花 野 1     100句

天渺々笑ひたくなりし花野かな    渡辺水巴

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
近づけばうす紫の花野かな 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
紫の風白き風花野かな 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
彩りの淡く花野の風渡る 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
白き風渡る花野の一部分 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
近づけば花野たちまち疎なるかな 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
花野分け入れば径あり自ら 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
風渡るとき紫の花野かな 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
花野なる土の道経て土の橋 鷹羽狩行 199811  
子のこゑの歌声となる花野かな 中嶋陽子 風土 199811  
ポケツトの中の十指や花野行く 神蔵器 風土 199811  
明るさの花野ぬらしてきつね雨 中島真沙 円虹 199811  
大花野はぐれし友と出口に会ふ 牧野睦子 199811  
馬臭き風が花野に吹き渡る 黒田政男 春耕 199812  
花踏まぬやうに花野の折れ曲り 鷹羽狩行 199901  
遠目には道などなくて花野ゆく 檜紀代 199901  
夕花野魔鏡となりしコンパクト 井上菜摘子 京鹿子 199901  
風すこし休みてゆきし花野かな ふゆきゆふ 199902  
花野行丹後鉄道尻振りつ 浜口高子 火星 199902  
着流しの犀星居さう大花野 折原あきの 船団 199902  
夕花野ねむい児の声湿りもつ 樋口英子 朝桜 199904  
わが肩を濡らし花野を濡らす雨 藤崎久を ホトトギス 199905  
毒入りの瓶りらりらりらりら花野 入江一月 船団 199903  
父の忌や花野の風を拾ひ来ぬ 穴澤光江 花菜風 199907  
大花野さびたの花が霧を呼ぶ 阿部ひろし 酸漿 199910  
もぢずりの密かに咲けり大花野 阿部ひろし 酸漿 199910  
大花野大きく息を吸ひこめり 岡田房子 酸漿 199910  
丘の鐘霧の花野に鳴り渡る 岡田房子 酸漿 199910  
ゆるやかに昇る朝日や大花野 岡田房子 酸漿 199910  
墓への道花野ありしを喜べり 能村登四郎 199910  
制服の少女花野に笛習ふ 清水かつ 酸漿 199911  
「いないいないばあ」を花野に来てもする 吉田明 199911  
手に触るるもの皆濡れてゐる花野 勝田公子 199911  
巨き岩も花野も越えて行きにけり 山口行雄 海程 199911  
ひそやかに栞る花野のいろひとつ 山田弘子 円虹 199911  
花野道天上界に近づけり 村越化石 199911  
書を編みし後の身軽さ花野星 小澤克己 遠嶺 199911  
子育の記憶を辿り花野かな 田島秀代 遠嶺 199911  
幾山も空を染めにし花野かな 有賀たもつ 遠嶺 199911  
花野きて鏡のやうな湖泊り 有賀たもつ 遠嶺 199911  
もう振り向かぬ人の距離夕花野 栃内和江 199912  
花野より戻りし子らのきらきらす 小澤克己 遠嶺 199912  
あやまれぬままに離れて花野ゆく 野口光江 遠嶺 199912  
鳶の笛澄む大花野風渡る 清水かつ 酸漿 199912  
花野より風をいざなふ彌撒の鐘 清水かつ 酸漿 199912  
仏顔した岩ひとつ大花野 保坂加津夫 いろり 199911  
大富士に向ひて歩む花野かな 中沢三省 風土 199912  
句碑と在り花野の風の懐かしき 田中黎子 円虹 199912  
花野よりパラグライダー飛び立てり 藤野佳津子 円虹 199912  
発掘の神殿広場花野なす 上原瑞子 199912  
花野なり幾千万の日のかけら 丸山佳子 京鹿子 199912  
あちこちに風とらはれてゐる花野 豊田都峰 京鹿子 199912  
特攻基地ありし辺りの大花野 鈴木大林子 春耕 199912 知覧
花野なる原野さみしく揺れてをり 藤村美津子 春耕 199912  
ひろびろと花野のあなたまた花野 熊岡俊子 雨月 199912  
一水にあつまるひかり夕花野 佐藤国夫 馬醉木 200001  
稲の花野川こくこく流れをり 佐藤国夫 馬醉木 200001  
花野来て天水桶の側にゐる 西田美智子 200001  
耳聡き花野の岩とおもひけり 松尾龍之介 200001  
落つる陽を待たせて巡る花野かな 大沼眞 200001  
花野径どこかに我を忘れ来し 大沼眞 200001  
一湾の花野めきたる夕日かな 岡本眸 199912  
後より夫の声する大花野 山本潤子 いろり 200001  
一歩二歩三歩花野の人となり 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
大花野母は埋没したまへり 安藤和子 海程 200002  
おもむろに男が起きる花野かな 村井隆行 海程 200002  
爪染めてイエスを吊す花野かな 村井隆行 海程 200002  
花野座しおもふは母のいなりずし 吉野のぶ子 遠嶺 200001  
母の名の小流れ渡る花野かな 野口香葉 遠嶺 200001  
花野より一番星を持ち帰る 三橋泥太 遠嶺 200001  
花野来て山の入口鳥居立つ 土井三乙 風土 200002  
子等の歩の速し花野をゆく帽子 田中藤穂 水瓶座 200002  
籠に花活けて花野を思ひをり 田中藤穂 水瓶座 200002  
われ知らぬわれと出くはす花野径 二瓶洋子 六花 200003  
花野中手洗ふ水の匂ひけり 松本恭昂 火星 200004  
夢二忌の雲とゆつくり花野行く 高橋としを 酸漿 200004  
花野から何かの粉が付いて来し 松永典子 船団 199912  
大空にふれあうまでの花野かな 横倉由紀 船団 199912  
花の名をいちいち聞きて花野行く 横倉由紀 船団 199912  
花野行く老婆の空の乳母車 池田優 船団 199912  
後向きの嬰に手を振る花野道 池田優 船団 199912  
機関車に花野の匂い無人駅 鶴濱節子 船団 199912  
錫杖は水の音曳き大花野 佐々木峻 船団 199912  
いづこにか花野敗者復活レース 本橋怜加 冬牡丹 200003  
加へゆく花野の色の明るさよ 稲畑汀子 ホトトギス 200007 祝あらうみ七百号
老の座に遥かに遠き花野かな 新関一杜 京鹿子 200008
三国より大花野へと旅立たれ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200009 伊藤柏翠様弔句
花野にも沖あり沖をみなめざす 鷹羽狩行 200010 「沖」三十周年を祝して
身に頭ありて重たき花野かな 岡本高明 200010  
桔梗より始まる夜の花野かな 小竹由岐子 円虹 200010  
ジェット機の次々と発つ花野かな 長谷川通子 俳句通信 200010  
枝折戸の向かうにつづく花野かな 能村研三 200010  
花野ゆく花の高さの風に触れ 石本百合子 馬醉木 200011  
くらがりに靴のふえゆく花野かな 三宅やよい 玩具帳 200004  
岳よりの流れ花野に出てゆるむ 阿部寒林 200010  
花野踏む誰かの後と思ひつゝ 阿部寒林 200010  
夕暮れの花野抜けくる童唄 小澤克己 遠嶺 200011  
陽光に方位うしなふ花野かな 松本圭司 200011  
花野風新しき靴馴じみ良き 八百山和子 200011  
赤牛の尾を振つてゐる花野かな 鶴田武子 俳句通信 200011  
行きすぎし人の立ちゐる花野かな 中川晴美 俳句通信 200011 花野 2

 

2019年9月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。