端 居 1   100句

めくら子の端居さびしき木槿かな    白雄

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
雪舟の柱はいづこかと端居 鷹羽狩行 199809  
目を病みて目つむりぐせの夕端居 岡本眸 199810  
さりげなき身の上話夕端居 的場うめ子 ぐろっけ 199810  
少し話しあとは思ひて夕端居 岡本眸 199905  
二三日端居せずなる草の丈 山尾玉藻 火星 199908  
舟頭の足白かりき夕端居 梅原悠紀子 遠嶺 199908  
端居して齢思へば母の事 水田清子 199908  
波音の静になりし端居かな 水田清子 199908  
端居して七月二十六日ぞ 山田六甲 六花 199908  
生死紙一重の生の端居かな 木村風師 馬醉木 199909  
端居して星のおしやべり聴いてをり 小澤克己 遠嶺 199909  
松島の島びと島を見て端居 鷹羽狩行 199909  
間こえないふりといふ知恵夕端居 松本圭司 199909  
肩書に元とつけ足し夕端居 明田和子 199909  
置物の如くに置かれ夕端居 村越化石 199909  
命得てけふのさいはひ夕端居 木谷尚子 俳句通信 199909  
聞く耳をはるかに置いて端居せる 華明日香 銀化 199909  
指先に宇宙波集め夕端居 小澤克己 遠嶺 199910  
端居してゐるうち皆の偉くなる 利根川博 銀化 199910  
母かこみ葬りのあとの端居かな 田中美幸 199911  
面影の母の手を引き夕端居 板垣紫洋 馬醉木 199911  
端居して入院待ちをぼそと言ふ 長谷川千枝子 199911  
団欒にときをり応ふ端居より 能村登四郎 芒種 199911  
鴎外居思はぬ長き端居して 能村登四郎 芒種 199911  
端居とも行とも目玉動かさず 細野恵久 ぐろっけ 199911  
夕端居やはり妥協は出来ぬもの 松井洋子 ぐろっけ 199911  
善良そうに詐欺師の端居して 武井康隆 船団 199912  
可も不可もなきひと日なり夕端居 三嶋八千穂 ぐろっけ 199912  
端居して舅に似てきし夫の肩 田中藤穂 水瓶座 200002  
端居かな回転椅子に子を回し 山田六花 六花 200005  
端居せぬとも聾棧敷にゐるごとし 中原道夫 銀化 200006  
夕端居豆腐屋ラッパの今はなく 保坂さよ いろり 200007  
髪切つて兄に似てきし夕端居 朝妻力 俳句通信 200007  
端居して星の歩みの時間かな 稲辺美津 夏椿 200007  
泰然と明治をとこの端居かな 田中呑舟 火星 200008  
笛を叱られてゐる端居かな 大山文子 火星 200008  
世のことに疎くなりけり端居して 能村登四郎 200008  
父とわれありしごとくに子と端居 大橋櫻坡子 雨月 200008  
万策のひとつほぐるる端居かな 森谷彰 銀化 200008  
子思ひ出を心にたたむ端居かな 水田清 200008  
も一人の吾を句仲間夕端居 村越化石 200009  
端居して仔犬と夫は話しをり 福田みさを いろり 200009  
端居してアンドロメダへ髪を梳く 小澤克己 遠嶺 200010  
端居していつしか纏ふ汐じめり 上田希実 遠嶺 200010  
月蝕の暗転にある端居かな 山田弘子 円虹 200010  
端居して亡き人ばかり寄りて来し 大場佳子 銀化 200010  
病みしこと知らず電話の夕端居 保坂加津夫 いろり 200010 友岡咲子追悼
端居してつぎの言葉を期待して 保坂加津夫 いろり 200010  
正面の山の暮れゆく端居かな 三井孝子 六花 200010  
たつぷりと庭に水やり夕端居 小野喬樹 馬醉木 200010  
端居して素顔となつてゆく心 村田明子 円虹 200011  
妻魂のかたはらにあり夕端居 守屋井蛙 酸漿 200011  
雨脚の弱まるを待つ端居して 桑垣信子 いろり 200011  
竹に吹く夕風青き端居かな 高橋さえ子 200011  
夕端居雲の行方を見てをりぬ 土田芳月 遠嶺 200012  
端居してハーブの香ほしいまま 両角平 200101  
赤松に夕日全き端居かな 加瀬美代子 200103  
物言はで心の通ふ端居かな 泉田秋硯 月に逢ふ 200103  
構想を練るによき日や端居して 桑垣信子 いろり 200108  
幕末の三舟語る端居翁 脇本千鶴子 200108  
人の世の沖にて端居し給ふや 鷹羽狩行 200108 能村登四郎氏を悼みて
端居してこの世の端にをりにけり 瀬戸悠 風土 200109  
問ひかけにハーブそよぐや夜の端居 土岐明子 遠嶺 200109  
夕端居寡黙の夫と居て安し 土屋明子 百鳥 200109  
端居して思ひなほせしこと一つ 下平しづ子 雨月 200109  
端居してなだるるごとき月日あり 水野恒彦 200109  
端居してどの世のおのれかと思ふ 山崎未可 銀化 200109  
井戸替えもせぬままとなり端居して 小橋安子 いろり 200109  
もう旅は無理か端居も更けにけり 岡本眸 200109  
健やかに暮らすふたりの夕端居 寺田善樹 風土 200110  
端居して老いの極みを探りをり 中西道子 百鳥 200110  
端居して若者言葉聞いてをり 井関祥子 酸漿 200110  
夕端居忘れた振りもさりげなく 岡田万壽美 俳句通信 200110  
端居してかかはり避けし一話題 能村登四郎 羽化 200110  
いつとなく話題の中にゐて端居 八田節子 ぐろっけ 200110  
端居して日暮の雲と時過ごす 加賀富美江 遠嶺 200111  
おんぶ好き端居の婆に走り来る 小林玲子 ぐろっけ 200111  
夕心また旅心端居なる 梅田実三郎 円虹 200112  
しばらくは瑞夢をたどる端居かな 山越勝美 遠嶺 200112  
夕端居崩れさうなる土手見えて 加瀬美代子 200202  
島びとの島の灯を見て端居かな 鷹羽狩行 200208  
端居して子を呼ぶごとく犬を呼ぶ 沖祐里 200208  
端居して過去に埋れてゐる齢 喜多初枝 雨月 200208  
羽化の師に両膝を撫す夕端居 森田旅舟 200208  
先延ばししたきことあり夕端居 能村研三 200209  
問ひかけし言葉のすべる端居の背 うまきいつこ 200209  
思ひ出の多きしあはせ夕端居 山岸治子 馬醉木 200209  
一木に母のこゑある夕端居 城孝子 火星 200209  
身ほとりに星下りて来て端居終ふ 鷹羽狩行 200209  
もらひたる土鈴を鳴らす夕端居 前阪洋子 雲の峰 200209  
身に添ひし暮し夕ベの端居かな 吉田眞弓 雨月 200209  
端居して臍の緒月へ伸びるかな 朱間繭生 銀化 200209  
端居してカレーの香の走り来る 関口ゆき あを 200209  
端居して子には語らぬこともあり 菊地一枝 200209  
草遊びしてものの怪の端居かな 桜井和子 遠嶺 200210  
星一つ生まれる話夕端居 小田智恵子 200210  
邪馬台国問答となる端居かな 大山文子 火星 200210  
心電図取り付けしまま夕端居 坂中紀子 円虹 200211  
話また遺言めいてきし端居 坂中紀子 円虹 200211  
禁煙に禁酒に所在なき端居 坂中紀子 円虹 200211 端居→ 2

 

2019年7月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。