牡 蠣 1     100句

牡蠣船にもちこむわかればなしかな    久保田万太郎

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
騒動の発端牡蠣の鍋にあり 山田弘子 春節 199503  
ノックして頂戴牡蠣にも準備要る 中原道夫 銀化 199812  
板前と目の合ふ席に酢牡蠣食ぶ 野口光枝 高籬 199812  
牡蠣すする十一月の山中に 神蔵器 風土 199901  
腸をいま匍匐前進する牡蠣よ 中原道夫 銀化 199901  
月を背に牡蠣割る仕事あるといふ 中原道夫 銀化 199901  
牡蠣打って村ごと老いてゆく如し 柴田良二 雨月 199902  
牡蠣殻の崩れる音や枇杷の花 石井大泉 春耕 199904  
牡蠣喰へば泣虫桂郎来てゐたり 神蔵器 199905  
湖涼し牡蠣殻の山点々と 松崎鉄之介 199910  
夏料理岩牡蠣殻のまま盛られ 宮津昭彦 199910  
岩牡蠣吸ふ鳥海山見ゆる夏座敷 上原瑞子 199910  
殻牡蠣の海を忘れぬ間に届く 千田百里 巴里発 199911  
牡蠣殻の同じ形して良き伴侶 鈴鹿仁 京鹿子 200001  
時の孤独牡蠣むくたびに満ちてゆく 内山いちえ 海程 200002  
おほかたは女がのこり酢牡蠣喰ふ 平田安生 風土 200002  
牡蠣割りて秘匿の月日吐かせたる 武田莱美 銀化 200002  
あと一泊せよと牡蠣鍋すすめらる 小川昭江 200003  
牡蠣打女余るちからが口閉ざす 宇都宮滴水 京鹿子 200003  
蜑いちにん牡蠣田の靄に貌かくす 宇都宮滴水 京鹿子 200003  
スコップで投げ入れ牡蠣焼く焼鉄板 永野秀峰 ぐろっけ 200003  
牡蠣割婦息切れほとほと浪太る 山田緑光 海程 200004  
舞踏会始まるように牡蠣を売る 藤井清久 海程 200004  
牡蠣の殻逆光の浜狭くせり 宇都宮滴水 京鹿子 200004  
牡蠣揚る油の音に変りたる 高橋としを 酸漿 200004  
生牡蠣にレモンを絞るローマ行 山内崇弘 海程 200006  
牡蠣すすりそろりと胸の灯るころ 稲見光 船団 200006  
幕間の牡蠣と格鬪してをりぬ 中原道夫 銀化 200011  
牡蠣匂ふ埋め残されし礁にて 品川鈴子 ぐろっけ 200011  
桂郎の余生をもらふ牡蠣雑炊 神蔵器 風土 200012  
ソムリエが薦めしワイン牡蠣啜る 篠田純子 あを 200101  
牡蠣を割る小屋にラジオの鳴つてをり 中川節子 春耕 200101  
ひろしまの奈落に牡蠣の屋形船 和田照海 京鹿子 200101  
牡蠣すする鏡の中の顔一つ 長尾康子 風土 200102  
海光の先の先まで牡蠣の篊 松本松魚 円虹 200102  
浜焚火女黙って牡蠣を剥く 栢森定男 あを 200102  
誦経あと喉落ちゆく酢牡蠣かな 古田考鵬 雨月 200103  
牡蠣小屋の暗く閉ざされ不漁かな 松永唯道 円虹 200103  
牡蠣割女異変にことば失ひて 松永唯道 円虹 200103  
潮満つる汚染の海の牡蠣筏 松永唯道 円虹 200103  
牡蠣殼を垣のごとくに蜑の畑 赤池貴のえ 春耕 200103  
焼牡蠣をすする立喰ひ安芸の島 保里吉子 京鹿子 200103  
饒舌も手も休めずに牡蠣割女 田中責 200105  
牡蠣を喰う石炭くべる音で喰う 依田昌也 海程 200106  
牡蠣をこじあけ昨日とは遠きもの ふけとしこ 船団 200106  
牡蠣食堂スコッブ使ひ牡蠣掬ふ 永野秀峰 ぐろっけ 200106  
島のいづこも牡蠣殻の白きみち 永井房代 200112  
遺伝子が解明された牡蠣を割る 松山律子 六花 200112  
忘恩の彼方に牡蠣の襞ありぬ 櫂未知子 銀化 200201  
開高忌牡蠣にレモンをしたたらす 竹内弘子 あを 200201  
牡蠣そばの熱きが旨し雨催 三井公子 酸漿 200202  
網の上に牡蠣煮えてゐる圭岳忌 城孝子 火星 200202  
吃水のふかく牡蠣舟戻りけり 中村敏夫 春耕 200202  
岸壁に波砕け散り牡蠣育つ 水田清子 200202  
牡蠣打の拝みてゆけり潮仏 小山香月 酸漿 200203  
牡蠣啜り目鼻くもらす齢かな 小林希世子 200203  
熾るだけ熾らせし火や牡蠣を焼く 宮津昭彦 200204  
玉取の浦の果まで牡蠣筏 小西石蕗 円虹 200204  
牡蠣積みて吃水深く戻り來し 小西石蕗 円虹 200204  
奉納の牡蠣担ぎゆく宇治の橋 小山香月 酸漿 200204  
岩牡蠣を振舞ひて酒酌み交す 河中透水 雨月 200208  
牡蠣鍋の掬へば牡蠣の又逃ぐる 稲畑汀子 ホトトギス 200212  
浮標のせて蛇行してゐる牡蠣筏 赤座典子 あを 200301  
考へる人にも似つつ牡蠣を食ふ 澤田緑生 馬醉木 200302  
牡蠣を食ふ老人ホームの咀嚼音 澤田緑生 馬醉木 200302  
水揚げの牡蠣つぶやけり風の中 西村博子 馬醉木 200302  
鬼平の牡蠣雑炊に噎せゐたり 深澤鱶 火星 200302  
酢牡蠣はや煙のやうな色の中 瀬川公馨 200302  
二人暮し沖の昏さの牡蠣啜る 松島不二夫 200302  
牡蠣の殻歳月を積み上げしごと 大串章 百鳥 200302  
鉢巻きを締め蛸壼の牡蠣落す 川合正男 ぐろっけ 200302  
牡蠣啜る胸三寸といふことば 伊藤早苗 200303  
牡蠣喰ふや被爆の川の闇深く 三代川次郎 雲の峰 200303  
釜飯や牡蠣の膨らむ幸福論 丸井巴水 京鹿子 200303  
牡蠣置けばかがやくリアス式海岸 櫂未知子 銀化 200303  
牡蠣を打つ手許の狂ふことのなく 渡辺薫子 円虹 200304  
牡蠣船の揺れ街川の臭ふなり 鳴海清美 六花 200304  
牡蠣筏組むひと潮の引きたる間 和田照海 京鹿子 200305  
牡蠣小舎の暗き神棚鏡餅 和田照海 京鹿子 200305  
万葉のよみ人知らず牡蠣育つ 和田照海 京鹿子 200305  
新しき竹を加へて牡蠣筏 和田照海 京鹿子 200305  
安芸津湾沖へひらけて牡蠣筏 和田照海 京鹿子 200305  
牡蠣貰い貝を片手に四苦八苦 物江晴子 八千草 200305  
朴の花一糸乱れぬ牡蠣筏 高柳かつを 百鳥 200309  
牡蠣鍋や粉浜名残の松一樹 朝妻力 雲の峰 200401  
岩牡蠣の籠置かれゐしカウンター 赤座典子 あを 200401  
牡蠣筏石油タンクが見張りせる 品川鈴子 ぐろっけ 200401  
刃を入るる口見当たらず牡蠣割りぬ 柿沼盟子 風土 200402  
バンダナの店主無口に牡蠣を盛る 谷野由紀子 雲の峰 200402  
一湾の波が眠らす牡蠣筏 小山香月 酸漿 200402  
葬終へて夕暮れの牡蠣打つことも 淵脇護 河鹿 200403  
二階よりジャズ流れくる牡蠣御飯 山田美惠子 火星 200403  
牡蠣食へば我が腹中の海となる 菅原健一 200403  
王冠のごとく生牡蠣運ばるる 木村みかん 200403  
遠ざかる牡蠣の岸壁島渡船 星加克己 ぐろっけ 200403  
雪はらむ風をそびらに牡蠣を打つ 前田青紀 馬醉木 200404  
焼牡蠣の匂ふに嫁の素早く上ぐ 川口道子 200405  
艫綱に牡蠣殻白く乾きをり 片山智恵子 百鳥 200406  
岩牡蠣の殻のまぶしき夏燈 仙入麻紀江 草の花 200410  
品書に夏の岩牡蠣時価とあり 芝尚子 あを 200410 牡蠣2→

 

2019年11月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。