河 豚 2    100句

鰒汁の宿赤々と燈しけり   蕪村

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
虎河豚は汽水を越へず戻りけり 天野きく江 200402  
糶を待つ河豚の歯ぎしりする如し 酒井ひろ子 200402  
中締めは河豚雑炊を食べてから 泉田秋硯 200403  
河豚糶りの袋攻防笑顔にて 石岡祐子 200403  
貝塚に河豚の骨あり沖つ海 延広禎一 200403  
河豚鍋やにこにこと来る哲学者 岩下芳子 200403  
山頂に波切不動やふぐと汁 谷村幸子 200403  
河豚雑炊ふぐ刺食うべ奢りとす 福盛悦子 雨月 200403  
ふぐ雑炊いちはやく捌け下戸の席 藤原照子 200404  
草河豚の潮けぶらせて産卵す 林敬子 酸漿 200409  
河豚ちりやひと言足らぬための齟齬 加藤峰子 200501  
河豚ちりを女に奢り歌舞伎町 淵脇護 河鹿 200501  
響き灘見て来て河豚を飽食す 鷹羽狩行 200502  
海鳴りの腸に沁み河豚汁 うまきいつこ 200503  
いっかな売れぬ河豚に主の懐手 玉置かよ子 雨月 200503  
ふぐなまこ喰はずに生きて卆寿かな 加藤君子 火星 200503  
虎河豚の尻尾のぐいと動きをる 植木戴子 200504  
河豚がささやく毒消しを買はむかね 伊藤希眸 京鹿子 200504  
手切れ金貰ひて河豚の店を出す 木場田秀俊 200504  
潜水艦河豚一匹を追いかけて 霧野萬地郎 200504  
河豚食べに店差し向けのバスに乗り 伊藤トキノ 200505  
ふつと息吐きたる河豚のおちよぼ口 石川敬子 対岸 200505  
臼杵まで死なばもろとも河豚ツアー 泉田秋硯 黄色い風 200505  
河豚の座や末席の下戸大き顔 浦野里山 200505  
息している事が楽し河豚を食う 貝田遊山 200505  
河豚雑炊とはおかはりの憚られ 岩田公次 ホトトギス 200506  
善行を積むこともなく河豚を食ふ 三村純也 ホトトギス 200506  
開店の女將江戸つ子ふぐ雑炊 玄内栄 帆船 200507  
河豚鍋や大石贔屓吉良贔屓 水原春郎 馬醉木 200602  
河豚鍋や遠方からの客ありて 南原正子 酸漿 200602  
河豚提灯新幹線に乗りきたる 杉浦典子 火星 200603  
袋糶する間も河豚の跳ねてをり 安田繁子 200603  
糶られゐし河豚ひたすらに泡ふきて 足利徹 ぐろっけ 200603  
河豚雑炊食すやまだまだ死ねまへん 中島陽華 200604  
河豚鍋や奉行の夫の誕生日 佐久間はるみ 200605  
大河豚の相搏つこともなく糶らる 迫田白庭子 百鳥 200605  
人情を卑しみひとり河豚を食ふ 瀧春一 常念 200606  
箱河豚の艶姿の若布袖にして 禰寝瓶史 京鹿子 200606  
河豚の客伊藤博文よく知りぬ 小阪喜美子 二輪草 200606  
ふぐと汁郷の縁のうすれけり 宇根綾子 二輪草 200606  
河豚雑炊蒸らしの二分長きかな 島田宣子 八千草 200607  
いくり根の河豚よ夕立に目を瞠り 定梶じょう あを 200609  
ふぐ刺の同心円を崩す箸 千田百里 200702  
ふぐと汁西施が影を背ラにし 延広禎一 200702  
赤目河豚何にもならん何にもならん 小形さとる 200702  
黒門市場河豚のてっさが灯に透きて 今井妙子 雨月 200702  
高値つく河豚を眇に通り過ぐ 今井妙子 雨月 200702  
河豚鍋や夜景の贅の城見の間 岩井泉樹 春燈 200703  
河豚食うべまた逢ふ日まで別れけり 戸田春月 火星 200703  
ふぐ跳ねてよもやの水を浴びせらる 大橋晄 雨月 200703  
河豚さばく河豚のやうなる腹ゆすり 磯野しをり 雨月 200703  
とら河豚の貫禄の数商へる 磯野しをり 雨月 200703  
店頭の河豚溜息をもらしけり 石垣幸子 雨月 200703  
あえかなる声あげ河豚の秤らるる 石垣幸子 雨月 200703  
活河豚を見て鯛焼を買ひにけり 山田夏子 雨月 200703  
ふぐと汁身ぬちに余燼くすぶらせ 荒井千佐代 200703  
大皿にふぐ刺の花透きとほる 塚本泰子 酸漿 200704  
河豚鍋や奉行の夫の箸さばき 和田政子 200704  
撒餌てふ忽ち河豚の修羅場かな 吉田裕志 200705  
草ふぐを水槽に飼ひ昼寝せる  百瀬七生子 海光 200705  
箱河豚のまだ濡れてゐて転がらず 百瀬七生子 海光 200705  
山茶花や庇へ移す河豚の鰭 松崎豊 200705  
おくびにも出さぬ反骨ふぐ雑炊 山元志津香 八千草 200705  
順々に前屈みせし河豚放生 飯塚ゑ子 火星 200706  
捨てられし河豚の子浮くに夕焼濃し 田中つや子 200710  
今の世に河豚に中ると思はねど 松尾緑富 ホトトギス 200801  
河豚よりも皿に目が行く陶マニア 北尾章郎 200803  
大笑ひしてゐると思ふ鼠河豚 天野きく江 200803  
身ほとりの淋しくなりてふぐと汁 藤田千代江 200803  
小学生見繕ひてもふぐと云ふ 岡本幸枝 ぐろっけ 200803  
定命のいまが大事や名残河豚 ほんだゆき 馬醉木 200804  
浅草の灯を盃に河豚を食ぶ 平野伸子 馬醉木 200804  
ふぐと汁てつぱうといふ由来など 西宮舞 200804  
それぞれに一癖もてりふぐと汁 米山喜久子 200804  
河豚鍋や黄金の海の波の音 近藤きくえ 200804  
河豚割烹の手造りポン酢手土産に 安井和子 200804  
家族旅宿泊鍋は河豚料理 渡辺安酔 200805  
河豚鍋や友の変らぬ遠目癖 島谷征良 風土 200805  
河豚提灯不仲を丸く収めけり 小泉貴弘 筑波の道 200811  
ふぐの旬三度び迎ふる任地かな 勝原文夫 ペン皿 200811 徳山
ひれ酒に酔ひし漢や河豚に似る 勝原文夫 ペン皿 200811  
提灯となりて遺るも河豚の業 勝原文夫 ペン皿 200811 河豚提灯
ふぐ鍋の奉行のをらぬ酒席かな 環順子 遠嶺 200903  
灯に透けるふぐ一片の甘さあり 本田久美 遠嶺 200903  
河豚の鰭並べ干しある夜の新地 竹内水穂 火星 200903  
河豚提灯仰ぐのみにて通り過ぐ 山下美典 ホトトギス 200904  
初糶の鐘高鳴らす河豚高値 有働亨 馬醉木 200904  
水碧き河豚のいけすに雪降りこむ 山本耀子 火星 200904  
病室に帰る時刻来ふぐと汁 嶋田一歩 ホトトギス 200906  
夫食べしこと確かめて河豚白子 館容子 200906  
放ちやる供養の河豚の膨れをり 三浦如水 はらから 200911  
目を洗ふごとくに湯気やふくと汁 山田六甲 六花 200912  
河豚食ひて島によろめく段差なし 澤田緑生 馬醉木 201001  
とらふぐのもの言ひたげな目なりけり さのれいこ 春燈 201002  
皿の上の菊一輪の河豚の味 四條進 201002  
河豚哀れ刃を入れられて息荒し 大橋晄 雨月 201002  
毒を持つてふ虎河豚の腹白し 西村しげ子 雨月 201003  
利腕の素手もて河豚の捌かるる 西村しげ子 雨月 201003  
神棚に御明し河豚の捌かるる 上田明子 雨月 201003  
鐘連打虎河豚幼ナ引き当てて 上田明子 雨月 201003 河豚→ 3

 

2014年11月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。