春の闇 1    100句

灯をともす指の間の春の闇    高浜虚子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
川越のをちの田中の春の闇 小澤克己 遠嶺 199805  
闇ゆらぎ春の闇より牛の貌 岡井省二 199806  
オーロラの消えし余韻に春の闇 寺出訓三 ホトトギス 199807  
杉山の雨の匂へる春の闇 山田弘子 円虹 199807  
春の闇鸚鵡とおなじ部屋に寝て 遠藤タミ子 京鹿子 199808  
びるしやなの唇なりき春の闇 岡井省二 199903  
春の闇うしろの顔が笑ひ出す 平井照敏 船団 199903  
海人舟にすれ違ひたる春の闇 今木偉郎 199905  
直面をはづしてをりし春の闇 小菅佳子 199906  
電灯の紐手探りに春の闇 中西和 199907  
古書室を灯して散らす春の闇 朝長美智子 199907  
舞扇帰して春の闇にをり 中島陽華 199907  
大徳の檀紙なり春の闇 中島陽華 199907  
穴窯の焔のたてり春の闇 岩滝カヅミ 春耕 199907  
陀羅尼助音なくふふむ春の闇 北川孝子 京鹿子 199907  
唇を持て余したり春の闇 津田このみ 月ひとしずく 199912  
春の闇プリマドンナに口紅を 尾上有紀子 わがまま 200002  
春の闇青き地下道潜り抜け 山田六甲 六花 200003  
春の闇したたり醤濃くなれる 中原道夫 銀化 200004

湯淺は

醤油發の地

黄紺赤くりから紋々春の闇 岡井省三 200005  
顳かみに血の音ながれ春の闇 渡辺昭 200005  
住みつける猫の追いやる春の闇 山本潤子 いろり 200006  
波それも鼾の波間春の闇 中原道夫 銀化 200006  
風琴の蛇腹の春の闇なりし 栗栖恵通子 200007  
「雨あがる」の映画の名残春の闇 二瓶洋子 六花 200008  
春の闇猫は隠れたつもりなり 鬼頭桐葉 春蘭 200010  
春の闇生年月日何時も嘘 松山律子 六花 200103  
眼鏡の度合わなくなつて春の闇 松山律子 六花 200103  
防火服の銀垂れてゐる春の闇 山尾玉藻 火星 200104  
筆立てに逆立ち鋏春の闇 ロツキイ 六花 200104  
事ありて後の明るき春の闇 市川伊團次 六花 200104  
折鶴の白にいまある春の闇 後藤志づ あを 200104  
われもまた残されし者春の闇 塩田博久 風土 200105  
金婚の初夜の真似事春の闇 泉田秋硯 200105  
通夜帰り浄め塩うつ春の闇 侭田伊都希 いろり 200106 悼 浅井渉氏
海綿の穴穴穴や春の闇 粟栖恵通子 200106  
セロテープはがせばおちる春の闇 辻村拓夫 船団 200106  
あやかしを蜘蛛手に放ち春の闇 西村和子 知音 200106  
一本の樫の木のある春の闇 谷口佳世子 200107  
水を出て息のはじめの春の闇 丸山分水 200107  
一枚の障子の仕切る春の闇 川井政子 風土 200107  
手拡げなば杖なき盲春の闇 林翔 200107  
立春の闇に吸われし山の音 鶴濱節子 船団 200107  
立春の闇にまぎれて駆けてみる 鶴濱節子 船団 200107  
式神の頬かすめゆく春の闇 水上博子 船団 200107  
春の闇霧笛かすかに伝へけり 内野聖子 船団 200107  
春の闇ぬぐはなくてもいい涙 宮倉浅子 遠嶺 200107  
古本屋の店主も客も春の闇 久森知子 船団 200109  
立春の闇に音叉が連なれる 宮嵜亀 船団 200109  
庭に出て叩き割る壺春の闇 男波弘志 200204  
足跡になつても親子春の闇 山田六甲 六花 200204  
煩悩の夢破る地震春の闇 村戸裕子 円虹 200205  
立春の闇深きよりオルゴール 中島あきら 200205  
がうがうと櫟水あぐ春の闇 渡辺みどり 200205  
空と海大漆黒か春の闇 松村富子 200206  
高階をたどる手燭の春の闇 武藤ともお 京鹿子 200206  
大松明揺さぶり春の闇焦がす 大森光栄子 円虹 200206  
くれなゐの土鈴の中の春の闇 近藤喜子 200206  
戻り来し祖谷なる春の闇怖れ 大橋敦子 雨月 200206  
春の闇あひるの首が二羽いそぐ 松村美智子 あを 200206  
かかる世に隣る世のあり春の闇 鷹羽狩行 200207  
春の闇太き柱に凭れたる 中杉隆世 ホトトギス 200207  
巡礼のマントの過る春の闇 中里カヨ 酸漿 200302  
春の闇どこかもぞもぞしてゐたり 平子公一 馬醉木 200304  
皆怖くなりて返しぬ春の闇 稲畑汀子 ホトトギス 200304  
春の闇砂の流るる音のして 谷口佳世子 200304  
春の闇生まれる前の風の騒 鈴鹿仁 京鹿子 200304  
春の闇小石混じりの径をゆく 宇都宮滴水 京鹿子 200304  
点滴を千まで数ふ春の闇 水原春郎 馬醉木 200305  
春の闇抜け来しものを待ちゐたり 山本凉 銀化 200305  
春の闇重し想ひを告げきれず 高木智 京鹿子 200305  
ぬつと出てすうつと鹿は春の闇 佐藤喜孝 あを 200305  
羊羹の切り口春の闇にゐる 若生まりあ 遠嶺 200306  
金砂磯出の神輿の過ぎて春の闇 杉山たかを 200306  
語り次ぐ来し方春の闇深し 北川孝子 京鹿子 200306  
春の闇壁画の天女浮き出でし 旦真砂 京鹿子 200306  
春の闇防ぎきれない身八ツ口 沼田巴字 京鹿子 200306  
春の闇じゆげむ寿限無とつぶやく木 沼田巴字 京鹿子 200306  
春の闇青磁の壺に満たしけり 佐藤みほ 200307  
春の闇土のふくらむ音すなり 小林恵子 遠嶺 200307  
春の闇静に充ちて娘の不在 平居澪子 六花 200307  
恐竜の骨の真つ白春の闇 飯塚ゑ子 火星 200307  
老残に春の闇ある鍾乳洞 長屋璃子 火星 200307  
春の闇ちぐはぐの世に深入りて 北川孝子 京鹿子 200308  
十一面観音菩薩春の闇 足立幸信 200312  
長堤の春の闇へて橋渡る 谷岡尚美 200312  
引き返し南画に見入る春の闇 山田六甲 六花 200404  
春の闇仏の形してゐたる 今瀬剛一 対岸 200404  
シラノの声待てる心地や春の闇 中田みなみ 200404  
吊皮の踊つてゐたる春の闇 竹内悦子 200405  
それぞれの眠りに入る春の闇 中野京子 200405  
せつちゃんと呼ばれし猫も春の闇 若山実 雲の峰 200405  
春の闇森にうずまく万のこゑ 加藤みき 200406  
捨て網の匂ふ突堤春の闇 志水千代子 雲の峰 200406  
灯を消せば身ほとり春の闇囲む 木村風師 馬醉木 200407  
水飲んで腑に落したる春の闇 水野恒彦 200407  
春の闇街がおぼれてゐたりけり 鈴木多枝子 あを 200407  
通夜の客途切れて更けて春の闇 山口幸子 200407  
金丸座の桟敷波だち春の闇 戸田春月 火星 200408  
だしぬけに女の叫び春の闇 滝沢伊代次 万象 200503 春の闇 2→

 

2020年2月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。