紙 漉    221句 (他季の紙漉も含む)

紙漉のこの婆死ねば一人減る   大野林火

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
代々の手風呂かたへに紙漉けり 辻のぶ子 俳句通信 199904  
綸旨紙漉きたる川の芹青む 星佳子 199907  
紙漉や水を平らにあやしつつ 嶋田麻紀 史前の花 199908  
山よりの水音を入れ紙を漉く 吉村玲子 船団 199909  
青貝の模様浮き立つ紙を漉く 吉村玲子 船団 199909  
柱みな影を確かに紙漉き場 今瀬剛一 200002  
雲海のごときの漉かれ紙となる 大橋櫻坡子 雨月 200002  
ぎしぎしと家を揺らして紙を漉く 今瀬剛一 200003  
紙漉ける里の夕暮早かりし 和田崎増美 雨月 200003  
晒し紙漉く一切の暖を截ち 大平青龍子 ぐろっけ 200004  
料峭や子等の目光り紙を漉く 梅田秀子 酸漿 200006  
漉紙の音たて乾く犬ふぐり 中村風信子 馬醉木 200007  
水あやす如く揺らして紙漉きぬ 津田このみ 船団 200008  
辛夷咲く紙漉くように日を重ね 富沢秀雄 船団 200010  
一村の紙漉女なる山羊座かな 芳野ヒロユキ 船団 200011  
峡の戸をつながる寛紙を漉く 中川節子 春耕 200101  
紙漉や水の暮れゆく音のあり 村上瑪論 銀化 200102  
山の日に紙漉の粗衣うつくしく 田中藤穂 あを 200102  
紙漉場絹めく和紙を積重ね 田中藤穂 あを 200102  
紙を漉く小屋に夜昼木の実降る 田中藤穂 あを 200102  
乳色の水すくひては紙を漉く 田中藤穂 あを 200102  
灯りても水揺らす音紙漉場 田中藤穂 あを 200102  
紙漉の灯してうたふ唄のなく 田中藤穂 あを 200102  
紙漉女日差しのぬくみ翻す 倉田岩魚男 200103  
この郷に老いてたつきの紙を漉く 倉田岩魚男 200103  
紙漉の変遷を聞く土間あかり 武井清子 200103  
後継ぎのきまり紙漉村の春 片山喜久子 雨月 200104  
桂離宮所望の紙とひたに漉く 片山喜久子 雨月 200104  
紙を漉く紙漉く母の遺影下に 片山喜久子 雨月 200104  
新旧の舟使ひわけ紙を漉く 今西ひろえ 200105  
紙漉きの膝をいたはる膝蒲団 今西ひろえ 200105  
跡継ぎのことにもふれて紙漉夫 今西ひろえ 200105  
漉きあぐる紙の重さや春灯 山本稚子 馬酔木 200106  
悔悟とは紙漉くやうに愛されて 田中亜美 海程 200107  
紙漉き女ゆさゆさ水をたたむごと 酒井ひろ子 200202  
紙漉きて槐洞に入る笑尉 延広禎一 200202  
もの問へば言葉少なに紙漉女 阿部たみ 酸漿 200202  
裸火の下に影置く紙漉女 朝倉喜代子 春耕 200202  
雪月夜峡に紙漉く灯がのこる 高島鶏子 馬醉木 200204  
うすらひに樹影閉ぢこめ紙漉場 高橋たか子 馬醉木 200204  
漉く紙に散らして紅葉真赤なる 長沼三津夫 200204  
紙漉の窓にゆふべの雪明り 長沼三津夫 200204  
紙漉の村とや瀬音鳴るばかり 長沼三津夫 200204  
紙漉小屋廃れし水場蕗の薹 宮川杵名男 春耕 200205  
水を揺り和紙漉く手技極めをり 佐々木栄 ぐろっけ 200205  
紙漉きの腕に弾みのついてきし 栗城静子 200205  
細き身のいづこに力紙漉女 渡井佳代子 200207  
紙を漉く指透けるほど水に馴れ 朝妻力 雲の峰 200212 名塩・谷野翁
天窓に鈍きひかりや紙を漉く 武井清子 銀化 200302  
大釜をひとつ残して紙漉女 関口幹雄 遠嶺 200303  
紙漉くやおかめひよつとこ額の中 谷村幸子 200303  
井戸二つ持ちて名塩の紙漉場 岡田万壽美 雲の峰 200303  
悴むを手風呂になだめ紙漉女 長沼冨久子 馬醉木 200303  
紙漉ける人間国宝手の大き 阪上多惠子 雨月 200304  
真四角に水を嵌め込み紙を漉く 阪上多惠子 雨月 200304  
東大寺の御符となるてふ紙を漉く 阪上多惠子 雨月 200304  
紙漉のひぐれの音のまだ濡れて 豊田都峰 京鹿子 200304  
紙漉場夜もひそひそと水の音 大崎喜美子 200304  
紙漉きの村の入口三椏咲く 布施まさ子 風土 200305  
いくたびも水引き寄せて紙を漉く 内藤玲二 200308  
因州人梨を作りて和紙を漉き 大畠政子 雨月 200312  
山蔭となる百日を紙漉けり 岩木茂 風土 200402  
漉きあがる紙の嵩なす雪明り 岩木茂 風土 200402  
紙漉きの話に囲炉裏火の熾る 岩木茂 風土 200402  
濃く薄く山並幾重紙を漉く 鈴掛穂 200402  
紙漉きの腕を買はれて嫁ぎけり 江原輝陽子 帆船 200403  
子のやうに水をあやして紙漉女 梅村よし子 200404  
紙漉の国栖の石積ふきのたう 北村和子 草の花 200405  
紙漉の国栖に春来る水の音 北村和子 草の花 200405  
雪解や紙漉く軒に刷毛干され 北村和子 草の花 200405  
紙漉けり漉簀と己が身を撓め 石川慧 200405  
熟練の紙漉衣服濡らさざり 石川慧 200405  
紙漉の一服の笑み自負見する 石川慧 200405  
門川は今も豊けし紙を漉く 岡山裕美 雲の峰 200405  
耕してありし紙漉き小屋の裏 山尾玉藻 火星 200405  
花桃をバケツに紙を漉きゐたり 山尾玉藻 火星 200405  
紙漉の春のあはひを漉いてをり 深澤鱶 火星 200405  
手の窪のもも色なりし紙漉夫 飯塚ゑ子 火星 200405  
泥紙を漉く春の灯をともしけり 山田美恵子 火星 200405  
五つ六つ蕗の薹ある紙漉場 山田美恵子 火星 200405  
漉き紙の重し板這ふ冬の蜘蛛 鈴木和香 栴檀 200405  
落葉松の雪の蒼さよ紙を漉く 岸のふ 馬醉木 200405  
紙漉や匁単位の秤置き 村重香霞 200406  
春漉きの紙の純白雲の如 永田二三子 酸漿 200406  
統一のゲルマン紙幣紙を漉く 林日圓 京鹿子 200502  
ゆすりたる水の重さや紙を漉く 長岡新一 200503  
口髭の無口の親父紙漉けり 藤平タネ子 200504  
風のごと手風呂使ひて紙漉けり 藤平タネ子 200504  
紙を漉く大きな窓の明るくて 中杉隆世 ホトトギス 200504  
紙漉の小屋へ十歩の深雪掻く 鈴木漱玉 馬醉木 200505  
推して敲いて漉紙の一枚目 藤田輝枝 対岸 200505  
雪の窓眩しと紙を漉きにけり 藤田輝枝 対岸 200505  
川灯台その奥の村紙を漉く 本多佑子 200505  
漉舟へ体傾げて紙漉けり 本多佑子 200505  
紙漉の仕上げ木の芽の匂ひせり 酒本八重 里着 200506  
春光を重ねて紙の漉かれけり 七種年男 200507  
紙漉きの里てふ幟夕河鹿 南恵子 万象 200508  
紙漉き女一光体として灯る 安田優子 京鹿子 200601  
紙漉場床に真水の流れけり 石川敬子 対岸 200602  
老鶯や昼しんかんと紙漉村 鷹羽狩行 200607  
葉桜の日の斑を和紙に漉きたしや 鷹羽狩行 200607  
紙漉くはこころ漉くこと松の芯 鷹羽狩行 200607  
風鈴を吊り紙漉の一と区切り 大西八洲雄 万象 200609  
紙漉の家に長居し蟻払ふ 大西八洲雄 万象 200609  
紙漉を守る一戸や水の秋 浜福恵 風土 200611  
栗落つるかたへ漉き紙乾きゐて 山内なつみ 万象 200701  
初体験水の重さの紙を漉く 井口淳子 200703  
物言はぬ紙漉楽しからざるや 泉田秋硯 200705  
昼も灯を点し越前和紙を漉く 木暮剛平 万象 200706  
紙漉の土間を出入りの夏燕 大西八洲雄 万象 200708  
色紙をあられ散らしに紙を漉く 森田節子 風土 200801  
水音や紙漉村に雪の来る 白数康弘 火星 200802  
しんしんと薬缶の滾るる紙漉場 白数康弘 火星 200802  
耐ゆるとは無言なること紙を漉く 白数康弘 火星 200802  
暮れがたの煮物の匂ひ紙漉場 白数康弘 火星 200802  
紙漉きの村を灯して婚一つ 代田青鳥 風土 200803  
朱のたすき蝶結びせり紙漉女 加藤峰子 200803  
襁褓干す紙漉場とも家居とも 服部早苗 200804  
時雨つつ紙漉く里の静かなり 渡邉紅華 酸漿 200804  
紅梅や水をなだめて紙を漉く 柴田朱美 京鹿子 200805  
子どもらが紙を漉きをり春休 小林優子 酸漿 200806  
若州の竹の紙漉くそぞろ寒 田中佐知子 風土 200812  
漉く紙の野の色貰ひ乾きけり 藤野力 馬醉木 200902  
天窓に木の葉のうごく紙漉場 根橋宏次 やぶれ傘 200902  
一燈の色重ねゆく紙漉女 近藤暁代 馬醉木 200903  
紙漉の水音洩るる連子窓 外川玲子 風土 200903  
歳月を負ふ太梁の紙漉場 桑田忠男 遠嶺 200905  
春浅き紙漉村の川の音 高垣和恵 雨月 200905  
紙を漉く土間に愛犬つながれて 坂口三保子 ぐろっけ 201002  
紙漉くははぐくむににて紙漉女 渡辺美晴 201003  
年寄りも乙女の瞳紙を漉く 石岡祐子 201003  
初漉きの紙に山の日集めけり 阿部月山子 万象 201003  
紙漉女とろりと水をめくりけり 久保久子 春燈 201003  
美しき紙漉女の手荒れゐたり 小平恒子 酸漿 201003  
紙漉きの音かすかなるお中日 山尾玉藻 火星 201004  
渓流の奥に村あり紙を漉く 田中佐知子 風土 201004  
春を待つこころを紙に漉き込んで 田中佐知子 風土 201004  
学童の漉く高野紙ハガキ大 鈴木浩子 ぐろっけ 201004  
漉紙の乾き切つたる白冴ゆる 永田二三子 酸漿 201005  
暖かや日を漉き込めて和紙処 安武晨子 201008  
和紙を漉く由来伝へて秋袷 能勢栄子 201012  
紙漉きの町水音の涼しさよ 松田明子 201012  
紙漉の講師の若しいそいそと 土屋青夢 ぐろっけ 201102  
外の風の叩ける音や紙を漉く 大橋伊佐子 末黒野 201104  
あたたかや本のとびらの手漉和紙 菅原末野 風土 201105  
前窓の雪明りにて紙を漉く 泉田秋硯 201105  
哀調の紙漉唄や奥吉野 田下宮子 201105  
紅梅や紙漉小屋に人の影 大山文子 火星 201105  
旅心もみぢに籠めて紙漉けり 中條睦子 万象 201110  
紙漉けりしづかに水の音重ね 中條睦子 万象 201110  
啄木鳥や水浄ければ紙を漉き 野中亮介 馬醉木 201112  
灯ともして紙漉く貌となりにけり 山尾玉藻 火星 201201  
紙漉きのひと日の嵩や腰力 藤原照子 201203  
寒水を漉き重ねたる紙の嵩 塩路隆子 201204  
冴え返る紙漉く人の赤き指 川井素山 かさね 201205  
紙漉くを覗くはうしろめたきかな 服部早曲 201205  
黄蘗色は祈りの色よ紙漉ける 延広禎一 201205  
紙漉の水一枚を重ねつつ 須藤美智子 風土 201205  
春惜しみけりみちのくの手漉和紙 高田令子 201207  
紙漉くや峡の日差を呼び戻し 藤井君江 馬醉木 201212  
焚火して紙漉く里の客迎ふ 笹村政子 六花 201212  
両膝に水の重みの紙漉女 笹村政子 六花 201212  
紙漉の一戸一戸に冬菜畑 大西八洲雄 万象 201301  
紙漉や負はれたる子の足踊り 山田六甲 六花 201302  
紙漉の窓に散弾銃の音 山田六甲 六花 201302  
大寒の水笑ふほど紙を漉く 山田六甲 六花 201302  
紙漉の手より日差しの逃げにけり 山田六甲 六花 201302  
紙漉の手風呂の湯気も弱まりぬ 山田六甲 六花 201303  
紙漉きの器用不器用一枚目 山本孝子 ろんど 201303  
蓮糸を漉き込む和紙や涼新た 豊田高子 万象 201311  
紙を漉く裏山で雲生まれつぐ 佐藤喜孝 あを 201402  
私の代迄とぽつつかり紙漉女 甕秀麿 201403  
紙漉や終生渓の音の中 田中佐知子 風土 201404  
一水に魂込めて紙を漉く 室伏みどり 雨月 201405  
三千の水を掬ひて紙漉女 和田照海 京鹿子 201405  
鶯や漉き重ねたる越前紙 塩路隆子 201407  
紙漉きの音冴え冴えと魂迎 浜口高子 火星 201411  
一掬が国宝の技紙を漉く 中村ふく子 201501  
紫蘇の実を扱いてくるる紙漉女 原田しずえ 万象 201501  
千年の和紙生む技や紙を漉く 江島照美 201502  
山水と雁皮なだめて紙を漉く 田伏博子 ろんど 201502  
波起こし波引き寄せて紙を漉く 中林晴雄 201503  
健やかに生きよ生きよと紙を漉く 熊谷ふみを ろんど 201503  
ひたひたと鶴にもならず紙を漉く 今瀬一博 201503  
紙漉や楮の絡む音乾ぶ 秋場貞枝 春燈 201503  
ユネスコの吉報に湧き紙を漉く 丹羽武正 京鹿子 201504  
紙漉いてろうそくゆらり長き夜 吉宇田麻衣 201504  
紙漉くや梨園に昏き翳よぎる 岸上道也 京鹿子 201506  
あぶる手を離して紙を漉きにけり 大崎紀夫 虻の昼 201510  
陽はとうにかたむき夏の紙漉女 天野美登里 やぶれ傘 201510  
紙を漉く伊勢商ひの江戸棚に 能村研三 201512  
紙漉女いくたび水の機嫌とる 佐々木よし子 201603  
水を漉き山気を漉きて紙を漉く 蒲田雅子 雨月 201603  
紙漉きの村の真中を川流れ 蒲田雅子 雨月 201603  
名人は目立たぬ人よ紙を漉く 江島照美 201603  
村里に紙漉く音や時忘れ 高橋正江 末黒野 201603  
灯点りて紙漉の足棒となる 南光翠峰 馬醉木 201605  
一枚になす一掬ひ紙漉女 石黒興平 末黒野 201606  
紙漉くや簾桁の波の踊り立ち 小林陽子 201701  
紙漉きの漣あやす如きかな 大石恵子 201704  
山峡の雪を宝と紙を漉く 佐藤貞子 雨月 201705  
紙を漉く紙が風邪引く話など 中川句寿夫 ここのもん 201705  
名人は目立たぬ人よ紙を漉く 江島照美 201708  
紙漉きの単調破る雨蛙 白澤よし子 馬醉木 201708  
紙を漉く手元へ朝日とどきけり 大崎紀夫 やぶれ傘 201711  
それぞれの昼餉に帰る紙漉女 佐野和子 万象 201802  
紙漉くや平家の裔として生まれ 田中佐知子 風土 201802  
ひと息に水すべらせて紙漉けり 菊池洋子 やぶれ傘 201803  
杉原すいはらや橋ひともとの紙漉場 山田六甲 六花 201803  
水音を近くに置きて紙を漉く 松田明子 201804  
越前和紙漉きて祈の鶴を折る 和田華凛 ホトトギス 201805  
明星や紙漉く村に灯のともる 橋本順子 201903  
紙漉や槽底の闇掻き立てて 岡野里子 末黒野 201903  
紙漉女のの字のの字に水と和す 五十畑悦雄 201904  
紙漉や己たてたる波鎮め 石黒興平 末黒野 201905  
一水と山気を重ね紙漉かれ 大川暉美 末黒野 202002  
紙漉女の手首しなやか水匂ふ 橋場美篶 末黒野 202002  
波起こし波を均して紙漉女 岡野里子 末黒野 202003  
紙漉女乳色の波重ねつつ 岡野里子 末黒野 202003  
紙漉くや水の引き出す木の記憶 平松うさぎ 202003  
紙漉の指にからまる水の黙 大杉映美 馬醉木 202003  
長身を折り曲げ若き紙漉女 曽根富久恵 202005  

 

2020年12月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。