枯 木 1    352句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
星飛べる空へ翼となる枯木 山田弘子 春節 199503  
思ひ出の要に母や枯木に日 土田栄 199901  
女教師の声つつぬけに枯木山 鈴木とおる 風土 199903  
青空へ枯木折る音たまりゆく 鳥居真理子 船団 199903  
枯木星光年の刻かくれなし 山田夏子 雨月 199903  
胸襟をひらいてをりぬ大枯木 大橋敦子 雨月 199903  
大枯木村の動静知りつくし 西山胡鬼 京鹿子 199903  
枯木影踏みゆく雲に乗るごとし 岡本眸 199904  
大枯木腓を痛くなしゐたり 小林喜一郎 199904  
枯木影渦なして日の闌くるなり 岡本眸 199904  
しゃしゃんぼもちゃんちんもどきも大枯木 大橋敦子 雨月 199904  
父恋へばたかたか指に枯木星 古津みどり 京鹿子 199905  
枯木星四肢短かくて振りかへる 丸山海道 京鹿子 199907  
仏界の天は枯木を逆立てぬ 丸山海道 丸山海道全句集 199910  
来ては去る枯木は鳥の拠り所 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
なにもかも隠れてゐる気枯木道 豊田都峰 京鹿子 200001  
嘴太の隠れおほせぬ枯木山 鈴鹿百合子 京鹿子 200001  
枯木彫たちまち人を刺しゐたり 豊田都峰 京鹿子 200001  
よい智恵のさづかりさうな枯木寺 丸山佳子 京鹿子 200001  
枯木より黒点離れ鷹となる 小野島淳 200002  
初の一語枯木へかけて今日始まる 岡本眸 200002  
枯木山夢のかけらを取り落す 田中藤穂 水瓶座 200002  
鴉啼く奥の明るき枯木山 唐沢静男 春耕 200002  
芽を持ちて枯木といふ名返上す 中原道夫 銀化 200002  
象のごと岩聾えたつ枯木山 大塚洋子 酸漿 200002  
倚らむとて枯木叩けば紙の音 岡本眸 200002  
香ばしき言葉で久し枯木みち 丸山佳子 京鹿子 200002  
枯木星月と動いて行きにけり 宮津昭彦 200003  
太陽は高きを急ぎ枯木山 片山由美子 200003  
枯木山鱶の影さしにけり 小形さとる 200004  
縁すべて断切りしかに枯木たつ 山本潤子 いろり 200004  
川舟の錨見えゐる枯木宿 西畑敦子 火星 200004  
夕映や破れし巣のある大枯木 山崎赤秋 春耕 200004  
大枯木火を吐く鳥の渡りかな 小林喜一郎 200004  
處刑後の枯木ばかりが夕空に 松林尚志 200005  
枯木よりわが影濃かり墓の前 盛良孝 200101  
小鳥鳴く枯木に夕日移り来る 兼子栄子 酸漿 200102  
枯木山すぐ近くより人の声 小泉晴露 酸漿 200102  
能楽堂の入口枯木匂ひけり 城孝子 火星 200103  
抱擁を枯木の影の移りをり 仲村青彦 200103  
わがための炊煙あげて枯木宿 岡本眸 200103  
マラソンの一団と遇ふ枯木みち 竹内喜代子 雨月 200103  
名を捨ててみんな枯木となつてをり 海輪久子 円虹 200103  
ささめくや遠き灯影と枯木星 狭間馨 遠嶺 200103  
枯木星言葉の要らぬ人とゐる 戸村よねこ 遠嶺 200104  
奥山は枯木のにぎはひ音符満ち 木戸渥子 京鹿子 200106  
雪壁に枯木影みな立ち上がり 村松紅花 ホトトギス 200107  
記念樹の枯木の姿改る 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
見上げれば枯木の先にある未来 稲畑廣太郎 ホトトギス 200111  
電飾の形に枯木従へる 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
葉を落しきれざるままに枯木かな 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
鴉と目合はせずに行く枯木道 斎藤道子 馬醉木 200201  
ゆくゆくは枯木にぎはふことをせる 村上瑪論 銀化 200201  
夜汽車去る枯木に星を貼りつけて 栢森定男 あを 200202  
まこと鳥つぶてや雨の枯木山 岡本眸 200202  
洛中に獣医のふえる枯木風 丸山佳子 京鹿子 200202  
日の満ちてくる白樺の枯木かな 出原博明 円虹 200202  
いただきを焦がす夕日や枯木山 斎藤道子 馬醉木 200202  
たそがれの冷えつのりくる枯木星 落合伊津夫 馬醉木 200203  
ひとところ明るき天へ枯木伸ぶ 関田実香 200203  
谷間より風の鉄拳枯木山 小澤克己 遠嶺 200203  
ペン措けば夜空ありけり枯木窓 木内憲子 200203  
独り来て枯木の群れに容れられず 大串章 百鳥 200203  
昼点きし庭園灯や枯木中 升本行洋 春耕 200203  
枯木山ああんああんと泣く子かな 辻美奈子 200203  
夕日得て枯木一幹透きにけり 鹿野佳子 200203  
嬰を抱く寒巌枯木さながらに 干代田葛彦 馬醉木 200204  
シャンゼリゼ枯木光れど道寒し 竹田博通 ぐろっけ 200204  
卒塔婆の仏陀を拝す枯木中 高橋正彦 200204  
らふそくのやうな影おく枯木道 林友次郎 遠嶺 200205  
晝は枯木夜はクリスマスツリーかな 宮原みさを 花月亭 200208  
鳥の白き抜け毛吹き寄る枯木かな 大橋敦子 雨月 200301  
羅針儀の針定まりし枯木星 森田蝌蚪 200302  
枯葉踏み枯木月夜を帰りけり 吉田島汗 火星 200302  
風倒のままの枯木を栗鼠はしる 金丸鐵蕉 200302  
鷺一羽襖絵になる枯木池 丸山佳子 京鹿子 200302  
天仰ぎ仁王立ちする大枯木 細原由起子 築港 200303  
宵の明星一つ鮮明枯木山 泉田泉一 200303  
一葉だにとどめぬ今朝の枯木かな 唐澤まさし 酸漿 200303  
鉄塔の全裸をさらす枯木山 川瀬迪子 200303  
大落暉いま燃え移る枯木山 井口初江 酸漿 200304  
山翡翠の白きが翔る枯木谿 小林碧郎 馬醉木 200304  
無人駅枯木に吊す案内板 小川寿照 ぐろっけ 200305  
枯木星きらきらと詩の湧き止まず 廣瀬米 200305  
震度弱枯木の計る土脈かな 木山杏理 京鹿子 200305  
閉門され仁王は終生枯木風 丸山佳子 京鹿子 200401  
枯木星心にささる棘いくつ 小山徳夫 小春の山河 200401  
檀の実枯木に花が咲きました 森理和 あを 200401  
稽古着の少年の来る枯木坂 大畠政子 雨月 200402  
踏み入れば人の匂ひや枯木山 鎌倉喜久恵 あを 200402  
酔ふまじと思ひまた酔ふ枯木星 淵脇護 河鹿 200402  
人肌の枯木に凭れば人語かな 神蔵器 風土 200402  
夕茜枯木毅然と立ち盡す 長崎桂子 あを 200402  
枯木一本身内離れが出来ました 芝尚子 あを 200402  
誘はれて来し電飾の枯木道 芝尚子 あを 200402  
焼売の赤箱かかへ枯木道 竹内弘子 あを 200402  
枯木道鬼押出へ続くなり 阿部ひろし 酸漿 200402  
生きざまをまざと曝して大枯木 水谷芳子 雨月 200403  
それぞれに違ふ音する枯木かな 鈴木多枝子 あを 200403  
ことごとく枯木となりて鮮しき 戸栗末廣 火星 200403  
みほとりをまたひとり欠く遠枯木 渡邉友七 あを 200403  
光年のひかり鏤め枯木星 三村武子 酸漿 200403  
枯木の鵙ただただふくれゐるばかり 石原勢津子 雨月 200403  
分け入つてわれも獣枯木山 藤井智恵子 百鳥 200403  
廃校に校門のあり枯木あり 中島知恵子 雨月 200403  
いたどりの枯木となつて風に立つ 山村修 酸漿 200403  
この世ならざる明るさの枯木山 遠藤若狭男 200403  
大枯木じつと聴き入る地祇の声 大谷茂 遠嶺 200403  
大枯木よか羽毛降りなにもゐず 藤原照子 余韻 200403  
大枯木足早に風素通りす 松田欽吾 雨月 200403  
夫婦鷲湖を見張れり枯木の股 大塚初江 200404  
枯木星乱視となりし眼に潤む 辰巳比呂史 200405  
散歩圏枯木枯蓮ホームレス 橘澄男 山景 200408  
岩の上の枯木一本松蝉鳴く 湊海火 200408  
登り来て耳の冷えゆく枯木山 橘澄男 山景 200408  
枯木山十七文字に詠みつくし 丸山佳子 京鹿子 200411  
関八州半分見える枯木山 内藤ゑつ ゑつ 200411  
枯木には枯木としての姿あり 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
いま少し夕染む枯木見てゐたし 大橋敦子 雨月 200501  
散り尽し枯木に枯木の安堵あり 大橋敦子 雨月 200501  
どこ向くも青空がある枯木山 岡本眸 200501  
電飾のトナカイ枯木日和かな 福盛悦子 雨月 200502  
やまつみの耳聡くなる枯木山 松たかし 火星 200502  
日輪に重力のなし枯木山 藤村真理 200502  
山肌に枯木の影は縦横に 森理和 あを 200502  
父母の待つや湖辺の枯木宿 林友次郎 遠嶺 200502  
風いなすことに徹して枯木かな 大橋麻沙子 雨月 200502  
伸びやかにメタセコイヤの枯木道 須賀敏子 あを 200502  
人声の枯木透き来る寺門かな 長谷川通子 雲の峰 200502  
病む窓に枯木四五本あるばかり 高橋照子 雨月 200502  
播州を望む枯木の匂ひけり 吉田島江 火星 200502  
枯木より枯木に移る群雀 上原一郎 築港 200502  
一鳥の翔ちて枯木の夕日照 加瀬美代子 200503  
思ひ出や日まみれの墓日の枯木 仲村青彦 200503  
いつまでも柩車の見えて枯木道 高垣和恵 雨月 200503  
蹤き来るは足音ばかり枯木星 荒木武太郎 対岸 200503  
眠らずに枯木どうしの立話 丸山佳子 京鹿子 200503  
蔦紅葉枯木に蔓をくひ込ませ 大坪景章 万象 200503  
大枯木かむさる雲を支へをり 渡邉友七 あを 200504  
枯れ枝の落ちて弾んで枯木山 今瀬剛一 対岸 200504  
枯木鳴る降りきし階をふり仰ぎ 木内憲子 200504  
隧道の果てたるところ枯木星 鳴海清美 六花 200505  
枯木影這ひ登りゐる枯木かな 村松紅花 ホトトギス 200505  
枯木星夜間飛行の置土産 村田菊子 遠嶺 200505  
倚れと言ふ枯木倚るなと言ふ枯木 三村純也 ホトトギス 200506  
濡れ縁に坐せば日のあり枯木坂 市場基巳 200507  
しづかなるうごき枯木のくりかへす 瀧春一 菜園 200509  
をとめ凭り化粧ひす枯木新鮮に 瀧春一 菜園 200509  
一と村の暮れて枯木の柿ばかり 瀧春一 菜園 200509  
閼伽そそぐしづかなる刻を枯木中 瀧春一 菜園 200509  
凧遠し家根と枯木と半せり 瀧春一 菜園 200509  
枯木の丘といへど篠むら青き丘 瀧春一 菜園 200509  
富士忘れ枯木林に包まるる 稲畑汀子 ホトトギス 200512  
そよぐものなき安らぎに大枯木 安達風越 雨月 200601  
ダリの絵のごとき枯木に見とれけり 古賀勇理央 百鳥 200602  
わがたつる音の中ゆく枯木山 藤井みち子 200603  
隠栖のその後は知れず枯木星 川崎光一郎 京鹿子 200603  
雨雫の賑はうてゐる枯木径 山田美恵子 火星 200603  
まづ卵かけご飯なり枯木宿 浜口高子 火星 200603  
頭に土に日ざしあまねし枯木山 加藤みき 200603  
病める樹の瘤をあまたに枯木山 谷村祐治 雨月 200603  
家路果つあたり明るく枯木星 溝内健乃 雨月 200603  
鳥集ひしばし枯木の花となる 松村響子 四葩 200603  
遠目にも欅と知れる枯木かな 田中峰雪 雨月 200604  
虹消えてもとのさびしき枯木山 木船史舟 200604  
寄合へ団地の中の枯木道 田中峰雪 雨月 200604  
水音をよすがに畑の大枯木 戸栗末廣 火星 200604  
大枯木しづかに己が影をひく 松山佐治彦 河鹿 200604  
大枯木模写叶はざる枝の凝り 村上和子 ぐろっけ 200604  
枯木にもこゑあり径を定めけり 吉野のぶ子 遠嶺 200604  
枯木谷芥で埋めダンプ過ぐ 中尾廣美 ぐろっけ 200605  
サナトリアム枯木に白き煙草くはへ 瀧春一 瓦礫 200606  
雪空に枯木は色を発しけり 瀧春一 瓦礫 200606  
枯木とは心の通ひ合ふ日あり 後藤比奈夫 ホトトギス 200606  
町空にふえし枯木や菊日和 瀧春一 常念 200606  
天窓のミニチユア枯木其の青空 瀧春一 瓦礫 200606  
冬霧の奥の枯木のひとり歩き 松下道臣 まんまる 200607  
ふうと吹く口の形を枯木風 前田貴美子 万象 200610  
雲はいま光の破片枯木晴 岡本眸 200612  
電飾の並木の果てに枯木星 鷹羽狩行 200701  
達筆に「山砂あります」枯木村 丸山佳子 京鹿子 200702  
日当たれば枯木四五本のそれつきり 豊田都峰 京鹿子 200702  
傘放り銀杏枯木を見上げゐし 森高武 風土 200702  
山風の頬に鋭し枯木星 長谷川閑乙 馬醉木 200702  
ご機嫌の山彦のゐる枯木山 大畑善昭 200702  
夕鹿のこゑ透きとほる枯木山 根岸善雄 馬醉木 200702  
枯木星話したきこと問ひたきこと 伊藤奈津 200702  
家持の眉月を抱く枯木かな 伊藤白潮 200703  
柄長来て枯木林の一変す 西山美枝子 酸漿 200704  
日の昇る色に耀ふ枯木山 大石喜美子 雨月 200704  
山の端に透ける枯木の櫛のごと 羽賀恭子 200704  
白日の枯木の中の風の城 小澤克己 遠嶺 200704  
海鳴りの夜もすがらなる枯木宿 成川和子 200704  
帰心ふと夕餉のにほふ枯木道 成川和子 200704  
枯木星身ぬちに長き板廊下 小宮山勇 遠嶺 200704  
枯木道雨の向かうに燈の点り 成川和子 200704  
大小の寺点在す枯木山 山田をがたま 京鹿子 200705  
枯木山断崖見上ぐ露天風呂 山田をがたま 京鹿子 200705  
風の中かゞやきあへる枯木かな 瀧春一 200706  
枯木見てをりしが日差見てをりぬ 中島たまな 200707  
月煌と枯木は枯れ切つたるが良し 岡本眸 200801  
耳あてて枯木のなかを確かむる 竹下昌子 200802  
抱き起こす父の体躯は枯木めく 峰尾秀之 200802  
枯木原捨て児のさまや砂利袋 丸山佳子 京鹿子 200802  
またひとりかはらけ投げる枯木山 山田美恵子 火星 200803  
常磐木の色濃かりけり枯木山 羽賀則子 200803  
チェロ弾きの去にたるあとの枯木星 丸山照子 火星 200803  
山の日の晴れて顕ちたる枯木かな おかたかお 200803  
枯木とは十万枚の引き算か 相良牧人 200803  
曾孫生れ枯木に花を咲かせたり 堀内一郎 あを 200805  
龍王の鱗のやうな枯木の幹 竹内弘子 あを 200805  
初蛙枯木のごとき老母訪ふ 渡邉友七 あを 200807  
郭公を呼ぶ一本の立ち枯木 村越化石 200808  
蟇鳴くや枯木の父の深眠り 怱那みさ子 やぶれ傘 200808  
枝々に力瘤ある枯木かな 大沼まり子 200812  
ひびわれし枯木の肌を日がつつむ 瀧春一 深林 200901  
ノレン忌の街に出づれば枯木星 千田百里 200901  
道念や日射し全き大枯木 藤岡紫水 京鹿子 200901  
小企業に停年なきや皆枯木 瀧春一 深林 200901  
人はみな淋しきものよ枯木星 渡邊泰子 春燈 200901  
戻りしは英霊ばかり枯木星 辰巳比呂史 200902  
天界の笑みか枯木の一つ星 永峰久比古 馬醉木 200902  
枯木坂眞つ只中の孤影かな 北川孝子 京鹿子 200903  
嵐電の桜枯木の枝に触るる 山本耀子 火星 200903  
貝塚の枯木くまなく夕映ゆる 早崎泰江 あを 200903  
枯木星神は一人にて足りる 竪山道助 風土 200903  
縄文は海原なりし枯木山 早崎泰江 あを 200904  
忘れゐしヘッセの詩集枯木星 阿布里唯 炎環 200904  
信号の青の続きし枯木道 石井浩美 炎環 200904  
枯木径心の刺のまだ抜けず 湯川雅 ホトトギス 200904  
一本も無駄なき枯木六義園 渡辺玄子 酸漿 200905  
擦られて発火しないか枯木山 北川光子 ぐろっけ 200905  
詩人の父詩人の息子枯木星 火箱游歩 船団 200906  
ささやけるごとくに枯木相向ひ 八田木枯 晩紅 200908  
枯木星神は一人にて足りる 竪山道助 風土 201001  
枯木星触るれば温き人の背 コ田千鶴子 馬醉木 201002  
葉を払ひ空をさそつてゐる枯木 豊田都峰 京鹿子 201003  
枯木星つぎつぎ人に追ひ越され 松本三千夫 末黒野 201003  
幾度も襟掴まるる枯木山 阪本哲弘 201003  
ひと雫枯木に雨後のクリスタル 伊東和子 201003  
園丁の枯木卸しに鳥騒ぐ 小野寺節子 風土 201003  
この寂はもしや枯木の吐息中 戸村よねこ 遠嶺 201003  
風宥す音となりけり枯木山 藤岡紫水 京鹿子 201003  
鹿の鳴く声を遠くに枯木山 谷村祐治 雨月 201003  
友の病む心細さよ枯木星 田中藤穂 あを 201003  
仰山の巣箱吹かるる枯木山 深澤鱶 火星 201003  
速歩して枯木並列目のすみに 柳生千枝子 火星 201003  
枯木には枯木の威風大欅 戸田澄子 末黒野 201003  
枯木灘鏡の中の石榴の実 竹内悦子 201003  
悔悟とは親の死に目の枯木星 小澤克己 遠嶺 201004  
蒼きまま夜に入る深空枯木山 乙坂きみ子 末黒野 201004  
斜面まで墓地の広がる枯木山 丑久保勲 やぶれ傘 201005  
大枯木飛び去る烏来る烏 松井佐枝子 万象 201005  
梅散つてしばし枯木に戻りけり 柳田和子 酸漿 201005  
明日を待つ運河の二艘枯木星 横松しげる 遠嶺 201005  
大枯木飛び去る烏来る烏 松井佐枝子 万象 201005  
枯木より枯木へ手触れつつ行けり 中杉隆世 ホトトギス 201005  
椿象の緑こぼれし枯木宿動く 浜口高子 火星 201005  
杖にせよと枯木拾ひてくれにけり 萩原すみ 春燈 201006  
枯木宿水道栓の立つてをり 中杉隆世 ホトトギス 201006  
枯木道川の流るる音のあり 藤井美晴 やぶれ傘 201006  
存分に大枝のばし大枯木 浅井青陽子 ホトトギス 201007  
さざなみに影の伸びゆく枯木かな 片山由美子 201012  
身の錆びを落しあぐねる枯木山 丸井巴水 京鹿子 201101  
落ちる日のまっしぐらなり枯木中 吉成美代子 あを 201102  
電飾に光るほかなし枯木かな 塩千恵子 201102  
高原の枯木の中の療養所 米山喜久子 201102  
応へなき友を探して枯木中 岡野ひろ子 201102  
寒晴や竿先しなる枯木灘 高地勝峰 馬醉木 201102  
大枯木米つぶ程があなかしこ 丸山佳子 京鹿子 201102  
折り返す走者枯木の向側 年森恭子 ぐろっけ 201103  
落とし湯の硫黄のにほひ枯木星 岡田史女 末黒野 201103  
穏やかな日々となりたり枯木山 堀田こう 雨月 201103  
木洩れ日に枯木の匂ふティルーム 山田暢子 風土 201103  
すでに床敷かれてありし枯木宿 城孝子 火星 201103  
仁王立ち大本山の枯木かな 相良牧人 201103  
星仰ぎビルの谷間の枯木道 園多佳女 雨月 201103  
枯木宿旅の役者と終ひ湯に 柴田良二 雨月 201103  
案内板横目に枯葉枯木道 吉弘恭子 あを 201104  
何もかも許したかたち大枯木 直江裕子 京鹿子 201104  
枯木星出揃ひて笛吹き始む 工藤義夫 馬醉木 201104  
枯木星小吉納めきし身なり 豊田都峰 京鹿子 201104  
鳥の巣を抱へし風の大枯木 浜口高子 火星 201104  
煙突も枯木も親しわが住む町 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
百日を無言で通す大枯木 萩原すみ 春燈 201105  
乾きたる土の色見ゆ枯木山 瀬島洒望 やぶれ傘 201105  
信長を追へば枯木の影法師 豊田都峰 京鹿子 201105  
うすら日や稜線うねる枯木山 熊切修 末黒野 201105  
人は首枯木は幹に名札下げ 大久保白村 ホトトギス 201106  
一寸の今年生まれの枯木かな 布川直幸 201111  
憂愁の城その上に枯木星 コ田千鶴子 花の翼 201111 独逸行
大枯木一本守る武者走り 布川直幸 201111  
枯木星触るれば温き人の背 コ田千鶴子 花の翼 201111  
涙もろき男の仰ぐ枯木星 布川直幸 201112  
無一物否無尽蔵大枯木 岡崎伸 201201  
男とはかくあるべしと大枯木 岡崎伸 201201  
南無枯木星われ立てくれし弟よ 上原重一 201202 弟逝く
銹びつきしクルスにも似て枯木かな 宮田香 201202  
枯木星時代劇派の一人なり 三崎千恵子 ろんど 201202  
風に聴く魔王の歌や枯木道 片山博介 春燈 201203  
無一物否無尽蔵大枯木 岡崎伸 遠眼鏡 201203  
男とはかくあるべしと大枯木 岡崎伸 遠眼鏡 201203  
枯木山落暉とどまる術も無く 国包澄子 201203  
枯木吹く風音ばかりしたりけり 久永つう 瀬戸の海 201203  
文机に枯木透く日のひもすがら 山田春生 万象 201204  
閑雲や枯木影さす寒の鯉 佐藤喜仙 かさね 201204  
伸びやかに正午の汽笛枯木道 和泉道草 末黒野 201204  
枯木星シャガールならば鶏とばす 淺場英彦 万象 201204  
揺れてゐるやうにも見えて枯木星 服部早曲 201205  
校庭の手足伸びやかなる枯木 佐々木紗知 京鹿子 201205  
築垣に枯木の影や神田川 渡邉孝彦 やぶれ傘 201206  
常緑と枯木の間に梅咲けり 柳田晧一 かさね 201207  
あをあをと展望図あり枯木山 林昭太郎 あまねく 201210  
オブジェめく枯木賑はし灸花 小倉純 末黒野 201211  
コカコーラの車入りゆく枯木山 山尾玉藻 火星 201301  
白き船の行方見てゐる枯木山 塩貝朱千 京鹿子 201302  
ライターのポッと枯木を離れたる 中田みなみ 201302  
海原や枯木林を抜けてより 井手浩堂 万象 201303  
宇治川の匂ふあたりの枯木山 伊勢きみこ 火星 201303  
一切を捨てし枯木の美しきかな 神田恵琳 跫音 201303  
陽の透けて柔かなりし枯木山 吉川隆史 201303  
枯木山巨大海豚のやうな雲 上原重一 201303  
オブジェめく枯木賑はし灸花 小倉純 末黒野 201304  
幾何学の枯木模様の影を踏む 新倉ゆき江 末黒野 201304  
森漏るる杣の灯ひとつ枯木星 松本三千夫 末黒野 201304  
枯木越し湖面に写る逆さ富士 中山良子 末黒野 201304  
枯木星ボール蹴つては拾ふ子よ 奥田順子 火星 201304  
立ち去りぬ枯木に兜れゐし少女 松田泰子 末黒野 201305  
遠々と続く三田の枯木道 秋田直己 ぐろっけ 201305  
深ぶかと空の掃かれて枯木星 森清信子 末黒野 201305  
御覧じろ枯木にぱっと桜咲く 篠田純子 あを 201305 鎌倉
怺へゐし枯木の葉つぱひいふうみい 布川直幸 201311  
マロニエの枯木孤高にありしこと 稲畑汀子 ホトトギス 201312  
体臭を消して枯木となりつつある 柴田朱美 京鹿子 201312  
枯木にも風格のあり御所の庭 西千代恵 雨月 201401  
シースルーエレベーターを枯木越し 根橋宏次 やぶれ傘 201401  
風落ちて木のぬくもりの枯木山 生田作 風土 201401  
芦野路や芭蕉像売る枯木宿 山田春生 万象 201402  
露座仏のお顔やさしや枯木道 福本すみ子 201402  
夕づつのまたたき透ける枯木宿 近藤鉦子 201402  
遠く近く枯木の梢ペン画にし 水谷直子 京鹿子 201403  
瞬かず野末の黙の枯木星 小山繁子 春燈 201403  
枯木星岸をひた押す真夜の潮 荒井千佐代 201403  
御家老の屋敷の空の枯木星 伊藤マサ子 ぐろっけ 201403  
公園の百年を超ゆ枯木かな 高橋照子 雨月 201403  
音のなき闇の深さや枯木星 松本三千夫 末黒野 201404  
市果てて闇の方丈枯木星 古川夏子 201404  
春風を恋うて身をもむ枯木かな 清水美子 春燈 201404  
省略の行き届きたる大枯木 内海良太 万象 201404  
大いなる枯木となりてわが前に 中杉隆世 ホトトギス 201404  
大いなる枯木となりて今はあり 中杉隆世 ホトトギス 201404  
栴檀の枯木が物を思ひをり 後藤比奈夫 ホトトギス 201411 枯木→ 2

 

2019年11月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。