瓢の実 ひょんの笛    136句

瓢の笛だれが吹いても遠音かな   竹林美和子  ザ・俳句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
ひよんの笛くちびる少し汚しけり 柳生千枝子 火星 199912  
ひよんの実に深山の湿りありにけり 柳生千枝子 火星 199912  
ひよんの笛聞こえし夜の時つ風 中島陽華 199912  
ひよんの笛ときに魂抜けにけり 栗栖恵通子 199912  
靹の津の一期一会やひよんの笛 水原春郎 馬醉木 200001

 

胸底の思ひ音に出でひょんの笛 杉山瑞恵 雨月 200001  
ひょんの笛吹き梟を揺り醒す 田中藤穂 水瓶座 200002  
瓢の実や紙飛行機に浦の風 石本秋翠 馬醉木 200002  
薬大の瓢の実拾ひ連句会 水野範子 ぐろっけ 200008  
ひよんの穴吹けば日暮れの音色して 石田厚子 馬醉木 200012  
ひよんの実の中にまだあるものを吹く 山本耀子 火星 200012  
瓢の実や頬つねってる羅漢さま 本田ひとみ 海程 200012  
ひよんの幹たたき涅槃の人混みへ 黒田咲子 200106  
ひよんの笛ときにまともな音を立て 有吉桜雲 200202  
ひよんの笛吹かんとおちよぼ口しをり 杉浦典子 火星 200203  
ひょんの実を吹き世を拗ぬる思ひやや 杉山瑞恵 雨月 200203  
御墓前に侍し懐中のひょんの笛 杉山瑞恵 雨月 200203  
瓢の実の夕日の当る音で鳴る 後藤立夫 ホトトギス 200203  
ひよんの実や癌細胞も身内なる 福田李枝子 京鹿子 200209  
ひよんの実や積木三角四角丸 堀内康男 帆船 200212  
膝頭尖りて長子ひよんの笛 槻木珠美 銀化 200212  
病みをれば人の情のひょんの笛 中島知恵子 雨月 200301  
校正の置き土産なるひよんの笛 品川鈴子 ぐろっけ 200310  
瓢の実を吹けば遠き日ありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200310  
瓢の実や白膠木の文褪せて 浜明史 風土 200310  
ひよんの実やどこか抜け径ありさうな 花島陽子 遠嶺 200312  
ひよんの笛吹かせてくれるだけなりし 杉浦典子 火星 200312  
ひよんの実や師の短冊の筆太に 一瀬昭子 馬醉木 200401  
寺跡の敷石あまたひよんの笛 有島夛美 河鹿 200401  
諦めてゐし瓢の実の鳴りにけり 谷村幸子 200401  
ひよんの笛鳴り出してをり虎の巻 中島陽華 200402  
余生てふこの日溜りやひよんの笛 浜福恵 風土 200402  
ひょんの実の空洞音の善し悪し 中田寿子 ぐろっけ 200402  
ひよんの笛吹いて少年過ぎにけり 有島扇水 河鹿 200403  
八月のひよんの実川は波立てる 大山里 200411  
ひよんの実や気まぐれ蕎麦屋店を開く 原田竜子 河鹿 200501  
なかなかに鳴らぬひよんの笛を吹く 前田青紀 馬醉木 200501  
瓢の実笛吹けば淋しと妻の言ふ 大西八洲雄 万象 200502  
少年の貌して吹けりひよんの笛 前迫寛子 河鹿 200503  
瓢の実の中にてしばし夢を見む 小澤克己 雪舟 200506  
ひよんの実をもらひて子安地蔵かな 松本安弘 六花 200512  
行きゆきて山師はひよんの笛を吹く 定梶じょう あを 200512  
瓢の実が魔笛となつてゆくごとし 高橋将夫 200512  
ひよんの実を拾へば禰宜の見て通る 辻兎夢 200601  
漢吹く音色艶やかひょんの笛 細川コマヱ 雨月 200601  
瓢の実やシンクタンクのやうな街 大曽根育代 遠嶺 200601  
引出しの瓢の実吹けばひよんと鳴る 松崎鉄之介 200601  
瓢の実を吹くにひよつとこ眼せり 住田千代子 200601  
ひよんの笛あの日も空に風のあり 瀬下るか 200602  
瓢の実や口琴に風立ち止る 大村真佐子 遠嶺 200602  
瓢の実の中の真闇の無限大 山田弘子 ホトトギス 200603  
ひよんの笛吹くにこだはる上手下手 伊藤白潮 200611  
山また山鬼へ供養のひよんの笛 浜福恵 風土 200611  
ひよんの笛生国室津の加茂神社 門伝史会 風土 200702  
師が吹いてかなたを呼べりひよんの笛 門伝史会 風土 200702  
流れゆくもの雲と水ひよんの笛 おかたかお 200703  
ひよんの笛幾度も吹く小春かな 水野加代 万象句集 200703  
蓬莱に尾山神社のひよんの実を 佐藤忍 万象句集 200703  
瓢の実のどこか綻びゐる音色 山田弘子 ホトトギス 200703  
四五人のかたまつて吹くひよんの笛 滝沢伊代次 万象 200710  
瓢の実の誰吹くとなく置かれあり 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
ひよんの笛人語を解す犬に吹く 安武晨子 200712  
音の出しことにおどろきひよんの笛 安武晨子 200712  
西空にまろぶ日輪ひよんの笛 岡本まち子 馬醉木 200801  
ひよんの笛ひとりの時に吹いてみる 加藤奈那 ぐろっけ 200802  
去りがての粋なひと言ひよんの実 北川孝子 京鹿子 200803  
ひよんの実の笛になりたる春の昼 西山美枝子 酸漿 200807  
瓢の実を活けて供花てふ落着きに 稲畑汀子 ホトトギス 200811  
瓢の実を握る手の内見せぬなり 高橋将夫 200811  
ひよんの笛吹きて胸の子あやす漢 加藤峰子 200812  
皹の手に撫でられしひよんの笛 高橋芳子 火星 200903  
瓢の実やチャンスはいつか巡り来る 赤羽正行 遠嶺 200908  
温かき言葉やひょんの笛を吹く 門伝史会 風土 201001

 

『ひょんの笛』ゴッホの色に良夜かな 井上あい 風土 201001  
瓢の実や島の高みに蒙古塚 柴田志津子 201002  
欲しがれば吹いて瓢の実渡しやる 中条さゆり 201003  
瓢の実の大中小を吹き分けて 稲畑汀子 ホトトギス 201010  
ひよんの実の画竜点睛穴ひとつ 鳳蛮華 201012  
白く細き指ひよんの実を吹く女 木村茂登子 あを 201012  
伝説の父しか知らずひよんの笛 北川英子 201012  
もらひたる瓢の実ひとつ足軽し 谷村幸子 201012  
ひよんの笛鳴らすに風を集めけり 遠山みち子 201102  
酔ひの座に取りだされたるひよんの笛 山尾玉藻 火星 201110  
瓢の笛唇にあてれば犬寄り来 小林輝子 風土 201112  
巫のひよんの笛吹く神無月 西村純太 201201  
高空にのぼるごと吹くひよんの笛 中山純子 万象 201201  
ひよんの実を探していつの間の一人 涼野海音 火星 201201  
瓢の実を覗けばむかし近づき来 西村操 雨月 201201  
瓢の笛かの世の人にとどけかし 小林輝子 風土 201202  
明史恋ふ冬のわらびと瓢の笛 神蔵器 風土 201204  
ひよんの実を吹けば寄りくる雀の子 山田春生 万象 201207  
おもはずも鳴りてをかしき瓢の笛 北崎展江 くりから 201209  
ヘうへうと先師偲べりひよんの笛 生田高子 春燈 201211  
根の国に祭りありけりひよんの笛 西村純太 201211  
瓢の笛不思議の国の音を発す 大橋敦子 雨月 201211  
短きも長きも寂しひよんの笛 すずき巴里 ろんど 201212  
瓢の実のいのちのうつろ鳴りにける 藤原若菜 春燈 201212  
三吟の句碑に一笛瓢の笛 横山昭子 雨月 201301  
不器用を自認瓢の実に触るるのみ 仙石君子 雨月 201301  
幼な子に小理屈初まるひよんの笛 安田一郎 京鹿子 201303  
瓢の実の寂しき人に鳴りにけり 近藤喜子 201401  
戯れに吹けば高鳴りひょんの笛 西千代恵 雨月 201401  
明史恋ふ鳴るか鳴らぬかひよんの笛 神蔵器 風土 201403  
瓢の実やすとんと暮るる大社 柴田志津子 201403  
ひょんの笛の音の古代めく法隆寺 石垣幸子 雨月 201411  
ひよんの笛吹くや詩心呼ぶやうに 浅木ノヱ 春燈 201412  
明史恋ふいま欲しきもの瓢の笛 神蔵器 風土 201412  
瓢の実を振る元芦屋マダムかな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201509  
思ひっきり枯れてこぼれて瓢の笛 安部和子 雨月 201511  
瓢の笛吹いて一人の時過ごす 安部和子 雨月 201511  
瓢の笛記憶に母の子守唄 金森教子 雨月 201512  
ひよんの実を吹きこの先も身勝手に 高橋道子 201601  
ひよんの実に穴ふたつあり敷島よ 柳橋繁子 201601  
ぞんざいに扱ふなかれひよんの実を 前田美恵子 201601  
瓢の笛吹いて唇うらがなし 吉村さよ子 春燈 201601  
ひよんの実の現世覗く穴ふたつ 平田はつみ 馬醉木 201602  
瓢の笛てふはふと鳴るやうに鳴る 後藤立夫 ホトトギス 201603  
をちこちの風の便りや瓢の笛 東野鈴子 雨月 201604  
瓢の笛吹いて一人め遊びかな 安部和子 雨月 201611  
瓢の笛愚痴も恨みも思ひきり 松本文一郎 六花 201612  
ひよんの笛吹くため並走を逸れる 井上菜摘子 京鹿子 201701  
点る灯に闇の濃くなみひよんの笛 石田厚子 馬醉木 201702  
ひよんの笛無用の用と世に謂ふも 片山博介 春燈 201712  
ひょんの実の鳴るを確め拾ひけり 下田奉枝 雨月 201802  
瓢の笛二人の不協和音かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201810  
瓢の実を拾ひ旅立つ漢かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201810  
ひよんの笛吹き誰彼を偲びけり 鈴木静恵 春燈 201812  
風を呼ぶ「明史」の吹きし瓢の笛 小林共代 風土 201901  
文旦のなほ青ければひよんの笛 森祐司 201910  
ひよんの笛風に音符を乗せてゆく 中村洋子 風土 202002  

2020年10月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。