季語のリクエストお待ちしています。

 


稲架 1  100句

汽罐車の火夫に故郷の夜の稲架    大野林火

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
通し稲架の隠岐に鹿垣見ざるなり 松崎鉄之介 199811  
稲架幾重木曽の郎党集ふごと 磯崎兼久 199811  
稲架晴れや大き薬罐と吾子がくる 小澤克己 遠嶺 199812  
稲架掛けて過去と未来を振り分ける 小澤克己 遠嶺 199812  
稲架襖代官屋敷を十重二十重 棚井文江 199901  
棒稲架の並ぶ限りを星月夜 野原春醪 馬醉木 199902  
稲架を解く遠き社に日章旗 古屋道子 199902  
神の田の二重三重なる稲架襖 藤原かかし 199904  
水郷の鯰屋かこむ稲架明り 皆川盤水 高幡 199905  
棒稲架に蔵王の風の鳴つてをり 鈴木夢亭 塩屋崎 199910  
千枚田一つ一つに稲架置いて 保坂加津夫 いろり 199910  
歩くことなき歩を揃へ稲架の馬 田中美幸 199911  
甲斐駒や棚田に稲架の屏風立つ 阿部悦子 酸漿 199911  
稲架懸けて一番星を飾りけり 春川暖慕 銀化 199911  
病む母に時をり弾け大豆稲架 中田ゑみこ 馬醉木 199912  
日は海へ没りけり稲架の匂ふなる 粕谷澄 馬醉木 199912  
稲架襖立ち余りたる筑波濃し 木山白洋 馬醉木 199912  
竹稲架の竹をがらがら担ぎだす 西村純吉 199912  
筑波嶺の影はいつきに稲架へきし 西村純吉 199912  
畔の上に薬罐がひとつ稲架日和 小澤克己 遠嶺 199912  
棒稲架に風の鳴りたる夕まぐれ 北吉裕子 俳句通信 199912  
高稲架や西へ傾く因幡の日 高橋作之助 俳句通信 199912  
高稲架の川のゆたかに岐れけり 西田美智子 200001  
立山の裾見ゆる日や稲架ほどく 舘林志津子 俳句通信 200001  
稲架襖月夜の雲を湛へをり 宮下本平 200001  
空稲架や鴉来て鳴くだけの棒 宮下本平 200001  
蕎麦稲架にガラシャの里の道細る 福井久生 200001  
稲架組まぬ農となりたり空広き 吉田多美 京鹿子 200001  
海鳴りを封じて稲架の高襖 小澤克己 遠嶺 200001  
稲架解いて日の密室に風通す 小澤克己 遠嶺 200001  
豆稲架のちりちり乾く山日和 木村仁美 馬醉木 200002  
三星堆村の稲架木の祭祀めく 脇本千鶴子 200002  
稲架包むおほらかな日の時間かな 稲辺美津 夏椿 200007  
括りてはぬくさの残る稲架ける 酒本八重 200011  
二の腕のもう脹らまぬ稲架を解く 石井則明 200011  
五能線稲架のごとくに烏賊干せり 佐々木ミツヱ 200011  
稲架を組む青竹の束よく匂ふ 皆川盤水 春耕 200011  
恙無く育ちし稲の稲架撓む 中村静江 酸漿 200012  
青き時忘れぬ稲架でありにけり 横尾桂子 銀化 200012  
組み終へし稲架に掛けある月あかり 田口傳右ヱ門 銀化 200012  
廃鉱や入江の村の稲架匂ふ 山城やえ 春耕 200012  
稲架解くや落暉ひろごる紅の里 和田和子 馬醉木 200101  
稲架解くや立木に戻る榛の丈 鈴木まゆ 馬醉木 200101  
月代や動き出すかに稲架の棒 赤木亜華里 200101  
群稲架に日のあまねしや山の国 武井清子 200101  
男来て捧稲架一本ふやしけり 武井清子 200101  
蕎麦稲架や島になじめる能舞台 春田淳子 俳句通信 200101  
蒼天の稲架を抜け来る遠囃子 稲辺美津 遠嶺 200101  
夕明り川を境に藁塚と稲架 二神節子 200101  
蔵王裾伊達勢めける稲架千余 金升富美子 200101  
浅間嶺の夕映てゐる稲架を解く 井出智恵子 春耕 200101  
稲架の竹一竿として緩みなし 藤田宏 200101  
稲穂垂る稲架は農家の金襖 中川濱子 ぐろっけ 200101  
稲架の馬幾重にも立つ千早村 中川濱子 ぐろっけ 200101  
豆稲架にすぐ山影の来てしまふ 笹倉さえみ 雨月 200102  
空き稲架の縄をきりりと締め直す 栢森定男 あを 200109  
日本海に藁屑流る稲架の上 神蔵器 風土 200110  
山影の来て豆稲架は淋しいぞ 岡本まち子 馬醉木 200110  
早稲の香や高き稲架組む越の国 富田房子 春耕 200110  
あけたてもならず月夜の稲架襖 春川暖慕 銀化 200111  
稲架とれし越の広野に風の音 竹川貢代 春耕 200111  
しばらくはまくあひのなき稲架襖 槐布由子 銀化 200112  
高稲架の真正面なる定置網 岩木茂 風土 200112  
海鳴りや徐福の宮に稲架襖 岩木茂 風土 200112  
顔上げる度に昼月稲架を組む 高村令子 風土 200112  
雨あがり稲架のビニール光り出す 渡辺きよえ 百鳥 200112  
宅地化や陸稲の稲架のまだ残り 菊地英雄 酸漿 200112  
越後路に来て高稲架の星囲ひ 小澤克己 遠嶺 200112  
高稲架の星の匂ひを解きにけり 吉田島江 火星 200201  
忌を二つ修して稲架の辺にありぬ 吉田島江 火星 200201  
稲架昏れて淡海の波のざわざわす 岡和絵 火星 200201  
豆稲架を濡らして峡の日照雨かな 田所洋子 雨月 200201  
黒豆の稲架に日射しの移り来し 志水干代子 雲の峰 200201  
どの稲架も妙義山みようぎを隠し得ずに立つ 宮津昭彦 200201  
稲架日和獣の匂ふ山の里 小田元 六花 200201  
五六本芋茎干したる稲架の先 中山世一 百鳥 200201  
豆稲架に集音マイク向けてゐる 嶋崎茂子 百鳥 200201  
赤シャツの似合ふ青年稲架を組む 佐野幸子 百鳥 200201  
稲架解かれたちまち星の国となる 小澤克己 遠嶺 200201  
稲架の径遊行の僧に遭ひにけり 川口襄 遠嶺 200201  
みちのくの棒稲架の影立ち並ぶ 大塩千代 200201  
古戦場霧が隠せり稲架の馬 久保田由布 ぐろっけ 200201  
山の子の柿稲架くぐる七五三 岸のふ 馬醉木 200202  
大根稲架取り入れ風に明渡す 泉田秋硯 200202  
棚田には棚田に似合ふ稲架を組む 森津三郎 京鹿子 200202  
鞍馬路の峡田細まる高稲架に 鈴鹿野風呂 京鹿子 200202  
山田乍ら豊穣の稲架うちつらね 鈴鹿野風呂 京鹿子 200202  
残照や浜を占めたる大根稲架 井口光石 風土 200202  
稲架のある畑のむかふに安房の海 水田清子 200202  
はるかなる寧けきものに雨の稲架 柏木去孔 200202  
雨の稲架病院の灯の届きをり 柏木去孔 200202  
夕稲架や遠い記憶の中の景 上林孝子 200202  
食べしろの稲架組む翁腰の伸ぶ 岡野峯代 ぐろっけ 200202  
八重垣の稲架の間に間に湖光る 友田直文 200203  
空稲架の向う一番星の出て 有山八洲彦 200203  
豆稲架の影ふくいくと荼毘終る 梶浦玲良子 波小舟 200205  
稲架を組み抱きこむ嶺の大いなる 小澤克己 遠嶺 200209  
稲架しかと組み壮年を肯へり 小澤克己 遠嶺 200209  
新稲架にきて海鳴りの跳ね返る 小澤克己 遠嶺 200209  
稲架襖絶えてみちのく繋がらず 小林呼溪 200210 稲架→ 2

2012年10月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

掲載年月順です。

ご希望の季語又は語彙がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。