2    100句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
柿の実に鵯の群がり連山晴れ 田中藤穂 あを 200403  
沙羅咲いて幾度か聞く鵯の声 中里カヨ 酸漿 200403  
旋回し急降下して鵯渡る 佐藤淑子 雨月 200403  
訪ふは鵯ばかり大旦 早崎泰江 あを 200403  
鵯のこゑに歳晩の日の上る 川上美穂子 酸漿 200403  
鵯の声日に日に長く藪椿 岩瀬満里子 草の花 200403  
ながながと鵯の夕鳴き春隣 柴崎英子 200404  
鵯立ちしあとの揺ぎや花八手 井出やすはる 酸漿 200404  
塚守としての饒舌番鵯 館容子 200404  
一陽来福鵯来て家をゆさぶりぬ 田村みどり 京鹿子 200404  
秋耕の畑なにを撒く鵯の声 中里カヨ 酸漿 200406  
初午の供物を鵯がさらひけり 小山漂葉 酸漿 200406  
雀よりすこし高きへ鵯番 佐藤恭子 あを 200406  
磯鵯の忘我の歌に近く立つ 小田司 馬醉木 200407  
鵯のちぎりし落花犀星碑 鈴木厚子 栴檀 200407  
やまももに来る鵯朝をきれいにす 上野さち子 ぐろっけ 200407  
首欠けの羅漢へ鵯の声しきり 若泉真樹 「瑠璃」 200407  
木犀の大傘暗し鵯のこゑ 阿部ひろし 酸漿 200412  
鵯どもが難波をとこの死を囃す 伊藤白潮 200412  
鳩すずめ鵯も待つてる月まゐり 丸山佳子 京鹿子 200412  
鵯の縄張の中歩きけり 後閑達雄 対岸 200501  
鵯の屋敷林へ毎朝来る 椙山正彦 200502  
鵙真似る鵯の機嫌の日和かな 杉山瑞恵 雨月 200502  
鵯越旗の如くに枯芒 村井久美子 200502  
磯鵯の胸のいろ濃し秋の果 永田二三子 酸漿 200503  
春禽の一鳥として鵯一羽 朝妻力 雲の峰 200503  
鵯鳴くや欅の径に寺いくつ 平野無石 200503  
鵯鳴けり森に三十超す古墳 仙石君子 雨月 200503  
梔子の実を食ひこぼし鵯翔てり 須永トシ 栴檀 200503  
冬至祝ぐなれ樟の鵯きいききと 浅井青二 雨月 200504  
鵯一声深雪の庭にひびきけり 金居欽一 万象 200504  
稗入り飯いまは贅沢鵯猛る 山元志津香 八千草 200504  
木守柿鵯のとり合ふ声ひびく 朱宮史郎 六花 200504  
鵯の嘴の跡金柑に 須賀敏子 あを 200504  
枝潜り来たるは鵯か椿吸ふ 浜福恵 風土 200505  
鵯の啄みし萵苣掻きにけり 吉田康子 火星 200505  
初声は磯鵯と記しけり 丸田安子 酸漿 200506  
ぴいぴいと鵯の高鳴き庭にあり 松尾緑富 ホトトギス 200506  
こもごもに鵯金柑を啄みに 松尾緑富 ホトトギス 200506  
鵯の啄ばみ落す真赤な実 大高芭瑠子 炎夏 200507  
天辺に鵯乗るしだれ桜かな 浜和佳子 百鳥 200508  
磯鵯の梅雨入まへなる囀か 阿部ひろし 酸漿 200508  
鵯越の谷をふはりと黒揚羽 堀田清江 雨月 200509  
鵯のこゑただに枯萱の山を見る 瀧春一 菜園 200509  
鵯の森名知らぬ鳥の声まじへ 能村研三 200511  
鵯の声のほがらや少林忌 桑久保奈美子 酸漿 200512  
鵯花はやくも絮をかざしけり 田宮勝代 酸漿 200512  
鵯花四阿の裾かこひけり 松崎鉄之介 200512  
鵯鳴けば人も囁く水音沿ひ 松村多美 四葩 200601  
縄張を死守する鵯のみかん園 新田巣鳩 馬醉木 200601  
鵯来鳴く彼方うすうす地震雲 相沢有理子 風土 200602  
鵯の声を頭上に柚子を捥ぐ 長田秋男 酸漿 200602  
甲高く鵯飛び立てり朴落葉 早崎泰江 あを 200602  
黄落を突つ切る鵯の速さかな 大坪景章 万象 200603  
まだきより鵯の高鳴く霜の畑 木山白洋 馬醉木 200603  
鵯も庭に来てをり初句会 高木千鶴子 酸漿 200603  
鵯の声のしきりや花吹雪 水野加代 万象 200603  
鵯飛べり林中に冬日あればなほ 三関浩舟 栴檀 200603  
鵯の触れざる椿選びけり 赤座典子 あを 200604  
鵯に何のもめごと落椿 篠田たもつ 対岸 200604  
鵯飛んで影の遅るる崩れ簗 迫田白庭子 百鳥 200604  
赤き実を鵯ながめをる初景色 北島上巳 酸漿 200604  
二ン月の鵯上戸空の青 石脇みはる 200604  
つくばひに鵯が来て水温む 南原正子 酸漿 200605  
春雨といふには激し鵯の声 渋谷ひろ子 酸漿 200605  
桜新樹鵯と山鳩入れ替り 守屋井蛙 酸漿 200606  
鵯の枝をはなれず春の雨 大山妙子 酸漿 200606  
花好きの残りて花の中の鵯 西山美枝子 酸漿 200606  
鵯も花を待ちしか飛び来たる 海老名ムツヱ 酸漿 200606  
家に来て子に餌を与ふ鵯の親 籾山和子 酸漿 200610  
鵯の庭いつぱいに鳴きにけり 滝沢伊代次 万象 200610  
鵯の二羽ほど翔てり葡萄棚 竹内弘子 あを 200612  
鵯のこゑ背に正午を黙祷す 高田令子 200612  
茣蓙敷いて庭師まろび寝鵯の昼 野沢しの武 風土 200702  
鵯来て十羽飛び去る寒雀 松崎鉄之介 200703  
どんよくに蜜吸ふ鵯や紅椿 坂上香菜 時流 200703  
群れ咲ける紅佗助に鵯も来る 松崎鉄之介 200703  
鵯の嘴みかんの汁の光りをり 早崎泰江 あを 200704  
初声の鵯よ千両食べてゆけ 大島翠木 200704  
鵯のひいよひいよと寒の明 黒田咲子 200705  
鵯の落としてゆきし椿かな 君塚敦二 春燈 200705  
鵯のこゑ高麗王廟を離れざる 瀧春一 200706  
初櫻上枝下枝に鵯飛来 佐藤恭子 あを 200706  
ゆすら熟れ鵯たちとまた根競べ 阿部ひろし 酸漿 200707  
岩に立ち磯鵯が見栄を切る 三村禮子 酸漿 200707  
コンビニの明かりの傍に鵯そだつ 森理和 あを 200709  
呼鈴押す鵯上戸の花仰ぎ 平田すみ子 風土 200709  
巣立ち鵯身じろぎもせず三羽寄る 森理和 あを 200709  
削ぎ立てる鵯越や瑠璃鳥のこゑ 石田厚子 馬醉木 200710  
起き伏しに鵯越の芒活け 品川鈴子 ぐろっけ 200710  
手繰ればある鵯上戸花も実も 松崎鉄之介 200712  
出石白磁に鵯上戸適ひけり 松崎鉄之介 200712  
掛花にと鵯上戸持ちゆけり 松崎鉄之介 200712  
瓶に挿せる鵯上戸長く持つ 松崎鉄之介 200712  
植木屋の帰りて鵯の声透る 早崎泰江 あを 200712  
鵯(ひよ)の下をみな二人の長話 小林清之介 風土 200712  
不作法に鵯がついばむみむらさき 斎藤道子 馬醉木 200801  
地の神の屋根に鵯来て暗きゐたり 木野本加寿江 火星 200801  
怠け癖そしらる鵯の高鳴きに 奈辺慶子 雨月 200801  
鵯が来て夕日まみれの池光る 木内美保子 六花 200802 鵯→3

 

2020年10月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。