花 野 7          100句

花野から大きくなつて帰りけり    あざ蓉子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
踏切の音の花野に遊びけり 山尾玉藻 火星 200609  
榛名湖の霊気吸ひ込み大花野 稲畑廣太郎 ホトトギス 200610  
大花野弱気の虫を放ちけり 橋本リエ 春燈 200610  
花野すぐ尽き韜晦をしそこなふ 伊藤白潮 200610  
晩学の出発点は花野とす 松田都青 京鹿子 200611  
逸れ球を探しに花野めく方へ 鷹羽狩行 200611  
すつぽりと沼は花野に抱かるる 酒本八重 200611  
アフロディテの眼差し直ぐや花野風 荻野嘉代子 春燈 200611 ルーヴル展
遥か来て花野の風に身をさらす 松本静江 遠嶺 200611  
笑ふ子も泣く子もをりて花野かな 高橋将夫 200611  
がむしやらな恋を捨て来し花野かな 石脇みはる 200611  
花野来て夜は水音に眠りける 雨村敏子 200611  
男体山晴れわたりたる花野かな 谷村幸子 200611  
頭をすこし空にしたくて花野みち 平子公一 馬醉木 200611  
雲の影花野を渡る迅さかな 安達風越 雨月 200611  
花野にて持てる棒きれもてあまし 定梶じょう あを 200611  
古戦場覆ひつくして花野かな 真虎竹世 200612  
振り向いてみたくて入る夕花野 望月晴美 200612  
蕎麦湯吹く花野帰りの膝を折り 甲州千草 200612  
仏にも鬼にもなれず大花野 高橋将夫 200612  
泥眼のよろぼふ夜の大花野 延広禎一 200612  
十戒を通り抜けたる花野かな 岩月優美子 200612  
二日月沈む花野を我が抱く 中川芳子 200612  
花野来て君が鳥なら我は風 小澤克己 遠嶺 200612  
雲も身も花野の風のままにあり 松本きみ枝 遠嶺 200612  
中天の眉月遅き大花野 滝川あい子 雨月 200612  
御嶽をもち上げてゐる大花野 味村志津子 雨月 200612  
御嶽を仰ぎ花野のまほらゆく 味村志津子 雨月 200612  
花野行く忘れたきこと携へて 横内かよこ ぐろっけ 200612  
飛天の句遺し花野を発たれけり 小林和子 風土 200612

笹岡花舟さん

逝く

光りつつ夕づく花野風うまし 坪井洋子 200612  
朝靄の霽れゆく迅さ大花野 山口順子 200701  
どの子にも父見えてゐる花野かな 久留米脩二 馬醉木 200701  
やはらかく踏まれ花野の野づら石 成田美代 200701  
花野なか老いへ追風こんなにも 戸田和子 200701  
ひたすらに友と歩まん花野空 道給一恵 遠嶺 200701  
天穹の花野に白き椅子一つ 井内佳代子 遠嶺 200701  
古備前に花野の花を一枝づつ 松原智津子 万象 200701  
昏睡夢それは花野の羊水湖 鈴鹿けい子 京鹿子 200701  
ヨーデルの流るる花野富士見ゆる 太田絵津子 200701  
大花野ここにも風の道があり 合川月林子 ぐろっけ 200701  
乳母車降りる降りると花野の児 片野光子 ぐろっけ 200701  
風のこゑ聴き分けてゐる花野かな 山田暢子 風土 200701  
大花野時に流るる雲の影 渡辺玄子 酸漿 200701  
何見ても亡き友のこと大花野 高倉恵美子 200701  
美術館閉づる鐘の音夕花野 山下佳子 馬醉木 200702  
菩提子のネックレスして花野みち 福田雅子 万象 200702  
いや昏し花野に出づる筈の道 市場基巳 200702  
花野より一歩荒野に入りしかな 林いづみ 風土 200702  
麓より庭までつゞく花野かな 滝沢伊代次 万象合同句集 200703  
風立ちぬ花野に楽の湧くごとく 岩崎眉乃 万象合同句集 200703  
大花野つらぬく坂東太郎かな 吉川信子 万象合同句集 200703  
茅花野や動くものみな光りをる 近藤喜子 200705  
真中へふくらんでゆく花野かな 百瀬七生子 海光 200705  
大花野咳を忘れし人とゐる 百瀬七生子 海光 200705  
「小清水」の花野の果に波吠ゆる 小野寺節子 風土 200705  
茅花野を風のまどひて吹きゆけり 田尻勝子 六花 200708  
傘の花咲いて花野の一部分 稲畑廣太郎 ホトトギス 200709  
花野へと浄土へと人行きたがる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200709  
大花野榛名颪に育まれ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200709  
一本の赤に始まる大花野 稲畑廣太郎 ホトトギス 200709  
はやる足いましめ下る花野径 安陪青人 雨月 200709  
夫に似て花野住まひに無位好み 品川鈴子 ぐろっけ 200709  
心療と老の棟なる花野の碑 品川鈴子 ぐろっけ 200709  
下野の花野に紛る雨情の碑 品川鈴子 ぐろっけ 200709  
刀塚通り花野に出でしかな 中貞子 200710  
オホーツクの海鳴りひびく花野なる 児玉修 200710  
濃き色の靡きて淡く夕花野 堤京子 馬醉木 200710  
花野めく十一階の喫煙所 稲畑廣太郎 ホトトギス 200711  
捨て田には刈り残されて花野かな 鈴木阿久 200711  
吟行の落ち合ふところ花野駅 鷹羽狩行 200711  
風の出て花野いちめん浮き上がる 鷹羽狩行 200711  
花野抜け地球をぬけて祝ひ星 小澤克己 遠嶺 200711  
神学部裏に花野の終りたり 山尾玉藻 火星 200711  
脚折りて花野の牛となつてをり 柴田佐知子 200711  
花野にてオカリナの音を遠く聞く 中江恵子 200711  
花野を行く馬車ヘハーレー道譲る 新倉舒子 200711  
大花野爺と呼ばれてをりにけり 高橋将夫 200711  
分け入つて五体投地の大花野 秋葉雅治 200711  
廃校の廊下花野へつづきをり 鶴見遊太 200711  
走るなり寝るなりどうぞ大花野 泉田秋硯 200712  
断崖へ行き尽く花野仔馬嘶く 泉田秋硯 200712  
人っ子一人見えぬ花野に午報鳴る 泉田秋硯 200712  
ひつそりと蜜の溜りし花野かな 水野恒彦 200712  
仰臥して己を顧みる花野 岩月優美子 200712  
年一つ置いて行きたし花野かな 塩千恵子 200712  
あちこちに歌声おこる大花野 名和節子 200712  
花野縫ふ水ひと筋のひかりかな 松本幹雄 馬醉木 200712  
口笛の少年駆けて夕花野 山下佳子 馬醉木 200712  
夕花野人の声する方へ行く 野坂民子 馬醉木 200712  
寝ころべば涅槃の思ひ大花野 塩出博久 風土 200712  
花野への誘ひみなまで聞かずとも 田村園子 200712  
感謝状上げたき人と花野かな 辻直美 200712  
我が影と連れ立ち行かむ花野道 田中清子 遠嶺 200712  
静まりてふところ深き大花野 小國佐世子 遠嶺 200712  
水車小屋裏に拡ごる花野かな 石垣幸子 雨月 200712  
束ね髪独り花野にホルン吹く 勝野薫 ぐろっけ 200712  
踝に水音のある花野かな 山尾玉藻 火星 200712  
にぎり飯と水背負ひきし花野かな 杉浦典子 火星 200712  
ひと言をまだ言はずをり夕花野 長田曄子 火星 200712 花野 8

 

2019年9月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。