鶏 頭 1  100句

鶏頭の黒きにそゝぐ時雨かな    正岡子規

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
鶏頭の一茎といふ力活く 山田弘子 春節 199503  
鶏頭の赤き拳の中の夜 山田弘子 春節 199503  
完敗のわれにすつくと鶏頭花 小林信江 199810  
鶏頭の花にもありて裏おもて 鷹羽狩行 199811  
長男を産んでしっかと鶏頭花 今城知子 船団 199811  
居士大姉生前不仲鶏頭花 小川真理子 銀化 199811  
心にも鶏頭の火を移したし 斎藤道子 馬醉木 199812  
鶏頭のすがれの影にまで及ぶ 藤井圀彦 199812  
風倒の首持ちあげて鶏頭花 藤井圀彦 199812  
鶏頭やわが血を汚してはならず 小澤克己 遠嶺 199812  
めつむれば子規の顔ある鶏頭花 吉田呉天 風土 199812  
括られて鶏頭の種散らばれり 竹内悦子 199901  
ゆさぶれば枯鶏頭の烟りけり 田畑幸子 火星 199901  
もの思ふには鶏頭の赤すぎる 鷹羽狩行 199901  
揺られて立つ鶏頭の大つむり 今成公江 199901  
鶏頭の首のあたりのねぢれあり 石脇みはる 199902  
鶏頭の引き抜かれてもふてぶてし 小谷部東吾 199902  
鶏頭や言葉拙なき反抗期 岡本明美 俳句通信 199910  
種吐かす鷄頭逆さ吊りにせる 中原道夫 銀化 199910  
鶏頭立つ子規の六畳臥て一畳 神蔵器 風土 199911  
鶏頭のつむりごつごつ嬰が来る 山尾玉藻 火星 199911  
木と紙の家に住み古り鶏頭花 竹部千代 199911  
脳天に疲れきざしぬ鶏頭花 田畑幸子 火星 199912  
沖に湧く雲みな白し鶏頭花 穴澤光江 遠嶺 199912  
鶏頭の種子を茶碗に採つてをり 荻原芳堂 春耕 199912  
鶏頭の内へ内へと影抱く 伊藤奈津 199912  
喪心や鶏頭の穂の乾ききり 上林孝子 199912  
鶏頭ならまだその辺に咲いてゐる 小形さとる 200001  
鶏頭の根ばかり捨ててありにける 竹内悦子 200001  
まだ色のある鶏頭も焚かれける 竹内悦子 200001  
鶏頭の大阪弁に枯れ始む 山尾玉藻 火星 200001  
枯鶏頭千里を駆けて来たりけり 田畑幸子 火星 200001  
抜かるるを希ふ如くに枯鶏頭 鈴木鷹夫 200001  
鶏頭に海の雨降る無人駅 新井田操 酸漿 200001  
火の中に立つ鶏頭の焔なる 藤田宏 200001  
尻ごみをして鶏頭に紛れ込む 小澤克己 遠嶺 200001  
鶏頭の揃うて重き頭持つ 岡田章子 ぐろっけ 200001  
倒れゐる鶏頭に種もらひけり 櫻井多恵 200002  
とつぷりと暮れて鶏頭血の気失す 山口速 200002  
鶏頭を剪り鶏頭の影を消す 長田等 200002  
鶏頭が血を吐く杜氏がやつてくる 島津亮 海程 200006  
色あせぬ恋にも似たり鶏頭花 吉野のぶ子 八重櫻 200008  
鶏頭を活けて忌日でありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
又旅に出る鶏頭の咲ける垣 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
重さうに咲いて鶏頭なりしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
銭湯を閉ぢる貼紙鶏頭花 竹川貢代 春耕 200010  
抜けば鶏頭がしぶとき力だす 鷹羽狩行 200010  
鶏頭の由緒正しき十五本 村上瑪論 銀化 200010  
鶏頭に母と娘の言葉すくな 山西みち子 火星 200011  
まつ先に暮れて終ひし鶏頭花 田中英子 火星 200011  
純子忌の近き鶏頭抜かで置く 北川英子 200011  
鶏頭や万太郎碑の文字うすれ 深川知子 俳句通信 200011  
めらめらと鶏頭咲く庭三所帯 丹羽杏華 京鹿子 200011  
鶏頭の一本ゆえの烈しさよ 藤田宏 200011  
鶏頭も糸瓜も見ずに寛永寺 石橋翠 いろり 200011  
鶏頭花囲りに咲かせ友一人 林田加杜子 いろり 200011  
鶏頭の力競べの丈くらべ 中村祭主 ぐろっけ 200011  
一途なり槍鷄頭を立ててより 中原道夫 銀化 200011  
鶏頭を弄る鮮やかすぎるから 黒田咲子 200012  
鶏頭の襞深みゆく浦日和 青木直子 200012  
コーヒーを熱くす風の鶏頭に 北原志満子 海程 200012  
鶏頭は恋敵撃つ照準器 村山半信 海程 200012  
鶏頭の雨だぶだぶと煙草盆 和田瑞子 銀化 200012  
鶏頭や朝の日差の京の町 高野清風 春耕 200012  
子規庵の鶏頭いまも名残にと 保坂加津夫 いろり 200012  
みづからの枯れに気付かず鶏頭花 松崎幹 200101  
口紅をさす鶏頭に触れたる掌 高村梢子 火星 200101  
搏たれ強くて鶏頭の朱でありける 村上友子 海程 200101  
鶏頭の紅白立てり垣の外 二瓶洋子 六花 200101  
鶏頭を挿して獺祭書屋主人 稲畑廣太郎 円虹 200101  
背負籠は鶏頭ばかり媼ゆく 三井公子 酸漿 200101  
一本の鶏頭高し行くほとり 倭文ヒサ子 酸漿 200101  
鶏頭の芽を指しくれし花鋏 ふけとしこ 船団 200101  
峽没日鶏頭赤を極めけり 星加克已 ぐろっけ 200102  
もみくしやにして鶏頭の種吐かす 水谷芳子 200103  
アルハンブラ宮殿槍鶏頭は威を放つ 西田もとつぐ 船団 200103  
鶏頭の咲いて城下はここらまで 坪内稔典 船団 200105  
八方へ鶏頭傾ぐ貸農園 三神あすか 船団 200105  
抜くに鶏頭がしぶとき力だす 鷹羽狩行 十三星 200105  
鶏頭と山とつむりのさびしさは 岡井省二 200108  
軟弱の歩に鶏頭の堅拳 岡本まち子 馬醉木 200110  
鶏頭の色を絞りし真闇なり 山尾玉藻 火星 200110  
鶏頭の抜き差しならぬ混みやうや 中原道夫 銀化 200110  
惜しみなく種子ちる音や鶏頭抜く 能村登四郎 羽化 200110  
衰残の鶏頭にして種子無尽 能村登四郎 羽化 200110  
鶏頭をこつんと膝で突き返す 山下由理子 200111  
鶏頭に共同墓地の行き止り 冨田明子 百鳥 200111  
鶏頭花水車のしぶき撥ね返す 高橋とも子 百鳥 200111  
鶏頭の根こそぎといふ穴のあり 山尾玉藻 火星 200111  
沈み行く夕日鶏頭二三本 栢森敏子 あを 200111  
鶏頭花西空ひろく開けけり 山本田津子 200111  
鶏頭を抜いて地球を揺るがせし 辻直美 200112  
子規庵に咲き継ぎ鶏頭濃かりけり 阪上多恵子 雨月 200112  
鶏頭の雨女ぶりずぶ濡れて 泉田秋硯 200112  
鶏頭に呼び止められもせず通る 丁野弘 200112  
生来の頭痛持ちなり鶏頭花 武田菜美 銀化 200112  
鶏頭の影庭履きに届きけり 浜崎良彦 円虹 200112  
鶏頭や引込線のレール錆び 鈴木とおる 風土 200112  
鶏頭を見つめし眼野に放つ 中谷葉留 風土 200112  
鶏頭や畳にずしり尾骶骨 延広禎一 200112 鶏頭 →2

 

2019年9月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。