亀鳴く 1     99句

亀鳴くや人取池の月朧    松根東洋城

(亀が鳴く動画)

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
鉄鉢に指触れをれば亀の鳴く
小菅佳子
199807
桂郎のてのひらにゐて亀鳴けり
神蔵器
199810
亀鳴くと云ふもふところさびしかり
保坂加津夫
会者定離
199900
鑑真の像の留守居を亀鳴けり
山尾玉藻
火星
199903
亀鳴きて玉虫厨子ありにけり
高橋将夫
199905
代筆主わかる祝詞や亀鳴けり
能村研三
199905
眠れざる夜は桂郎の亀鳴けり
神蔵器
199905
亀鳴くと云ふ夫より早く死なう
大和田鏡子
俳句通信
199905
真田紐結べば亀の鳴きにけり
山尾玉藻
火星
199905
米寿まで何年妖と亀鳴けり
沢聰
馬醉木
199906
どの畦を行くも桂郎亀鳴けり
神蔵器
風土
199906
そら耳とおもひしに亀鳴きにけり
野平和風
199906
締切は斯くも動いて龜鳴けり
中原道夫
銀化
199906
亀鳴くや観鳥台へ板の橋
酒井多加子
俳句通信
199906
亀鳴いてしとしと濡るる冠木門
奥田節子
火星
199907
亀鳴くや溲瓶の中のうすぐもり
岡崎るり子
銀化
199907
亀鳴く既視感襲ふ街角に
持永真理子
ホトトギス
199908
この街も地図より消ゆと亀鳴けり
持永真理子
ホトトギス
199908
データ無き亀鳴く街に探す過去
持永真理子
ホトトギス
199908
亀鳴いて世の中丸くなりにけり
木村淳一郎
ホトトギス
199908
亀鳴くに違ひなきこの水の色
木村淳一郎
ホトトギス
199908
闇奥に遠き世の闇亀鳴けり
長山あや
ホトトギス
199908
亀鳴くや峡の闇底ほの揺らぐ
長山あや
ホトトギス
199908
愚鈍てふ美しきもの亀鳴けり
長山あや
ホトトギス
199908
亀鳴くや今にオラショを伝ふ島
田中南嶽
ホトトギス
199908
殉教の磔刑の浜亀鳴けり
田中南嶽
ホトトギス
199908
亀鳴くや峡に陶工無縁墓
田中南嶽
ホトトギス
199908
亀鳴くや物音絶えし坊泊り
藤田つとむ
ホトトギス
199908
亀鳴くやぬばたまの闇あるばかり
藤田つとむ
ホトトギス
199908
亀鳴くやめどを通らぬ赤い糸
内田美紗
船団
199909
亀鳴けりうすももいろの我が歯茎
吉田悦花
海程
199910
税すこし戻るはずなり亀鳴けり
千田百里
巴里発
199911
亀鳴くを欠伸を噛みし時聞けり
能村登四郎
「芒種」
199911
たしか亀鳴きし吉野の峡宿に
稲畑汀子
ホトトギス
200004
内聞にしてくれぬかと龜鳴ける
中原道夫
銀化
200004
亀鳴くや歯科医に大き口開けて
水原春郎
馬醉木
200005
亀鳴くをききたくて長生きをせり
桂信子
200005
亀鳴くを信じてゐたし死ぬるまで
能村登四郎
200005
亀鳴くと云えば声する方へゆく
保坂加津夫
いろり
200005
亀鳴くや家出のやうな旅鞄
小島とよ子
遠嶺
200006
亀鳴くや猫に猫の座設けあり
戸田春月
火星
200007
亀鳴くや亀井戸天神社のあたり
河内桜人
京鹿子
200007
遠くまで往きたる亀の鳴きにける
小形さとる
200007
亀鳴くや池にこぼれしポップコーン
元田千重
火星
200008
亀鳴くや白封筒に鍵入れて
飯塚ゑ子
火星
200102
亀鳴くや合戦絵図に折目あり
岡和絵
火星
200102
人には告げず眼前の亀鳴いてをり
佐藤喜孝
あを
200103
亀鳴くやたたいて点す豆電球
吉弘恭子
あを
200103
亀鳴けり手児奈の井戸の底の浮き
神蔵器
風土
200104
男子閨房に入り龜鳴かすかな
中原道夫
銀化
200104
亀鳴くを水面恍惚八十路かな
河合笑子
あを
200104
頭割ぴつたり出来て亀鳴けり
能村研三
200105
亀鳴くや八角堂のあたりなり
岩月優美子
200105
龜鳴いて遺言に口挟みをり
中原道夫
銀化
200105
統廃の転勤ありし亀鳴けり
斉藤静枝
あを
200105
相続のいざこざとして亀鳴けり
斉藤静枝
あを
200105
ならばこそ亀の子束子鳴かせやる
利根川博
銀化
200105
幻覚と云ふ副作用亀の鳴く
芝尚子
あを
200105
亀鳴くや宝石箱の中くれなゐ
城孝子
火星
200106
音声は変へられてをり亀鳴くも
原徹
銀化
200106
内科外科ありしつかりと亀の鳴く
野澤あき
火星
200106
富士山が噴火するぞと亀鳴けり
泉田秋硯
200107
亀鳴けり寺に伝はる七不思議
門伝史会
風土
200107
亀鳴くは鴉のせいと思ひけり
田中矢水
遠嶺
200107
亀鳴くか鳴くかと見つつ根くらべ
池田かよ
ぐろっけ
200107
流寓のすさびに亀の鳴くを待つ
武田菜美
銀化
200107
亀鳴いて逃げるチャンスと思ひをり
石橋翠
いろり
200108
亀鳴くと今生の紐もつれだす
稲見光
船団
200109
亀鳴くやいづれ筋書なき余生
岡本まち子
馬醉木
200110
神苑の石亀鳴くや羯鼓打つ
岡本幸枝
ぐろっけ
200110
庭石のありてなき値に亀鳴けり
坂本京子
200201
亀鳴くや寺に痩せたる僧を見ず
丁野弘
200204
伊豆磯石紀州青石亀鳴けり
堀内一郎
あを
200204
谷深きいづこに亀の鳴く静寂
稲畑汀子
ホトトギス
200204
亀鳴くや四天王寺の水飲んで
飯塚ゑ子
火星
200205
鳴く亀の筑前琵琶となりにけり
栗栖恵通子
200205
亀鳴くや姑の小言の耳にあり
筏愛子
200206
亀鳴くや思はず出でし国なまり
渡辺俊子
京鹿子
200206
亀鳴くや夜通しつづく背の痛み
堀田知永
雲の峰
200206
骨折入院
三囲の石碑五十基亀鳴けり
及川澄江
風土
200206
ともしびの明るさに亀鳴きにけり
近藤喜子
200206
亀鳴くや取り口にある猫だまし
木野本加寿江
火星
200206
帳尻を合はすかに亀鳴きにけり
志麻茜
銀化
200206
くろがねの頭をもて亀の鳴きにけり
瀬川公馨
200206
地図に無き裏道通り亀鳴けり
宮みさお
百鳥
200207
膝頭に膏薬貼るや亀鳴ける
延広禎一
200207
母ゐない顔へしきりに亀鳴けり
城石美津子
京鹿子
200208
亀鳴くと善光寺街道海野宿
宮原みさを
花月亭
200208
香合外れて亀の鳴きにける
延広禎一
200208
石橋は叩かぬがよし亀鳴けり
和田照海
京鹿子
200209
註釈の多き一書や亀鳴きぬ
小澤克己
遠嶺
200210
坐せばすぐ乱るる机辺亀の鳴く
加古みちよ
冬菜畑
200301
亀鳴くや古墳はさりげなく残り
稲畑廣太郎
ホトトギス
200304
亀鳴くや火星に水があるといふ
須佐薫子
帆船
200304
亀鳴けり医師が患者となる夕べ
水原春郎
馬醉木
200305
遺言書あればあつたで亀鳴けり
富沢敏子
200305
滅相もござゐませんと亀鳴けり
折橋綾子
200305
亀鳴くや健康器具は納屋の中
高杉風至
百鳥
200305
亀鳴くや判読不明説明書
小島輝和
帆船
200305

 

 

2014年4月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。