星月夜 1   200句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
順番に置かれし仕事星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
ちちははの国に寝惜しみ星月夜 鷹羽狩行 199810  
瑠璃曳いて能衣すさりぬ星月夜 小澤克己 遠嶺 199811  
星月夜遮るもののなき故郷 野口光枝 高籬 199812  
棒稲架の並ぶ限りを星月夜 野原春醪 馬醉木 199902  
星月夜小さき友だち呼びに来て しおやきみこ 船団 199903  
星月夜丸めて捨てるピカソなら 津田このみ 船団 199903  
人去りし山湖沈めて星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
栞り来し山湖の月日星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
計画の通りてゆきぬ星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
星月夜旅の記憶を繰返す 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
星月夜ベランダ越しに最初はグー 朝倉晴美 船団 199908  
力とは果てなき未来星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
五芒星六芒星と星月夜 岡井省二 199909  
星月夜初演楽譜を賜りぬ 能村研三 199910  
犬の子の乳房離さぬ星月夜 酒井多加子 俳句通信 199910  
汐騒の明石海峡星月夜 山田京子 俳句通信 199910  
学校の裏手を通り星月夜 木下野生 199911  
飛機が夜の音を曳きくる星月夜 佐藤冨士男 円虹 199911  
たたなはる外輪山や星月夜 安陪青人 雨月 199911  
子の詩の翔び立ちさうな星月夜 小澤克己 遠嶺 199911  
生き甲斐を問われとまどふ星月夜 大平保子 いろり 199911  
巴里発の出でて明らか星月夜 能村登四郎 巴里発 199911  
星月夜妻よわが骨空へ撒け 松原到 ぐろっけ 199911  
稚魚の忌の鯉こく熱き星月夜 白澤良子 199912  
口笛の森より聞こゆ星月夜 豊岡清子 遠嶺 199912  
熱唱のピアスの揺れや星月夜 環順子 遠嶺 199912  
慣れて来し目に満目の星月夜 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
地震の街空広くして星月夜 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
シャルトルの青を隔てし星月夜 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
星月夜アブラカタブラ象がめ 黒田さつき 船団 199912  
観覧軍音なく廻る星月夜 北川とも子 ぐろっけ 199912  
高原の草の香やすし星月夜 内田雅子 馬醉木 200001  
門限を守らぬ寮生星月夜 飯沼孝男 200001  
成仏を祈るしかない星月夜 大平保子 いろり 200001  
誕生日真白き卓の星月夜 林友次郎 遠嶺 200001  
その中に虚子も在せり星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200002  
宇宙葬などにあこがれ星月夜 山口速 200002  
星月夜山の湯宿も寝しづまり 二瓶洋子 六花 200003  
星月夜これが最後の小鬼かな わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
星月夜地震娘が今日もゆく わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
気があるといわれて気になる星月夜 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
時どきはマントにかくす星月夜 三宅やよい 玩具帳 200004  
時々はマントにかくす星月夜 三宅やよい 玩具帳 200005  
いじめっ子いぢめられっ子星月夜 塩見恵介 虹の種 200005  
忘れゐし夜空仰ぎぬ星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
又思ふ三瓶の旅路星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
星月夜はるか偲べば旅心 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
一つ星欠けしと思ふ星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
星月夜心に栞る旅路あり 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
彼偲ぶ心すなはち星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
星月夜旅の心に触れにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
三瓶野の眼下漆黒星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200008  
階は天への一歩星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200008  
その中に虚子も在せり星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200008  
掌の上の薬壺が星月夜 岡井省二 200008  
星月夜ここは人魚の現る礁 福村壽子 京鹿子 200008  
星月夜波さらさらと時きざむ 朝妻力 俳句通信 200009  
父の靴全てを並べ星月夜 櫂未知子 船団 200009  
天上にまさる湖上の星月夜 鷹羽狩行 200010  
窯焚きの火色窺ふ星月夜 福山悦子 円虹 200010  
透きとほる佐久の笛きく星月夜 遠藤和子 俳句通信 200010  
ゆつくりと己れ澄みゆく星月夜 小澤克己 遠嶺 200011  
嬰の名のすぐに決りし星月夜 下田水心子 円虹 200011  
よく眠る児の靴を干す星月夜 高野清風 春耕 200011  
サーカスに招待されし星月夜 柴田美佐子 いろり 200011  
星月夜森の容に闇生れ 大森井栖女 馬醉木 200012  
星月夜G線で彈くバイオリン 佐々木溪村 遠嶺 200101  
蜘蛛の巣に顔をなぜられ星月夜 河合笑子 あを 200101  
星月夜バンドネオンの釦数 鳥居秀雄 200101  
ご褒美に撫でてもらいぬ星月夜 津田このみ 船団 200102  
河口へは寄す波ばかり星月夜 上崎暮潮 ホトトギス 200103  
湯に誘ふ隣同志や星月夜 丸田安子 酸漿 200103  
高原の天の近さの星月夜 丸田安子 酸漿 200103  
天の夫どこかに紛れ星月夜 品川鈴子 船出 200104  
星月夜神話を空になぞりけり 石山惠子 遠嶺 200105  
ちちははの国に寝惜しみ星月夜 鷹羽狩行 十三星 200105  
星月夜巨船の水尾の白々と 稲畑廣太郎 ホトトギス 200108  
クルーズの夜を遠ざけて星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200108  
星月夜山気霊気となりて降る 稲畑廣太郎 ホトトギス 200108  
星月夜いよいよ白き君の肌 稲畑廣太郎 ホトトギス 200108  
太陽系第三惑星星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200108  
水割りの氷からりと星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200108  
瀬戸内の島々縫うて星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200108  
甲板に寝て宙学ぶ星月夜 品川鈴子 ぐろっけ 200108  
寄り添うて鹿眠りしや星月夜 石田邦子 祭笛 200109  
島の子の寝息安かれ星月夜 石田邦子 祭笛 200109  
ほろ酔ひの送られ帰る星月夜 前田達江 200110  
星月夜波音近き由良の宿 谷野由紀子 俳句通信 200110  
星月夜防犯灯のうつとおし 山田六甲 六花 200110  
百二十坊の静まる星月夜 福井鳳水 円虹 200110  
露天風呂肌さすほどの星月夜 松本米子 あを 200110  
星月夜ガラスの魚の跳ねてゐる 花島陽子 遠嶺 200111  
黒猫の居着いてしまひ星月夜 関薫子 百鳥 200111  
星月夜水路に水の戻りきし 夏秋明子 火星 200111  
星月夜たくらむものに山の池 豊田都峰 京鹿子 200111  
星月夜別るるために会ひに来し 酒井多加子 俳句通信 200111  
星月夜しまひ忘れの醤油樽 中島陽華 200111  
星月夜北洋目指す漁船団 小林光美 春耕 200111  
星月夜民謡を聞く外風呂に 小林光美 春耕 200111  
原生林神代ながらの星月夜 永井房代 200112  
鬼押の鬼の息吹ける星月夜 大島康弘 銀化 200112  
はじまりもをはりもしづく星月夜 暮岸江 銀化 200112  
星一つ二つ忽ち星月夜 橋本佐智 円虹 200112  
山かけて点る集落星月夜 橋本佐智 円虹 200112  
星月夜山小屋の灯もまたたけり 佐藤真次 200112  
星月夜仰ぎゐる子の髪冷えて 柳生千枝子 火星 200112  
人肌のコンクリートや星月夜 小田さやか 船団 200112  
鍋に縁あつていよいよ星月夜 林朋子 船団 200112  
生れたての詩の感触星月夜 小澤克己 遠嶺 200112  
星月夜ぼんぼり果てるまで歩く 今井松子 遠嶺 200112  
星月夜風のニンフと杯交はす 関口幹雄 遠嶺 200112  
父母の出会ひを聴きし星月夜 祐森彌香 遠嶺 200112  
鍵穴に鍵のすんなり星月夜 芝宮須磨子 あを 200112  
伝へたき言葉あふれて星月夜 川端和子 星月夜 200112  
馬も寝し南部曲家星月夜 小島左京 ホトトギス 200201  
函館の夜景栞りて星月夜 林峰春 ホトトギス 200201  
王朝の華やぎ今に星月夜 林日圓 京鹿子 200201  
星月夜ガラスの靴の脱ぎしまま 田渕昌子 京鹿子 200201  
藻を擦つて舟戻り来し星月夜 伯井茂 春耕 200201  
迷ひ込みし蝙蝠放つ星月夜 小野タマ枝 酸漿 200201  
惜しまれて犀ゆきにけり星月夜 石脇みはる 200201  
忍び音は胡弓か風か星月夜 遠藤和彦 遠嶺 200201  
千年は杉にも永し星月夜 高山瑞恵 200201  
音の無き崩壊画面に星月夜 岡本幸枝 ぐろっけ 200201  
亡き父の日記ひもとく星月夜 大久保白村 ホトトギス 200202  
二万人歌ふ祈りの星月夜 奥田智久 ホトトギス 200202  
殉教の島に来て泊つ星月夜 松崎鉄之介 200202  
語りたき母の星どれ星月夜 進菁亀 円虹 200202  
草稿の手ごたへのあり星月夜 関口幹雄 遠嶺 200202  
詩に遊ぶ心を冬の星月夜 小澤克己 遠嶺 200203 祝・川端和子句集『星月夜』
星月夜帰宅の夫に呼び出され 大山妙子 酸漿 200203  
天梯を登りて捉む星月夜 北村きみ子 ぐろっけ 200204  
遥か来し証一天星月夜 稲畑汀子 ホトトギス 200208  
健礼門院右京大夫の星月夜 小澤克己 遠嶺 200209  
まつすぐな道あり寒の星月夜 小澤克己 遠嶺 200210  
前頭にかくれ梗塞星月夜 白鳥義岳 帆船 200210  
田の中に一軒の家星月夜 林和子 雲の峰 200210  
工房はかつて分校星月夜 深川知子 雲の峰 200210  
見舞ひたる母の寝顔や星月夜 梅谷昌弘 雲の峰 200210  
まなぶたをやをら閉ぢたり星月夜 西澤ひで子 遠嶺 200211  
影絵師の少年の指星月夜 半澤佐緒里 百鳥 200211  
山里に闇倒れ込み星月夜 中村洋子 風土 200211  
水族館夜の探検や星月夜 森田百合子 帆船 200211  
庭下駄に吊橋渡る星月夜 岡本直子 雨月 200211  
富士の嶺の二タ夜泊りの星月夜 密門令子 雨月 200211  
病床を軋ませて寝る星月夜 守屋井蛙 酸漿 200211  
つながれし舟に旅情や星月夜 小澤克己 遠嶺 200212  
繙けばエロス溢るる星月夜 宮澤さくら 遠嶺 200212  
モノクロの昔話や星月夜 三沢蘭 遠嶺 200212  
きらめきに太古の声す星月夜 遠藤タミ子 京鹿子 200212  
星月夜赤毛のアンは今も好き 関薫子 百鳥 200212  
句心をはぐくみくるる星月夜 吉田眞弓 雨月 200212  
星月夜カタカナ多き馬太伝 芳賀雅子 遠嶺 200212  
星月夜アトムの歌の届くらん 片山茂子 遠嶺 200212  
イスパニア文字の楽器や星月夜 寺内佶 遠嶺 200212  
一点の吾無限なる星月夜 宮崎正 ホトトギス 200301  
見るほどに吸ひ込まれゆく星月夜 宮崎正 ホトトギス 200301  
市庁舎の尖塔しるき星月夜 塩田博久 風土 200301  
東から西への旅や星月夜 江坂衣代 百鳥 200301  
方法はいくらでもある星月夜 江坂衣代 百鳥 200301  
師の訃報夢であれかし星月夜 五十嵐美穂 帆船 200301  
星月夜向ひの島の灯は消えて 木内美保子 六花 200301  
式典の師の威厳あり星月夜 田澤初枝 遠嶺 200302  
星月夜遠野河童の河光る 大川嘉智香 築港 200302  
福建にて天目を買ふ星月夜 松崎鉄之介 200302  
松籟のさまよふ大地星月夜 千原叡子 ホトトギス 200302  
暮しの灯減りゆく町や星月夜 木場田秀俊 200303  
3分間写真出てくる星月夜 浦川聡子 水の宅急便 200305  
父と肩並べて野辺の星月夜 大谷茂 遠嶺 200306  
うす蒼き玻璃戸のふるへ星月夜 若生まりあ 遠嶺 200306  
三瓶野の句碑の伽とも星月夜 桑田青虎 ホトトギス 200307  
虚子の星いよいよ燃えて星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200308  
鬼太鼓の谺す能登の星月夜 竹貫示虹 京鹿子 200308  
湯上りの髪を乾かす星月夜 大柳篤子 雲の峰 200309  
星月夜野の全面にして寝落つ 渡邉友七 あを 200309  
あれオリオンこれカシオペア星月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200310  
魔術師の鞄妖しく星月夜 白井墨絵 遠嶺 200310  
せせらぎの音高まりぬ星月夜 若山実 雲の峰 200310  
星観るに時刻大切星月夜 宮津昭彦 200310  
貳千円札綺麗と思ふ星月夜 山田六甲 六花 200310  
集魚灯海峡埋む星月夜 岡田有峰 築港 200311  
星月夜島の灯目指しフエリー航く 岡田有峰 築港 200311  
ふる里へ夜行バスなる星月夜 藤沢園枝 帆船 200311  
チャルメラの音うらがへる星月夜 木下節子 雲の峰 200311  
潮騒に覚めてふるさと星月夜 田所洋子 雨月 200311  
玄関に波のひた寄す星月夜 中田みなみ 200311  
星月夜優しき名こそめでたけれ 小澤克己 遠嶺 200311 祝・田中聡子さん初子誕生
源流はきつとあるはず星月夜 府川房江 遠嶺 200311  
ひと差しの舞深々と星月夜 小澤克己 遠嶺 200312  
良きことも悪しきも過去や星月夜 加賀富美江 遠嶺 200312  
星月夜テントに人の溢れ出す 加藤峰子 200312  
星月夜仰げば孤独深むのみ 近藤豊子 雨月 200312  
路地裏にチョークの線路星月夜 徳永真弓 百鳥 200312  
手を打つて呼び戻されし星月夜 青山悠 200312  
通夜出でて遠き日思ふ星月夜 田中眞由美 ぐろっけ 200312  
星月夜燃ゆる一つは夫ならむ 鮎川富美子 200401  
千代紙を貼りし空箱星月夜 杉江美枝 百鳥 200401  
星月夜床屋帰りの細き眉 林裕美子 六花 200401  
せせらぎと風の曝き星月夜 斉藤豁子 築港 200401 星月夜 →2

 

2014年8月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。