仏の座      69句

しなやかに土に貼りつく仏の座   古谷実喜夫   ザ・俳句

仏の座  田平子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
仏の座すずめが歩む二歩三歩 小枝恵美子 ポケット 199911
覗き見る春七草の仏の座 神蔵器 風土 200003
ゆく道は還る道なり仏の座 田中矢水 遠嶺 200006
オペラ果てし帰るさの野辺仏の座 狭間馨 遠嶺 200006
鳶の輪は村空あまるほとけのざ 岡井省二 200104
仏の座仏も稀に脱け給う 藤田守啓 船団 200106
佛の座おはしますとていづこの座 中原道夫 銀化 200203
昼前に道の乾きぬ仏の座 山田六甲 六花 200203
この奥はどないなつとる仏の座 高橋将夫 200204
誰も来て誰もかがみて仏の座 福井隆子 200205
仏の座母は三途のどのあたり 城石美津子 京鹿子 200208
らふそくに身の奥照らす仏の座 鈴鹿仁 京鹿子 200302
仏の座今朝の雀のころころと 深川知子 雲の峰 200303
踏まれたるなりはもとより仏の座 山田六甲 六花 200304
仏の座飛鳥は畦を行くべかり 鎌田篤 雨月 200306
仏の座花あるうちは引かずおく 名越夜潮 円虹 200307
希望とは地に這ふ姿仏の座 廣島泰三 200307
寒ながら早々咲ける仏の座 青木陽子 酸漿 200403
雑草の中にありけり仏の座 近藤貞子 六花 200502
山の音聞いてをりけり仏の座 浜田久美子 六花 200506
畑中にひともりあがり仏の座 阿部ひろし 酸漿 200507
野寺あれて跡にやはゆる仏の座 松永貞徳 ぐろっけ 200601
七草やけふ一色に仏の座 各務支考 ぐろっけ 200601
打ち晴れて富士孤高なる仏の座 勝又一透 ぐろっけ 200601
遠来のもののごとくに仏の座 鷹羽狩行 ぐろっけ 200601
地にへばり付き咲く花の仏の座 有働亨 馬醉木 200606
隣よりはびこつてくる仏の座 秋千晴 200608
眼差しは日ざしのやうに仏の座 小澤克己 塩竃 200608
人澄ませ人を歩ませ仏の座 小澤克己 遠嶺 200701
七草のひとつ足らぬは仏の座 小林輝子 風土 200704
日の中に浮んでゐたる仏の座 高橋将夫 200704
みくじ引く一瞬なりし仏の座 中野京子 200704
遠祖とおおやの山野に佇てり仏の座 宇田喜美栄 200705
亡き父母の畑は捨て畑仏の座 大塚民枝 酸漿 200705
野にしばし微睡みゐたり仏の座 松元末則 酸漿 200705
仏の座もう逃げられぬ村の数 梶浦玲良子 六花 200705
仏の座かこみ踊子草踊り 村松紅花 ホトトギス 200707
願はくば二病息災ほとけのざ 山下青坡 200708
日溜に盛り上がり咲く仏の座 君島栄子 酸漿 200804
わが星の自転公転仏の座 小澤克己 遠嶺 200804
ほとけのざすずなすずしろ父ちびる 坪内稔典 稔典句集 200804
ほとけのざずらり並んでせいくらべ 塩路彩人 200806
日溜りに遊ぶ雀や仏の座 谷村幸子 200904
畑一つ紫に染め仏の座 先崎きくよ 酸漿 200905
宵越しの金をもたずや仏の座 瀬川公馨 200907
むらさきに一畑を染め仏の座 田中喜久子 酸漿 200907
蘇我川に種々の字ほとけの座 佐藤凉宇子 ろんど 201003
仏の座摘む鎌倉の海に向き 中田みなみ 201003
大王松通りすぎれば仏の座 谷村幸子 201004
畦青むなかに花挙ぐほとけの座 磯村こうき 201006
甘樫の薄雪はらふ仏の座 塚山田美恵子 火星 201104
一丘に拡がりゐたり仏の座 若本彰子 酸漿 201106
満開の笑顔となりし佛の座 竹内悦子 201107
母の忌や葉数ふえたる仏の座 小川玉泉 末黒野 201204
散歩する老人と犬仏の座 竹内喜代子 201305
仏の座休耕田をむらさきに 堺昌子 末黒野 201305
漱石に「こころ」のありて仏の座 東英幸 船団 201306
学園のフェンスの外に仏の座 渡邊孝彦 やぶれ傘 201306
里山の猫背のつづく仏の座 梶浦玲良子 六花 201407
竹垣の棕櫚縄ほつれ仏の座 大崎紀夫 虻の昼 201510
ブロック塀の目地に咲きたる仏の座 萩原渓人 やぶれ傘 201606
印結ぶごとくに咲きて仏の座 山田夏子 雨月 201607
象動くたびに現れ仏の座 田彰子 船団 201612
海の日の犇犇届く仏の座 田中臥石 末黒野 201704
カーカバー風に膨れて仏の座 渡邊孝彦 やぶれ傘 201705
近道の畦に踏みをり仏の座 住田千代子 六花 201705
仏の座名をききてより合掌す 東野鈴子 雨月 201706
日は歓んであふれけり仏の座 井上石動 あを 201705
仏の座栞代りに挟みけり 谷口一献 六花 201806
仏の座を踏みながら押す猫車 白石正躬一 やぶれ傘 201807
仏の座洗ふ七種(なぐさ)の水をもて 山田六甲 六花 201902
羽前ぐるり山嶺白し仏の座 沼澤石次 馬醉木 201905
仏の座摘み来し粥を供へけり 山田六甲 六花 202002

 

2021年1月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。