桐の花 6     89句

桐の花薄化粧して老いんかな   原コウ子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
約束は遠くにありて桐の花 神宮きよい 馬醉木 201507  
空つぽの犬小屋桐の花咲いて 大島英昭 やぶれ傘 201507  
花桐や胸に棲む子の夢に来る 鈴木漱玉 馬醉木 201508  
水軍のひそみし浦や桐咲けり 深川淑枝 201508  
臥す母に夜のすぐ来る桐の花 宮井知英 201508  
淡あはと空に泛びて桐の花 伊藤由良 末黒野 201508  
若かりし日の白昼夢桐の花 木下夕爾 春燈 201508  
屋根よりも高きブロンズ桐の花 小林陽子 201508  
こもりくの初瀬丈六桐の花 橋添やよひ 風土 201508  
この木にも暗き歴史や桐の花 鈴木阿久 201508  
桐咲いて剥落はげし海鼠壁 谷村祐治 雨月 201508  
風が見すきりきり舞ひの桐落花 谷村祐治 雨月 201508  
山並の遠くなりたり桐の花 榎本文代 万象 201508  
たうたうと流れの早し桐の花 川越昭子 万象 201508  
桐の花故山いよいよ遥かなる 吉田順子 201508  
雨戸まだ開かぬままや桐の花 須賀敏子 あを 201508  
桐の花白雲城へ急ぎけり 古賀しぐれ ホトトギス 201509  
桐咲いて言はねばならぬこと多し 鴨下昭 201509  
桐の花久しく人の住まぬ家 遠山のり子 201510  
二人とも昭和ひと桁桐の花 中村三郎 京鹿子 201510  
下総の山並みやさし桐の花 原田達夫 箱火鉢 201511  
桐の花納豆食べて家継がず 鴨下昭 201601  
桐の花盥に曲る山の鯉 伊藤通明 201603  
上枝には桐の花房立ちにけり 池田友之 夏雲 201603  
咲く高さ遠さ活けたる桐の花 稲畑汀子 ホトトギス 201605  
喪の什器人来て洗ふ桐の花 中川句寿夫 あを 201607  
廃線のレール埋もれて桐の花 本田武 やぶれ傘 201608  
暮れつかた出できし風や桐の花 岩永はるみ 春燈 201608  
親代り葉に守られて桐の花 七郎衛門吉保 あを 201608  
どの坂も城に繋がる桐の花 大日向幸江 あを 201608  
桐の花下に子を抱く家鴨かな 内海保子 万象 201608  
桐の花オペラグラスで見てをりぬ 大内佐奈枝 万象 201608  
手のひらの思はぬ軽さ桐の花 大山春江 万象 201608  
雨を呼ぶ風の重たき桐の花 藤岡紫水 京鹿子 201608  
雨上りの桐の花房見上げをり 中貞子 201608  
唐寺の国宝ふたつ桐の花 田川美根子 201609  
花桐や二楷の窓を開け放つ 小川玉泉 末黒野 201609  
吊橋に触れむばかりや桐の花 森清堯 末黒野 201609  
老人に次の夢あり桐の花 柴田志津子 201609  
花桐のここだ散りゐて楽しき歩 金森信子 雨月 201609  
水口に堰板入るる桐の花 深川淑枝 201610  
裏山の番人らしき桐の花 瀬川公馨 201610  
その先に海の展けて桐の花 小林愛子 万象 201610  
降り立てば父郷は桐の花ぐもり 笠井敦子 201610  
山峡の空低くして桐の花 中村襄介 ホトトギス 201611  
花桐へ山の朝日が一直線 内海良太 青嶺 201612  
人まばら湖畔に桐の花散れる 赤堀洋子 万象 201701  
風に香を放ちつつ落つ桐の花 稲畑廣太郎 ホトトギス 201705  
喪の什器人来て洗ふ桐の花 中川句寿夫 ここのもん 201705  
桐の花母の手提げの木の把手 甲州千草 201706  
たかし忌や花桐の香の惜みなく コ井節子 馬醉木 201707  
桐咲いて水田あかりの長屋門 高久正 201708  
曇天や里わの桐の花明かり 吉田きみえ 末黒野 201708  
散り敷きて香りたちたる桐の花 箕輪カオル 201708  
古家に抜ん出てゐし桐の花 廣畑育子 六花 201708  
母郷美し疎林の端の桐の花 松橋利雄 春燈 201708  
昼月のうするる空や桐の花 荒井ハルエ 春燈 201708  
鈴なりの巫女のみすずや桐の花 小林文良 春燈 201708  
桐の花仰ぎ見る度母の色 大村峰子 万象 201709  
曲がるたぴ海見え隠れ桐の花 藤井美晴 やぶれ傘 201708  
ふるさとの空遥かなり桐の花 山崎稔子 末黒野 201709  
淀殿を偲べと咲きて桐の花 玉置かよ子 雨月 201709  
海桐咲く崖の半ばに水走る 鈴木良戈 201710  
八海山に雪形はつか桐の花 大沢美智子 201710  
海桐花咲く空港島の舟着き場 西村操 雨月 201710  
重さうなる雲のゐすわり桐の花 森清信子 末黒野 201710  
歩道橋越しに梧桐花散らす 土井三乙 風土 201711  
約束の合図は目にて桐の花 田岡千章 201712  
昼月のうするる空や桐の花 荒井ハルエ 春燈 201803  
この先も一喜一憂桐の花 押田裕見子 201802  
紫は人欺かず桐の花 稲畑廣太郎 ホトトギス 201805  
桐の花近景といふ潔さ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201805  
この郷のすべてを領(し)りし桐の花 鈴鹿仁 京鹿子 201806  
入院の三日の留守や桐の花 豊谷青峰 春燈 201807  
明日着る喪服衣桁に桐の花 鈴木石花 風土 201808  
水音の遠のくあたり桐の花 宮内とし子 201808  
桐の花敗者たたへて村豊か 鈴鹿仁 京鹿子 201808  
廃校の深きねむりや桐の花 山中志津子 京鹿子 201808  
むらさきに重ねる師恩桐の花 井尻妙子 京鹿子 201808  
桐の花女は強し母強し 西村滋子 京鹿子 201808  
桐の花咲きたる高さ教へられ 片岡良子 雨月 201808  
一天を仰げと桐の花咲ける 竹下陶子 ホトトギス 201808  
むらさきの靄一面や桐の花 加藤みき 201809  
水音に添へばふる里桐の花 井尻妙子 京鹿子 201809  
雨脚の音を吸ひたり桐の花 森清信子 末黒野 201810  
見返りの桐の花咲く雨もよう 西村亜紀子 船団 201811  
長女には長女の務め桐の花 松田明子 201811  
桐の花四国の旅路彩れる 稲畑汀子 ホトトギス 201905  
近くより遠くの視界桐の花 稲畑汀子 ホトトギス 201905 桐の花→ 1

 

2019年5月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。