7      101句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
すぐ終る朝の邦楽菊新た 林翔 200611  
菊薫る天皇となる人を得て 苑田ひろまさ 200612  
かつて師を見かけし花屋菊あふる 望月晴美 200612  
菊襲うれしき沙汰の重なりて 西山浅彦 春燈 200612  
散歩道鉢の菊咲く家二軒 松崎鉄之介 200612  
大見得を切る染五郎菊日和 三沢蘭 遠嶺 200612  
珠の子を壽ぐ雨や菊の花 横松しげる 遠嶺 200612  
天台の塗膳どれも菊づくし 品川鈴子 ぐろっけ 200612  
祝辞述ぶ金牌の菊侍らせて 山崎辰見 ぐろっけ 200612  
尼の訪う煮豆の老舗菊日和 角谷美恵子 ぐろっけ 200612  
菊食べて姉妹おもひおもひかな 小林和子 風土 200612  
菊日和電話の友へ足運ぶ 城戸愛子 酸漿 200612  
小屋掛の済みて待たるる菊祭 小松渓水 酸漿 200612  
餅を売る野良着の娘菊日和 山田六甲 六甲 200612  
ひしひしと菊の黄母の忌日なり 渡邉友七 あを 200612  
野路菊国体孫優勝を逸しけり 河本利一 200701  
白菊を束ねて闇を遠ざける 根本眞知子 200701  
菊の香や遥かとなりし明治節 立田欽也 春燈 200701  
悠悠自適庭すみに小菊咲き 岩崎真理子 遠嶺 200701  
蕾ほつとわたましの荷の菊の鉢 青垣和子 雨月 200701  
懸崖菊に非のうちどころ探せども 丸山佳子 京鹿子 200701  
貴船菊瀬音はなさぬまま壺に 豊田都峰 京鹿子 200701  
菊柩木太刀秘めたる顔寧し 禰寝瓶史 京鹿子 200701  
簪に黄菊白菊石塀あかり 鈴鹿けい子 京鹿子 200701  
南山の菊になぞらへゐて清し 河内桜人 京鹿子 200701  
懸命に掃溜菊が咲いてゐる 谷寿枝 酸漿 200701  
風邪引を庭に立たせし菊日和 橋本貞二 酸漿 200701  
境内の水琴窟や菊日和 坂井和子 酸漿 200701  
亡き子にも還暦を告げ菊日和 大塚民枝 酸漿 200701  
一瓣の力の拔けし菊の花 佐藤喜孝 あを 200701  
純白の大き珠挙ぐ菊花展 竹内弘子 あを 200701  
菊日和シャンプー台に頭を預け 苑実耶 200701  
ふかぶかと日ざしを含み展示菊 小澤純子 200702  
胸いつぱい庭の小菊を抱き来たる 大坪景章 万象 200702  
菊畑万葉集になきかをり 中村恭子 200702  
菊焚くや嫗の泪しほはゆき 中村恭子 200702  
諍ひて仕事はかどる菊日和 高橋道子 200702  
金賞の菊の衰ふ日数かな 垣岡暎子 火星 200702  
菊冷えや骨董市のマリア像 奥村邦子 200702  
菊の香や白き蔵窓高くあり 阿部正枝 遠嶺 200702  
白菊や思慕のやうなる昼の月 新井佐知子 遠嶺 200702  
山門の座禅の知らせ菊日和 安田三千代 遠嶺 200702  
そぞろ火を恋ふ菊炭の菊文様 窪田佳津子 雨月 200702  
夫婦して齢うべなひ菊に栖む 味村志津子 雨月 200702  
菊運び込む式典の公民館 今井忍 ぐろっけ 200702  
姉のこと偶に気になり菊日和 田中眞由美 ぐろっけ 200702  
天守より見下ろす菊花展の富士 宮村フトミ ぐろっけ 200702  
大手門左右に一畳の懸崖菊 宮村フトミ ぐろっけ 200702  
白菊や供華は狭庭で事足りる 宮村フトミ ぐろっけ 200702  
目の高さばかりのものや菊花展 青山丈 200702  
路地はいま母と子のるの菊焚いて 野路斉子 200702  
たらちねの菊と焼かれて骨わづか 仲村青彦 200702  
夫のかほまはりに白き菊の数 福地初江 200702  
川見ゆるところに住みて菊を焚く 宮尾直美 200702  
二年越し菊千輪の大作り 中村しげ 酸漿 200702  
風見えてぼろ菊絮を纏ふなり 菊池由惠 酸漿 200702  
境内に菊の香満ちて神事待つ 片野美代子 酸漿 200702  
咲き揃ふ懸崖菊に葉が見えし 笹村政子 六花 200702  
白菊の縋りし崖の濡れてをり 笹村政子 六花 200702  
菊花展黒一色の審査員 笹村政子 六花 200702  
公園の厠に飾る菊一輪 笹村政子 六花 200702  
菊花展見てゐるうちに飽きにけり 笹村政子 六花 200702  
振つて切る菊の雫や父忌日 上林孝子 200702  
灯を消してよりの厨に小菊の香 加藤暢一 200702  
人々に菊にと虚子の燭ゆらぐ 岩垣子鹿 ホトトギス 200703  
金賞も無冠の菊も焚けば灰 友田直文 200703  
菊白し骨の髄まで一本気 山中宏子 200703  
相席に話合ふ人菊御膳 竹内悦子 200703  
二番倉開いてをりけり菊香る 中島陽華 200703  
嵯峨菊や受賞待つ人讃ふひと 北川孝子 京鹿子 200703  
薩軍墓所さつまおごじょが菊供へ 佐藤淑子 雨月 200703  
入口の菊大輪や文化展 井出やすはる 酸漿 200703  
山の端に雲の生まるる菊日和 小椋夏 200704  
病む妻に店の小菊を選びけり 朝倉富次 酸漿 200704  
菊かざし妻の瞳に動きなし 朝倉富次 酸漿 200704  
父に謝し母に多謝して菊花展 松下幸恵 六花 200705  
垣根菊白きボールのおき忘れ 松下幸恵 六花 200705  
菊日和鴨居に届く婿の丈 芦川まり 八千草 200705  
家中に小菊生けてる日曜日 桑原泰子 八千草 200705  
咲き乱れ紐に括らる菊愛し 大城重子 八千草 200705  
懸崖の菊一つだに蕾なし 浅田光 八千草 200705  
慶びの溢るる日なり菊の宿 安原葉 ホトトギス 200706  
菊活けて御祖みおやの写真並びたるに 瀧春一 200706 子徹居に招かれて
買物の妻待つまでを菊花展 山下青坡 200707  
納棺やシルクハツトに菊真白 北村香朗 京鹿子 200707  
シルクハツト抱く遺骸に菊埋む 北村香朗 京鹿子 200707  
街道のつなぐ村々菊日和 櫻井白扇 春燈 200710  
菊日和続続自然から学ぶ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200710  
一日に一度出て見る菊の庭 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
供華に又小菊選んでしまひけり 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
菊活けて二三種類にはとどまらず 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
忌心の昨日につづく菊日和 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
まだつゞく滞在五日菊日和 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
抱へ来し仕事はかどる菊日和 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
洛中の空縫ひ菊水鉾帰る 蘭定かず子 火星 200710  
懸崖の菊の身構へ少し斜に 黒澤登美枝 200711  
寺々はみな門を開け菊日和 福場朋子 200711  
三本立て菊と媼がたけくらべ 品川鈴子 ぐろっけ 200711  
菊日和しきりに鼻を舐める犬 山田六甲 六花 200711  
こんもりと菊の咲きたる日なりけり ことり 六花 200711 菊 →8

2015年11月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。