冬 木 2      200句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
枝ぶりをこまごま見せて冬木立 稲畑汀子 ホトトギス 200312  
明るさを庭に広げて冬木立 稲畑汀子 ホトトギス 200312  
冬木立一山荘の灯りをり 大沢敦子 雲の峰 200401  
絵硝子に冬木の影やミサはじまる 佐々木幸 200401  
夕暮の風聴いてゐる大冬木 大木千鶴子 雲の峰 200401  
城跡の道あきらかに冬木立 北嶋薫 築港 200402  
あすよりは今日に恩あり冬木山 鈴鹿仁 京鹿子 200402  
折紙館昌平黌の冬木立 芝宮須磨子 あを 200402  
冬木立性根据ゑたるさまに見て 久保田雪枝 雨月 200402  
冬木叩けば快晴の音したる 山尾玉藻 火星 200402  
百日紅冬木となりて皮を剥ぐ 清水伊代乃 酸漿 200402  
山並の山なりに透く冬木立 鷹羽狩行 200402  
大冬木切株となり名を無くす 大串章 百鳥 200402  
夕暮の音の清かに冬木立 大久保恵美子 遠嶺 200402  
冬木立鈍色の雲支へをり 本荘初枝 築港 200402  
冬木より冬木へひとり遊びの子 大串章 百鳥 200402  
経塚に冬木の影のありにけり 阿波岐滋 草の花 200403  
冬木影真直ぐわが影重ねても 加瀬美代子 200403  
冬木立身ぬちうるほひ出る画廊 磯みどり 遠嶺 200403  
曙杉冬木となりて天を指す 梅田秀子 酸漿 200403  
離れゆくふたつの影や冬木立 山田禮子 遠嶺 200403  
墓碑銘は兄蘇峰の書冬木立 濱口南子 京鹿子 200403  
冬木立映り川面の流れけり 神村鉄雄 草の花 200403  
千年の寺領を囲む冬木立 水井千鶴子 風土 200403  
泣くものに鳥や赤子や冬木立 冨田正吉 200403  
走り根の城壁掴む冬木立 山元海郎 河鹿 200404  
送らるる子のふり向かず冬木立 藤井智恵子 百鳥 200404  
冬木立ささやき声す無言館 福田かよ子 ぐろっけ 200404  
頭の中の冬木は風の吹きざらし 田村みどり 京鹿子 200404  
しろじろと渓の冬木の曇りぐせ 豊田都峰 京鹿子 200404  
波音の連れ立ちてくる冬木立 蓮尾あきら 風土 200404  
樫の木の隣の冬木ほの紅き 杉浦典子 火星 200404  
青空を揺らす冬木の桜かな 吉田順子 200404  
冬木立すでに暮れゐし五ヶ所富士 小山香月 酸漿 200404  
桜いま冬木となりて蒼茫と 水野恒彦 200404  
一瞬の貨車繋ぐ音冬木立 大上武 百鳥 200404  
サーカスのロバつながれて冬木立 ホボーム希子 200404  
冬木立白雲とらへ浮かびをり 大森玲子 築港 200404  
わが影を冬木の影に重ね過ぐ 村上一葉子 200405  
大空の風きいてゐる冬木かな 大槻球子 遠嶺 200405  
さみしさと向きあふ冬木見つめゐて 生方ふよう 200405  
冬木立あはひに碧き迎賓館 稲谷妙子 遠嶺 200405  
しがみつき冬木に耐ゆる蝉の殻 土生逸磨 河鹿 200406  
斧入れて香におどろくや冬木立 与謝蕪村 河鹿 200406  
怒り地に満てよ冬木はすくと立て 岩岡中正 ホトトギス 200406  
僧院を包みこみたる冬木立 辻兎夢 200407  
昼は昼夜は夜の影冬木立 内藤ゑつ ゑつ 200411  
消息を伝へ来し風冬木立 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
冬木なほ風を誘ひて零すもの 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
十兵衛の大欅なり冬木なり 朝妻力 雲の峰 200501  
小岩井の乾坤寂と冬木立 水原春郎 馬醉木 200501  
冬木立遅るるもまた孤りなる 豊田都峰 京鹿子 200501  
父らしくなるための日日冬木立 沼田巴字 京鹿子 200501  
屹立し一切不言大冬木 大橋敦子 雨月 200502  
たよられて蔓絡ませり冬木立 橋本之宏 風土 200502  
冬木立犬の足音尖りくる 藤井智恵子 百鳥 200502  
風心地して離れざる背の冬木 渡邉友七 あを 200502  
裏山の冬木叩けば父の声 坂ようこ 200502  
養生に白布巻かれし冬木肌 橋本之宏 風土 200502  
百日紅冬木となりて皮を剥ぐ 清水伊代乃 酸漿 200502  
佇めばわれも一樹よ冬木立 佐野芳子 築港 200502  
冬木立モデルチェンジの乳母車 吉田明子 200502  
折込みの日々厚くなり冬木立 土肥屯蕪里 雲の峰 200502  
冬木立垂直に櫂干されける 矢崎昌 200502  
誰彼の傷知つてゐる冬木立 芝宮須磨子 あを 200502  
もの影と冬木の影と互ひ違ひ 中島たまな 200502  
我体温冬木に移し仰ぎをり 伊丹さち子 馬醉木 200502  
後から口笛聞こゆ冬木立 中條睦子 栴檀 200503  
源流に岩ごつごつと冬木立 小野寺靖 百鳥 200503  
そこへゆく道のありけり冬木立 木下野生 200503  
千年の寺領を囲む冬木立 水井千鶴子 風土 200503  
赤き実の遠くに透きて冬木道 北村昌子 200503  
金星の最大離角冬木立 鈴木勢津子 200503  
昔ガラス覗くや冬木ゆれてをり 東亜未 あを 200503  
墨痕のやうに冬木の暮れゆけり 平子公一 馬醉木 200503  
宿り木に緑を任せ冬木立 有島扇水 河鹿 200503  
耳しひの吾に桜の冬木かな 大島翠木 200503  
汐騒や冬木は星をちりばめて 柳生千枝子 火星 200503  
放課後のフルート響く冬木立 いしだゆか 遠嶺 200503  
山鳩の声ぼうぼうと冬木立 中元英雄 河鹿 200503  
音のない工業団地冬木立 瀬下るか 200503  
鴉にも冬木の好みあるらしく 飛鳥由紀 200503  
冬木立山家育ちの子等素直 山本かずみ 百鳥 200503  
冬木立空は橋迄透けてをり 小國佐世子 遠嶺 200503  
荒ぶ日や冬木の瘤が力出す 諸岡和子 200503  
みな鳥になりたき日和冬木立 小澤克己 遠嶺 200503  
奥宮の神燈洩るる冬木立 加藤和子 六花 200504  
銀杏冬木真正面に坐禅堂 辻恵美子 六花 200504  
冬木立風に啼かされ星を研ぐ 渡邉友七 あを 200504  
父のごと声かけてくる冬木立 神蔵器 風土 200504  
なほ奥に聖泉のある冬木立 荒井千佐代 200504  
熊野路や湯けむりごしの冬木立 根本随縁 200504  
冬木いま鳥を放ちし震へかな 小野田和世 200504  
点点と星を灯せる冬木立 宮崎正 ホトトギス 200504  
城見上ぐ冬木一本づつに人 会田仁子 ホトトギス 200505  
落日を載せて貨車行く冬木 長井順子 200505  
くるぶしに斧の傷ある冬木かな 横松しげる 遠嶺 200505  
冬木立誰かが死後の噂する 長田等 200505  
ひと抱えほどの落日冬木立 堀川喜代子 200506  
日の没りの遅くなりたる冬木道 的池遙 百鳥 200506  
斧入れて冬木の精を呼び覚ます 酒本八重 里着 200506  
悟りたるゆとりにも似て冬木立 片山茂子 遠嶺 200506  
己が影小さくなりし冬木立 数藤弥太郎 200507  
人間の根を思ふべし大冬木 岩岡中一 ホトトギス 200507  
三階の窓額縁に冬木立つ 伊藤浩子 200507  
千本の冬木の桜邪宗門 高橋将夫 星の渦 200507  
手毬唄柿の冬木をひとめぐり 瀧春一 菜園 200509  
岳麓の富士を隠さぬ冬木立 稲畑汀子 ホトトギス 200512  
仰ぎたる空オリオン座冬木越 稲畑汀子 ホトトギス 200512  
日表に日裏に冬木彩られ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200512  
鉄棒や冬木一回転させる 飛鳥由紀 200601  
公園の馬車軽やかに冬木立 佐久間はるみ 200602  
端然と寺の歴史と大冬木 古田考鵙 雨月 200602  
大いなる冬木の瘤も城の跡 小谷延子 万象 200602  
冬木立祈りの姿なりしかな 高橋将夫 200602  
獣らの飛ぶごと過ぎし冬木立 柴田佐知子 200602  
立つ冬木電飾命の灯をともす 北島上巳 酸漿 200602  
冬木立入日とことん影伸ばす 東亜未 あを 200602  
冬木径すき間だらけの影つれて 豊田都峰 京鹿子 200602  
滝風に晒され冬木艶もてり 室伏やすし 200602  
凛とせり北アルプスや冬木立 伊藤稔代 200603  
大冬木囲み議事堂無表情 大海いつ子 百鳥 200603  
冬木影中也詩集を隠し持つ 野畑小百合 200603  
飢ゑて鳴く鳥もあるべし冬木立 太田土男 百鳥 200603  
酒蔵はサロンとなりて冬木立 斉藤阿津子 百鳥 200603  
学校は坂のてつぺん冬木立 松谷知子 対岸 200603  
閉園にこぼるる灯あり冬木立 肥沼初江 四葩 200603  
こがひなこととなりまして冬木立つ 中島陽華 200603  
冬木立きりきりと空ひきしまり 新井泰子 馬醉木 200603  
冬木鳴る塚の遊女の咽ぶごと 大坪景章 万象 200603  
冬木道このさきに待つものは何 佐藤博美 200603  
ポケットに残る半券冬木立 篠藤千佳子 200603  
冬木立しじま深めし明烏 宮崎正 ホトトギス 200604  
かたくなな影となりたる冬木立 岡部名保子 馬醉木 200604  
浮島の入口なりし冬木立 安岡房子 200604  
住み古りて一抱へある冬木の幹 松崎鉄之介 200604  
聖堂の屋根見えてゐる冬木かな 石川英利 百鳥 200605  
冬木立夜空は雲を置きにけり 服部早苗 200605  
その中の平安の世を知る冬木 稲畑廣太郎 ホトトギス 200611  
人制す竹の一文字冬木寺 岡本眸 200612  
冬木立森は力を抜いてをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200612  
冬木立火星を載せてをりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200612  
電飾にがんじがらめの冬木立 稲畑廣太郎 ホトトギス 200612  
冬木立二日の月に天緊る 渡邉友七 あを 200701  
胸に水何故に溜るか冬木立 澤田緑生 馬醉木 200702  
海見ゆる冬木桜の並木かな 荒井和昭 200702  
冬木立つ吾水の性透きゆくと 伊丹さち子 馬醉木 200702  
倚りかかりたきときもあり冬木立 小林奈穂 200703  
嘴太き鴉のたむろ大冬木 吉沢陽子 200703  
残照をふふみてをりし冬木立 高田令子 200703  
冬木立静かにありし五輪塔 渡辺暁 酸漿 200703  
冬木立梢を揺らし鳥翔てり 齋部千里 ぐろっけ 200703  
また空を眺めてをりぬ冬木立 早崎泰江 あを 200703  
鳥声のダムに影する冬木立 廣畑忠明 火星 200704  
枝の数競ふ冬木の桜かな 高橋将夫 200704  
放課後の風と囁く大冬木 大泉美千代 雨月 200704  
青空に深々と冬木の沈む 塙告冬 ホトトギス 200705  
冬木立最終列車の灯が走る 大泉美千代 雨月 200705  
校門の冬木母待つギブスの児 今井忍 ぐろっけ 200705  
海をきき冬木は樹齢加へけり 塙告冬 ホトトギス 200705  
人もまた無口がよけれ冬木立 岩岡中正 ホトトギス 200706  
野づかさのあらはになりぬ冬木立 瀧春一 200706  
この神社何もなけれど大冬木 齊藤實 200801  
玉砂利の音させ冬木の寺の道 中山静枝 200801  
枝先を空に刺したる冬木立 渡辺暁 酸漿 200802  
落ちる日の早さの見えて大冬木 加藤富美子 200802  
問禅のかまへは雨後の冬木立 豊田都峰 京鹿子 200802  
日おもての素顔親しき冬木立 渡邊千枝子 馬醉木 200802  
冬木立抜けて遅れを取り戻す 高橋将夫 200802  
冬木立残る葉一つ風にゆれ 渡辺暁 酸漿 200802  
冬木立祈祷太鼓の良く響く 谷合青洋 酸漿 200802  
大枝も切られ桜の冬木かな 井上玉枝 酸漿 200803  
存分に手足を伸ばす冬木かな 高橋将夫 200803  
精霊の確かに宿る冬木立 津田礼乃 遠嶺 200803  
かむさびし鹿島の宮の冬木立 大西裕 酸漿 200803  
鴉にも夫婦あるらし冬木立 藤井彰二 馬醉木 200803  
その中にダヴイデの如き冬木かな 山本浪子 風土 200803  
彼の冬木世紀末には方舟に 荒井千佐代 200803  
ぎしぎしと胎内の鳴る冬木立 中村洋子 風土 200803  
冬木見上ぐる何といふわけも無く 大川ゆかり 200803  
浦の碑の史実伝へて大冬木 水田壽子 雨月 200803  
冬木みな己の幹を艶めかせ 吉沢陽子 200804  
蛇の目との距離ちぢまらず冬木立 梶浦玲良子 六花 200804  
父の忌をうかと過ごせり冬木立 勝見玲子 200804  
彼の冬木世紀末には方舟に 荒井千佐代 200804  
馬の目の聖者に似たる冬木立 櫨木優子 200804  
難聴の冬木に谺からみけり 梶浦玲良子 六花 200804  
冬木立石塀まろき人造り 杉本薬王子 風土 200804  
冬木径すき間だらけの影つれて 豊田都峰 草の唄 200805  
一本づついのち張りつめ冬木立 笹倉さえみ 雨月 200805  
もの思ふとき傾いてゐる冬木 岩岡中正 ホトトギス 200806  
冬木立馬車ゆつくりとゆつくりと 津田礼乃 遠嶺 200806  
とどまれば吾も日を恋ふる一冬木 峯桜子 遠嶺 200806  
隣国や地雷の眠る冬木立 陽山道子 船団 200806  
城址来て吾も一本の冬木立 邑橋節夫 菊揃へ 200806  
美術館通りの冬木ささやきぬ 津田礼乃 遠嶺 200806  
見尽せし冬木を撫でて退院す 藤田宏 長城 200808  
瑠璃色の闇より冬木裂くる音 中田禎子 200808  
一冬木遣す露伴の旧居跡 勝原文夫 ペン皿 200811  
人間の浅知恵纏ひ冬木立 稲畑廣太郎 ホトトギス 200812 冬木→3

 

2020年12月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。