初空(初御空) 1     100句

初空の藍と茜と満たしあふ    山口青邨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
海橋の放つ翼や初御空 村上光子 馬醉木 199903  
初空の光まとひて鷹舞へり 藤谷紫映 馬醉木 199904  
初空に残る朝月上京す 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
初空に松風渡るばかりかな 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
初御空日出づる国に生れし幸 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
初空や地震八年は遠からじ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
初御空天与に白きもの降らせ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
初空を飛びて仕事の待つ街へ 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
初空に湧きくる雲の通りけり 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
こぼすものありしと仰ぐ初御空 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
初空へ鳩放たれてはや見えず 鷹羽狩行 200002  
初空や飛行機雲の一文字 太田黒みさ江 酸漿 200003  
機首ぐいと上げて飛び立つ初御空 谷榮子 雨月 200003  
初空を鳩の群飛ぶビルの街 長谷川登美 ぐろっけ 200003  
昇龍の如き噴煙初御空 松崎佐 円虹 200004  
思いきり翼拡げて初御空 北村照子 遠嶺 200008  
初空や皇宮警察詰所前 吉岡久江 火星 200010  
初空の細身の富士や駿河湾 松本米子 あを 200102  
山々の彫りを深くし初御空 大矢和歌子 200103  
初御空小さな夢の動き出す 萩原昭子 風土 200103  
ゆつくりと大路渡りぬ初御空 亀田愚風 銀化 200103  
青鷺のはぐれてをりぬ初御空 大塚禎子 春耕 200103  
雲ひとつ生れ初空の座を得たり 豊田都峰 京鹿子 200103  
傘寿かな瑞雲現るる初御空 河内童楽 六花 200103  
天心に鳶の舞ゐる初御空 河内童楽 六花 200103  
桝酒の角の海鳴り初御空 小宮山勇 遠嶺 200104  
一湾に光のかけら初御空 田中聡子 遠嶺 200104  
初空の背中すいこむたすきかな 久森知子 船団 200105  
初空を来る一鳥の影持たず 小澤克己 遠嶺 200105  
初空の下なる至福惻々と 能村登四郎 羽化 200110  
見飽きたる筈の初空待つてをり 能村登四郎 羽化 200110  
初空や飛行機雲のすぐに消え 宮森毅 六花 200112  
初空を映し嬰の眸透きとほる 川端和子 星月夜 200112  
初空に軽飛行機のとどまれり 森理和 あを 200201  
初御空ひかりにすはれゆく小鳥 吉弘恭子 あを 200202  
初空や山羊も羊もメエと啼く 山田六甲 六花 200202  
みづいろのやがてくれなゐ初み空 鷹羽狩行 200202  
おだやかな松の影ある初御空 和田喜智子 酸漿 200203  
初空に残る榠樝の明あり 夏目満子 酸漿 200203  
初御空杜の深さに日のさして 東芳子 酸漿 200203  
パラグアイ友初空に飛び立てり 片岡静子 200204  
初御空岬に長き馬の影 石山民谷 遠嶺 200204  
初御空社の彫りの青き龍 内藤紀子 遠嶺 200204  
初御空母の寝顔の桜色 高尾豊子 火星 200204  
わが干支の午歳七度初御空 松田欽吾 雨月 200204  
パンドラの箱そつと開く初御空 辻田明 200204  
初御空島々つなぐ大架橋 鰍澤真佐子 春耕 200204  
初空や野の輝きの中にゐて 吉野のぶ子 遠嶺 200205  
初空の無職にワイン酌み交す 斉藤由美子 ぐろっけ 200301  
垂直な眠りより覚め初御空 能村研三 200302  
群鳶の舞なめらかに初御空 富安風生 200302 『卒寿以後』所収
初空へ首を伸ばして軍鶏の鳴く 飯田はるみ 築港 200302  
初御空伊吹の山を遠望す 伊藤政子 築港 200303  
ジェツト機が車輪を畳む初御空 三澤福泉 雲の峰 200303  
煩悩の鐘受け過ぎし初御空 横尾桂子 銀化 200303  
初空の雲より現るるグライダー 内藤順子 酸漿 200303  
風の研ぐ一岳ありし初御空 伊藤敬子 遠嶺 200304  
嶺を指す一鳥のあり初御空 与川やよい 遠嶺 200304  
初空に寄合太鼓響きたり 柄田喜美枝 築港 200304  
初御空日出づる国を忘れまじ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200311  
決意とは生きかた初御空に鷹 小澤克己 遠嶺 200401  
ことこととジェットコースター初空へ 長谷川鮎 ぐろっけ 200401  
趣味に生きいまや余生の初御空 増田八重 酸漿 200403  
初御空雲方向を変へにけり 江成幸子 帆船 200403  
初御空堂の鳳鳳翔たんとす 大畠政子 雨月 200403  
杉の秀(ほ)のしづかに揺るる初御空 岡本明美 雲の峰 200403  
ガウデイの教会の突く初御空 辰巳陽子 雲の峰 200403 スペイン
底辺に比叡を置きし初御空 豊田都峰 京鹿子 200403  
初空やあちらこちらに鈴の音 恒川絢子 対岸 200403  
雲低く垂れ北陸の初御空 笠嶋陽子 築港 200403  
限りなく青の広ごる初御空 国包澄子 築港 200403  
真青なり社の上の初御空 森田久枝 築港 200403  
終生の師とめぐり合ひ初御空 浜田はるみ 遠嶺 200404  
師の句集白き翼の初御空 林友次郎 遠嶺 200404  
軋みなく回る鳶の輪初御空 西屋敷峰水 河鹿 200404  
ロッキーは地球の皺よ初御空 清原彰子 河鹿 200404  
鷹一つ高まりつ翔ぶ初御空 中沢三省 風土 200404  
黄金さす越の山並み初御空 折田京子 風土 200404  
初空や白き道ある無人島 江坂衣代 百鳥 200404  
初御空戦地へ向かふ人ありて 藤井智恵子 百鳥 200404  
宿直の明けて銀座の初御空 石川英利 百鳥 200404  
初空に八丈太鼓鳴り響く 藤田京子 ぐろっけ 200405  
三猿も手の位置外せ初御空 舟橋千枝子 八千草 200407  
初御空強き一歩の我にあり 小澤克己 遠嶺 200501  
大道芸初御空へと剣廻す 細川知子 ぐろっけ 200501  
初空であり旅空でありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200501  
富士隠す雲とても初空のもの 稲畑汀子 ホトトギス 200501  
老いたれど巨き夢描く初御空 竹原惣一 200503  
初空へ雁たつかぎりなくたてり 佐藤国夫 馬醉木 200503  
移植せし水木に蕾初御空 中田みなみ 200503  
四枚のエースがそろひ初御空 高橋将夫 200503  
初空や明治二年の祖父のこと 九竜庵玄 200503  
初御空微塵めぐるも煌めける 河本美智雄 築港 200503  
初御空鳩の遠泣き聞え来る 重藤慶 築港 200503  
初空の碧の深さを仰ぎゐる 柴田毅 築港 200503  
飛ぶ鳥の光となりぬ初御空 佐々木よし子 200504  
初空へ我矢となりて放たれん 村田菊子 遠嶺 200504  
つくば嶺を銀翼のゆく初御空 神宮きよい 馬醉木 200504  
千枚の田にいちまいの初御空 中島たまな 200504  
初御空音なき機影光りけり 菅原幸子 200504 初空 2 →

 

2015年1月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。