309  
かなぶんのテレビ観戦にとび入りし 長崎桂子 あを 200309  
死の振りか死にしか籠の金亀虫 藤井圀彦 200310  
かなぶんや展望デッキの25時 環順子 遠嶺 200310  
かなぶんや名工住まふ両隣 津田礼乃 遠嶺 200310  
山門の通夜かなぶんも参じける 乗光雅子 雨月 200310  
金亀虫闇を来たりて闇に去る 若山実 雲の峰 200310  
ぶんぶんの去つて話を忘れけり 影山わこ 百鳥 200310  
かなぶんをひつくり返す遊びかな 荒井和昭 200310  
忙しい時が華です金亀子 加藤峰子 200310  
かなぶんぶん遠くに馬の水飲場 中村洋子 風土 200310  
金亀子服より剥がし投げ捨てし 大島黎子 築港 200311  
固き背のみどりと見しが金亀子 稲岡長 ホトトギス 200311  
かなぶんと一つ灯のもとキー叩く 武司琴子 ぐろっけ 200311  
交番の灯へかなぶんの自爆テロ 辰巳比呂史 200312  
窓に来るぶんぶん風林火山の国 有山八洲彦 200312  
金亀子腰を浮かせて止まりをり 松本文一郎 六花 200312  
かなぶんの鋭く頬をかすめけり あさなが捷 200312  
かなぶんのつるみ落ちたる飛鳥寺 岡井省二 岡井省二全句集 200312  
学問の灯にかなぶんの八つ当り 立石萌木 雨月 200401  
街灯のつくる空間こがね虫 栗田武三 ぐろっけ 200408  
かなぶんが四肢からませて網戸に絶ゆ 長崎桂子 あを 200409  
金亀虫当たり玻璃戸のくもりけり 杉浦典子 火星 200410  
金亀子の落ち損ね翅半開き 奥村鷹尾 京鹿子 200410  
いねがての窓打ち止まぬ金亀子 若山実 雲の峰 200410  
虻ぶんぶん落付く先を決めかねて 田中時子 八千草 200410  
かなぶんや夕べの湖の満ちてをり 水野あき子 遠嶺 200411  
葡萄蔓引くやぽろぽろ金亀子 森田和子 万象 200412  
宇宙独楽をぶんぶん廻はす省二かな 延広禎一 200501  
額打つ飛礫は碧き金亀子 原田達夫 虫合せ 200506  
金亀子慈母観音にぶつつかり 内山定子 築港 200509  
ぶんぶんや停止している室外機 赤座典子 あを 200509  
擲たれまた挑み来る黄金虫 沼口蓬風 河鹿 200510  
一つ捨てもう一つ捨て金亀子 近藤公子 200510  
姫君に玩ばれし金亀子 吉田明子 200510  
無作法な音でぶつかり金亀虫 浅田光喜 対岸 200510  
金亀子未明のコインランドリー 藤井智恵子 百鳥 200510  
茅葺きや畳廊下の黄金虫 田中藤穂 あを 200510  
問診の緊張解けり金亀子 蒔田しをん 200511  
花榊翅のぶんぶん日矢を盛り 丸山冬鳳 京鹿子 200511  
たれも居ぬ部屋にかなぶん死んでをり 辻兎夢 200601  
真の闇なくて眠れぬ黄金虫 篠原幸子 春燈 200608  
闇へ抛る脳振盪の金亀子 泉田秋硯 200610  
ランプ・シェード赤くてかなぶんうれしくて 坂ようこ 200610  
ぶつかるは試行錯誤の黄金虫 齊藤實 200610  
かなぶんの何に怒るや八つ当たり 宮脇ちづる 200611  
黄金虫思ひ出したる人のあり 近藤公子 200709  
金亀子模範のテープ繰り返す 鈴木石花 風土 200709  
無類なり酒の相手のかなぶんは 森下賢一 春燈 200709  
かなぶんや山の没日を手に拾ふ 渡邉友七 あを 200709  
黄金虫スカラベを護符とし眠る木乃伊かな 金山藤之助 200710  
金亀子月に返してやりにけり 寺田すず江 200710  
かなぶんにパニックいくさ知らぬ子等 辰巳比呂史 200711  
死んだふりせるぶんぶんを猫知らず 浮田胤子 ぐろっけ 200711  
シャッターを閉ざすにあたる黄金虫 府川みよ子 200711  
遠縁と判明したり金亀子 火箱遊歩 船団 200801  
こがね虫ぶつかる壁の日本地図 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
無作法な音でぶつかり黄金虫 浅田光喜 絵巻物 200806  
こがね虫寡黙に毛蟲饒舌に 岡本眸 200806  
花芯の褥王者のごときこがね虫 後藤眞由美 春燈 200808  
死んだふりするかなぶんを死なせ置く 亀田虎童子 200808  
仰向けでもがくかなぶん寺の磴 渡邊孝彦 やぶれ傘 200808  
かなぶんの突き当たりたる読経かな 榎本慶子 炎環 200810  
こがね虫黒き涙を掌に残し 鈴木とおる 風土 200810  
死してなほ腹紫金色黄金虫 乗光雅子 雨月 200810  
ぶんぶんを危めし庭に人を恋ふ 和田政子 200811  
一人居の閑かさ破る黄金虫 塩野きみ 遠嶺 200811  
年寄りも年を取りますかなぶんぶん 鈴木陽子 炎環 200812  
金亀虫杜に出で入りしてゐたる 貴志尚子 200908  
かなぶんの仮死に付合ふのも余生 辻直美 200908  
金亀子抛れば闇が撥ね返す 鷹羽狩行 200908 白山麓僻村塾
梅雨の月「黄金虫」てふスナックヘ 佐藤良重 炎環 200908  
かなぶんや介護保険の小冊子 奥村こちび 炎環 200909  
かなぶんの己が羽音に追はれとぶ 窪田佳津子 雨月 200909  
八月の空の真芯へかなぶんぶん 上原重一 200910  
曇天の筑波の道を黄金虫 飯田ひでを 200910  
かなぶんが羽の領巾振る妃陵 品川鈴子 ぐろっけ 201004  
当たるたび音に弾かれ金亀子 山田六甲 六花 201006  
かなぶんのとぶ武蔵野に神学校 中山純子 万象 201007  
仮死であることを忘れて黄金虫 鷹羽狩行 201008  
金亀虫闇に放り出すこと三度 松岡和子 201009  
すがる術知らずかなぶん転り来 中川すみ子 201009  
金亀子投げ捨つごとく思慕を断つ 亀井紀子 201010  
かなぶんを追ひたる子の声風にのり 黒澤登美枝 201010  
かなぶんを踏んでしまひし音なりし 涼野海音 火星 201010  
かなぶんの八つ当たりして闇に消え 増田甚平 ろんど 201010  
灯の点くや否やぶんぶん唸り立つ 志方章子 六花 201010  
かなぶんが踏まれてをりぬ東京キ 佐藤喜孝 あを 201010  
かなぶんは江戸っ子気質向こう見ず 北尾章郎 201011  
外灯に礫一撃金亀子 中村ふく子 201011  
卓袱台に湯呑の輪染み金亀子 根橋宏次 やぶれ傘 201011  
目覚むればわが胸にゐし黄金虫 田中藤穂 あを 201011  
なかんづく子供は宝金亀子 田中卯佳美 京鹿子 201101  
愛するはその名前のみ黄金虫 布川直幸 201108  
てのひらを蹴ってとびたつこがね虫 鎌倉喜久恵 あを 201108  
黄金虫耳たぶに来て縋りけり 山田六甲 六花 201109  
黄金虫草へ戻せば濃緑に 田中藤穂 あを 201110  
モナリザの笑みにぶつかる金亀子 山本無蓋 201111  
黄金虫落ちておどろく地べたかな 和田政子 201111  
音たてて畳を歩くかなぶんぶん きくちきみえ やぶれ傘 201111  
捕へし子もかなぶんも夜は大人しき 安部和子 雨月 201111  
金蚉と動くと負けよ睨めっこ 森理和 あを 200809  
金蚉や四国三郎男前 佐藤凉宇子 ろんど 201209  
空の青もらふ金蚉たかくたかく 吉弘恭子 あを 201212  
金蚉や何が何やらほたへ死 鈴鹿けい子 京鹿子 201411  
あつぱれな乳房に触るる金亀子 亀井紀子 201210  
かなぶん飛ぶ抛物線の半ばより 鳳蛮華 201210  
猫の前かなぶんぶんの転がりぬ 榎本文代 万象 201210  
かなぶん飛ぶ抛物線の半ばより 鳳蛮華 201211  
黄金虫毎夜ぶんぶん居間を飛ぶ 松木清川 ぐろっけ 201212 日本スキー発祥の地金谷山にて
命日の墓にきてゐるかなぶんぶん 島野ひさ 万象 201212  
抗はず掃き出されけり金亀子 丑久保勲 やぶれ傘 201212  
金亀子の翅食みのこし秋の蜂 松井倫子 火星 201301  
金亀子玻璃にぶつかりしばし死す 時田義勝 やぶれ傘 201301  
金亀子とび来し音を仕舞ひけり 中尾安一 火星 201309  
カーテンを登り切りたる金亀子 藤井美晴 やぶれ傘 201309  
少年の宝の箱に黄金虫 増田甚平 ろんど 201311  
かなぶんの踏まれてゐたる地下通路 松村光典 やぶれ傘 201312  
かなぶんぶん長期滞在許可します つじあきこ 船団 201401  
かなぶんぶんボクからオレになりナナメ 武智由紀子 201409  
無花果に寄つて集つて黄金虫 中貞子 201409  
枝切れば残るかなぶんぶつかり来 長崎桂子 あを 201409  
金亀子襖へ三度体当たり 小川玉泉 末黒野 201410  
かなぶんの死に弔ひの蟻の列 和田政子 201410  
ぶつかり来鉄の熱さの金亀子 宇都宮敦子 201411  
黄金虫月の光をのぼりけり 寺田すず江 明日葉 201505  
黄金虫月に返してやりにけり 寺田すず江 明日葉 201505  
雑踏にまぎれこんだる黄金虫 今井春生 201510  
金亀子日暮れの道にころげ居り 松村光典 やぶれ傘 201510  
かなぶんに止まられ記す夜の句帳 本多トミ 201511  
動くともうごかざるとも金亀子 菊池洋子 やぶれ傘 201512  
鈍色を放ちて消ゆる金亀子 稲畑廣太郎 ホトトギス 201607  
君思うゆえの暴走かなぶんぶん 火箱ひろ 201609  
ひいふうみい良寛さまとぶんぶんと 雨村敏子 201610  
かなぶんの音止まりたる佛の手 竹中一花 201610  
一言を選ぶ沈黙黄金虫 前田美恵子 201610  
かなぶんぶん猫の玩具となりゐたり 須賀允子 万象 201610  
でまかせに飛びて弾けて金亀子 田岡千章 201611  
空間の歪を避ける黄金虫 平井奇散人 船団 201612  
魂のぶつかつて来る金亀子 七種年男 輪中の空 201612  
庭師去り庭の明るさ金亀子 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
金亀子又死ぬふりをして逃れ 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
庭師去り庭の明るさ金亀子 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
金亀子又死ぬふりをして逃れ 稲畑汀子 ホトトギス 201707  
あの父にしては良き子でかなぶんぶん 火箱ひろ 201709  
お婆様に席譲られて黄金虫 たかはしすなお 201709  
かなぶんにうれしい顔を覗かれる たかはしすなお 201709  
金亀子花の真中に居眠りぬ 田尻勝子 六花 201709  
夜を運ぶかなぶんの音灯の中に 竹中一花 201709  
かなぶんのぶんと障子に当たりけり 岩崎武士 万象 201710  
夕闇の障子にはがす黄金虫 笹村政子 六花 201710  
かなぶんも来て輪の中に省二の忌 竹内悦子 201712  
かなぶんにどんな一夜がその骸 岩藤礼子 やぶれ傘 201710  
かなぶんぶんまたすかたんをしてしまう 火箱ひろ 船団 201805  
クローゼットを半開きにしてかなぶんぶん つじあきこ 201809  
打遣るもまた戻り来る黄金虫 福岡かがり 雨月 201811  
前を行くおばさんが邪魔かなぶんぶん 火箱ひろ 船団 201812  

 

2019年7月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。