春を待つ 1  100句

春を待つ炬燵の上に句帳置き  高浜虚子  句日記

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
神苑に絵馬ふくらみて春を待つ 矢澤杉子 青湖 199805  
雨の日は雨に従ひ春を待つ 山内山彦 ホトトギス 199806  
春を待つ濤起ち上がりたちあがり 萩原記代 199901  
春を待つ心に展けゆく未来 稲畑汀子 ホトトギス 199902  
時間には追はれてばかり春を待つ 稲畑汀子 ホトトギス 199902  
春を待つ大地の力吾に杖 村越化石 199904  
きのふけふ笯を編む炉辺に春を待つ 安藤衛門 春耕 199904  
頬あかく落書の子の春を待つ 宮下本平 199905  
細身にて竹人形も春を待つ 遠藤若狭男 199906  
春を待つもの高麗の呉須絵皿 角直指 京鹿子 199907  
春を待つ色の溢れる花時計 甲田夏湖 船団 199908  
漉舟の大波小波春を待つ 吉村玲子 船団 199909  
春を待つ雪長靴の親も子も 丸山海道 丸山海道全句集 199910  
亡夫のもの卍に納め春を待つ 丸山佳子 京鹿子 200001  
春を待つ来年を待つ年寿会 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
計画のまだ大雑把春を待つ 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
音の無い川を見下し春を待つ 丸山佳子 京鹿子 200002  
路地裏に菜草育てつ春を待つ 小石秀子 酸漿 200003  
この家の中の何かが春を待つ 村越化石 200003  
手の届くとこへ物置き春を待つ 中澤文次郎 200003  
倭の国の杜もこもこと春を待つ 奥田節子 火星 200004  
総ガラス窓をきれいに春を待つ 田村すゝむ 風土 200004  
春を待つ裸木も丈きそひつつ 塩田博久 風土 200004  
太樟をびしびし鳴らし春を待つ 内山芳子 雨月 200004  
双体仏笑み皺寄せて春を待つ 保坂加津夫 いろり 200004  
庭の木と同じくわれも春を待つ 山本潤子 いろり 200004  
春を待つ若木の桑や農学部 伊藤一枝 酸漿 200005  
春日野の子福桜の春を待つ 福盛悦子 雨月 200005  
先細る命みつめつ春を待つ 久保田一豊 いろり 200005  
鈴懸の実をつけしまま春を待つ 福場朋子 200006 ボン大学
活火山ゆっくり煮えて春を待つ 依田昌也 海程 200006  
わん曲の爪研ぐイバラ春を待つ 葉月ひさ子 船団 200006  
春を待つ餅ふくよかに搗かれけり 能村登四郎 200101  
寸減つて青岱墨や春を待つ 神蔵器 風土 200103  
春を待つ障子といつも差向ひ 村越化石 200103  
水透ける見初めの井戸や春を待つ 今井和子 風土 200104  
木地山の久太郎こけし春を待つ 下山田美江 風土 200104  
抽象の絵を眺めつつ春を待つ 両角平 200104  
たたう紙に小さき丸窓春を待つ 山下由理子 200105  
小刀で削る鉛筆春を待つ 保田英太郎 風土 200105  
江の電のかすめる木々も春を待つ 中島徳子 酸漿 200105  
春を待つ短き雪の坂つなぎ 岡本眸 200106  
春を待つ二月の氷室椿園 能村登四郎 羽化 200110  
春を待つ餅ふくよかに搗かれけり 能村登四郎 羽化 200110  
何なすと言ふにあらねど春を待つ 能村登四郎 羽化 200110  
白線のうしろに下がり春を待つ 土井田晩聖 銀化 200203  
刈込のみなまるまると春を待つ 阿部ひろし 酸漿 200203  
春を待つ一鍬に土匂ひけり 柳沢杏 酸漿 200203  
伐株に老躯あたため春を待つ 干代田葛彦 馬醉木 200204  
火渡りのおほかた女人春を待つ 松塚香寿子 雲の峰 200204  
若き日に文待ちしごと春を待つ 松本秀子 200204  
春を待つ日記かはりの季語を選り 柿沼盟子 風土 200204  
春を待つ額くすぐる寝息かな 篁李月 銀化 200204  
伊根浦の一戸一舟春を待つ 谷口千枝子 200205  
春を待つ雨に濡れゆく樹々のあり 黒田敏子 円虹 200205  
期すること何かは知らね春を待つ 浅井青二 雨月 200205  
不景気の重圧に堪へ春を待つ 二村蘭秋 雨月 200205  
旅吉野目指す心に春を待つ 辻口八重子 ホトトギス 200206  
彼の席花飾られて春を待つ 稲畑汀子 ホトトギス 200301  
春を待つ夜の集中治療室 福島寿重子 帆船 200302  
ヘッセの詩五冊買ひこみ春を待つ 滝川あい子 雨月 200303  
春を待つ河豚のシヨーのしぶき浴び 神蔵器 風土 200303  
陰の神祀る樹の洞春を待つ 百瀬虚吹 風土 200303  
春を待ついくたび過ぎし床柱 山本田津子 200303  
林中の朽色しるく春を待つ 鷹羽狩行 200303  
目玉焼くずすスプーンと春を待つ 林裕美子 六花 200303  
庭隅の葱使ひきり春を待つ 網野茂子 酸漿 200304  
時の鐘櫓立つ街春を待つ 飯島尚子 酸漿 200304  
春を待つ曽孫の誕生五十日 牧咲子 京鹿子 200304  
南禅寺の疏水豊かに春を待つ 竹内悦子 200305  
皇帝円舞曲きき春を待つこころ 福盛悦子 雨月 200305  
野の句碑の四季これよりは春を待つ 河野扶美 ホトトギス 200306  
春を待つ煤太りをり自在鉤 中村洋子 風土 200306  
命綱手繰り寄せては春を待つ 小林朱夏 200307  
ぶらんこを原色に塗り春を待つ 今瀬剛一 対岸 200403  
春を待つ泥炭パック塗りまくり 石岡祐子 200404  
飛石に身を軽くして春を待つ 加藤京子 遠嶺 200404  
菓子の名のこいさんとあり春を待つ 大橋麻沙子 雨月 200404  
春を待つ胎児元気に動くとか 末益冬青 雲の峰 200404  
浜を飛ぶかもめの群に春を待つ 皆川盤水 200404  
うつむける花のラムプと春を待つ 宮津昭彦 200404  
春を待つ鵜の瀬の渦の彫深く 田中佐知子 風土 200404  
墨絵描く筆のびやかに春を待つ 山田由利枝 雨月 200405  
厩舎守寝藁を干して春を待つ 館容子 200405  
春を待つ蔵王こけしよ遠雪崩 岸のふ 馬醉木 200405  
なりゆきに任せて春を待つことに 綿谷美那 雨月 200406  
ランドセル毎日背負って春を待つ 吉成美代子 あを 200406  
ボート皆ペンキ塗りたて春を待つ 栢森定男 風よ 200407  
春を待つティッシュが函を立ち上がり 細野恵久 ぐろっけ 200501  
春を待つ恪勤の日々楽しみて 稲畑汀子 ホトトギス 200501  
どの幹にふれても春を待つてゐる 丸山佳子 京鹿子 200501  
看板の美女は眠らず春を待つ 丸山佳子 京鹿子 200501  
春を待つ河馬の欠伸でありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200502  
こまごまと計画を立て春を待つ 稲畑汀子 ホトトギス 200502  
消息に一喜一憂春を待つ 稲畑汀子 ホトトギス 200502  
残り物なども食べて春を待つ 村越化石 200504  
病みぐせのつきし身春を待つしきり 大橋敦子 雨月 200504  
パーゴラの完成図描き春を待つ 大沢敦子 雲の峰 200504  
賜はりし木洩れ日を手に春を待つ 中上照代 火星 200504  
地震に耐へ生き抜きし鯉春を待つ 鎌倉喜久恵 あを 200504

春を待つ

→2

2020年2月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。