3     100句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
思ひつきり柿食ふ鵯をおどしたき 久津見風牛 200802  
柿熟るるを鵯まつさきに告げにけり 和田絢子 春燈 200802  
鵯の来て澄む空揺らす金鈴子 西山美枝子 酸漿 200803  
鵯の音を運ぶ風あり黄水仙 林翔 200804  
鵯に囃され熟れし実万両 波田美智子 火星 200804  
いくたびも鵯のくる日や春の雪 根橋宏次 やぶれ傘 200804  
鵯たてば目白すぐくる針祭 森茂子 火星 200805  
ひとり居のガラス戸鵯がノックする 恒成久美子 ぐろっけ 200805  
風も無き空ゆれわたる鵯の声 林翔 200812  
鵯鳴いて石仏まなこ細めけり 小城綾子 200812  
ひとしきり鵯の喧騒ピラカンサ 竹内弘子 あを 200902  
御文庫の白壁過る鵯一羽 小林玲子 ぐろっけ 200902  
鵯と共に消えたり木守柿 中島伊智子 酸漿 200903  
春立つ日鵯の良き声聞きゐたり 東芳子 酸漿 200904  
冬の鵯断固動かず声上げず 小島昭夫 春燈 200904  
元日に鳴かぬは鵯も休日か 泉田秋硯 200904  
岩の秀をわたる磯鵯風ひかる 手島靖一 馬酔木 200905  
咲き残る梅に群れ来し鵯の声 古川さかえ 酸漿 200906  
もう鵯の来る色見せてさくらんぼ 菊地英雄 酸漿 200907  
鵯や紅葉をぬけて湖の上に 八田木枯 晩紅 200908  
餌を運ぶ鵯賑はしき梅雨晴間 浅野恵美子 酸漿 200909  
柿の木に鵯の大声あげゐたる 滝沢伊代次 万象 200909  
立秋の池に鵯来て水をあぶ 三浦カヨ子 酸漿 200911  
ワープロを叩けば響く鵯こだま 上原重一 200912  
鵯の渡りはじまるころや俄か寒 中條睦子 万象 200912  
湿原へ至る林道鵯花 伊藤紫都子 201001  
隠国の空や初瀬の鵯しぐれ 鶴原妙 ろんど 201002  
冬日和森澄み渡る鵯の声 増田八重 酸漿 201002  
六甲の山模る句碑に鵯遊ぶ 小林玲子 ぐろっけ 201002  
柿の実を鵯つつきをり師の忌日 山口素基 万象 201002  
鵯の高鳴く古刹森深き 石川元子 酸漿 201002  
鵯よぎる影のあとより声のして 服部早苗 201002  
赤門を入りてよりの鵯の声 後藤とみ子 ぐろっけ 201002  
千両に鵯の早業見たりけり 田中喜久子 酸漿 201002  
相和してイヒギリの紅鵯の笛 田中貞雄 ろんど 201002  
初鵯の椿に群れて甘えごゑ 三嶋隆英 馬醉木 201003  
冬の鵯食はざるものも啄めり 水上陽三 201004  
鵯の来て総翔ちの寒雀 根岸善行 風土 201004  
旅に干す蜜柑の皮に鵯の来て 廣瀬雅男 やぶれ傘 201005  
鵯のゐて夜明にゆらす雪椿 阿部ひろし 酸漿 201005  
鵯の飛び立つ声の淑気かな 隅田恵子 雨月 201005  
つぶやきを漏らす鵯春の雪 林佳枝 酸漿 201005  
鵯の声ひときは高し朝桜 石川元子 酸漿 201006  
春泥を踏みて鵯越の径 坂根宏子 201006  
天空に鵯の飛び交ふ桜かな 天田美保子 酸漿 201007  
鴉の子鵯鳩雀に圍まるる 佐藤喜孝 あを柳 201007  
楊貴妃ざくら鵯黙にして啄ばめり 持田信子 春燈 201007  
鵯の鳴きつつ過る梅雨の雨 大野ツネ子 酸漿 201009  
秋立つ日鵯に追はるる蝉のあり 家塚洋子 酸漿 201012  
鵯の去りて始まる日暮かな 赤座典子 あをかき 201012  
松の空鵯啼く朝となりにけり 田中臥石 末黒野 201012  
山道を迷ひ鵯花の中 天野美登里 やぶれ傘 201101  
鵯渡る伊良虞に又も湧きたちて 大橋淳一 雨月 201101  
鵯のとびかひに池涸れゆけり 山尾玉藻 火星 201101  
鵯の席捲したる茶臼山 大橋晄 雨月 201101  
幼稚園バスを降りる子鵯のこゑ 丑久保勲 やぶれ傘 201102  
鵯鳴くや波郷知る者みな老いて 片桐てい女 春燈 201102  
鵯鳴けば広目天の筆動く 宮田香 201102  
枯枝に刺されし柿に鵯通ふ 赤座典子 あをかき 201102  
袴着の子に鵯のはやし鳴く 谷村祐治 雨月 201102  
春兆す磯鵯が鳴廂 伊藤いな栄 酸漿 201105  
鵯に縄張りのあり梅の花 大山文子 火星 201105  
亀鳴けり餌を横盗りの鵯と鯉 上原重一 201105  
連翹を啄む鵯の嘴覗く 浅野恵美子 酸漿 201106  
飛石に鵯落とす紅椿 天野美登里 やぶれ傘 201107  
北窓の明るくなれり鵯の恋 中條睦子 万象 201110  
指先に極細の棘鵯のこゑ 丑久保勲 やぶれ傘 201201  
雨去れば鵯湧く三井に湖展け 中原吟子 雨月 201202  
熟れ柿をいただきますと鵯の鳴く 府川昭子 春燈 201203  
本堂の風鐸古び鵯鳴けり 佐藤喜仙 かさね 201203  
せめぎあふ鵯と鴉や建国の日 大坪景章 万象 201205  
鵯鳴けば広目天の筆動く 宮田香 故郷 201207  
ブルーベリー鵯が啄む異変かも 早崎泰江 あを 201209  
鵯騒ぐ洗濯機にもエコマーク 赤座典子 あを 201211  
外に出でよ誘ひしきりの鵯こだま 上原重一 201212  
鵯の警戒警報発令中 赤座典子 あを 201212  
鵯の声醒めぎはの夢真二つに 服部早苗 201212  
渡る鵯波にのまみな伊良湖岬 大橋淳一 雨月 201301  
二千余年の史を積む社鵯騒ぎ 大橋晄 雨月 201301  
派手に干す夜具の赤きを鵯猛る 廣畑忠明 火星 201301  
和するごと子供等の声鵯の声 佐藤喜仙 かさね 201301  
鵯の声老多き街に響きけり 佐藤喜仙 かさね 201301  
木守柿残りついばむ鵯の群れ 後藤克彦 かさね 201302  
天辺を取りては叫ぶ鵯の群 三村紀子 万象 201303  
柿喰うて鳴くだけ鳴けり鵯の群 藤原千代子 万象 201303  
千両も万両も食ひ鵯騒ぐ 中村ふく子 201303  
朝の鵯かの西空をふるさとに 井上信子 201303  
小寒の窓を貫き鵯の声 紅谷芙美江 万象 201304  
雀来て鵯来て日脚伸びにけり 藤原若菜 春燈 201304  
極寒の肚をしぼりし鵯の声 鳳蛮華 201304  
強東風を捉へ鵯一直線 大内和憲 火星 201306  
鵯に季節移ろふこと早し 稲畑汀子 ホトトギス 201310  
鵯の声とて来馴れをりしもの 稲畑汀子 ホトトギス 201310  
鵯や土蔵を覆ふ椿の木 柴田佐知子 201311  
鵯の二人暮しを覘き込む 赤座典子 あを 201312  
大宮の鵯が鵯追ふ秋しぐれ 原田しずえ 万象 201401  
千両も万両も鵯容赦なし 池田かよ ぐろっけ 201402  
ひと鳴きで鵯の飛び去る寒の入り 大島英昭 やぶれ傘 201403  
鵯にひもじき春の空ばかり 山田六甲 六花 201404  
雪の中鵯の声透き通る 早崎泰江 あを 201404 鵯→1

 

2020年10月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。