蛇の衣 1     100句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
発熱の兆しか蛇の衣揺るる 水原春郎 馬醉木 199807  
何せむと持ち帰りたる蛇の衣 塩田博久 風土 199809  
水の鳴る方へ脱ぎたる蛇の衣 高木良多 春耕 199901 八尾町
蛇の衣の如く癌の身脱ぎたかり 三浦勲 199902  
四代を住み古りし垣蛇の衣 松崎鉄之介 199908  
蛇の衣つまみ秤に乘れる人 中原道夫 銀化 199908  
鞍馬路の風立ちさわぎ蛇の衣 水谷芳子 雨月 199908  
蛇の衣の頭がこちら向いてゐる 大橋敦子 雨月 199909

「あらうみ」誌

七百号に寄せて

蛇の衣蛇行のいのちなかりけり 大橋敦子 雨月 199909  
頭より欠くるなかりし蛇の衣 大橋敦子 雨月 199909  
月蝕やからくりを解く蛇の衣 田山登喜子 199910  
つはものの墓袈裟懸に蛇の衣 岡本明美 俳句通信 199910  
蛇の衣ぞくりとしたる長さかな 大橋淳一 雨月 199911  
羅にちがひなかりし蛇の衣 後藤比奈夫 ホトトギス 199911  
埒もなき死後のことなど蛇の衣 河口仁志 200001  
本尊は知らぬ存ぜぬ蛇の衣 鈴鹿百合子 京鹿子 200001  
まどろんでいただけなのに蛇の衣 河西志帆 京鹿子 200001  
蛇の衣のあまりに軽く運ばるる 稲田眸子 「絆」 200005  
庭裏の垣に五尺の蛇の衣 内藤八重 俳句通信 200008  
おさがりも早や小さくなり蛇の衣 年森恭子 ぐろっけ 200009  
乳色の夜明の湾や蛇の衣 菅原鬨也 200011  
蛇の衣かなしきまでに全かり 山田弘子 円虹 200011  
横たへて徹頭徹尾蛇の衣 山田弘子 円虹 200011  
蛇の衣その後知らぬは怠惰とも 宇都宮滴水 京鹿子 200011  
散歩路にゆふべ無かりし蛇の衣 塩出眞一 ぐろっけ 200012  
蛇初めての衣を脱ぐ微熱かな 桐木榮子 船団 200102  
毀れゆく誓子居に蛇衣を脱ぐ 品川鈴子 船出 200104  
武蔵の地鴨居の蛇の衣五尺 大橋敦子 雨月 200106  
あとかたもなくて城址や蛇の衣 酒井多加子 俳句通信 200108  
しどけなく山雨が流す蛇の衣 能村登四郎 200108  
フェンスにいつより絡む蛇の衣 田中呑舟 火星 200108  
蛇の衣より天水の流れ出づ 望月周 百鳥 200108  
平らには畳めぬ蛇の衣二尺 安部和子 雨月 200109  
蛇衣を脱ぐ湯どころの石の上 村越化石 200109  
日の暈のがらんどうなる蛇の衣 水野恒彦 200109  
蛇の衣たためぬ過去のありにけり 山県總子 銀化 200109  
教室に戯れの結界蛇の衣 泉田秋硯 200109  
錦蛇仰天の衣遺しけり 泉田秋硯 200109  
磐石に脱ぎて全き蛇の衣 永野秀峰 ぐろっけ 200109  
奥美濃にはなやぐ蛇の衣のあり 奥田節子 火星 200109  
地平線を跨いでをりぬ蛇の衣 坂本敏子 京鹿子 200110  
美しき蛇の衣打つ山雨かな 岡本明美 俳句通信 200110  
風筋の黄蘂山の蛇の衣 石脇みはる 200111  
脱ぎたてのまだ生乾き蛇の衣 有吉桜雲 200204  
ゆきゆきて柵かかる蛇の衣 関口ゆき あを 200206  
蛇の衣揺れて茶柱立つてをり 松原仲子 200207  
屋敷森屋守の蛇の衣さがる 関口ゆき あを 200207  
裏付けになるものたとへば蛇の衣 蔵持柚 銀化 200208  
生臭き臭ひ残せる蛇の衣 谷榮子 雨月 200208  
なまなまし蛇の衣見て山開 皆川盤水 春耕 200208  
蛇の衣身分さだかに鱗紋 小野寺節子 風土 200208  
断崖に日矢の一線蛇の衣 筏愛子 200208  
宝塔を背ラにしたる蛇の衣 延広禎一 200209  
義民の碑の髭題目に蛇の衣 伊藤京子 200209  
蛇の衣ときをり虹のいろ放つ 加藤みき 200209  
蛇の衣みだらな性をさらけ出す 篠田純子 あを 200209  
山祇の高床下に蛇の衣 久保田由布 ぐろっけ 200209  
蛇の衣一尾を有す五十年 寺島順子 雨月 200210  
雨催ふ哲学堂の蛇の衣 小山徳夫 遠嶺 200211  
象谷に掛りて白き蛇の衣 金森教子 雨月 200211  
川風のかよひ始めの蛇の衣 山尾玉藻 火星 200306  
昼過ぎのまだ濡れてゐる蛇の衣 天野きく江 200307  
日おもてにふつと息抜く蛇の衣 及川茂登子 対岸 200308  
大峯やそちにこちにと蛇の衣 大橋敦子 雨月 200309  
蛇行ややちぢまってゐて蛇の衣 大橋敦子 雨月 200309  
蛇の衣のペンダントして賞得たり 山上カヨ子 200309  
光悦垣脱ぎそこねたる蛇の衣 宇都宮滴水 京鹿子 200310  
蛇の衣雨にほとびてゐたりけり 金森教子 雨月 200310  
蛇行癖遺ってをりし蛇の衣 大橋敦子 雨月 200310  
少年の掌にしろじろと蛇の衣 坂田富佐雄 200310  
羽衣かいや今生の蛇の衣 富沢敏子 200310  
女抓むまだ濡れて居る蛇の衣 斉藤陽子 雨月 200311  
新生を托してかろし蛇の衣 島崎晃 遠嶺 200401  
目出度さは全長といふ蛇の衣 島崎晃 遠嶺 200401  
蛇の衣畳に伸ばす子の身長 島崎晃 遠嶺 200401  
観世音菩薩の膝に蛇の衣 西野通代子 築港 200408  
流し目にまだ濡れてをる蛇の衣 延広禎一 200408  
蝋涙の如くにありぬ蛇の衣 森田博 200408  
蛇の衣火伏の松に架かりけり 石田野武男 万象 200408  
蛇の衣お菊の井戸の石組みに 志水芳秀 京鹿子 200409  
蛇の衣踝濡れてゐたりける 雨村敏子 200409  
完璧のまだ濡れゐるか蛇の衣 北川英子 200409  
深山路の風強かりき蛇の衣 柴田靖子 200409  
柔肌と異る湿り蛇の衣 森下賢一 春燈 200409  
穴だらけの石垣なりし蛇の衣 大島翠木 200409  
蛇の衣山河見下す松の枝に 戸栗末廣 火星 200409  
草の根に顎をのせたる蛇の衣 大坪景章 万象 200410  
古寺へ歩を返し行く蛇の衣 加茂志津子 帆船 200411  
樽茶室纏ひしものに蛇の衣 桑田青虎 ホトトギス 200412  
蛇の衣記憶の底をくつがへす 宇都宮滴水 京鹿子 200505  
蛇の衣草の途方にくれてをり 齊藤實 200508  
蛇の衣見たくなく又見てみたく 大橋敦子 雨月 200508  
脱ぎ捨てて畦道塞ぐ蛇の衣 三浦如水 ぐろっけ 200508  
脱ぎたての風生ぬるき蛇の衣 安藤しおん 200509  
蛇の衣蛇紋ありあり残りをり 大橋麻沙子 雨月 200509  
たたうより取り出だしたる蛇の衣 大橋敦子 雨月 200509  
蛇の衣まがまがしとも美しきとも 樺山翠 雨月 200509  
山門の扉にかかり蛇の衣 野上智恵子 万象 200510  
蛇の衣中身はどこぞ目の泳ぐ 金國久子 遠嶺 200510  
蛇の衣道草の子に囲まれし 原田しずえ 万象 200510 蛇の衣→2

 

2020年5月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。