河 豚 1    100句

河豚宿は此許よ此許よと灯りをり    阿波野青畝

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
飛機降りて河豚の宿へと一直線 稲畑廣太郎 ホトトギス 199812  
羽織からふどしまで絹河豚汁 岡井省二 199812  
海底の牧場河豚の眼力満つ 山田緑光 海程 199812  
河豚鍋に関門の灯の滲みきし 山田弘子 円虹 199901  
とらふぐに遠のいてゆく糶の声 森景ともね 船団 199902  
河豚刺の呉須透く色をいたゞきし 中島真沙 円虹 199903  
はらからの思ひばらばらふぐと汁 鹿野佳子 199904  
河豚鍋の途中電報披露さる 小林あつ子 火星 199905  
善通寺干河豚たちまち食されけり 岡井省二 199905  
河豚供養隅田の河岸を築地へと 熊谷みどり いろり 199906  
閑散としたる市場の河豚供養 熊谷みどり いろり 199906  
人の世の河豚てふ生命短かきを 熊谷みどり いろり 199906  
虎河豚を食べてもとより楽天家 橋場千舟 船団 199906  
雨くれば河豚の涙か河豚供養 保坂加津夫 いろり 199906  
運不運河豚は供養に放たれて 保坂加津夫 いろり 199906  
短命と云はれて生きて河豚供養 保坂加津夫 いろり 199906  
魚には名ある不思議よ河豚供養 保坂加津夫 いろり 199906  
河豚供養豚はへらへらひとり言 保坂加津夫 いろり 199906  
心太娑婆のゆふぐれよかりけり 高橋邦夫 風土 199909  
春帆楼河豚の供養に来てゐたる 広渡敬雄 遠賀川 199909  
河豚出でて一座次第にしづかになる 能村登四郎 芒種 199911  
寒き夜の河豚食べし血の疼きあり 能村登四郎 芒種 199911
七盛塚見し昂りに河豚の宿 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
誤記は誤記釈明はせず河豚を喰ふ 柴田いさを 船団 199912  
河豚鍋や海峡過ぐるロシヤ船 笠井育子 200002  
死神を横目で河豚をたべにけり 保坂加津夫 いろり 200002  
ふぐと汁黒海艦隊現はれる 伊藤格 200003  
虎河豚をさばく主の仏頂面 吉川郁美 200003  
買手の目引かむと河豚の捌かるる 吉村幸子 雨月 200003  
河豚汁や熟年二人酔ひはじむ 大川泉舟 200003  
口あけて鰭打つ河豚の糶られをり 安田繁子 200003  
ふぐの眼窩吸ひつくしたる夜のとばり 澤本三乗 200004  
河豚刺や気ふさぎ人の座に隣る 河口仁志 200005  
河豚供養放てばふぐのふり向かず 保坂加津夫 いろり 200006 築地魚河岸河豚供養句会
河豚供養依枯地に水に乗らぬ奴 保坂加津夫 いろり 200006  
河豚供養命拾ひのふぐもゐて 保坂加津夫 いろり 200006  
仲買のをんな早口河豚供養 小林共代 風土 200007  
斎壇のふぐ泳がせて河豚供養 小林共代 風土 200007  
雨の中ふぐ放生の隅田川 小林共代 風土 200007  
延々と河豚への謝辞を河豚供養 川上恵子 雨月 200008  
河豚放生して膨らめる響灘 川上恵子 雨月 200008  
釜蓋朔日あふぐに精を出してをる 中原道夫 銀化 200010  
秋晴や釣れて外道のふぐ二匹 神蔵器 風土 200011  
河豚といふ誘ひに乗れぬわけのあり 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
河豚の店とは知らず来てをりしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
無頼なる漢が泣きしふぐと汁 能村研三 200101  
河豚雑炊馬関を終の棲処とし 川上恵子 雨月 200101  
虎河豚のはちきれさうな腹をして 正木光子 いろり 200101  
毒舌も薬味の一つふぐと汁 上谷昌憲 200101  
河豚買はで河豚鰭のみを買ひにけり 久保晴子 雨月 200102  
河豚捌く手際のよきに時忘じ 久保晴子 雨月 200102  
河豚喰ふ馬関の僧の裏おもて 古田考鵬 雨月 200103  
若者に試食をさせて河豚を喰ぶ 石山民谷 遠嶺 200103  
大阪城見ての集ひの河豚と鍋 赤池貴のえ 春耕 200103  
河豚につらる秋芳洞の旅日記 保里吉子 京鹿子 200103  
松かさを蹴れば虎河豚泣く声す 河内童楽 六花 200103  
河豚さしを初めて食べて笑ひをり 松沢久子 いろり 200104  
河豚さしを食べて話の種が増え 松沢久子 いろり 200104  
ふぐの口してふぐ雑炊を吹いてをり 島崎晃 遠嶺 200104  
河豚食うて博多の駅の雑踏に 和田あきを 風土 200104  
放たるる供養の河豚のとぼけ貌 内田雅子 馬酔木 200108  
寒き夜のいづこかに散る河豚の毒 能村登四郎 200108  
ふぐ食うておのれのこゑの身ぢかなる 岡井省二 200108  
中りたる河豚の仲間の顔揃ふ 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
聞かれれば話す中りし河豚のこと 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
河豚鍋屋軒にびつしり提灯吊る 酒井ひろ子 200202  
箱ふぐの鰭のあたりがナザレかな 小形さとる 200202  
黒門の河豚売る声のうらがへり 望月木綿子 200202  
まつたりと祇園の空やふくと汁 栗栖恵通子 200203  
箱河豚の貌の来てをるピエタかな 小形さとる 200203  
誕生日の夫に相伴河豚料理 西村しげ子 雨月 200203  
ふぐ刺や女等の箸ひらひらと 岡淑子 雨月 200203  
割きし腹白子を見せて河豚売らる 溝内健乃 雨月 200203  
店裏に河豚鰭干して十二月 門伝史会 風土 200203  
へつこみの河豚提灯にありにけり 粟津松彩子 ホトトギス 200204  
潮騒も馳走と宿の河豚雑炊 門田陽子 200204  
箱河豚のふくれてゐたり春の磯 永田二三子 酸漿 200204  
ふくらみて子の手にあまる怒り河豚 木下玉葉子 酸漿 200205  
河豚鍋や血のつながらぬ者同士 中村房枝 六花合同句集 200205  
河豚さばく男一匹夢に生く 渡辺俊子 京鹿子 200206  
河豚供養平家の魂も鎮めしか 青木美佐子 200206  
河豚鍋や言ひたき事を忘れをり いしだゆか 遠嶺 200302  
水槽の河豚の目並ぶ馬車道に 柴田久子 風土 200302  
大皿の河豚は宝井馬琴かな 中島陽華 200302  
初河豚や眼がうら返る袋糶 吉武千束 200302  
河豚汁にわだかまるもの何もなし 塩川雄三 築港 200302  
賞状を飾り料亭河豚づくし 武司琴子 ぐろっけ 200302  
河豚鍋と決め雑踏へ消えゆきぬ 仙石君子 雨月 200303  
料理長芸術家のごと河豚刺を 荻野周子 雨月 200303  
草河豚に対岸コンビナートかな 岩月優美子 200303  
河豚くねる一万円の値札負ひ 中ア敞子 ぐろっけ 200303  
夢のつづきやつぱり河豚喰つてゐる 滝沢環 京鹿子 200304  
ふぐ刺の箸やはなびら摘むごとく 新家生子 200305  
ふつふつと河豚鍋囲む三世代 佐野静子 遠嶺 200305  
河豚捌く包丁と水光りあふ 土井三乙 風土 200305  
河豚供養河豚供養碑を一瞥し 本山卓日子 京鹿子 200311  
虎河豚の眼の中の潮かな 井上都志子 200312  
ふぐ雑炊ひとりで使ふ夫婦箸 吉村紀代子 京鹿子 200401  
流れ弾ほどなる河豚をいただきぬ 山田六甲 六花 200401  
古書ひとつ探しあぐねてふぐと汁 淵脇護 河鹿 200402 河豚→ 2

 

2014年11月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。