春一番 1       100句

春一番武蔵野の池波あげて    水原秋桜子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春一番ビルの腹より新幹線 二瓶邦枝 遠嶺 199806  
裏山のおほきく動き春一番 久崎富美子 199901  
春一番と思はむとしてやや弱し 能村登四郎 199903  
春一番舟に積み込む雨合羽 皆川盤水 春耕 199904  
潮騒か夜雨か小島の春一番 水原春郎 馬醉木 199905  
ストレートに来る一球春一番 大倉郁子 ヒッポ千番地 199906  
潮臭き春一番の松林 鹿野佳子 199906  
春一番ほどいた腕に子の重さ 今城知子 船団 199909  
春一番ハブラシの音弾んでる 川副民子 船団 199909  
春一番奥歯のブリッジかたかたす 三神あすか ヒッポ千番地 199910  
春一番老の強気を叱しけり 能村登四郎 芒種 199911  
ふんばって春一番の砂に立つ 田中藤穂 水瓶座 200002  
春一番のぼった坂を駆けくだる わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
そこからは白紙ばかりの春一番 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
春一番その狼藉を宥すべし 林翔 200004  
春一番只今二番煎じをり 松本康司 銀化 200004  
春一番ちぎれしごとく鴎飛び 鷹羽狩行 200005  
αの攻防はむかし春一番 新井哲囚 海程 200005  
春一番絵馬のま昼を嘶かす 宇都宮滴水 京鹿子 200005  
砂ぼこり横にすさびぬ春一番 小川花久 いろり 200005  
秘仏観て春一番に掃れゆく 松本恒子 ぐろっけ 200005  
ポリバケツ逃げまどひたる春一番 柿沼盟子 風土 200006  
春一番和菓子職人三代目 島田和子 風土 200006  
台本より厚き資料や春一番 柿沼盟子 風土 200006  
春一番朽舟に砂あがりゆく 武井美代子 風土 200006  
はらからの春一番に集ひけり 田畑幸子 火星 200006  
ポケットをからつぽにして春一番 木戸渥子 京鹿子 200006  
春一番4の字固めのフラミンゴ 岡清秀 船団 200006  
甲子園をぐるぐる廻る春一番 鶴目鯛遊子 六花 200007  
春一番四辻を走るダンボール 平松薫 六花 200007  
春一番再び癌の動きけり 佐々木峻 船団 200008  
夕刊に春一番と脳死論 塩路隆子 精鋭選集 200008  
春一番鼻の頭にパックして 中原幸子 遠くの山 200010  
春一番売られたけんか買った仲 中原幸子 遠くの山 200010  
春一番生命線路発車ベル 北原武巳 船団 200010  
春一番猫も轍も踏みにけり 武井康隆 船団 200010  
春一番ぽんと蹴ったら○が※に 寺田良治 船団 200010  
空缶の音たててゆく春一番 杉江茂義 俳句通信 200104  
手を振つても断りきかぬ春一番 丸山佳子 京鹿子 200104  
頬杖を解き春一番と云ふべかり 後藤志づ あを 200104  
春一番猫の鞘当ててふ声も 林翔 200105  
春一番医師にカロリー限らるる 百瀬虚吹 風土 200105  
春一番回転ドアーで髪乱す 村井久美子 200105  
春一番西に開けし谷戸の口 小倉恵都子 風土 200106  
春一番白身魚のほろほろと 中尾杏子 船団 200106  
春一番動く歩道の空へ向く 能勢京子 船団 200106  
ビルの角春一番の相打てり 田中武彦 六花 200107  
使い捨てのコンタクトレンズ春一番 小倉喜郎 船団 200107  
春一番猫は地を這い魚跳び 宮嵜亀 船団 200109  
春一番E・メール飛び込む音が好き 川副民子 船団 200110  
春一番砂丘にもある羽化ごころ 掛井広通 200201  
ドクターストップ春一番となりにけり 代田青鳥 風土 200201  
ぴんと張るサランラップや春一番 代田青鳥 風土 200201  
春一番吹くだけふいて星あげて 川上昌子 200202  
春一番畝の崩れし葱畑 皆川盤水 春耕 200204  
筧水飛ばす湯町の春一番 小林啓子 春耕 200204  
春一番遠出かなはぬ身に吹けり 沢聰 馬醉木 200205  
遠目にもポプラ身を揉む春一番 池元道雄 馬醉木 200205  
クレヨンに力あまれり春一番 武井美代子 風土 200205  
春一番市場に空の猫車 武井美代子 風土 200205  
どぶ板といふ通りの名春一番 平田紀美子 風土 200205  
春一番夫婦床屋の開店す いしだゆか 遠嶺 200205  
解体のはじまる寺に春一番 古田考鵬 雨月 200205  
クレーン伸び春一番を鎮めけり 伊藤多恵子 火星 200205  
春一番父子で掲ぐ大漁旗 大山文子 火星 200205  
春一番銀座通りを抜けにけり 市橋進 春耕 200205  
春一番息凝らしては立ち竦む 熊口三兄子 ぐろっけ 200205  
奈良町に春一番とチンドン屋 伊藤稔代 200206  
帆柱の骨のきしみて春一番 磯田富久子 200206  
春一番嘴の忙しき風見かな 吉岡洋子 200206  
春一番窓際の鉢倒れけり 青池亘 百鳥 200206  
春一番ぶつかりあひて木場筏 鈴木良戈 200206  
三門の鞋をゆする春一番 高野清風 雲の峰 200206  
二輪車を少し揺らせし春一番 田中英子 火星 200206  
春一番舟紅白に塗り上げて 原田暹 百鳥 200207  
天保山登山証明春一番 松山律子 六花 200303  
春一番天竜波を逆立てて 川合広保 雲の峰 200304  
春一番待ちゐしが今や眼のあたり 阿部ひろし 酸漿 200304  
春一番薩摩隼人の国に吹く 岩永草渓 築港 200304  
今日の風春一番となりゐたり 永川絢子 築港 200304  
春一番幣ちぎれ飛ぶ行者みち 岸のふ 馬醉木 200305  
含嗽して鏡中騒ぐ春一番 伊藤稔代 200305  
ポストには遠嶺の俳誌春一番 白井墨絵 遠嶺 200305  
傘煽る雨伴ひし春一番 相沢有理子 風土 200305  
春一番吹くも夜ごとの月冴ゆる 佐久間俊子 200305  
リュック背負ひ両手自由や春一番 井上三千女 200305  
春一番ちぎれしままの鎖樋 白鳥義岳 帆船 200305  
春一番南湖どどんと揺れにけり 小澤菜美 200306  
春一番木戸に貼りつく広告ビラ 志摩陽子 200306  
舫ひ綱たしかむ古老春一番 高橋峰村 200306  
春一番女人の髪を逆立てる 笠嶋陽子 築港 200306  
春一番県境越えて加賀へ去る 奥村光子 築港 200306  
春一番鳥居の上の大鴉 海老原信男 築港 200306  
開会は春一番の話から 旦真砂 京鹿子 200306  
春一番二番三番眠くなる 平田倫子 百鳥 200306  
春一番練歯磨きを搾り出す 滝本香世 百鳥 200306  
髪切つて春一番に揉まれけり 八木玲子 百鳥 200306  
春一番時々忘る句読点 陶山泰子 ぐろっけ 200306  
門前のゴミみな集め春一番 奥田妙子 ぐろっけ 200307  
前髪を切りすぎしかな春一番 渡辺真奈美 200311 春一番 2

 

2020年2月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。