2    100句
作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
蔵の戸を力まかせに開けて冬 木下仁司 200103  
母いつも冬のはじめの鶴に似て 烏居真里子 船団 200103  
人よりも人影の濃き冬はじめ 鹿野佳子 200103  
老眼鏡のケースごつんと落ちて冬 鶴目鯛遊子 六花 200103  
低音のおしやべり娘冬きたる 鶴目鯛遊子 六花 200103  
電車バスラジオ演説駅の冬 西塚成代 六花 200103  
明珍の火箸の音色しんと冬 竹内芳子 あを 200103  
墓石に冬の光のやわらかに 林田加杜子 いろり 200104  
一天に太陽と冬ありにけり 粟津松彩子 ホトトギス 200104  
止まれば冬将軍の風の鞭 岩村節子 200104  
天晴な裸木立たせ冬を越す 村越化石 200104  
またしても冬の音なり土の中 伊藤格 200104  
一と冬の死を見届けし柏の木 藤田宏 200104  
奥琵琶の鉛筆描きのような冬 藤木雅章 200105  
女から老女へ冬を惑ふなり 佐渡美佐子 船団 200105  
寢る前を低く唱へり冬も果 岡本眸 200105  
冬の葬死後の評価も少し聞く 能村登四郎 200108  
同温の妻の手とこの冬を経なむ 能村登四郎 200108  
一冬を越えて吾あり五体あり 能村登四郎 200108  
ひたすらに掃いて冬待つ庭としぬ 能村登四郎 羽化 200110  
庭石の冬待つ顔の四つ五つ 能村登四郎 羽化 200110  
秋から冬へ壁といふ壁くづれ落ち 竹内弘子 あを 200110  
故人の名心に置きて旅の冬 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
佛頭を運び入れたる冬の家 岡井省二 200111  
欠伸して身体に冬の落し穴 富沢秀雄 船団 200111  
残されし名著繙き偲ぶ冬 稲畑汀子 ホトトギス 200112 悼 小坂螢泉様
山荘や冬を妊る雨の音 下村志津子 銀化 200112  
冬青き湖底の毬藻おもひ寝る 鷹羽狩行 200112  
見舞ひたき人を心に冬の旅 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
電柱を黄色く冬はあつたかく 松山律子 六花 200112  
冬の床起きろ起きろとやかん鳴く 福田みさを いろり 200112  
波しまく島は白帯締めて冬 千田敬 200201  
波裏に冬しのびをり風岬 平子公一 馬醉木 200201  
いろは坂四十八段上の冬 神蔵器 風土 200201  
珈琲を泥の如のむねむたき冬 皆吉司 船団 200201  
冬の日の魚拓の墨の青さかな 平田紀美子 風土 200201  
悲しみに似る鳥声よ冬なかば 林翔 200201  
冬将軍山々を統べ従はす 村越化石 200201  
冬の窓星降りしきり降りしきり 木下節子 雲の峰 200201 しし座流星群
冬の香とおもふや畑のうすけむり 平子公一 馬醉木 200201  
冬空にビルの高さや露天神 高野清風 雲の峰 200201  
背を向けて冬の梢を見詰めをり 渡邉友七 あを 200201  
鍵盤も冬の怒濤につづくかな 村上瑪論 銀化 200201  
槐山房のぐるりを冬の金魚かな 栗栖恵通子 200201  
尖塔の高みに冬の日のありぬ 芝宮須磨子 あを 200201  
暖冬やこはれゆもの野に放つ 宇都宮滴水 京鹿子 200201  
工事現場照らす裸灯の冬きびし 栢森定男 あを 200201  
冬の鮎湧水の青ひつぱれり 大串章 百鳥 200201  
流木がいつぽん冬の瀬になじむ 吉成美代子 あを 200202  
棟梁の鉈で料れり冬の軍鶏 岡村優子 春耕 200202  
三冬を送りし雨となりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200202  
冬の噴水睦言を寄せつけず 亀田愚風 銀化 200202  
むじな藻を蔵して太古池の冬 鈴鹿野風呂 京鹿子 200202  
残生のとろ火料理よ冬厨 村上光子 馬醉木 200202  
畦道の冬陽の幅を一人占む 松本鷹根 京鹿子 200202  
灯油買い冬将軍を待つばかり 茂木とみ いろり 200202  
ユーカリの冬まざまざと被爆痕 和田敏子 雨月 200202  
もう冬のきてゐる柱多き家 影山わこ 百鳥 200202  
ひとり身の今更冬の一人旅 岡本眸 200202  
烏賊火より島の灯暗し壱岐の冬 密門令子 雨月 200202  
日の目見ぬ句のむくろ溜め冬を生く 渡辺純 京鹿子 200202  
現世を逃げるは易し冬布団 清水結化 いろり 200202  
風鳴つてまた葉が舞つて荘の冬 岡本眸 200202  
予報では暖冬といふ此の日和 大平保子 いろり 200202  
四條のつぎは三條冬が近くなる 森茉明 京鹿子 200202  
手鏡を畳に伏せてはたと冬 冨田竹子 200202  
治療室冬を粧う山見ゆる 福田みさを いろり 200202  
何乗せて空飛ぶ人や冬五輪 赤座典子 あを 200202  
「おめん」てふ京のうどんや冬の旅 中川二毫子 遠嶺 200202  
アメ横の雑駁に冬はじまれる 戸田喜久子 200202  
聖護院に冬の来てゐる松のいろ 杉浦典子 火星 200202  
鏡掛あでやかなりし伊賀の冬 田中藤穂 あを 200202  
五湖つなぐ底潮冬の来つつあり 山岡季郷 馬醉木 200202  
茶柄杓の滴のひかり冬迎ふ 岸のふ 馬醉木 200202  
元寇の沖を烏賊火の燃ゆる冬 密門令子 雨月 200202  
ユニークな一言残し冬に逝く 福田みさを いろり 200202  
伐りたての切株木屑まみれ冬 望月周 百鳥 200202  
太陽のうすうす冬を病む如し 渡邉友七 あを 200202  
老残や冬の長さを風にきく 塚村素代 いろり 200202  
すぐそこに冬の帷ぞ夜会服 瀬川公馨 200202  
展望台冬一色に見入りたり 鎌田俊雄 いろり 200202  
冬を待つ搾菜の甕地に並べ 渡辺昭 200202  
国盗りのありしは昔美濃に冬 鹿野佳子 200203  
昨日釣今日は雨読と冬めぐる 河内童楽 六花 200203  
薬待つ五百四番冬の午後 横山迪子 六花 200203  
一杓に冬の音聴く筒茶碗 平田すみ子 風土 200203  
音立てて冬をよろこぶ静電気 長岡新一 200203  
太陽のうすうす冬を病む如し 渡邉友七 あを 200203  
風除を恃みて冬を生きる草 岸善志 ホトトギス 200203  
微動だにせざる浮島引きて冬 玉置かよ子 雨月 200203  
冬を越す用意の見えて葡萄畑 公山礼子 200203 冬 →3

 

2016年11月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。