花 野 6     106句

キラキラと月の花野が始まりぬ    高屋窓秋

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
次男坊放たれしごと花野駆く 中尾廣美 ぐろっけ 200502  
見舞客花野の香り置き去れり 安嶋都峯 対岸 200502  
青空が近しと花野歩みけり 生方ふよう 200501  
遠景の海平らかに花野道 糸井芳子 200502  
トラックが並んで停まる花野かな 福山至遊 200501  
山の名は誰がつけしか花野行く 川口松生 200504  
野も里も花野につづく道となり 小塚嘉人 200504  
地酒一本師の家へ急ぐ夕花野 村井節子 200504  
破れ帽子かぶり花野を共に駈け 原田達夫 虫合せ 200506 虫仲間逝く
ふもとの灯消えよ花野の日の出前 水原秋櫻子 馬醉木 200508 『緑雲』
紫は花野の好む色かとも 稲畑廣太郎 ホトトギス 200509  
淵といふ花野の黙でありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200509  
沼抱く花野偲びてゐし三瓶 稲畑汀子 ホトトギス 200509  
花野蒜線香花火を見る思ひ 鈴木竹 200509  
どれくらゐ居たか忘るる花野かな 高橋将夫 200510  
琳派なら隅に金箔置く花野 品川鈴子 ぐろっけ 200510  
脱稿の寝不足のまま花野行 品川鈴子 ぐろっけ 200510  
去る人のたちまち遠し大花野 今瀬剛一 対岸 200510  
駆けぬける風に踊れる花野かな 小滝奈津江 酸漿 200510  
来し方は敢へて語らず花野道 林田江美 馬酔木 200511  
さいはての花野の風をまとひけり 安齋峰子 200510  
花野中一人おかれてゐるごとし 村越化石 200511  
花野の子鴉の真似が上手な子 村越化石 200511  
行くほどに面影狩りとなる花野 小澤克己 遠嶺 200511  
ホームより始まる花野道ありし 宮川迪夫 遠嶺 200511  
口にして言葉整ふ大花野 今瀬剛一 対岸 200511  
伊賀越えの花野隠れにゴルフ場 品川鈴子 ぐろっけ 200511  
空少し近き花野に来たりけり 河合大拙 百鳥 200511  
花野にて眉を描きをる女かな 尾堂Y 河鹿 200512  
健脚の母の後追ふ花野かな 広渡詩乃 200510  
花野に会ふためタクシーを走らする 辻恵美子 栴檀 200511  
梓川のほとり花野となりゐたり 遠藤三鈴 栴檀 200511  
どこまでも花野伊吹を盛りあげて 豊田都峰 京鹿子 200511  
牧場より隣る牧場へ花野径 大島寛治 雨月 200511  
花野ゆく蝶の心となりて行く 前田陽子 200512  
大花野犬に曳かれて迷ひける 内藤ゑつ ゑつ 200411  
雲が飛び子が駆け回る大花野 中田郁子 四葩 200512  
大花野悲しき母に花のレイ 山下雅子 四葩 200512  
空港の一枚敷きの花野かな 鷹羽狩行 200512 小松
里帰り真成の墓誌花野ゆく 荻野嘉代子 春燈 200512 遣唐使
丸太造り蝦夷の花野の無人駅 吉原房子 200512  
真つ白なシャツが帆となる花野かな 中島あきら 200512  
白球の投げ込まれたる大花野 前田美恵子 200512  
弥撒の声響く花野を過ぎたれば 岩月優美子 200512  
体ごと当りくる子や花野道 柿澤喜三郎 百鳥 200212  
祝ドレス花野の色を増やしけり 今瀬剛一 対岸 200212  
その先を風に問ひけり大花野 三沢蘭 遠嶺 200212  
時なしに霧鐘のひびく大花野 三輪温子 雨月 200512  
高原の列車花野を蛇行せり 溝内健乃 雨月 200512  
札所打ち広き花野に遊びけり 磯野しをり 雨月 200512  
あをぞらにたましひ冷ゆる花野かな 松たかし 火星 200512  
万歩計つけて花野の人となる 西畑敦子 火星 200512  
花野中子らが作りて何の列 岡本眸 200511  
山暮れて俄かに暗き花野かな 加瀬美代子 200511  
亡き人の花野に遊ぶ夢の中 南奉栄蓮 風土 200512  
鳥兜ひときは青き花野かな 清水雅子 栴檀 200512  
花野来て淋しさのなほ増しにけり 熱田素子 築港 200512  
花野道歩いてしやべりつかれたる 阪口久子 築港 200512  
碧空の雫のやうな花野かな 脇牧子 ホトトギス 200601  
目移りも心変りもする花野 脇牧子 ホトトギス 200601  
海風に花野は星と語るらむ 脇牧子 ホトトギス 200601  
花野にて眉を引きをる女かな 尾堂Y 河鹿 200601  
花野ゆく自在のときを身にまとひ 横松しげる 遠嶺 200601  
ひらひらと下るばかりの花野行 今瀬剛一 対岸 200601  
弁当のむすび三色花野行 成井侃 対岸 200601  
懸命に師についてゆく大花野 恒川絢子 対岸 200601  
花野ゆく遠き師の背を眩しめり 恒川絢子 対岸 200601  
その中のひとり後ろ手花野行 望月澄子 対岸 200601  
大花野風車十基の等間隔 石川敬子 対岸 200601  
土塊を解きし花野に解かれけり 天野きく江 200601  
花野風なびかぬものに女神像 白神知恵子 春燈 200601  
伎芸天見あげ花野にあるごとし 大串章 百鳥 200601  
天平の蝶流れくる花野かな 比田誠子 百鳥 200601  
花野の子触れて色の名習ひけり 酒井忠正 百鳥 200601  
花野雲ふんはりとしておかあさん 安田優子 京鹿子 200601  
花野行き優しい時間に包まるる 福村壽子 京鹿子 200601  
叶ふなら翼を花野の車椅子 福村壽子 京鹿子 200601  
幾人の訃音の過ぎし花野かな 河内桜人 京鹿子 200601  
海へ落つ崖まで花野続きゐて 合川月林子 ぐろっけ 200601  
摘み帰る花野の端の一握り 合川月林子 ぐろっけ 200601  
花野より紙飛行機の上がりけり 内山芳子 ぐろっけ 200601  
花野道はるか昔の日にあそぶ 芝宮須磨子 あを 200512  
博学とおとぼけ脱線花野行く 芝宮須磨子 あを 200512  
石狩の砂丘花野に年尾句碑 嶋田一歩 ホトトギス 200602  
視線すぐ遥かへとゆく花野かな 藤井圀彦 200502  
任侠の果ては花野に身を置くや 西村純太 200602  
売られゆく馬ほろほろと夕花野 上柿照代 馬醉木 200602  
芝居見に花野の中に降り立ちし 鎌須賀礼子 万象 200602  
砥部焼の徳利を買ひて花野道 福田雅子 万象 200602  
杖もちて芒原から花野から 吉弘恭子 あを 200601  
大花野もの言へば声さらふ風 伊藤佳代 対岸 200602  
花野風するりと肩の力抜け 伊藤佳代 対岸 200602  
きらきらと花野に雨の来たりけり 伊藤佳代 対岸 200602  
補聴器の電池切れたる花野道 簗田たかゑ 火星 200602  
花野ゆく迷ひ断ち切るところまで 遠野萌 200602  
夢占やふたすぢわかれゆく花野 服部早苗 200602  
ひそかなるものに花野と信仰と 岩岡中正 ホトトギス 200603  
西蔵チベットや富士の高さに花野あり 森理和 あを 200604  
西蔵の花野に立ちて涙せり 森理和 あを 200604  
花野に座す西蔵の青年平らけし 森理和 あを 200606  
天上の音流れくる花野かな 本多俊子 さくらの音 200605  
大花野とは何か這ひ何か翔び 稲畑廣太郎 ホトトギス 200609  
木洩日といふ彩りも大花野 稲畑廣太郎 ホトトギス 200609  
大花野来て紫の風となる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200609  
その中の一輪が統べ大花野 稲畑廣太郎 ホトトギス 200609  
大花野一歩に帰心失へり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200609 花野 7

 

2019年9月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。