菊人形 1     100句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
肩の凝ることもあらむに菊人形 鈴木夫佐子 199901  
維新史の絵巻をここに菊人形 柴田良二 雨月 199902  
菊人形ふりむけば吾の老いてゐし 木村真魚奈 京鹿子 199903  
悲話舞台菊人形のあでやかに 桑垣信子 いろり 199910  
早駕籠のさも重さうに菊人形 鷹羽狩行 200001  
句碑めぐり菊人形を見ておはる 土肥屯蕪里 俳句通信 200001  
菊人形まだ莟なる彩を着す 城下明美 ぐろっけ 200001  
やや萎れ本懐成就菊人形 鷹羽狩行 200001  
大御所にスポットライト菊人形 山本瓜塔 円虹 200002  
水を差す菊人形の背に廻り 伊藤トキノ 200002  
書割に略す雑兵菊人形 山本瓜塔 円虹 200002  
菊人形芭蕉と曽良が旅をせる 永野秀峰 ぐろっけ 200002  
とつぷりと昏れゐし出口菊人形 山本瓜塔 円虹 200002  
次郎長の菊人形も清水なる 山本瓜塔 円虹 200002  
水替へて菊人形をはげましぬ 山本瓜塔 円虹 200002  
みちのくの菊人形の菊厚し 田中藤穂 「水瓶座」 200002  
敵役とてうつくしき菊人形 井上比呂夫 200010  
衣ずれは聞こえざれども菊人形 鷹羽狩行 200011  
着痩せ姫ひとりもあらず菊人形 鷹羽狩行 200101  
継ぎ当てしところはつぼみ菊人形 鷹羽狩行 200101  
大奥の花の香に噎せ菊人形 鷹羽狩行 200101  
後継は鶴の一声菊人形 鷹羽狩行 200101  
鐘の音はまことなりしよ菊人形 鷹羽狩行 200101  
右袖の暮れ残りたる菊人形 高橋ちよ 200101  
咲き満ちていよよ撫肩菊人形 鷹羽狩行 200101  
菊人形目当の登城大手門 鵜飼紫生 雨月 200103  
裾の濡れ姫は厭はず菊人形 八幡酔鵬 200104  
菊人形莟ばかりの青ごろも 能村登四郎 200108  
菊人形眞下の土の濡れもして 森景ともね 船団 200109  
菊人形昨日の時宗今日の時宗 松山律子 六花 200111  
顔役の正す衿元菊人形 栗山よし子 馬醉木 200112  
菊人形まことの水の流れゐる 熊口三兄子 ぐろっけ 200201  
菊人形主役はなべて細面 杉江茂義 雲の峰 200201  
菊人形源氏女御の声聞こゆ 熊口三兄子 ぐろっけ 200201  
菊人形源氏の君と眼の合へり 熊口三兄子 ぐろっけ 200201  
菊人形手ぶりで悲話を演じをり 棚山波朗 春耕 200201  
千姫の衣重たげに菊人形 間瀬淑子 春耕 200201  
日蓮の菊人形も一つの場 荒井正隆 200201  
笏抜いて菊人形を解きかかる 小田玲子 百鳥 200202  
かばかりの品三方に菊人形 中島たけ子 200202  
菊人形大がかりなる船いくさ 下平しづ子 雨月 200202  
大いなる夕日そびらに菊人形 中島たけ子 200202  
眼と鼻の先に仇や菊人形 中島たけ子 200202  
菊人形禁裡雅楽の絶えもせず 熊口三兄子 ぐろっけ 200202  
菊人形抜刀空を切りしまま 池元道雄 馬醉木 200202  
旅笠も袈裟も古びて菊人形 中島たけ子 200202  
赤子抱く手元あやふき菊人形 中島たけ子 200202  
風音を鬨の声とも菊人形 中島たけ子 200202  
奥方の帯ふつくらと菊人形 中島たけ子 200202  
印の組みあはず座禅の菊人形 中島たけ子 200202  
菊人形大河テレビの美女揃ひ 斉藤静枝 あを 200212  
菊人形着替へ庭師のきびきびと 斉藤静枝 あを 200212  
菊人形己がさだめを嘆くらし 大串章 百鳥 200212  
菊人形照明は月のみとなり 船山博之 百鳥 200212  
華やかに菊人形にある袂 松本淳子 対岸 200212  
まつ殿のひときは香る菊人形 深川知子 雲の峰 200212  
菊人形解かるるときの早さかな 加古みちよ 冬菜畑 200301  
信長の衿に水さす菊人形 後藤志づ あを 200301  
菊人形どの菊もみな生き生きと 石井道則 築港 200301  
掛水をもらひ菊人形安堵 谷口ふみ子 雨月 200301  
膝まづき深深と礼菊人形 塩川雄三 築港 200301  
ほとびたる静の木沓菊人形 竹内弘子 あを 200301  
菊人形袂に蜂の遊びをり 河野千恵子 酸漿 200302  
菊師中座菊人形の時止まる 隅田恵子 雨月 200302  
菊人形たっぷり観し夜のかなしばり 山元志津香 八千草 200305  
菊人形封建の世をうつくしく 島谷征良 風土 200310  
菊人形みなそれぞれに美人なり 増田智子 帆船 200311  
長刀を閂差しに菊人形 鷹羽狩行 200311  
もの言はぬこと美しや菊人形 丸山敏幸 200312  
明眸の動かぬ視線菊人形 塩川雄三 築港 200312  
菊師にも得手不得手あり菊人形 塩川雄三 築港 200312  
菊人形小袖蕾の赤と白 上田みつ子 帆船 200312  
菊人形巌流島は菊の島 岩永草渓 築港 200312  
息殺し直闇過しぬ菊人形 大塚まや 京鹿子 200312  
菊人形表情変へず衣を替へる 枚方 築港 200401  
着せかへてまた白づくし菊人形 鮎川富美子 200401  
菊人形悲運の将に仕立てらる 池田崇 200401  
信長の菊人形の幸若舞ふ 宮川典夫 200401  
菊人形花に一分の隙のなく 猪口啓三 草の花 200401  
香を競ふ小次郎武蔵菊人形 中坂和子 帆船 200401  
菊人形没日眩しく見栄を切る 山元海郎 河鹿 200402  
菊人形武蔵の眉の濃かりけり 小川朋久 百鳥 200402  
双剣の宮本武蔵菊人形 古賀貞美 築港 200402  
菊人形決闘の場に動きなし 古賀貞美 築港 200402  
純白の花嫁眩し菊人形 大房帝子 酸漿 200402  
菊人形ロボットのごと歩みませ 水野範子 ぐろっけ 200403  
小次郎のまなざしはるか菊人形 久我八千代 200403  
どこかしら不安な瞳菊人形 橘沙希 「月の雫」 200404  
菊人形菊の命をもらひけり 橘沙希 「月の雫」 200404  
脇役と云ふも香りて菊人形 金子和子 帆船 200411  
怒りゐる菊人形を残し去る 大串章 百鳥 200412  
菊人形二人がかりで帯締める 安部桂 築港 200501  
菊師来て菊人形と話しけり 西野通代子 築港 200501  
菊人形堪忍袋の緒を切る眼 三遊亭金遊 百鳥 200501  
表情の微妙に違ふ菊人形 塩川雄三 築港 200501  
肩凝りの肩より傷む菊人形 井上菜摘子 京鹿子 200502  
菊人形新選組の気迫もて 青垣和子 雨月 200502  
改革の日本の歴史菊人形 長崎桂子 あを 200502  
風が哭く菊人形の自刃の間 泉田秋硯 黄色い風 200505  
菊人形従者に菊の衣なく 高橋将夫 200510 菊人形 →2

 

2019年10月31日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。