7       43句

雁の声のしばらく空に満ち  高野素十  初鴉

作 品
作 者
掲載誌
掲載年月
前書他
仏間の燈厨の火雁渡りけり 柴田佐知子 201511  
美しき瓦斯の焔も雁の頃 林昭太郎 201512  
シベリアの風をまとひて雁渡る 山下健治 春燈 201512  
雁の列遠近法もて西へ 岸上道也 京鹿子 201512  
佇みて吾子を見送る雁のころ 中道愛子 201512  
雁渡るいつもどこかで戦あり 山田正子 201512  
翁堂苔のしめりも雁のころ 石川倜子 馬醉木 201601  
天上大風風の形に雁の棹 粛藤晴夫 春燈 201601  
ゆく雁を追うて発車の白手套 中田みなみ 201601  
雁渡る運河に夕陽こぼしつつ 山田正子 201601  
夕闇の蜑が荒ごゑ雁わたる 小田司 馬醉木 201602  
曙や雁の一羽に田の緊る 田部明子 馬醉木 201602  
船頭の水棹さす音雁の空 白石正躬 やぶれ傘 201602  
雁渡る他郷の墓を訪ふ途中 井浦美佐子 201602  
ときとして列を離るる雁もをり 押田裕見子 201602  
あかつきや塔越ゆる雁の列 雨村敏子 201711  
懐かしや吉田の山を雁渡り 山田六甲 六花 201711  
信号のなき七辻や雁の空 夏生一暁 馬醉木 201712  
北浦の葦の深みに雁のこゑ 内海良太 万象 201712  
雁鳴くや棚田にけふの日をのこし 安立公彦 春燈 201712  
密教仏胴の細きや雁渡る 宮田豊子 春燈 201712  
雁渡し息吹をとどむ円柱エンタシス 寺田すず江 201712  
遥かより誰か呼ぶ声雁渡し 阪倉孝子 201712  
雁渡し主の留守や鴫立庵 小林共代 風土 201712  
ひとり居に望郷つのる雁渡し 北川孝子 京鹿子 201712  
雁渡し口溶け悪きチョコレート 青谷小枝 やぶれ傘 201711  
湖凪ぐや遥か比良嶺に雁渡る 松本鷹根 京鹿子 201801  
雁行や郷愁淡くそそりゆく 松本鷹根 京鹿子 201801  
柩窓夫と目くばせ冬の雁 大塚文枝 京鹿子 201801  
雁の声あの家この家人病める 小林愛子 万象 201801  
初雁や干せばかがやく長白衣 大内和憲 万象 201801  
亡き父の笛の飴色雁渡し 樋口みのぶ 201712  
入り舟に残る夕日や雁渡る 市村明代 馬醉木 201802  
祖師堂の檜皮のいろも雁の頃 磯貝尚孝 清閑 201804  
老いたるを嘆く漁師や雁渡し 河原敬子 201801  
水口の堰板乾く雁渡し 深川淑枝 201802  
大橋の落暉の中を雁帰る 赤松有馬守破天龍正義 六花 201805  
初雁に湖襟を正しゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 201809  
大琵琶の水面母とし雁来る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201809  
湖中句碑淋しがらせず雁渡る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201809  
鎖場は雁の渡しの空にあり 山田六甲 六花 201809  
海鳴りを海が鎮めて雁渡し 亀井福恵 京鹿子 201910  
渡り来る尾越の雁や湖青し 木村梨花 春燈 201911 雁→ 1

 

2019年11月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。