蚊 遣 1 (秋蚊遣を含む)  100句

蚊遣して畳に立たす位牌かな   吉本伊智朗   俳句研究

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
睦言を聞いてをるなり蚊遣豚 小林貴子 北斗七星 199800  
庭に焚く秋の蚊遣を置き去りに 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
蚊遣香文脈一字にてゆらぎ 水内慶太 銀化 199810  
本堂は置かれてありぬ蚊遣香 宮津昭彦 199811  
退院のベットの上の蚊遣香 中沢三省 風土 199901  
天竺の闇そこにあり蚊遣香 鷹羽狩行 199908  
小書斎の芭蕉像寂ぶ蚊遣香 皆川盤水 春耕 199908  
丼に蚊遣焚きゐる山の坊 御子柴光子 春耕 199908  
蚊遣香一途そろそろ飽きて來し 中原道夫 銀化 199908  
確かめて秋の蚊遣を置くことに 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
蚊遣火のはじめ鳴門の潮境 栗栖恵通子 199910  
畳屋の夕ベ外に出で秋蚊遣 加瀬美代子 199912  
渦のまゝ燃かす残す蚊遣香 富村波聴 六花 200007  
二階まで瀬の音ありし蚊遣香 栗栖恵通子 200008  
一対の鎖骨覚めゐる蚊遣香 森谷彰 銀化 200008  
つぶやきは嘆きひとりの草蚊遣 ほんだゆき 馬醉木 200009  
蚊遣香炷けばじめじめしてをりぬ 吉井幸子 200009  
山よりの道濡れてをり蚊遣香 栗栖恵通子 200009  
札所寺蚊遣の煙軒端に這ふ 星佳子 200009  
濡縁の小さきが愛し昼蚊遣 岡本眸 200009  
ケーブルカーすれ逢ふとき蚊遣香 大山文子 火星 200010  
陶房の風の湿りや蚊遣焚く 福山悦子 円虹 200010  
蚊遣焚き夕餉の支度始めけり 岩永節子 春耕 200010  
蚊遣火や妣の秘薬の紙袋 常盤しづ子 馬醉木 200010  
蚊遣してひそかに幼き日を恋ふる 山西みち子 火星 200011  
蚊遣香消えたるのちの海のいろ 雨村敏子 200011  
蚊遣香腰に携へ貸農園 金田美恵子 ぐろっけ 200011  
子規庵の車座にあり蚊遣りの火 高木伸宜 船団 200101  
まづ庭に蚊遣焚くより客案内 稲畑汀子 ホトトギス 200107  
赤子とて股間は股間蚊遣香 松本康司 銀化 200107  
出囃子や蚊遣一つの楽屋口 金子きくえ 春耕 200109  
魚屋に蚊遣のけぶる坂の下 山村桂子 遠嶺 200110  
蚊遣香文通のみの交はりに 栗山よし子 馬醉木 200110  
野菜採る妻のくゆらす蚊遣香 海上俊臣 酸漿 200110  
子を守りて蚊遣香吊る乳母車 中村静枝 酸漿 200111  
蚊遣焚き世に遅れたる暮しかな 中井久子 雨月 200112  
落柿舎に秋の蚊遣の炷かれあり 田中佐知子 風土 200112  
次の間の蚊遣に追はれ来たりし蚊 荻江寿友 ホトトギス 200201  
石峰寺句座に二つの秋蚊遣 纐纈千鶴子 百鳥 200201  
秋蚊遣炉に突きさして誰も居らず 岡本眸 200202  
とりあへず蚊遣を焚いて凌ぎけり 稲畑汀子 ホトトギス 200205  
蚊遣火のほかしづかなる火宅とも 村上瑪論 銀化 200208  
蚊遣り焚く香に親しみて五十年 宮原みさを 花月亭 200208  
渡船場の朝市に置く蚊遣香 辻本みえ子 馬醉木 200209  
本陣の裔の眉濃し蚊遣り香 西田もとつぐ 雲の峰 200209  
蚊遣香水無き島に渡りけり 関薫子 百鳥 200210  
ときめきの今日の減りゆく蚊遣香 佐藤節子 銀化 200210  
蚊遣香ただよふ庭に犬放す 山荘慶子 あを 200210  
灰の渦そのまま朝の蚊遣香 三浦照子 帆船 200211  
公園の売店蚊遣立ちのぼり 大島寛治 雨月 200211  
無添加の匂ひに慣れず蚊遣香 二瓶洋子 六花 200212  
蚊遣香たきて睡たき風となる 森田蝌蚪 200302  
うまい子の掌ひらく蚊遣香 岡部名保子 馬醉木 200308  
母許に来てゐるやうや蚊遣香 田中子 円虹 200309  
その下に蚊遣置きある多羅樹かな 山尾玉藻 火星 200309  
白毫寺道べり匂ふ草蚊遣 山尾玉藻 火星 200309  
島人の祷り呟く蚊遣香 熊丸淑子 馬醉木 200310  
火星仰ぐ溜りに置きし蚊遣香 安陪青人 雨月 200310  
岩風呂に秋の蚊遣を焚いてあり 山田六甲 六花 200310  
蚊遣火を焚きゐて進路相談日 岡谷栄子 200311  
芭蕉庵に昼の蚊遣火焚きにけり 平田紀美子 風土 200311  
もてなしの蚊遣樂しみつつ煙し 岡本眸 200311  
蚊遣香風の形にとけゆきて 林裕美子 六花 200312  
禅寺や沓脱石に秋蚊遣 加瀬美代子 200312  
堂守は露の蚊遣の煙にむせ 木田千女 200401  
庭手入心得て居り蚊遣焚く 松尾緑富 ホトトギス 200404  
蚊遣香子供に夢を見ずなりぬ 須佐薫子 帆船 200405  
庭蚊遣夜となる前の風すこし 岡本眸 200407  
蚊遣火を牀机の下に野点かな 岡田有峰 築港 200408  
うづまける過去のくさぐさ蚊遣香 橘澄男 山景 200408  
二言三言あとは寝息の蚊遣香 清水節子 馬醉木 200409  
犬小屋に犬眠りゐる蚊遣香 岡部名保子 馬醉木 200409  
パソコンの机の下に蚊遣香 増田幸子 万象 200409  
蚊遣火の孫に男のにほひあり 伊藤多恵子 火星 200409  
蚊遣香持ちて蓑虫庵に佇つ 南奉栄蓮 風土 200410  
二人ゆゑやさしく応ふ蚊遣香 苑実耶 200410  
秋蚊遣かなうすうすとあをあをと 岡本眸 200410  
蚊遣の香闇のつづきの座敷より 宮入河童 200411  
蚊遣火のひとすぢ旅に行きたしや 大野崇文 200411  
番屋守五右衛門風呂に蚊遣焚く 佐藤哲 万象 200411  
テーブルの下にもてなす蚊遣り香 中谷喜美子 六花 200411  
蚊遣香点して庭師岩を組む 花房敏 ぐろっけ 200411  
雑魚干して蚊遣焚かるる岬みち 服部鹿頭矢 馬醉木 200509  
廃屋と見しが蚊遣りの煙立つ 成澤桂助 百鳥 200509  
なきがらを守りて一と夜の蚊遣香 瀧春一 菜園 200509  
蚊遣香内緒話のくだくだし 松井洋子 ぐろっけ 200510  
蚊遣火に二人の話終らざる 鈴木實 百鳥 200510  
蚊遣焚く煙ただよふ我鬼忌かな 三関浩舟 栴檀 200510  
蚊遣香腰に燻らし野良仕事 有島夛美 河鹿 200510  
蚊遣香柱に吊つて犬に焚く 矢葺貞子 築港 200510  
秋蚊遣提げ植替のあとすこし 藤原和子 200512  
酒錢ちて話すばかりや蚊遣香 瀧春一 常念 200606  
蚊遣火を庭に配りて客設 稲畑汀子 ホトトギス 200606  
深夜便のサッカー中継蚊遣香 赤座典子 あを 200608  
猫嗅いでなにごともなし昼蚊遣 長田曄子 火星 200609  
かすかなるモーター音に蚊遣香 長田曄子 火星 200609  
玄関の太郎へ運ぶ蚊遣香 松原三枝子 万象 200609  
電燈を消せば蚊遣の紅一点 林翔 200609  
蚊遣火の一つに百畳なる雑魚寝 中川萩坊子 ホトトギス 200610  
本堂といへど六畳蚊遣香 西山春文 200612 蚊遣 →2

 

2020年6月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。